ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:Steam


    Steam Deckの国内出荷が12月17日に開始

    (出典:ITmedia PC USER)


    Steam Deck(スチーム デック)は、Valve Corporationより販売されている携帯ゲーム機型ゲーミングPC。Advanced Micro Devices (AMD) 社と共同開発し、2022年2月25日に発売された。Nintendo Switchのように、携帯用としてもモニターにつ…
    4キロバイト (301 語) - 2022年10月19日 (水) 14:44




    1 風吹けば名無し :2022/12/02(金) 11:10:01.13 ID:ryxpmqFD0.net
    Steam De*は、Valve自ら手がけた携帯型PCゲーム機だ。7インチディスプレイを中央に挟み、左右にスティック、ボタン、トラックパッドなどを配置。最新バージョンのSteamOSがプリインストールされており、Windows向けゲームはProtonと呼ばれる互換レイヤーによって動作する。Steam上のタイトルが順次本機向けに対応および動作確認をされており、ユーザーはゲームのタイトルごとの対応状況も確認できる。価格については64GB(eMMC)モデルが5万9800円、256GB(NVMe SSD)モデルが7万9800円、512GBモデル(NVMe SSD)が9万9800円となる(いずれも税込み)。

    【【ゲーム】Steamの携帯ゲーム機「Steam Deck」の日本出荷は12月17日より開始へ。いよいよ日本上陸】の続きを読む








    Valveは10月25日、同社が運営するプラットフォーム「Steam」において、価格設定ツールと推奨価格に関するアップデートを行なった。更新後の推奨価格は、米ドルを基準に全地域で値上げ。日本円では最大20%の値上げとなった。

     PCゲームなどを広く扱っているSteamでは、現在39種の通貨を使用できる。地域と使用通貨は紐付けられており、日本では日本円、米国では米ドルで決済ができるといった具合だ。各販売者はSteamが提供する推奨価格を参考に、Steam上での商品の販売価格を設定している。

     従来の推奨価格は、実際の為替レートを適切に反映していないため地域によって商品の価値が大幅に変わる。特にゲームが安いとされていた地域がアルゼンチンやトルコ。安価にゲームを入手するためにSteamに登録する国籍を偽るユーザーもいたほどで、長らく問題となっていた。一方、日本などは比較的高い価格が提示されており、ユーザー間では「おま値」などと呼ばれていた。

     今回の価格設定ツールと推奨価格に関するアップデートにより、Valveは地域別の推奨価格を更新した。主には前述のアルゼンチン・ペソ、トルコ・リラに関する価格の是正を主眼としているようだ。推奨価格は今後も定期的に更新していくという。また、販売者が必ずしも推奨価格に従う必要はないことも強調している。

     SteamDBの調べによると、新たな推奨価格は昨今の為替レートを反映しており、米ドルを基準にすると全地域で値上げが行なわれている。日本円は多くの価格帯で数%~20%の値上げ。主要タイトルの相場である59.99米ドルに対しては、旧価格が6,290円だったのに対し新価格は6,500円と、僅かな値上げにとどまった。

     日本以外の地域でも数%~数百%の値上げが設定されている。前述のトルコ、アルゼンチンは特に値上げ幅が大きい。59.99米ドルの商品について、アルゼンチン・ペソは485%の値上げ、トルコ・リラは454%の値上げとなっている

    記事本文はこちら
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1450599.html

    1 名無しさん必死だな :2022/10/22(土) 13:22:29.37ID:0YpZcP5CM
    Steamにも円安の波が!?Valveが「各地域の推奨価格」の定期更新めざす

    止まらない円安。ついに一時はドル150円を超え、日本政府の介入らしき急激な円高を経てもまだ留まるところを知らないようです。
    そんな中、Valveが提供するゲーム配信プラットフォーム「Steam」の開発者向けドキュメントにおいて、各地域の推奨価格に関する記述に変更が入っていることが明らかになりました。

    この推奨価格は、外国為替レートのみで変動するわけではなく、購買力や消費者物価指数などの指標を加味して行われているとのこと。
    しかし、今回の変更を説明する文章においてValveは
    あらゆる要因による経済の変化に対応し
    各通貨の価格を自分で調査する時間がない開発者にとって有用な基準にできるようにする旨を明らかとしています。

    https://www.gamespark.jp/article/2022/10/22/123697.html

    【【ゲーム】Steamにも円安の波が!日本円の推奨価格は数%~最大20%増。アルゼンチン・ペソは485%の値上げ】の続きを読む






    1 名無しさん必死だな :2022/09/27(火) 18:47:43.41ID:G3f6r4GX0
    「日本のSteam市場の成長率は世界トップレベル」Valveに訊くSteamとSteam De*、そして日本

    ――日本ではPCでのゲームがあまりメジャーではなく、家庭用ゲーム機が主流です。Steam De*の日本での展開開始の背景にはどのような判断があったのでしょうか?

    Peterson氏:
    日本では家庭用ゲーム機優勢なのは間違いないですが
    PCゲーム市場の規模はおそらく皆さんが思っている以上に大きいです。
    マーケット規模で世界のTOP10には入っていますし、成長速度で言えば世界一の可能性すらあります。
    それくらい日本のPCゲーミングシーンは今急激に成長しています。これが1つめの理由ですね。

    https://automaton-media.com/articles/interviewsjp/20220926-220505/

    【【ゲーム】Steam「日本はPCゲームマーケット規模で世界のTOP10。成長速度で言えば世界一の可能性すらあります」】の続きを読む






    1 ギズモ ★ :2022/08/19(金) 16:51:46.82ID:CAP_USER9

    (出典 www.gamespark.jp)

    © 株式会社イード

    『ゼロウイング』『アウトゾーン』など古典アーケードがPCに登場!Steamストアページが公開
    https://nordot.app/933244078677622784

    Bitwave Gamesは、TOAPLANが開発した古典的アーケードゲームのPC移植版をリリースすると発表しました。

    今回発表されたタイトルは、『ゼロウイング(Zero Wing)』『TATSUJIN(Truxton)』『究極タイガー(Twin Cobra)』『アウトゾーン(Out Zone)』の4作品。2022年後半に4作品は個別でリリースされるほか、4作品をまとめたバンドルも販売される予定です。グラフィックの強化や、アチーブメント、オンラインリーダーボード、ベリーイージーモードなどQOLを向上させる様々な機能が実装されるといいます。

    『ゼロウイング』と『アウトゾーン』はSteamのストアページが公開中。詳細は以下の通りです。

    ■『ゼロウイング』
     1989年に登場した東亜プランの傑作アーケードシューティングゲームが復活し,全く新しい初心者モード,アーケードゲームを忠実に再現するエミュレーション,クイックセーブ,オンラインスコアボードなど,豊富な機能が追加されました。当時,批評家たちはスキルを要するこのゼロウィングを賞賛しました。そして今では主にインターネットミーム「君達の基地は,全て我々がいただいた」を生み出したゲームとして讃えられています。

    向こう見ずな宇宙海賊団のサイボーグ司令官CATSが銀河を恐怖に陥れている。CATSとその仲間の海賊たちを止めるため,あなたは唯一残る攻撃機ZIGを操って戦わなければならない!

    ■『アウトゾーン』
     東亜プランの「アウトゾーン」が,オンラインリーダーボード,アーケードの正確なエミュレーション,クイックセーブ,まったく新しいビギナーモードなどの最新の機能を引っ提げて帰ってきました。アーケードゲームの歴史の中で最も有名なラン&ガンシューティングの1つである,このアウトゾーンの地獄のような挑戦は,それに見合うだけのスキルがあればあなたの血を騒がせること間違いなしです!

    地球への度重なるエイリアンの侵略により,人類は絶滅の危機に瀕していました。あなたはエイリアンの脅威を打ち砕くための最後の手段である最強のサイボーグ戦士となり,戦いに身を投じなければならないのです!

    【動画】We're bringing the iconic Toaplan shoot 'em ups to PC!


    (出典 Youtube)



    関連記事
    Embracer Groupがさらに多数のスタジオを買収、株式会社TATSUJINが日本初の傘下スタジオに。東亜プラン作品のPC展開も予告【UPDATE】
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220818-214997/

    【【ゲーム】レトロアーケードがPCに登場!Steamストアページが公開。今回は『ゼロウイング』『TATSUJIN』『究極タイガー』『アウトゾーン』4作品】の続きを読む






    1 名無しさん必死だな :2022/08/06(土) 21:01:55.59ID:/LKKKTMt0
    SteamがNintendo SwitchのJoy-Conを正式サポートへ、ベータテスト開始。Joy-Conの“おすそわけ”にも対応
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220806-213483/

    Valveは8月5日、Steamクライアントの最新ベータ版を配信したと発表した。先日正式サポートされた、任天堂のNintendo Switch Online加入者向け復刻コントローラーの互換性向上がおこなわれたほか、新たにNintendo SwitchのJoy-Conへのサポートが追加されている。

    Joy-Conは、Nintendo Switchの標準コントローラーだ。本体に付属するほか(Nintendo Switch Liteは除く)、単品でも販売中。Joy-Con(L)とJoy-Con(R)という左右のモデルがあり、2つを組み合わせると、アナログスティック2本と各種ボタンがフルに扱える1つのコントローラーとなる。加速度センサーやジャイロセンサーが内蔵され、またHD振動機能も搭載されている。

    またJoy-Conの左右のモデルそれぞれが、単一のコントローラーとしても機能することが特徴だ。横に向けて握ることで左右どちらも同じスタイルとなり、アナログスティックと4ボタン、そしてレール内に配置されたSL/SRボタンでゲームをプレイできる。対応するゲームのマルチプレイ時などに便利な仕組みであり、任天堂はJoy-Conを“おすそわけ”すると表現している。

    今回配信されたSteamクライアントの最新ベータ版では、上述した左右のJoy-Conを組み合わせて1つのコントローラーとして使うことも、左右それぞれを別のコントローラーとして使うことも可能とのこと。なお、PCとはBluetoothにて無線接続する。

    【【ゲーム】SteamがSwitchのジョイコンを正式サポートへ、ベータテスト開始】の続きを読む

    このページのトップヘ