ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:Netflix






    1 名無しさん必死だな :2022/09/26(月) 15:07:42.65ID:hBviAYsI0
    カプコンのアクションゲーム「鬼武者」が、Netflixでアニメ化される。制作を担当するのはアニメ版『ドラゴンズドグマ』を手掛けるサブリメイション。アニメ版『ドラゴンズドグマ』で監督を務めた須貝真也がアニメ版『鬼武者』でもメガホンを取る。『十三人の刺客』や『無限の住人』で知られる三池崇史が総監督として本作に携わる。

    「空前絶後のバッサリ感」のキャッチコピーにふさわしく、スピード豊かで爽快感抜群なアクションを繰り出せる「鬼武者」シリーズ。2001年リリースの第1作目『鬼武者』をはじめ、数多くの続編や外伝作がリリースされた。カプコンの発表によると、これまでにシリーズ累計販売本数850万本を達成している。

    主人公のモデルに実在の人物を採用することもまた、「鬼武者」の大きな特徴だ。アニメ版『鬼武者』の主人公は宮本武蔵で、そのモデルは俳優の三船敏郎になるという。江戸時代初期を舞台に「鬼の篭手」を借り受けた宮本武蔵が、幻魔討伐に臨む姿が描かれる。

    3DCGIのキャラクターと手描きの背景を融合させたアニメで、新たな「鬼武者」が描かれるという本作。ストーリーの詳細や配信時期については不明であるため、続報に期待したい。

    https://jp.ign.com/onimusha-2018/62788/news/netflix

    【【ゲーム・アニメ】カプコンのアクションゲーム「鬼武者」がNetflixでアニメ化決定!主人公は宮本武蔵で外見のモデルは俳優の三船敏郎】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/04/28(木) 22:56:15.58

    4/28(木) 16:03配信 GetNavi web
    https://news.yahoo.co.jp/articles/45bbeeed82d1e401dc4fcc4dad7067ad5f622d0b

    ゲームコンテンツを強化しないとヤバいことになりそう
    米動画配信サービスのNetflixは、映画やテレビを見たい人以外を惹きつけるために、2021年からモバイル向けゲームを無料で提供しています。2022年4月現在では18本のラインアップがそろっていますが(App StoreやGoogle Playストアからダウンロード)、年内には約50タイトルまで増やされる計画だと報じられています。

    日本では11月からゲームが提供されており、はじめは『ストレンジャー・シングス: 1984』など5本でしたが、次第に本数が増えています。実際にNetflixもゲーム開発を強化する動きを見せており、『Oxenfree』開発元のNight School Studioを皮切りに、最近ではBoss Fight EntertainmentやNext Gamesなどのモバイルゲーム関連スタジオを次々に買収しています。

    さて、米Washinngton Postによると、Netflixは「ビデオゲームに関するコンテンツの機会を、あらゆる方向から検討」しているとのこと。さらに「年末までに、約50本のモバイルゲームを提供する予定」だとも伝えられています。

    Netflixはゲームの映像化に力を入れる、数少ない動画ストリーミングサービスの1つ。『ウィッチャー』や 『ザ・カップヘッド・ショウ!』『悪魔城ドラキュラ ―キャッスルヴァニア―』などの実写版やアニメ化もランキングの上位に食い込んでおり、人気カードゲームを原作にした『こねこばくはつ: ザ・ゲーム』も注目を集めています。

    これらのゲームの映像化が好評だったことにNetflixも満足しているようで「人々が見ているものと遊んでいるものの間に相乗効果を生み出せるゲームビジネスを構築」しようとしているそう。

    もっとも、同社は約10年ぶりに加入者が減少し、次の第2四半期では最大200万人を失うかもしれません。契約者離れを防ぐためには、ありとあらゆる手段を尽くすことになりそうです。


    【【ゲーム】『Netflix』最大200万人を失う可能性。加入者離れを食い止めろ!無料モバイルゲームを50本に増やす計画と報道】の続きを読む


    バイオハザードシリーズ(BIOHAZARD、欧米では: Resident Evil)は、カプコンから発売されているテレビゲームの一シリーズ。主なジャンルは「サバイバルホラー」で、派生作品によっては、「サバイバルガンシューティング」「サバイバルアクション」「サバイバルシューター」などと銘打たれたものも含まれている。
    189キロバイト (24,565 語) - 2022年3月17日 (木) 05:41
    Netflixによる実写ドラマ版「バイオハザード」の配信日が決定した。2022年7月14日にT-ウィルスが解き放たれることとなる。


    『バイオハザード』にはジェイド・ウェスカーというキャラクターが新たに登場するが、この名字はビデオゲーム版のファンにはお馴染みのものだろう。本作の公式のあらすじは以下の通りだ。
    「2036年――致死性ウィルスによって世界的大災害が引き起こされてから14年後、ウィルスに感染して血に飢えた尋常ならざる生き物がはびこる世界で、ジェイド・ウェスカーは生き残りをかけて戦う。大虐殺とも言える状況の中で、ジェイドはニューラクーンシティにいた頃、そしてアンブレラ社と父親の身も凍るような関係の記憶に取りつかれ、特に姉妹のビリーの身に起こったことで心を悩ませている」


    『バイオハザード』の主要キャストは2021年に発表され、俳優ランス・レディックが「バイオハザード」シリーズお馴染みのキャラクター、アルバート・ウェスカーを演じることが判明している。ジェイドとビリーはアルバートの娘であり、本作の鍵を握るキャラクターだと思われる。
    配信日の発表にあわせ、Netflixは新たに3枚のティーザーポスターを公開し、この画像によってこれまで以上にドラマの内容が想像できるようになった。
    新たなロゴとT-ウィルス(人々をゾンビに変え、ドラマで大災害を引き起こす)を暗示する画像だけでも、シリーズのファンには垂涎ものだろう……しかし、3枚目の画像はさらに興味をそそられる代物だ。以下のギャラリーからチェックしてみよう。

    「JOY」と書かれたカプセルの画像から察するに、極悪非道なアンブレラ社が新たな薬剤の開発にいそしんでいるように思われる。それにこのカプセルは血にまみれている――計画通りには事が進まなかったことを示すお約束のサインだ。また、このカプセルの名前自体もヒントとなっているのかもしれない。もしかすると、新たな抗うつ薬か何かだろうか?
    T-ウィルスやアンブレラ社の計画とこれがどう関係しているかは現時点では不明だ。また、どの時間軸で「JOY」が登場するのかは見当もつかない……。
    過去のNetflixの発表によると、本作は2つの時間軸にまたがってストーリーが展開されるとのこと。ジェイドとビリーの子供時代、そしてT-ウィルスが蔓延した後の世界の2つだ。
    「最初の時間軸では、14歳の姉妹であるジェイドとビリー・ウェスカーがニューラクーンシティへ引っ越して来る。人工企業都市は思春期の真っ只中にいる2人には息苦しく、そこで長く過ごすにつれて町に見かけ以上の何かがあり、姉妹の父親が暗い過去を隠しているかもしれないと思い始める。それは、世界を破壊するかもしれない秘密だ」
    「2つ目の時間軸の舞台は、地球に残っている人口が1500万人を下回った未来となり、60億以上のモンスター(T-ウィルスに感染した人間や動物)が存在している。30歳になったジェイドはこの新世界で必死に生き残ろうとしているが、彼女の姉妹と父親、自分自身にまつわる過去の秘密に悩まされ続けている」
    『バイオハザード』にはエラ・バリンスカ、タマラ・スマート、シエナ・アグドン、アデライン・ルドルフ、パオラ・ヌニェス、そして、アルバート・ウェスカー役としてランス・レディックが出演する。
    本作ではアンドリュー・ダブがショーランナーを務め、メアリー・リア・サットンとともに8つのエピソードの脚本を担当する。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/25bdb86c013bc971e746eaed5b6f3a127ffee031

    1 風吹けば名無し :2022/03/18(金) 08:22:51.87

    Netflix Japan | ネットフリックス
    @NetflixJP
    Netflixシリーズ『 #バイオハザード 』7月14日に配信決定!

    "T-ウィルス"の発見から約30年。突然のウィルスまん延により、アンブレラ社がひた隠しにしてきた恐ろしい陰謀が露呈していく。


    【【ゲーム】『バイオハザード』の新たなオリジナルストーリー描くNetflix実写ドラマシリーズが7月14日に配信決定!】の続きを読む


    Netflix(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、アメリカ合衆国に本社を置く、世界的な定額制動画配信サービス及びオンラインDVDレンタル運営会社。2017年12月の時点で190か国以上で配信事業を展開し、2020年の売上は250億ドル、契約者数(世界)は2020年末時点で2億370万
    72キロバイト (8,859 語) - 2021年7月6日 (火) 09:58



    1 名無しさん必死だな :2021/07/21(水) 11:40:40.42 ID:5wLhloN30.net

     先日ゲーム事業への参入計画が海外メディアにより伝えられたNetflixは、最新の株主向け文書で報道が事実であることを認めた。文書では、展開されるゲームサービスは通常の利用料に含まれ、追加の支払いは発生しない旨を明言。あわせてモバイル向けのゲーム配信に注力する方針も明らかとなった。

     Netflixは、「映画やアニメ、TVショーなどのオリジナル作品と同様、ゲームは私たちの新たなコンテンツの一枠になる」と文書で述べ、「他の配信作品と同じく追加料金なしで会員への提供を行う」との意向を示した。

     具体的な配信タイトルは伏せられたままだが、同文書では選択可能なストーリー分岐で話題を集めた映画『*・ミラー: バンダースナッチ』や人気ドラマシリーズをゲーム化した『Stranger Things 3: The Game』の先行事例にも触れ、インタラクティブなコンテンツ制作の礎を築いたと言及している。

     また、モバイル向けのゲーム配信に注力する初期方針も伝えられた。「約10年にわたりストリーミングサービスの開発に取り組む中で、ゲームに対する会員の期待に応える時が来た」と記されている。

     海外メディアKotakuの報道によると、同社のCPO(製品管理の最高責任者)であるGreg Peters氏は、株主向けの場で次のように話している。

     作品の世界に深く没入したいというファンの声は把握しています。インタラクティブなコンテンツはその実現を推し進めるもので、サ*クリプションによる弊社の収益モデルは他の企業とは異なるサービスの提供を可能にします。

     作中への広告の導入や有料の追加コンテンツといった形でのマネタイズを行う必要もなく、純粋にエンターテイメントとしての質を追求したゲーム体験を届けられるのです。

     ゲームプレイ以外の面に労力を費やさなければならない現状を苦慮せずに済み、企画と開発に集中できる環境を多くの企業が求めていることも分かりました。

     ついに現実のものと確定した映像コンテンツ業界の世界的企業の参入は、ゲーム産業を大きく揺るがす動きとなりそうだ。同社の今後の発表に引き続き注目したい。

    https://news.denfaminicogamer.jp/news/210721f


    【【ゲーム】Netflixが「ゲーム事業」へ本格参入、会員は追加の支払いなくゲームの利用が可能】の続きを読む


    モンスターを含め、過去作品に登場したモンスターも多数復活している。 本作の新要素として、各々のハンターの個性を強くするシステム「狩猟スタイル」と、ハンターが使える大技「狩技」が追加された。使える狩猟スタイルは、バランスがとれた「ギルドスタイル」、狩技を多く使える「ストライカースタ
    62キロバイト (7,382 語) - 2021年7月16日 (金) 20:41


    カプコンは7月16日(金)、同社の「モンスターハンター」シリーズに登場するキャラクター「エイデン」に焦点を当てたCGアニメ映画『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』を8月12日(木)よりNetflixで独占配信すると発表した。あわせて予告映像が公開されている。

     『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』は、人間と自然とモンスターが共存するシリーズに連なる世界を舞台に、主人公エイデンが一人前のモンスターハンターになるまでの物語が展開されるオリジナルCG映画。

     エイデンは、『モンスターハンター4』の“筆頭ルーキー”や『モンスターハンター:ワールド』の“陽気な推薦組”としても知られる人物。人里離れた村で自称ハンターとして村を守っていた青年時代のある日、村が謎に包まれたモンスター<古龍>の脅威にさらされていることを知ったエイデンは、村を守る方法を探すため故郷を離れ、ハンターズギルドの一流ハンター「ジュリアス」や彼の仲間とともに未知の冒険へと旅立つ。

     今回公開された予告映像では、エイデンたちの行く先々で縦横無尽に躍動する巨大なモンスターらが登場。迫力あふれる戦闘シーンのほか、燃え上がる大地や大量の落石といった自然の猛威も描かれ、世界のバランスの崩壊が迫る緊張感も伝わってくる。エイデンがジュリアスに狩りを教わる様子も映っており、彼が冒険の過程で真のハンターへに成長できるのか、その行方も気になるところだ。

     『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』はNetflixにて2021年8月12日(木)より全世界で独占配信を予定。制作は「LEGO」シリーズを中心に多数の映像制作を手がけるアメリカのPure Imagination Studios。また、「モンスターハンター」シリーズとの縁も深い辻本良三氏、藤岡要氏、川野隆裕氏らが監修を務めている。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dbd9352fdba5662947b04df9afe72ab6bd968439

    1 ◆4Kdoutei01.0 :2021/07/17(土) 16:34:17.057

    『モンハン』のアニメ映画がNetflixで8/12独占配信。主人公は『MH:W』の陽気な推薦組! https://dengekionline.com/articles/88036



    (出典 Youtube)


    (出典 i.imgur.com)


    ナナとジョーはいた


    【【映画】カプコン『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』CGアニメ映画がNetflixで8月12日独占配信決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ