スーファミターボ(SUFAMI TURBO)は、1996年6月28日にバンダイから発売されたスーーファミコン用周辺機器。スーファミターボ専用に用意された小型ゲームカセットをスーーファミコン本体に接続するためのアダプタである。 スーーファミコンソフトは大容量化により価格高騰が進み、1995年ごろ
4キロバイト (649 語) - 2020年10月10日 (土) 07:05



(出典 shop.r10s.jp)


スーファミターボ(SUFAMI TURBO)は、1996年6月28日にバンダイから発売されたスーパーファミコン用周辺機器。スーファミターボ専用に用意された小型ゲームカセットをスーパーファミコン本体に接続するためのアダプタである。

概要
スーパーファミコンソフトは大容量化により価格高騰が進み、1995年ごろから定価を1万円前後とするソフトで占められた。スーファミターボはこれを打開し、安価にゲームを供給するという目的で開発、発売された機器である。

スーファミターボは以下のような特徴を持ち、バンダイはこれから得られる利点を強調していた。

基本となるゲームプログラムや文字フォントをスーファミターボ本体に格納 - 開発期間の短縮化、データ容量の節約
2つのカセット差込口 - 2つのカセット間でマップなどのデータを持ち寄って対戦をしたり、勝敗成績などといったデータの交換ができる他、RPGなどでは一方の差込口にゲームのシステムカセット、もう一方には追加データ用カセットを差し込んで新たなシナリオを楽しむなど、これまでにない遊びが提供できる。
小型サイズの専用カセット - カセットはスーパーファミコン用周辺機器として扱われるため、製造は任天堂に委託することなくバンダイが自らの手で行うことができる。よってコストを削減し安価にゲームを供給可能。
カセット着脱に伴う接触不良でデータが消えるという不評があった。

発売からおよそ3か月で専用ソフトの供給が打ち切られた。


供給・企画されたソフト
当初は過去に通常のスーパーファミコン用カセットとして発売されていた作品をスーファミターボ用カセットで安価に供給するという動きもあり、その1つとして『スーパーテトリス2+ボンブリス』の発売が予告されていたが実際には発売されず、専用ソフトはバンダイが管理するキャラクターを利用した新作十数本の発売に留まった。

定価はいずれのソフトも3980円とスーパーファミコンソフトとしてはかなり低く抑えられている。スーファミターボ本体と専用カセット1本をセットにしたパックも「限定セット」の名で販売された。

発売されたソフト
以下の13タイトル。SDウルトラバトルシリーズとSDガンダムジェネレーションシリーズでは、それぞれ同一シリーズ内のソフト間でデータのやり取りが可能となっている。

1996年6月28日発売 スーファミターボ本体と同時発売
SDウルトラバトル ウルトラマン伝説
SDウルトラバトル セブン伝説
ぽいぽい忍者ワールド - アニメ等既存のキャラクターを使用していないゲームとしてはバンダイ初の作品
1996年7月19日発売
ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドンジャラ
1996年7月26日発売
SDガンダムジェネレーション 一年戦争記
SDガンダムジェネレーション グリプス戦記
1996年8月23日発売
SDガンダムジェネレーション アクシズ戦記
SDガンダムジェネレーション バビロニア建国戦記
激走戦隊カーレンジャー 全開!レーサー戦士
1996年9月27日発売
SDガンダムジェネレーション ザンスカール戦記
SDガンダムジェネレーション コロニー格闘記
美少女戦士セーラームーン セーラースターズ ふわふわパニック2
クレヨンしんちゃん 長ぐつドボン - 視聴者プレゼントにもなった

企画のみで発売されなかった専用ゲーム
SDウルトラバトル タロウ伝説
SDウルトラバトル パワード伝説
SDガンダムジェネレーション アフターコロニー戦記

Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C
1 名無しの挑戦状 :2021/03/31(水) 20:36:35.86

安価なミニカセットで独自の世界を展開した、スーファミターボを
語りましょう。


【【ゲーム】『スーファミターボ』1996年にバンダイから発売!高額なスーファミソフトの価格を打開し、安価にゲームを提供する目的で発売されたスーパーファミコン用周辺機器!】の続きを読む