ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:最新ゲーム関連ニュース > ニュース・話題







    1 名無しさん必死だな :2023/02/06(月) 12:44:28.75ID:epIsEU/Ar
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1476094.html
    セガは2月6日、新プロジェクトのティザー動画とティザーサイトを公開し、同時に新プロジェクトの公式Twitter(@mod_sega)も公開した。
     ティザー動画では、世界中が「セガ」に染まりゆく様が不気味に描かれている。
    また、冒頭では落下するスマートフォンの画面に「創造せよ、明るい未来を。」や「セガを*」の文字が表示されているが、これは何を意味するのか?
    “創造は生命”というのがセガの社是なのだが、果たして関連はあるのだろうか……。
    そしてラストは「2023.2.10 世界は変わる」というメッセージで締めくくられているので、この段階で、何かしらの発表があるとみられる。
    ティザーサイトよりYouTubeの視聴予約をし、新プロジェクトの発表を楽しみに待ちたいところだ。

    【【ゲーム】「セガ」のスマホ向け新プロジェクト、謎のティザーサイトとティザー動画を公開!「2023.2.10 世界は変わる」】の続きを読む






    今や米マイクロソフト(以下「MS」)、ソニー、任天堂といったゲーム最大手企業が、3社とも定額制ゲームサービスを提供している。この中では一見すればMSのXbox Game Pass(以下、「ゲームパス」)が最も順調に推移している印象があるが、長期的には持続可能ではないとの分析が発表されている。

    ゲーム業界の市場調査会社DFC Intelligenceは、最近のMSの収益に、ゲームパスがあまり貢献していないようだと指摘している。

    直近の2023年度第2四半期決算を見ても、Xboxハードウェアの売上は前年同期比13%減、コンテンツおよびサービスは同12%減という数字が何よりそれを裏付けている。ゲームパスの加入者数はさらに伸びているにもかかわらず、である。

    DFCによれば、ゲームパスの問題はXboxハードの売上に貢献していない(Windows PC向けや、端末を選ばないクラウドゲーミングも含まれる)一方で、収益を上げるために多くのコンテンツを提供しすぎていることだという。

    ゲームパスが1億人の加入者を獲得できれば状況は変わるとしても、それは絵空事に近い。買収が難航しているアクティビジョン・ブリザードのユーザー数を加えてもはるかに足りず、トップセラーの『Call of Duty』シリーズも3000万本がせいぜいである。

    しかも、ゲームパスは定期的にゲームカタログの一部を入れ替えるため、プレイヤーが遊び終える前に配信が終わってしまうことがある。そして消費者が本当に気に入ったゲームは製品版を購入する傾向があり、マルチプラットフォーム作品であればXbox以外のストアを選ぶ可能性が高いという。

    最近ゲームパスで無料配信が始まった『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』にしても、DFCのオフィスでは何人かがNintendo Switch版を20ドル(日本では税込1,980円)で買ったとのこと。40時間以上も楽しめるなら20ドルなんて大したことない、というわけだ。

    つまり、ゲームパスほど多くのゲームを提供すると、MSにとっては支出が大幅に増えるばかりか、本来は売れるはずだった製品版の売り上げという「確立した大きな収入源」を手放さなければならなくなる、と分析されている。

    それに対して任天堂の「Nintendo Switch Online」(以下「スイッチオンライン」)は、料金がさほど高くないが、サービス内容もそれにあわせて、ファミコンほかレトロゲームに加えて(拡張オプションの「+追加パック」コースでは)『マリオカート8』や『とびだせ どうぶつの森』などの追加コンテンツを提供しているに過ぎない。

    このあり方が、任天堂のハードウェアとソフトウェアの販売というビジネスモデル全体を強化しているとのこと。『マリオカート8』と『とびだせ どうぶつの森』はそれぞれ4800万本と4000万本をフルプライスで販売しており、つまり2本だけでゲームパス1年以上の収益を上げていると推定されている。

    DFCの結論は、ゲームの定額サービスは「付加価値の提案」として上手く機能するということだ。ゲームパスは年間200ドル以下であらゆる種類のゲームにアクセスでき、PC用のGPUカードやスイッチ、PlayStation製品に使うお金を貯められる。しかし任天堂のスイッチオンラインは、スイッチ本体とスイッチ専用ゲームソフトの売上を後押しする、というわけだ。

    また、ゲーム定額サービスを「ビデオゲームのNetflix」と呼ぶことは大きな間違いだとも指摘されている。Netflixのような動画ストリーミングは、ユーザーは一度番組を見ると、たいていすぐに次の番組へと移ってしまう。これに対してゲームは、ある1つのゲームを長期的にやり込む傾向があり、ゲームパスのようにライブラリ入れ替え制と相性が良くない、との趣旨が語られている。

    ゲームパスは消費者にとって非常にコストパフォーマンスに優れたサービスではあるが、企業の持続可能性の観点から見れば、スイッチオンラインこそが絶妙なバランスなのかもしれない。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/920991e79f26f4e81698903e80bef79654958c44

    1 名無しさん必死だな :2023/02/02(木) 22:32:59.01ID:HLd0Nprx0
    ゲーム業界の市場調査会社DFC Intelligenceは、最近のMSの収益に、ゲームパスがあまり貢献していないようだと指摘している。
    直近の2023年度第2四半期決算を見ても、Xboxハードウェアの売上は前年同期比13%減、コンテンツおよびサービスは同12%減という数字が何よりそれを裏付けている。ゲームパスの加入者数はさらに伸びているにもかかわらず、である。
    DFCによれば、ゲームパスの問題はXboxハードの売上に貢献していない(Windows PC向けや、端末を選ばないクラウドゲーミングも含まれる)一方で、収益を上げるために多くのコンテンツを提供しすぎていることだという。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/920991e79f26f4e81698903e80bef79654958c44

    【【ゲーム】ゲーム業界の市場調査会社、Xboxゲームパスは「持続不能」、任天堂のビジネスモデルがベストとの分析】の続きを読む





    「何かすごいことをするために、難しいコマンド入力が必要ではないと考えています。『ストⅣ』では、最大威力のウルトラコンボを出すのに、長めのコマンドを入れてボタンを3つ同時押ししないといけないのですが、大変じゃないですか。熟練の人たちは苦ではないし、出せたた時の達成感もあるのですが、『コマンドを覚える』『コマンド入力を強いる』というところがスタートっていうのは、現代的ではないなと思いました。
     当時、北米の開発メンバーやユーザーさんからも『コマンド入力が難しすぎるのは嫌だ』と言われました。完全同意です。あわせて、北米の開発メンバーからは『わかりやすい逆転要素があるべきだ』や『ラウンドが進むともっと盛り上がるようにしてくれ』『技をどんどん派手に』など、ドラマチックに感じるものを要望されました。そこは、さすがエンターテイメントの国だな、と感じました(笑)」

    記事本文はこちら
    https://www.oricon.co.jp/special/62172/

    1 名無しさん必死だな :2023/01/28(土) 07:13:37.57ID:LStGFDIM0
    「何*ごいことをするために、難しいコマンド入力が必要ではないと考えています。『ストⅣ』では、最大威力のウルトラコンボを出すのに、長めのコマンドを入れてボタンを3つ同時押ししないといけないのですが、大変じゃないですか。熟練の人たちは苦ではないし、出せたた時の達成感もあるのですが、『コマンドを覚える』『コマンド入力を強いる』というところがスタートっていうのは、現代的ではないなと思いました。
    当時、北米の開発メンバーやユーザーさんからも『コマンド入力が難しすぎるのは嫌だ』と言われました。完全同意です。
    https://www.oricon.co.jp/special/62172/

    【【ゲーム】『ストリートファイター6』ディレクター「コマンド入力を強いるところがスタートっていうのは現代的ではない」“格ゲー”復権への道筋】の続きを読む






    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/02/01(水) 12:22:23.84ID:gj7YykIy9
    2/1(水) 9:56配信
    Game Spark

    エレクトロニック・アーツは、人気バトロワのモバイル版『Apex Legends Mobile(エーペックスレジェンズ モバイル)』のサービスを、日本時間5月2日午前8時をもって終了することを明かしました。

    本作はPCやコンソールで人気を博す『Apex Legends』を、モバイル向けに再構築した作品です。PC・コンソール版とは独立しているものの、ほぼ遜色ない体験が味わえたほか、オリジナルレジェンド「フェード」やちょっとしたバフを得られるパークシステムなど、モバイル独自のコンテンツや機能が搭載されていました。

    サービスは2022年5月に開始されましたが、約1年でのサービス終了となりました。モバイルでも好調なスタートを切ったものの、質・量・テンポの観点からEAの水準に達しないことが多くなっていたといいます。そのため、開発パートナーとの数ヶ月の競技を経て今回のサービス終了を決定。リアルマネーによる課金はすでに停止されています。

    購入していたコンテンツはサービス終了まで使用できますが、リアルマネーの返金対応は行っていないといいます。その他の返金については、各プラットフォームに問い合わせてほしいとのことです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8cd3a12b9741feba8df2db7495e5f9951d548f1e

    【【ゲーム】『Apex Legends Mobile』1年経たずにサービス終了へ PCやコンソールでは未だ人気も、良質なコンテンツを維持できず】の続きを読む




    ソース記事より一部抜粋

    孤児著作物を復刻するため「裁定制度 著67条」活用事例が増加中!
    まず、同発表では「裁定制度 著67条」についての解説・直近事例の紹介が行われました。

    「裁定制度 著67条(裁定制度)」とは、「権利者が不明な著作物について、供託金を先に払って、使えるようにする制度」です。

    裁定の判例としては、株式会社ショウエイシステムが著作権を持つ『北斗の拳』『北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝』などで使用されました。また、レトロゲームの復刻を多く手掛けるエムツーなどでは『国内ファミリーコンピュータ版 究極タイガー』などで活用されています。

    しかし本裁定は権利者を探すために“相当な努力”が必要。この相当な努力とは、権利者を探すために広告を掲載することなどを指し、弁護士などとのやりとりも必要となることがあります。

    ですが本裁定を利用しての復刻・配信などは増えてきているようで、こちらでもかつての名作が復活するということは期待できるでしょう。裁定実績は、「裁定データベース」にて検索が可能です。

    1月18日にパブリックコメントが終了した新制度「新たな権利処理方策」
    松田氏は続いて2023年1月18日にパブリックコメントが終了したばかりの新制度「新たな権利処理方策」を紹介しました。こちらは「裁定制度 著67条(裁定制度)」の手続きを楽にするものです。

    旧制度と並行して運用される可能性が高いこの新制度は、利用期間に上限が設けられますが、旧制度で必要だった文化審議会を通さず、機械的に使用料を算出します。さらに「分野横断権利情報データベース」の使用や窓口組織の存在で、孤児著作物を使用することが手続きとして容易となります。

    しかし、新制度には同時にゲームならではの懸念点も存在します。

    この制度を用いる条件は複数あり、たとえば「集中管理されている著作物であるか」「権利者と連絡がつかないか」などの条件をクリアして初めて使用可能となるのですが、松田氏はその中のひとつである“利用の可否や条件等が明示されている著作物か?”という条件にゲームが適合し難いと語ります。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a4a034ac25b77cc1d78b4a7317f01625ba217bf6

    1 名無しさん必死だな :2023/01/30(月) 20:43:11.39ID:EhHXgrRC0
    “著作権者不明”なゲームに朗報?新制度で加速していく復刻・リメイク―「ゲームアーカイブ推進連絡協議会カンファレンス」松田真氏発表

    該当の発表は孤児著作物、「著作権者不明等の場合の裁定制度」にまつわる内容を紹介したものです。簡単に言うなら、ゲーム会社が倒産などの憂き目にあい「復刻したいけど、誰に許可を取ったらいいかわからない」という状況を解決しやすくなる法整備について専門家である松田氏が述べたものです。

    孤児著作物を復刻するため「裁定制度 著67条」活用事例が増加中!
    まず、同発表では「裁定制度 著67条」についての解説・直近事例の紹介が行われました。

    「裁定制度 著67条(裁定制度)」とは、「権利者が不明な著作物について、供託金を先に払って、使えるようにする制度」です。

    裁定の判例としては、株式会社ショウエイシステムが著作権を持つ『北斗の拳』『北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝』などで使用されました。また、レトロゲームの復刻を多く手掛けるエムツーなどでは『国内ファミリーコンピュータ版 究極タイガー』などで活用されています。

    しかし本裁定は権利者を探すために“相当な努力”が必要。この相当な努力とは、権利者を探すために広告を掲載することなどを指し、弁護士などとのやりとりも必要となることがあります。

    ですが本裁定を利用しての復刻・配信などは増えてきているようで、こちらでもかつての名作が復活するということは期待できるでしょう。裁定実績は、「裁定データベース」にて検索が可能です。

    【【ゲーム】著作権不明により復刻困難なゲームに光明「ゲームアーカイブ推進連絡協議会カンファレンス」】の続きを読む

    このページのトップヘ