ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:最新ゲーム関連ニュース > レトロゲーム






    1 Gecko ★ :2023/02/07(火) 19:19:43.91ID:oIM3sSwG9
    ★「レトロゲーム」の価格高騰、若者・外国人から人気で数万円以上に…投資目的の買い占めも

    1980~90年代に販売された日本のゲーム機やソフトが高騰している。「レトロゲーム」として人気を集め、発売当時は5000円前後だったソフトの価格は、中古市場で数万円以上に跳ね上がるケースが出ている。背景には、子供の頃に夢中で遊んだ外国人やレトロブームで興味を持った若者らの購入増加に加え、投資目的で買い占める動きもあるようだ。

    大阪・日本橋でレトロゲームを専門で扱う「ゲーム探偵団」には、任天堂が1983年に発売した家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」など、かつて人気を集めたゲームソフトやハードウェア1万点近くが並ぶ。

     今月3日、店でソフト数本を購入したクウェートのシステムエンジニア、アブドラ・オスマンさん(41)は「全世代のゲームがここまでそろうのは日本くらい。レトロゲームは、子供の頃を思い出して懐かしくなり、何度遊んでも飽きない」と笑顔を見せる。

     現在、来店客の半数は訪日客といい、同店スタッフの石山公一さん(46)は「外国人に根強い人気があり、今後も買って帰る人は増えるだろう」と期待する。

     店内で目を引くのは、1万円を超える高額商品だ。任天堂の携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」やファミコンのソフトには、1万~4万円台の値札が付いているものも多い。ロールプレイングゲーム(RPG)「ゼルダの伝説」や「ドラゴンクエスト」など爆発的にヒットした人気シリーズは現在でも比較的安価だが、限定販売されたソフトなどは、10万円台~数十万円になるケースも珍しくない。

    オークション情報の検索サイトを運営するオークファン(東京)によると、ファミコンソフトの平均落札額は、2020年1月に2328円だったが、今年1月には3969円と7割超も高騰した。

     背景には、近年のレトロブームもあるとみられる。コロナ禍で外出を控え、自宅で過ごす時間が増えたことで、若者の関心を集めたのがレトロゲームの配信動画だった。ネット上では「シンプルだけど攻略が難しい」などの声が上がり、人気が再燃している。(抜粋)

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20230207-OYT1T50146/2/

    【【ゲーム】「レトロゲーム」の価格高騰、若者・外国人から人気で数万円以上に「何度遊んでも飽きない」】の続きを読む





    シティコネクションは2月6日、シューティングゲーム『BATSUGUN サターントリビュート Boosted』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/Nintendo Switch/PS4/Xbox Oneで、5月25日発売予定。Nintendo Switch/PS4向けにはパッケージ版も発売予定で、価格は通常版が4180円、特装版が7480円(ともに税込)。ダウンロード版の価格は未定だ。

    『BATSUGUN サターントリビュート Boosted』は、東亜プランが開発した縦スクロール・シューティングゲーム『BATSUGUN』の移植版だ。オリジナル版は1993年にアーケードで稼働開始し、1996年にはセガサターン向けに移植。プレイヤーは3種類の機体から選択し、敵味方大量の弾が飛び交うステージにて、ショットとボンバーを駆使して迫りくる敵を撃破していく。2人同時プレイにも対応。自機のショットはアイテム獲得でパワーアップするほか、敵を倒し取得する経験値によるレベルアップでも強化される。

    本作は、アーケード版を再現したオリジナルバージョンに加え、アーケード版をもとにゲームバランスの調整やさまざまな変更・追加がおこなわれたスペシャルバージョンを収録。またBGMに関しては、高品質デジタル録音でアーケード版を新録。好みのバージョンのBGMで遊べるサウンド切り替え機能も用意される。

    本作のタイトルにある「サターントリビュート Boosted」とは、シティコネクションの新規ブランド。従来展開されてきた「サターントリビュート」シリーズでの移植・再現度の追及に加えて、新機能や追加要素をより強化したブランドとなり、本作はその第1弾である。具体的には、プレイ中の経験値ゲージや隠しボーナスのスコア累計、再生中のBGM名などが新規UIで表示される「Boost Up HUD」のほか、スコアの桁数を増やしたオンラインランキングが搭載される。

    このほかにも、ミスをしてもやり直せるリワインド(巻き戻し)機能や、セーブ&ロード機能、好きなステージとパワーアップの状態を選んでプレイできるステージセレクト機能などが収録。ゲーム画面表示は、家庭用比率・アーケード比率・モニタ縦置きの3つのモードから選択できる。

    Nintendo Switch/PS4向けに発売予定の特装版パッケージには、本作のゲームソフトに、オリジナル&アレンジサウンドトラックCD、公式ファンブックが同梱。特装版専用BOXに収納される。サウンドトラックCDには、初音源化となるスペシャルバージョンのBGMや、細江慎治氏、安井洋介氏、はがね氏、松本大輔氏、WASi303氏といったゲーム音楽コンポーザーたちによる新規アレンジ楽曲が収録。公式ファンブックは、現在東亜プランブランドを統括しているTATSUJIN社が監修するとのこと。

    記事本文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230206-236234/

    【【ゲーム】東亜プランの名作STG移植版『BATSUGUN サターントリビュート Boosted』が新機能・追加要素盛りで5月25日に発売決定!】の続きを読む







    1 【大吉】 @朝一から閉店までφ ★ :2023/02/02(木) 20:21:12.86ID:O2Ar9HzC9
    ゲーム ニュース・話題2023/2/1 10:00

     ファミコン版「ドラゴンクエスト」プレイ時における、あるあるを描いたイラストが、ツイッターで注目を集めています。

     その内容は粗いドットで表現されたモンスターの顔のパーツを誤って解釈していたというもの。「オーク」は耳の部分を目だと思っていた、「ゆうれい」はフードの柄を目だと思っていたという勘違いは、当時ゲームをプレイしていた方ならきっとわかるはず。

     イラストを描いたのは、8bitミュージック・ユニット「YMCK」の中村智之さん。バンド内では主にドット絵やミュージックビデオ、作曲を担当している他、YMCK公式YouTubeチャンネルにて「ナカムラセンター」というTVゲームに特化した番組を制作しています。

     当初、中村さん自身の幼少時の体験を元に、「オーク」と「ゆうれい」のみを描き起こして投稿しましたが、寄せられた声の中に「アークデーモン」の鼻部分が口に見えたという声が多かったため、描き足したうえで再投稿を行いました。これも確かに……見える見える。


    (出典 otakei.otakuma.net)


     返信欄には他にも、「グレムリン」の目の部分が鼻と口に見えていた、3のラスボス「ゾーマ」は一つ目のモンスターだと思っていた、などさまざまな解釈違いをしていた方からのコメントが。かくいう筆者も「ガーゴイル」のくちばしが胴体の一部に見えていたんです。やはり、こうした経験をしたことがある方は多くいると言えそう。

     というのも、当時は今よりもはるかに制約の多かったゲーム開発環境。特にソフトのデータ容量は非常に小さく、グラフィックにおいてもいかに最低限の色数、ドット数で表現するか、という課題が常について回ったと聞きます。

     加えて、ドラクエのキャラクターデザインと言えば、ご存じ「鳥山明」氏。独創的かつ魅力あふれるキャラクターを、少ないドットで表現しようというのですから、この作業が相当な難度であることは、想像に難くありません。

     その後、スーパーファミコン、プレイステーションとハードが進化するたびに、グラフィック表現も格段に進化しましたが、中村さんが解釈違いを起こしていた、と気付いたのは、実は大人になってからだったのだとか。ドラクエのモンスターは、タイトルが変わっても再登場するパターンが多いですが、小さなころに刷り込まれた固定概念はなかなか払拭できなかったようです。

     投稿への反響に対し「人の想像力の豊かさを思い知りましたね」と、”同志”の多さに驚いた様子の中村さん。「こういった事例は制作者が意図したことではないにせよ、ルビンの壺のような不思議な楽しさがありますし、グラフィックにまだ想像の余地が残されていた当時のドットならではの面白さですよね」と、ゲーム黎明期の古き良き時代に思いを馳せていました。

     ドット絵もヌルヌルと動*ことが出来る現代の技術では、こうした解釈違いは間違いなく起きないでしょうが……グラフィックが美しすぎるということは、それはそれで少し寂しさことなのかもしれませんね。


    <記事化協力>
    YMCK_Nakamuraさん(Twitter:@YMCK_Nakamura / YouTube:YMCK)

    (山口弘剛)


    edited by 山口 弘剛‌
    URL: https://otakei.otakuma.net/archives/2023020103.html
    Last update: 2023/2/1 10:21 © C.S.T.ENTERTAINMENT Inc.
    ※記事内容は公開時点の情報です。後に変更になる場合があります

    【【ゲーム】ファミコン版ドラクエのドット絵こう見えてた!当時ならではのあるあるに共感】の続きを読む


    フェリオス』 (PHELIOS) は、1989年2月にナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)からリリースされたアーケード用縦スクロールシューティングゲーム。 ナムコのシステム基板「SYSTEM II」の第4弾作品。 1990年にメガドライブに移植された他、2006年にはiアプリ、200…
    20キロバイト (2,056 語) - 2023年2月1日 (水) 09:15




    1 名無しさん必死だな :2023/02/01(水) 17:43:10.92ID:wLp4M9ys0
     ハムスターは、Nintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『アーケードアーカイ* フェリオス』を2023年2月2日(木)に配信する。

     本作は、1989年にナムコから発売されたシューティングゲーム。プレイヤーは騎士アポロンとなって、ペガサスとともに7つの神殿にいるボスたちを倒し、王女アルテミスを救い出す。

     また、配信日の2月2日19時にYouTubeライブとニコニコ生放送で行われる公式番組“アーケードアーカイバー”にて、フェリオス特集が放送される。


    (出典 www.famitsu.com)


    (出典 www.famitsu.com)


    (出典 www.famitsu.com)


    (出典 www.famitsu.com)


    (出典 www.famitsu.com)


    (出典 www.famitsu.com)


    https://www.famitsu.com/news/202302/01291237.html

    【【ナムコ】1989年にナムコから発売された縦スクロールSTG『フェリオス』アーケードアーカイブスで2月2日より配信開始。】の続きを読む






    1 muffin ★ :2023/01/28(土) 16:55:30.00ID:Tc5k7s8n9
    https://bunshun.jp/articles/-/60374
    1/28(土) 15:42

    一家に1台のゲーム機、という日本のゲーム文化を定着させた名プラットフォーム「スーパーファミコン」。1990年に発売され、国内だけで1700万台以上が販売されました。文春オンラインでは、12月12日から今年1月4日にかけて「あなたがもう1度プレイしたいスーパーファミコンソフトはなんですか?」と題したアンケートを実施。
    結果

    1位 スーパーマリオワールド
    2位 スーパーマリオカート
    3位 スーパードンキーコング
    4位 ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁
    5位 クロノ・トリガー

    6位 ゼルダの伝説 神々のトライフォース
    7位 ストリートファイターⅡ
    8位 MOTHER2 ギーグの逆襲
    9位 ファイナルファンタジーⅤ
    10位 スーパーボンバーマン

    11位 スーパーマリオコレクション
    12位 星のカービィ スーパーデラックス
    13位 ファイナルファンタジーⅣ
    14位 トルネコの大冒険 不思議のダンジョン
    15位 スーパーマリオRPG

    16位 シムシティー
    17位 ファイナルファンタジーⅥ
    17位 ドラゴンクエストⅥ 幻の大地
    17位 アクトレイザー
    20位 桃太郎電鉄HAPPY

    栄えある1位は、スーパーファミコンと同時に発売された「スーパーマリオワールド」でした。“恐竜ランド”を舞台にしたマリオたちの新たな冒険に夢中になったという人が続出。アンケートでは、本作から登場した恐竜の“ヨッシー”や回転しながらの“スピンジャンプ”など、現在では当たり前になった要素のインパクトに触れる声も挙がりました。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 i.imgur.com)

    【【ゲーム】『もう一度遊びたいスーパーファミコンソフトランキング』ドラクエⅤは4位 1位は誰もが納得のあのソフト】の続きを読む

    このページのトップヘ