ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。






    1 Gecko ★ :2023/02/07(火) 19:19:43.91ID:oIM3sSwG9
    ★「レトロゲーム」の価格高騰、若者・外国人から人気で数万円以上に…投資目的の買い占めも

    1980~90年代に販売された日本のゲーム機やソフトが高騰している。「レトロゲーム」として人気を集め、発売当時は5000円前後だったソフトの価格は、中古市場で数万円以上に跳ね上がるケースが出ている。背景には、子供の頃に夢中で遊んだ外国人やレトロブームで興味を持った若者らの購入増加に加え、投資目的で買い占める動きもあるようだ。

    大阪・日本橋でレトロゲームを専門で扱う「ゲーム探偵団」には、任天堂が1983年に発売した家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」など、かつて人気を集めたゲームソフトやハードウェア1万点近くが並ぶ。

     今月3日、店でソフト数本を購入したクウェートのシステムエンジニア、アブドラ・オスマンさん(41)は「全世代のゲームがここまでそろうのは日本くらい。レトロゲームは、子供の頃を思い出して懐かしくなり、何度遊んでも飽きない」と笑顔を見せる。

     現在、来店客の半数は訪日客といい、同店スタッフの石山公一さん(46)は「外国人に根強い人気があり、今後も買って帰る人は増えるだろう」と期待する。

     店内で目を引くのは、1万円を超える高額商品だ。任天堂の携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」やファミコンのソフトには、1万~4万円台の値札が付いているものも多い。ロールプレイングゲーム(RPG)「ゼルダの伝説」や「ドラゴンクエスト」など爆発的にヒットした人気シリーズは現在でも比較的安価だが、限定販売されたソフトなどは、10万円台~数十万円になるケースも珍しくない。

    オークション情報の検索サイトを運営するオークファン(東京)によると、ファミコンソフトの平均落札額は、2020年1月に2328円だったが、今年1月には3969円と7割超も高騰した。

     背景には、近年のレトロブームもあるとみられる。コロナ禍で外出を控え、自宅で過ごす時間が増えたことで、若者の関心を集めたのがレトロゲームの配信動画だった。ネット上では「シンプルだけど攻略が難しい」などの声が上がり、人気が再燃している。(抜粋)

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20230207-OYT1T50146/2/

    【【ゲーム】「レトロゲーム」の価格高騰、若者・外国人から人気で数万円以上に「何度遊んでも飽きない」】の続きを読む





    シティコネクションは2月6日、シューティングゲーム『BATSUGUN サターントリビュート Boosted』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/Nintendo Switch/PS4/Xbox Oneで、5月25日発売予定。Nintendo Switch/PS4向けにはパッケージ版も発売予定で、価格は通常版が4180円、特装版が7480円(ともに税込)。ダウンロード版の価格は未定だ。

    『BATSUGUN サターントリビュート Boosted』は、東亜プランが開発した縦スクロール・シューティングゲーム『BATSUGUN』の移植版だ。オリジナル版は1993年にアーケードで稼働開始し、1996年にはセガサターン向けに移植。プレイヤーは3種類の機体から選択し、敵味方大量の弾が飛び交うステージにて、ショットとボンバーを駆使して迫りくる敵を撃破していく。2人同時プレイにも対応。自機のショットはアイテム獲得でパワーアップするほか、敵を倒し取得する経験値によるレベルアップでも強化される。

    本作は、アーケード版を再現したオリジナルバージョンに加え、アーケード版をもとにゲームバランスの調整やさまざまな変更・追加がおこなわれたスペシャルバージョンを収録。またBGMに関しては、高品質デジタル録音でアーケード版を新録。好みのバージョンのBGMで遊べるサウンド切り替え機能も用意される。

    本作のタイトルにある「サターントリビュート Boosted」とは、シティコネクションの新規ブランド。従来展開されてきた「サターントリビュート」シリーズでの移植・再現度の追及に加えて、新機能や追加要素をより強化したブランドとなり、本作はその第1弾である。具体的には、プレイ中の経験値ゲージや隠しボーナスのスコア累計、再生中のBGM名などが新規UIで表示される「Boost Up HUD」のほか、スコアの桁数を増やしたオンラインランキングが搭載される。

    このほかにも、ミスをしてもやり直せるリワインド(巻き戻し)機能や、セーブ&ロード機能、好きなステージとパワーアップの状態を選んでプレイできるステージセレクト機能などが収録。ゲーム画面表示は、家庭用比率・アーケード比率・モニタ縦置きの3つのモードから選択できる。

    Nintendo Switch/PS4向けに発売予定の特装版パッケージには、本作のゲームソフトに、オリジナル&アレンジサウンドトラックCD、公式ファンブックが同梱。特装版専用BOXに収納される。サウンドトラックCDには、初音源化となるスペシャルバージョンのBGMや、細江慎治氏、安井洋介氏、はがね氏、松本大輔氏、WASi303氏といったゲーム音楽コンポーザーたちによる新規アレンジ楽曲が収録。公式ファンブックは、現在東亜プランブランドを統括しているTATSUJIN社が監修するとのこと。

    記事本文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230206-236234/

    【【ゲーム】東亜プランの名作STG移植版『BATSUGUN サターントリビュート Boosted』が新機能・追加要素盛りで5月25日に発売決定!】の続きを読む







    1 名無しさん必死だな :2023/02/06(月) 12:44:28.75ID:epIsEU/Ar
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1476094.html
    セガは2月6日、新プロジェクトのティザー動画とティザーサイトを公開し、同時に新プロジェクトの公式Twitter(@mod_sega)も公開した。
     ティザー動画では、世界中が「セガ」に染まりゆく様が不気味に描かれている。
    また、冒頭では落下するスマートフォンの画面に「創造せよ、明るい未来を。」や「セガを*」の文字が表示されているが、これは何を意味するのか?
    “創造は生命”というのがセガの社是なのだが、果たして関連はあるのだろうか……。
    そしてラストは「2023.2.10 世界は変わる」というメッセージで締めくくられているので、この段階で、何かしらの発表があるとみられる。
    ティザーサイトよりYouTubeの視聴予約をし、新プロジェクトの発表を楽しみに待ちたいところだ。

    【【ゲーム】「セガ」のスマホ向け新プロジェクト、謎のティザーサイトとティザー動画を公開!「2023.2.10 世界は変わる」】の続きを読む






    今や米マイクロソフト(以下「MS」)、ソニー、任天堂といったゲーム最大手企業が、3社とも定額制ゲームサービスを提供している。この中では一見すればMSのXbox Game Pass(以下、「ゲームパス」)が最も順調に推移している印象があるが、長期的には持続可能ではないとの分析が発表されている。

    ゲーム業界の市場調査会社DFC Intelligenceは、最近のMSの収益に、ゲームパスがあまり貢献していないようだと指摘している。

    直近の2023年度第2四半期決算を見ても、Xboxハードウェアの売上は前年同期比13%減、コンテンツおよびサービスは同12%減という数字が何よりそれを裏付けている。ゲームパスの加入者数はさらに伸びているにもかかわらず、である。

    DFCによれば、ゲームパスの問題はXboxハードの売上に貢献していない(Windows PC向けや、端末を選ばないクラウドゲーミングも含まれる)一方で、収益を上げるために多くのコンテンツを提供しすぎていることだという。

    ゲームパスが1億人の加入者を獲得できれば状況は変わるとしても、それは絵空事に近い。買収が難航しているアクティビジョン・ブリザードのユーザー数を加えてもはるかに足りず、トップセラーの『Call of Duty』シリーズも3000万本がせいぜいである。

    しかも、ゲームパスは定期的にゲームカタログの一部を入れ替えるため、プレイヤーが遊び終える前に配信が終わってしまうことがある。そして消費者が本当に気に入ったゲームは製品版を購入する傾向があり、マルチプラットフォーム作品であればXbox以外のストアを選ぶ可能性が高いという。

    最近ゲームパスで無料配信が始まった『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』にしても、DFCのオフィスでは何人かがNintendo Switch版を20ドル(日本では税込1,980円)で買ったとのこと。40時間以上も楽しめるなら20ドルなんて大したことない、というわけだ。

    つまり、ゲームパスほど多くのゲームを提供すると、MSにとっては支出が大幅に増えるばかりか、本来は売れるはずだった製品版の売り上げという「確立した大きな収入源」を手放さなければならなくなる、と分析されている。

    それに対して任天堂の「Nintendo Switch Online」(以下「スイッチオンライン」)は、料金がさほど高くないが、サービス内容もそれにあわせて、ファミコンほかレトロゲームに加えて(拡張オプションの「+追加パック」コースでは)『マリオカート8』や『とびだせ どうぶつの森』などの追加コンテンツを提供しているに過ぎない。

    このあり方が、任天堂のハードウェアとソフトウェアの販売というビジネスモデル全体を強化しているとのこと。『マリオカート8』と『とびだせ どうぶつの森』はそれぞれ4800万本と4000万本をフルプライスで販売しており、つまり2本だけでゲームパス1年以上の収益を上げていると推定されている。

    DFCの結論は、ゲームの定額サービスは「付加価値の提案」として上手く機能するということだ。ゲームパスは年間200ドル以下であらゆる種類のゲームにアクセスでき、PC用のGPUカードやスイッチ、PlayStation製品に使うお金を貯められる。しかし任天堂のスイッチオンラインは、スイッチ本体とスイッチ専用ゲームソフトの売上を後押しする、というわけだ。

    また、ゲーム定額サービスを「ビデオゲームのNetflix」と呼ぶことは大きな間違いだとも指摘されている。Netflixのような動画ストリーミングは、ユーザーは一度番組を見ると、たいていすぐに次の番組へと移ってしまう。これに対してゲームは、ある1つのゲームを長期的にやり込む傾向があり、ゲームパスのようにライブラリ入れ替え制と相性が良くない、との趣旨が語られている。

    ゲームパスは消費者にとって非常にコストパフォーマンスに優れたサービスではあるが、企業の持続可能性の観点から見れば、スイッチオンラインこそが絶妙なバランスなのかもしれない。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/920991e79f26f4e81698903e80bef79654958c44

    1 名無しさん必死だな :2023/02/02(木) 22:32:59.01ID:HLd0Nprx0
    ゲーム業界の市場調査会社DFC Intelligenceは、最近のMSの収益に、ゲームパスがあまり貢献していないようだと指摘している。
    直近の2023年度第2四半期決算を見ても、Xboxハードウェアの売上は前年同期比13%減、コンテンツおよびサービスは同12%減という数字が何よりそれを裏付けている。ゲームパスの加入者数はさらに伸びているにもかかわらず、である。
    DFCによれば、ゲームパスの問題はXboxハードの売上に貢献していない(Windows PC向けや、端末を選ばないクラウドゲーミングも含まれる)一方で、収益を上げるために多くのコンテンツを提供しすぎていることだという。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/920991e79f26f4e81698903e80bef79654958c44

    【【ゲーム】ゲーム業界の市場調査会社、Xboxゲームパスは「持続不能」、任天堂のビジネスモデルがベストとの分析】の続きを読む






    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/02/04(土) 18:38:09.277ID:cBOo0tFv0
    かわいい女の子が主人公のアクションゲームがやりたい

    【【ゲーム】かわいい女の子が主人公のアクションゲームって何かある?】の続きを読む

    このページのトップヘ