ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:Xbox


    Xbox > Xbox Series X/S Xbox Series X/S(エックスボックス シリーズ エックス/エス)は、マイクロソフトが2020年11月10日に発売を予定している家庭用ゲーム機の総称及びその開発プロジェクト。ゲーム機の名称は単に「Xbox」であり、「Series X」および「Series
    8キロバイト (710 語) - 2020年10月2日 (金) 14:23



    (出典 wpteq.org)



    1 雷 ★ :2020/10/15(木) 20:45:29.45

    日本でも本日0時から予約が開始された(そしてやはり“蒸発”した)、マイクロソフトの新世代ゲーム機『Xbox Series X』と『Xbox Series S』。その話題の一環に、本体価格が1ドル=100円換算と、価格的に日本が凄く優遇された(Series Sに至っては昨日改定されてこの水準となった)点があります。

    ただし残念ながら、主要周辺機器までもすべてこの水準とはいかない模様です。というのも、日本のマイクロソフトが公開した両モデル専用の1TB SSDの価格が、3万2386円(税込)という水準だったため。

    同SSDの価格は米国でも昨日公開されたばかりだったのですが、そちらは219.99ドルでした。税別にしてドル円レートを単純計算すると、1ドル=約133.8円という水準となります。

    なお、米国では価格公開と同時に予約が開始されましたが、原稿執筆時点において、日本ではマイクロソフトストア(Web直販)を含め販売は確認できていません。

    (略)
    https://japanese.engadget.com/xbox-series-ssd-japan-price-high-073042946.html

    h
    (出典 media-mbst-pub-ue1.s3.amazonaws.com)



    PS5の分解動画公開。巨大ファンやヒートシンク、液体金属熱伝導体、掃除機で吸えるダストキャッチャーも
    (略)
    ストレージ容量拡張用のスロットは、白いカバーを外したファンの近くに。PCIe 4.0 NVMe接続M.2インターフェースを備えており、速度や形状の基準を満たすことをソニーが検証した市販のM.2 SSD が使えるようなります。
    (略)
    https://japanese.engadget.com/ps5-122324317.html


    【【ゲーム】Xbox Series X/S専用SSD、日本では高価?専用1TB SSD価格が3万2386円(税込)米国は219.99ドル】の続きを読む


    Xbox(エックスボックス)は、マイクロソフトのコンピュータゲームのブランドである。マイクロソフトが開発した家庭用ゲーム機シリーズ(第6世代から第9世代までの据置機)がこのブランドの代表である。この他、ゲームソフトやストリーミングサービス、オンラインサービス(Xbox Live)、開発部門(Xbox
    4キロバイト (451 語) - 2020年9月30日 (水) 18:20



    (出典 sm.ign.com)



    1 :2020/10/03(土) 19:53:23.62 ID:d+228nsW0●.net BE:345749931-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    アディダスがナイキのツイートをリツイートし、ライバル会社同士のコミュニケーションが増えつつある昨今、また新たに、企業と企業のコミュニケーションが発生しえる出来事が発生した。

    Xbox Series X や PS5 などの次世代ゲーム機が同時に発売されようとしているいま、Xbox公式Twitterが突如として興味深い発言を投稿したのである。

    ・XboxとPS5はどちらが勝つのか?
    注目を集めているのは、マイクロソフトのゲーム機Xboxの公式ツイッターアカウントだ。

    XboxとPS5はどちらが高性能なのか? どちらに良いゲームが発売されるのか? そもそもどっちを買うのか? どっちがダメで、どっちが良いのか?

    そんな話題がインターネット上で錯綜しているなか、Xbox公式ツイッターが以下のコメントを投稿したのである。英語の原文と並べて日本語に訳して掲載する。

    ・Xbox公式Twitterコメント
    「ゲームハード戦争やめようよ! 愛し合おうよ!」(make love not console wars)

    (以下略)


    (出典 buzz-plus.com)

    https://buzz-plus.com/article/2020/10/03/xbox-series-x-ps5-nintendo-switch/


    【【ゲーム】Xbox公式Twitterが「ゲームハード戦争やめよう!愛し合おうよ」と発言】の続きを読む


    Xbox > Xbox Series X Xbox Series X(エックスボックス シリーズ エックス)は、マイクロソフトが2020年11月に発売を予定している家庭用ゲーム機の総称及びその開発プロジェクト。ゲーム機の名称は単に「Xbox」であり、「Series X
    6キロバイト (431 語) - 2020年9月7日 (月) 09:50



    (出典 www.thegamepost.com)


     Microsoftのリーク情報を発信する米国の情報サイトThurrott.comは、Microsoftの次世代ゲームコンソールXbox Series Xおよび、未確認の新型ゲームコンソールXbox Series Sに関する情報を素材付きで発表し、gamespotをはじめ米国大手ゲームメディアも追随し、大騒ぎになっている。Microsoftはこの件について一切コメントしていない。

     リーク情報によれば、両コンソールは11月10日リリース予定で、価格はXbox Series Xが499ドル、Xbox Series Sが299ドル。

     Xbox Series Sは、Xbox Series X世代のゲームコンソールで、Xbox One Xと同等の性能を備え、フルHDでXbox Series X世代のゲームを楽しめる。サイズはリークされた動画を見る限り、Xbox Series Xの1/3ほどで、Xbox One Sの後継のようなホワイトボディを採用。ディスク向けのスロットインは確認できず、デジタルダウンロードに特化したコンソールになると見られる。コントローラーは同一。

     Microsoftは、数年前から次世代機を“複数”用意していると噂されていたが、それが(リークながら)裏付けられたことになる。米国は深夜に差し掛かる時間帯だが、正式発表が待たれるところだ。

    記事本文はこちら
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1275649.html

    1 名無しさん必死だな :2020/09/08(火) 13:14:53.61 ID:q+PxoW1w0.net

    Xbox Series X and Xbox Series S release date and price finally revealed
    https://www.windowscentral.com/xbox-series-x-and-xbox-series-s-release-date-and-price-finally-revealed

    >What you need to know

    >Xbox Series S console design finally leaked.
    >We can confirm the Xbox Series S is $299, and the Series X is $499.
    >Xbox Series S and Xbox Series X will launch on November 10, 2020.


    うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


    【Xbox Series Xのリリース時期と価格、ついにリークされる!スペックを落とした普及モデルXbox Series Sの存在も】の続きを読む


    Xbox > Xbox (ゲーム機) Xbox(エックスボックス)は、マイクロソフトが開発および販売を行った家庭用ゲーム機である。「Xbox」と小文字で表記されることが多いが、ロゴ等は「XBOX」とすべて大文字で表記されている。 Xboxは固定されたゲームプラットフォームだったが、Windows
    20キロバイト (2,543 語) - 2020年4月4日 (土) 15:28



    (出典 upload.wikimedia.org)


    Xbox(エックスボックス)は、マイクロソフトが開発および販売を行った家庭用ゲーム機である。「Xbox」と小文字で表記されることが多いが、ロゴ等は「XBOX」とすべて大文字で表記されている。

    沿革と発売までの経緯
    当初、マイクロソフトはセガのドリームキャストに自社が開発したオペレーティングシステムのWindows CEを提供して技術協力していた。ドリームキャストが商業的に失敗すると、マイクロソフト自身がゲーム業界に参入するという噂が流れる。背景にはセガとの路線対立や、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE・当時)や任天堂に提携を求めて断られたことがあるとも言われている。

    当時のセガ会長・大川功がXbox開発の話を聞きつけ、マイクロソフトの当時社長ビル・ゲイツに何度も直談判し「セガのタイトル資産を提供するからドリームキャストの互換性をXboxで実現させてくれ」とドリームキャストの道筋を作ろうとした。だが、ドリームキャストはインターネット環境を有するのに対し、Xboxはインターネット環境を考えておらず、この話は結局破談となった。このことが後に日本法人マイクロソフト株式会社社長を当時勤めていた古川享によってTwitterにて語られた。

    2000年3月、日本国内のPS2発売のわずか数日後に、マイクロソフトがゲーム機参入を発表。当時ソニーグループはPS2でWintelに挑戦すると宣言しており(PS3でも同様[10])、マイクロソフトが逆に挑戦するという構図になったことで話題を集めた。製品仕様や発売前の技術デモなどは徹底的にPS2を意識していた。噂の段階から開発コードネームとして浸透した「X-BOX」が、そのまま実際の名称にも使われることとなった。マイクロソフト社内での最初期のコードネームは「プロジェクト・ミッドウェー」で、マイクロソフトならではのPCのノウハウを生かしたゲームコンソールとPCの中間(一般名詞midway)の存在を目指すこと、およびミッドウェー海戦になぞらえた日本への反攻開始が意味されていた。また、ビル・ゲイツの激怒でプロジェクト中止の危険もあった。

    かつて、日本のゲーム機市場に他国メーカーが本格参入した例は少なく、Xboxの上陸は「黒船」に例えられて話題を集めた。2002年2月22日の日本市場発売に合わせてビル・ゲイツが来日し、『笑っていいとも!』に生出演したり、X JAPANのYOSHIKIを起用したりと大規模な宣伝活動をした。

    最終的に日本国内50万台、全世界2,400万台の売り上げを記録した。全世界で最も売れたソフトは『Halo 2』(849万本)、日本国内で最も売れたソフトは『デッド オア アライブ3』(24万本)となった。日本発売時の初回出荷台数は25万台と発表されている。一方、エンターブレインによれば、日本での発売開始から3日間の推定販売台数は12万3929本で、ソフト装着率(全ソフト販売台数÷本体販売台数)は1.45本である[16]。また、日本はシェアがマイナスになった唯一の国でもある。

    北米をはじめ日本以外の地域ではPlayStation 2に次ぐシェアを獲得し、全世界での累計販売台数はニンテンドーゲームキューブを若干上回っており、『Halo』シリーズなど海外メーカー製の爆発的ヒット作も多数生まれている。2005年、日本国外で初めてゲーム関連事業は単年度黒字を達成した。

    日本での発売当初の希望小売価格は34,800円だったが、2002年5月22日に価格改定され、希望小売価格24,800円に。2003年5月29日から7月31日まで6,800円のキャッシュバックキャンペーン。2003年11月20日には本体価格を16,800円に値下げ。その後、2004年5月に発売された「Xboxプラチナパック2」は、ゲームソフト2本や追加のコントローラ、DVDビデオ再生キットなどを追加した上、19,000円(税別)にまで希望小売価格を下げた。

    仕様
    PC/AT互換機用パーソナルコンピュータの部品をほぼそのまま流用した構成となっており、一部のメディアはほとんどPCと呼ぶほどだった。コントローラのポートは形状こそ異なるがPCでも一般的なUSB規格が使われている。製造はフレクストロニクスに委託された。

    CPU:Intel Mobile Celeron(Pentium IIIベース(Coppermine-128k))733MHz
    グラフィック:NVIDIA製 XGPU(X-Chip) 233MHz(GeForce3の改良版)
    ポリゴン描画能力:1億2500万ポリゴン/秒(理論値)
    メモリ:DDR SDRAM 64MB(CPU、GPU共用)
    メモリ帯域幅:6.4GB/秒
    記憶装置:5倍速DVD、8GBハードディスク、8MBメモリーユニット
    サウンド:ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス社製 ステレオコーデック 256チャンネル
    インターフェース:コントローラポート×4、10/100Mbpsイーサネットポート
    最大解像度:1920×1080
    電源:100V,50/60Hz 消費電力:絶対最大定格200W
    重量:3.86 kg
    外形寸法:324×265×90mm

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/Xbox_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%A9%9F)

    1 ゲーム好き名無しさん :2020/06/25(木) 05:25:08 ID:qnnMlt/f0.net

    初代XBOXのゲーム等について、語りましょう。
    OneやSeries Xの互換機能でプレイした話も、OKです。


    【【ゲーム】『XBOX』2002年、技術提供していたドリームキャスト失敗後、ゲーム業界に参入したマイクロソフトよりPS2に対抗して発売された据置型ゲーム機!】の続きを読む


    Xbox > Xbox Series X Xbox Series X(エックスボックス シリーズ エックス)は、マイクロソフトが2020年11月に発売を予定している家庭用ゲーム機の総称及びその開発プロジェクト。ゲーム機の名称は単に「Xbox」であり、「Series X
    6キロバイト (431 語) - 2020年8月12日 (水) 13:22



    (出典 sm.ign.com)


    入手したコントローラーから発売日が予測される
    reseteraでは、「ロボット・ホワイト」という色の「Xbox Series X」または「Xbox Series S」用コントローラーを入手した人が、開封の儀を行っている動画を掲載しています。

    箱には2021年11月5日に、マイクロソフトの保証期限が終わることが書かれているため、もし期限が1年間有効であるならば、アメリカで「Xbox Series X」が売られるのは11月5日で、日本なら11月6日になるのでは? という憶測が飛んでいます。信憑性がありそうですが…実際どうなんでしょうね? 答え合わせはもうちょっと待ちましょう。

    これ1台で何千タイトルが遊べる
    以前にもお伝えしましたが、この新型機はXbox、Xbox 360、Xbox Oneなど過去4世代までさかのぼる何千タイトルもの後方互換性を持ち、ハードウェアで加速されたDirect Xレイトレーシング、最大120フレーム/秒での描画、より高速なロード時間および複数ゲームのクイックレジューム機能を持っています。

    そしてHDMI 2.1をサポートし、HDR機能にも対応。加えて中には、解像度が4Kにまで向上するものもあります。これにはHDMIケーブルや4K対応テレビといった、別の要因が関係してきますが…それは別の話ですね。

    新作も最適化される過去作も
    『Halo Infinite』は開発チームが健全な状態で完成させたいので、リリースは2021年になる、というお報せもありました。ですがそれまでの間、50本以上の新作ゲームや、本機のために最適化された、『アサシン クリード ヴァルハラ』、『DiRT 5』、『Gears Tactics』、『ウォッチドッグス レギオン』、『龍が如く7 光と闇の行方』など100以上のタイトルがクロスジェネレーションで発売されます。またこれらのタイトルは、Smart Deliveryで一度購入すれば、ユーザーのコンソールに最良のバージョンに最適化されます。

    最適化については、最大4Kまで解像度を上げてタイトルをレンダリングする機能、HDRが登場する以前に開発されたゲームに、新しいHDR再構成技術を提供、画質を向上させるための異方性フィルタリングの適用、特定タイトルのフレームレートを増加または倍増させる方法などが含まれるのだそうです。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf0c09820e4df3e255687ff53ff7197210ba18bb

    1 名無しさん必死だな :2020/08/11(火) 23:46:53.61 ID:kNmpbg7c0.net

    価格等のさらなる詳細は8月中に発表されるとの情報も

    https://wccftech.com/xbox-series-x-could-release-on-november-5th-controller-unboxing-video-out/

    >XboxシリーズX(およびXboxシリーズSも)、2020年11月5日に発売される予定です。

    >MicrosoftのXboxシリーズXコンソールは11月5日にリリースされる。あなたがすでに読んだかもしれないように、ツイッターユーザーZak Sがリリースに先立って新しいコントローラーを手に入れることができた後、長く噂されている小さな兄弟XboxシリーズSコンソールが実際に確認されました。コントローラーのボックスには、XboxシリーズXに加えてXboxシリーズSが明記されています。


    【【ゲーム】XboxシリーズXの発売日が11月に発売と正式発表!コントローラーの保証期限を見れば...11月5日!か?】の続きを読む

    このページのトップヘ