ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:FF


    ドラゴンクエストシリーズ > ドラゴンクエストV 天空の花嫁ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(ドラゴンクエストファイブ てんくうはなよめ)は、1992年9月27日に日本エニックスから発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 主人公を操作し、伝説勇者を捜し出し「光
    184キロバイト (28,357 語) - 2020年5月11日 (月) 21:34



    (出典 blog-imgs-60.fc2.com)


    30年以上の長い歴史を誇る人気RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』。歴代の作品では、主人公がそれぞれの運命を背負い、過酷な戦いに身を投じていましたね。
    そこで今回は、シリーズの中でも「主人公(プレイヤー)の背負った運命がハードすぎる!」と感じた作品について調べてみました。

    1位 ドラゴンクエストV 天空の花嫁
    2位 ファイナルファンタジーX
    3位 ファイナルファンタジーVII


    1位に輝いたのは、1992年にスーパーファミコンで発売された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』でした。
    本作で主人公を務めるのは名も無き少年。父親と旅を続ける幼少期から物語は始まりますが、その後は青年へと成長し、最後には自分の子どもたちと親子三代をかけて魔王を倒すことになります。
    忘れてはならない重要イベントとして、子どもたちの母親となる女性キャラクターとの結婚が待ち受けていますが、いずれ劣らぬ魅力を持った結婚相手候補から誰を選ぶのかも、主人公にとっては“過酷”な選択ですよね。


    2位には、2001年にPlayStation 2(プレイステーション 2)で発売された『ファイナルファンタジーX』が続きました。
    ナンバリング作品としてはシリーズで初となる続編『ファイナルファンタジーX-2』も発売された本作。主人公の青年ティーダは、災厄を振りまく魔物シンを倒すべく、召喚士の少女ユウナと共に過酷な戦いに身を投じることとなります。
    物語が進むにつれてシンの、そして自らの正体が明らかになり、ティーダはつらい選択を迫られることになりますが、そのせつなすぎる結末には驚いた人も多かったのではないでしょうか。


    3位に食い込んだのは、1997年にPlayStation(プレイステーション)で発売された『ファイナルファンタジーVII』でした。
    本作で主人公を務めるのは、人体実験によって偽りの人格が形成された青年クラウド。反体制組織アバランチに傭兵として雇われた彼が、かつて故郷を奪った憎き存在・セフィロスの生存を知ることで、過酷な運命の歯車が回り始めます。
    物語が進むにつれ、仲間の死や偽りの自分との決別など、クラウド自身にとって厳しい出来事が次々と起こりますが、一人で背負うにはあまりに重い運命に、思わず「クラウドがんばれ!」と声援を送りたくなってしまいますね。

    記事全文はこちら
    https://ranking.goo.ne.jp/column/6537/

    【【ゲーム】主人公の運命がハードすぎるドラクエ&FFシリーズランキング】の続きを読む


    (2018年9月14日). 2019年2月22日閲覧。 ^ 『週刊ファミ通』2月29日増刊号特別付録『ファイナルファンタジー』生誕20周年記念冊子 FINAL FANTASY Festa! Files クリエーターインタビューより。 ^ 藤井児「『ファイナルファンタジー』の誕生-株式会社スクウェアによる家庭用ゲーム
    86キロバイト (9,500 語) - 2020年2月28日 (金) 21:41



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 名無しさんといっしょ :2020/02/13(木) 19:03:43.34 ID:aQr9QSWH.net

    『発表!全ファイナルファンタジー大投票』
    https://www.nhk.or.jp/anime/ff/

    2020年2月29日(土)放送
    BSプレミアム
    第1部 午後9時00分~午後11時30分
    第2部 午後11時45分~翌午前0時45分

    BSプレミアム恒例の投票企画、今回は初のゲームを取り上げます。
    「作品」「キャラクター」「ボス&召喚獣」「曲」の各カテゴリーでファンの支持を最も集めたのは?
    結果は3時間半の生放送で発表!


    【「全ファイナルファンタジー大投票」3時間半の生放送いよいよ本日2月29日放送!BSプレミアム】の続きを読む



    (出典 ranking.xgoo.jp)



    1 muffin ★ :2020/01/03(金) 01:15:18 ID:Bz4RX/+69.net

    https://ranking.goo.ne.jp/column/6285/
    2020年01月03日 

    数あるゲームジャンルの中でも、特に日本人が好むと言われているRPG(ロールプレイングゲーム)。そんなRPGを代表する人気シリーズといえば、やはり「FF(ファイナルファンタジー)」と「ドラクエ(ドラゴンクエスト)」ですよね。
    そこで今回は、これまでに発売されたFF&ドラクエシリーズの中で一番やりこんだ作品について探ってみました。

    1位 ドラゴンクエストV 天空の花嫁
    2位 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
    3位 ファイナルファンタジーVII
    4位 ファイナルファンタジーV
    5位 ファイナルファンタジーX
    6位 ドラゴンクエストIX 星空の守り人
    7位 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
    8位 ドラゴンクエスト
    9位 ファイナルファンタジーVI
    10位 ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
    11位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
    12位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
    13位 ファイナルファンタジーIV
    14位 ファイナルファンタジーXI
    15位 ファイナルファンタジー
    16位 ファイナルファンタジーVIII
    17位 ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
    18位 ファイナルファンタジーIII
    19位 ファイナルファンタジーIX
    20位 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
    以下こちら
    https://ranking.goo.ne.jp/column/6285/ranking/52364/?page=3

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,379票
    調査期間:2019年11月04日~2019年11月18日


    【【ゲーム】人生で一番やりこんだFF&ドラクエシリーズランキング!】の続きを読む


    ゲームクリエイター・新納一哉氏、スクウェア・エニックスを退職─『ドラクエビルダーズ2』の開発終了を見届けて (2019年8月23日) - エキサイトニュース
    ご報告。ビルダーズ2の開発終了をもちまして、スクウェア・エニックス社を退職いたしました。吉田さん、ふじのりさん、白石さん、同僚のみんな、そして、自分の作ったゲームを ...
    (出典:エキサイトニュース)


    新納 一哉(にいのう かずや)は日本のゲームクリエイター。 アトラス(旧社)では『超執刀 カドゥケウス』、『世界樹の迷宮』を手掛ける。アトラス退社後はイメージエポックにて『セブンスドラゴン』等を制作。スクウェア・エニックスに入社後は『ファイナルファンタジーXIV』、『ドラゴンクエストビルダーズ』に関わる。
    4キロバイト (377 語) - 2018年7月20日 (金) 02:06



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【【ゲーム】スクエニからまた有能人材流出、FF14やビルダーズシリーズに関わった新納一哉氏が退職】の続きを読む


    ファイナルファンタジーシリーズ > ディシディア ファイナルファンタジー 『ディシディア ファイナルファンタジー』(DISSIDIA FINAL FANTASY、略称: DFFなど)は、スクウェア・エニックスより2008年12月18日に発売されたPlayStation Portable (PSP) 専用のアクションゲームである。
    92キロバイト (11,629 語) - 2019年5月8日 (水) 03:48



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/06/25(火) 22:02:42.942 ID:IRIP8tY/0.net

    【速報】『ディシディアFF』に『FFVII』よりティファ(CV:伊藤静)が参戦!
    https://www.famitsu.com/matome/dff/news99.html


    (出典 www.famitsu.com)


    (出典 www.famitsu.com)


    【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:ティファ・ロックハート
    http://y2u.be/3y-WYX6-dq4


    【【ゲーム】FF7「揺れる」ティファがディシディアに参戦 本家より良いと評判!!】の続きを読む

    このページのトップヘ