ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:裁判


    裕司(なか ゆうじ、1965年9月17日 - )は、大阪府枚方市出身のゲームクリエイター。株式会社プロペ代表取締役社長。『ソニックシリーズ』と『ファンタシースターオンライン』の製作者。大阪府立西野田工業高等学校電気科卒業。 1984年、セガ入社。当初はゲームプログラマとして活躍し、その後ゲームプ
    15キロバイト (1,763 語) - 2022年1月29日 (土) 18:25

    1 名無しさん必死だな :2022/04/29(金) 00:54:10.82

    前スレ
    https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1651148880/

    Yuji Naka / 中 裕司
    バランワンダーワールド発売の約半年前にバランワンダーワールドのディレクターから外される業務命令が出されましたので、スクウェアエニックスに対して裁判所で訴訟を提起していました。裁判が終わり業務命令が現時点で効力は失われていると言う事ですので、お話したいと思います。#BalanWonderworld

    ギリギリまでゲームをよくするのがゲームクリエイターですしそれが出来ないようにすると言うのはやはりおかしいと思います。弁護士先生にお願いして、なんとか最後まで開発のコメントを出すだけでもと交渉しましたが、全く聞き入れなかったので裁判所で訴訟を提起しました。

    バランワンダーワールドはみなさんご存知のような結果と評価になっているのはこの件が大きく関係しているのではと思っています。自分で最初から作り出した作品がこの様な結果になっているのは本当に残念です。

    私的には未完成作品「バランワンダーワールド」を世の中に出してしまった事が、本当に残念でなりません。色々な事を考えてアクションゲームとして世の中にきちんとした形で出したかったです。スクウェア・エニックスとアーゼストはゲームとゲームファンを大事にしない会社だと思います。


    【【ゲーム】中裕司氏『バランワンダーワールド』の発売前にディレクターを外されたとしてスクエニを訴訟。「裁判が終わったのでお話したいと思います。」】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 :2021/01/20(水) 12:41:03.39 ID:InOg/wwm0.net BE:754019341-PLT(12346)


    (出典 img.5ch.net)

    母の遺体燃やす 死体損壊・遺棄で被告、起訴内容認める 仙台地裁初公判

    https://mainichi.jp/articles/20210120/k00/00m/040/037000c

     同居していた母親の遺体をバーベキュー用のかまどで燃やしごみ集積所に捨てたとして、
    死体損壊・遺棄の罪に問われた村上陽都(はると)被告(22)=仙台市太白区=の初公判が19日、仙台地裁(大川隆男裁判官)であった。
    村上被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

     検察側は冒頭陳述で、村上被告が母・淑さん(当時55歳)の口座から無断で数百万円を引き出し、
    オンラインゲームの支払いに充てていたことがきっかけで、事件当日に口論になったと指摘。
    その後、死亡した淑さんを「失踪したことにして隠そうとし、ごみ集積所で遺体を燃やした」と主張した。
    (略)


    【仙台地裁初公判起訴内容認める。母の金を数百万をオンラインゲームに費し、突き飛ばして殺し、燃やしゴミとして捨て隠蔽】の続きを読む

    このページのトップヘ