ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:彩京


    ガンバード』(GUNBIRD)は彩京が1994年に製作・販売したアーケードゲーム。 本稿では1998年に発売された続編の『ガンバード2』についても述べる。 1994年、稼働開始。総発売元は彩京、家庭用版の販売元はアトラス。 キャラクターデザインは中村博文。 操作は8方向レバー
    17キロバイト (2,061 語) - 2019年8月31日 (土) 02:00



    (出典 auctions.afimg.jp)


    Arcade Longplay [401] Gunbird

    (出典 Youtube)


    『ガンバード』(GUNBIRD)は彩京が1994年に製作・販売したアーケードゲーム。

    概要
    1994年、稼働開始。総発売元は彩京、家庭用版の販売元はアトラス。 キャラクターデザインは中村博文。

    操作は8方向レバー、2ボタン(ショット、ボム)で自機を操作する、オーソドックスな内容。ショットボタンを押し続けてから離すとチャージショットを発射する。ファンタジーな舞台で特徴のあるキャラクター、特にマリオンは彩京の看板キャラクターとして知られていく。

    移植
    PlayStation版 - 1995年12月15日発売。
    セガサターン版 - 1995年12月15日発売。
    PlayStation 2版 - 『ガンバード1&2』として2004年2月19日発売。
    Steam(Microsoft Windows XP以降)版 - 英語版『Mobile Light Force (aka Gunbird)』として2015年7月18日配信。北米PS版がベースとなっており、日本語無し。
    Nintendo Switch版 - 『ガンバード for Nintendo Switch』として2017年12月7日配信。また、2019年8月29日発売の『彩京 SHOOTING LIBRARY Vol.2』にも収録されている(内容はダウンロード版と同一)


    1 名無しさん必死だな :2017/12/07(木) 19:01:42.83 ID:HOX3H91e0.net

    ソースはeSHOP

    https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000004286
    「彩京」コンテンツ第三弾!『ガンバード for Nintendo Switch』
    誰が呼んだか「ガンバード(大空の冒険者)」。
    5人の「ガンバード」達が挑むは、19世紀のヨーロッパ。それぞれの願いを胸に、集めるは「アトラーの魔鏡」。魔鏡が叶えるは、誰の…どんな願いなのか、それはあなたの腕次第…
    初心者も安心の1周目、上級者も満足の2周目、すべての人が楽しめるキャラクターシューティングの先駆者!?
    それが、それこそが「彩京」の『ガンバード』!
    さぁ、みんな喚け『ガンバード』、叫べ『ガンバード』!!!


    【【ゲーム】『ガンバード』1994年に彩京から発売されたアーケード用縦スクロールシューティングゲーム!彩京の看板キャラにもなったマリオンなど個性的なキャラが登場!】の続きを読む


    ゼロガンナー2』(ZERO GUNNER 2)は、彩京が開発・2001年に発売した、業務用シューティングゲーム。後にドリームキャスト、Nintendo Switchにも移植された(Nintendo Switchでは『ゼロガンナー2-』の名義で配信、販売されている)。
    6キロバイト (708 語) - 2019年8月28日 (水) 09:41



    (出典 switchsoku.com)




    『ゼロガンナー2』(ZERO GUNNER 2)は、彩京が開発・2001年に発売した、業務用シューティングゲーム。後にドリームキャスト、Nintendo Switchにも移植された(Nintendo Switchでは『ゼロガンナー2-』の名義で配信、販売されている)。

    プレイヤーはコマンチ、アパッチ、ホーカムの3種類の戦闘ヘリコプターから自機として1機を選択し、全7面×2周のステージを戦い抜く。2周目は敵破壊時に返し弾が撃ち出される。2人同時プレイが可能。

    横画面の全方位スクロールシューティングゲームで、視点は縦スクロールシューティングゲームの様な 真上からの見下ろし式。自機は全てヘリコプターとなっており、射撃方向を360度変更可能になっている。

    ドリームキャスト版はリプレイが記録可能。プレイヤーのゲーム1周クリア達成で、開発者のノーミス2周ALLクリアリプレイが出現する。

    システム
    8方向レバー・2ボタンで操作。ボタンは、一方がショットボタン、もう一方がターンマーカーボタンである。

    ショットボタンで自機のショットを発射。ボタンを放している間は、アイテムを吸い寄せる。アイテムの誘導はショットボタンを押すことで停止し、移動ベクトルが変化する。単純なボタン離し - 全回収のステップは踏まない。パワーアップアイテムにより2段階まで強化可能。

    ターンマーカーボタンで自機の方向を360度、任意の方向に旋回する。ボタンを押している間、自機の旋回中心点が自機前方に表示され、その点を中心に自機をレバーで旋回させる。なお、ボタンを連打してから押し続けると、回数に応じてその中心点は遠ざかり、細かい角度で自機を任意の方向へ振り向けられる。

    ショット・ターンマーカーボタンを同時押しすることでオプションアタックを放つ。オプションアタックはエネルギーアイテムによって溜まるゲージストックを消費して発動する。オプションアタックのストックは初期値は2つで、最大6つまで保持可能。ストックは自機を失うことで初期値にリセットされる。

    自機は、敵機に接触した際、耐久値の低い敵機ならば破壊可能。それ以外は弾かれて一定時間行動不能になる。 地形との接触についても弾かれるのみで済むが、地形に挟まれ画面外に押し出されるとミスとなる。

    Wikipediaより

    1 名無しさん必死だな :2018/01/18(木) 00:10:34.78 ID:40lI2y4Z0.net

    ソースはe-shop


    【【ゲーム】『ゼロガンナー2』2001年、彩京が発売したアーケード用シューティングゲーム!ゲームシステムを全作から一新し、世界観やストーリーも関連性は無く実質別物の作品】の続きを読む

    このページのトップヘ