ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:ヴァルキリープロファイル


    ヴァルキリープロファイルリーズ > ヴァルキリープロファイルヴァルキリープロファイル』(VALKYRIE PROFILE)は、エニックス(現スクウェア・エニックス)が1999年12月22日に発売したPlayStation用ゲームソフト。 ヴァルキリープロファイルリー
    113キロバイト (18,775 語) - 2022年8月7日 (日) 10:41






    1 名無しさん必死だな :2022/09/22(木) 21:09:50.91ID:+2SMFtQ3d
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/ps4-ps5%e3%80%8e%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-%e2%88%92%e3%83%ac%e3%83%8a%e3%82%b9%e2%88%92%e3%80%8f%e7%99%ba%e5%a3%b21/

    スクウェア・エニックスは9月22日、『ヴァルキリープロファイル -レナス-』の発売を延期すると発表した。新たな発売日は12月22日。本作はPSPで発売された作品のPS4/PS5移植版。今月9月29日に発売される予定であったが、発売1週間前にしてまさかの延期となった。

    スクウェア・エニックスは今回の延期について、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)と共に開発をおこなっていたが、クオリティを向上させるために延期すると説明している。本作の共同開発をSIEと共に進めていると明かしつつ、延期すると告知するのはやや意味深。いずれにせよ、『ヴァルキリープロファイル -レナス-』をPS4/PS5でプレイするには、もう少し待つ必要がありそうだ。

    【【ゲーム】スクエニ、発売1週間前に『ヴァルキリープロファイル −レナス−』延期を発表!共同開発をSIEと共に進めていると明かしつつ、延期すると告知するのはやや意味深】の続きを読む


    ヴァルキリープロファイルリーズ > ヴァルキリープロファイルヴァルキリープロファイル』(VALKYRIE PROFILE)は、エニックス(現スクウェア・エニックス)が1999年12月22日に発売したPlayStation用ゲームソフト。 ヴァルキリープロファイルリー
    111キロバイト (18,601 語) - 2021年4月22日 (木) 21:03



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2021/05/15(土) 00:12:58.96

     2021年3月8日から3月21日までの間、ねとらぼ調査隊では「ドラクエシリーズ以外で好きな『エニックス時代のRPG』はなに?」というアンケートを実施していました。

    エニックスといえば、「ドラクエシリーズ」で知られるゲームメーカーです。2003年に「スクウェア」を吸収合併したことで現在は「スクウェア・エニックス」となり、「スクエニ」と呼ばれて親しまれています。

     エニックス時代を振り返る今回のアンケートでは、計912票の投票をいただきました。たくさんの投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

    ●第3位:天地創造
     第3位は112票を集めた「天地創造」。1995年にリリースされたスーパーファミコン用のゲームです。旧約聖書の天地創造をモチーフにした壮大なストーリーとアクション性が魅力。コメント欄には「リメイク版がでれば間違いなく買います」「もう一度やりたい。最高の作品です」など、またプレイしたいという声が集まりました。

    ●第2位:スターオーシャンシリーズ
     第2位は208票を獲得した「スターオーシャンシリーズ」でした。第1作の「スターオーシャン」は1996年に発売されたスーパーファミコン用ゲームで、エニックス時代には4作品がリリースされています。SFとファンタジーが融合した世界観が魅力で、コンスタントに新作がリリースされている人気シリーズです。コメント欄には「スターオーシャンセカンドストーリーは色々と楽しめてやりこんだ思い出」という声をいただきました。

    ●第1位:ヴァルキリープロファイル
     第1位は「ヴァルキリープロファイル」です! 獲得票数は276票と、全体の約3割の票を集める結果となりました。1999年にリリースされたプレイステーション用ゲームで、世界観は北欧神話をモチーフにしています。戦略性の高さや飽きのこない戦闘システム、さらに美麗なグラフィックなどが高く評価されています。

     コメント欄には「世界観、キャラクター、シナリオ、BGM、全てが自分のストライクゾーンど真ん中でドはまりしました」「初代PSで一番綺麗なゲームだったと思う」と賞賛の声が集まりました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9fb4a6d761515d9520188ce32407a8e97e761c4

    1位から17位
    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/208455/2#utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20210514-10006608&utm_term=it_nlab-sci&utm_content=img


    【【ゲーム】「エニックス時代のRPG」人気ランキング 1位は「ヴァルキリープロファイル」!ドラクエシリーズを除く】の続きを読む


    ヴァルキリープロファイルリーズ > ヴァルキリープロファイルヴァルキリープロファイル』(VALKYRIE PROFILE)は、エニックス(現スクウェア・エニックス)が1999年12月22日に発売したPlayStation用ゲームソフト。 ヴァルキリープロファイルリー
    109キロバイト (18,197 語) - 2019年10月14日 (月) 02:03



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    3D表現を得意とし、ゲーム業界に新たな風を吹き込んだプレイステーション。新たな方向性が切り開かれたことで意欲的なタイトルが数多く登場し、ゲーム業界が更なる活気を迎える時代となりました。

    RPGやアクションといった人気ジャンルも、アイディアに満ちた挑戦が続き、これまでになかった刺激的な作品が続々と姿を現します。1999年12月22日に発売された『ヴァルキリープロファイル』も、これまでのRPGとは一線を画しており、非常に魅力的な作品でした。

    発売元はエニックス(現 スクウェア・エニックス)ですが、本作を開発したのは、『スターオーシャン』や『スターオーシャン セカンドストーリー』を手がけた実績を持つトライエース。後に『エンド オブ エタニティ』を生み出すなど、特徴的なRPG作りに定評があります。

    もちろん『ヴァルキリープロファイル』も、個性に溢れた内容となっており、当時多くのゲームファンを魅了しました。そんな本作が、本日で20周年を達成。この記念日を祝し、今回は『ヴァルキリープロファイル』を振り返ってみたいと思います。

    ◆英雄たちの人生と壮大な物語が織りなすストーリーと、爽快感・操作性・奥深さを合わせ持つバトルシステムが融合した『ヴァルキリープロファイル』

    RPGの舞台は様々ですが、当時は中世ファンタジーをベースとした世界観が数多くありました。ですが『ヴァルキリープロファイル』は、その世界観からひと味違っており、北欧神話がモチーフに。全てを踏襲しているわけではありませんが、これだけ北欧神話を色濃く取り入れたゲームは、当時珍しい存在でした。

    ですが、北欧神話の要素自体はゲームファンにとってお馴染みですし、また魅力的でもありました。神話の詳細までは知らずとも、神々が終末を迎える「ラグナロク」や、来たる日に向けて死した英雄の魂を集める「ヴァルキリー」など、北欧神話に端を発する単語は様々なゲームで見かけます。

    そんな魅力的な要素を持つ北欧神話を下地にした『ヴァルキリープロファイル』では、プレイヤーの分身である主人公「レナス・ヴァルキュリア」自身が、そのヴァルキリーのひとり。ゲーム内での目的も、英雄たちの魂「エインフェリア」を迎え、神界へ送るのが彼女の使命となります。

    神界に送る英雄は、プレイヤーの任意で選ぶことが可能(一部のキャラを除く)。英雄たちをパーティに加えることもできるので、有能だったりお気に入りの英雄は、つい手元に残してしまいたくなります。が、しっかりと英雄やアーティファクト(武具のようなもの)を転送しないと評価が低くなってしまい、評価値が0になるとバッドエンドルートに。私欲のままに動きすぎると、苦い思いを味わうことになります。


    しかし、神の言いなりになればOK、とはいかないのも『ヴァルキリープロファイル』の重要なポイント。任務の遂行を第一に行動すれば、基本的なエンディングにこそたどり着けますが、謎が残る終わり方を迎えます。

    神の下僕とならず、ゲームシステムを通して自分の意志を示すことで、真実へと近づける──標準的なRPGでは味わえなかったプレイ体験は、実に刺激的なものでした。そのためのヒントがパッケージに隠されているのも、心憎い演出と言えるでしょう。ただし、真実に至る道筋に自力で辿り着くのはかなり困難なので、そこだけは注意が必要です。

    主人公であるレナスを取り巻く物語が主軸となっていますが、様々な事情でエインフェリアとなった彼らの足跡も、多くのユーザーが惹かれるポイントです。信念を踏みにじられた者、決意が揺らいでしまった者、己が意志を貫き通した者──弱く、儚く、だからこそ強くもある人間たちの人生。その終焉を見届けるヴァルキリーの立場ゆえに、彼らの歩みと結末を知ることができます。

    エインフェリア=死亡した人間なので、ネタバレを避けるために名前を挙げるのは控えておきますが、魅力的なキャラクターが多いため、彼らの物語も心に刺さります。とあるキャラの台詞ですが、「与えることに疲れ、与えられることを望む私は、さもしい女でしょうか」は、個人的に忘れられない一言でした。


    物語面の訴求力が高い『ヴァルキリープロファイル』ですが、個性的なゲームシステムも本作が持つ魅力のひとつ。一般的なターン制RPGは、パーティメンバーごとに「たたかう」や「魔法」「技」などのコマンドを入力しなければなりません。魔法などの場合は、そこから更に種類を選ぶ必要もあります。

    ですが『ヴァルキリープロファイル』は、パーティメンバーをそれぞれ、○×△□のボタンに振り分ける形となっており、各ボタンを押すだけでそれぞれが攻撃します。いわゆるコマンドの入力はなく、ボタンがそのまま攻撃に直結。プレイ感として言えば、格闘ゲームの攻撃に近いテイストです。


    さらに各メンバーの攻撃はそれぞれ特徴があり、その順番やタイミングを合わせることで、より効果的な攻撃となります。うまくコンボが繋がれば大ダメージを与えやすくなりますし、いわゆる必殺技の発動もしやすくなるので、攻略に欠かせない大事な要素です。

    操作は少なく、爽快感は大きく、奥が深いと、本作におけるバトルシステムは実に優れており、この点を高く評価する人が多いのも頷けます。物語だけでなく戦闘も魅力的となれば、ゲームファンが放っておくわけがありません。


    更に、プレイステーションの限界に挑戦しているかのような美しいグラフィック、人間の生死や神々の戦いを盛り上げる荘厳な音楽など、特徴を挙げていけばキリがない『ヴァルキリープロファイル』は、今も多くの方に愛されている名作RPGです。

    ちなみに本作を今遊ぶならば、2006年に発売されたPSP版か、2018年に配信を開始したiOS/Android版の『ヴァルキリープロファイル -レナス-』がベターでしょう。テクニカルな操作が求められる場面もあるので、ボタンとキー入力で遊べるPSP版が個人的にはお勧めです。

    またシリーズ展開として、続編に当たる『ヴァルキリープロファイル2 シルメリア』、初代よりも過去の話を描く『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』、基本プレイ無料のスマホアプリ『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』があります。興味が向いた方は、これらもチェックしてみてはいかがでしょうか。


    『ヴァルキリープロファイル』の思い出は、賞賛・絶賛のコメントが多数!

    ◆多くのユーザーの心を震わせた『ヴァルキリープロファイル』! 20周年を機に振り返る読者の声をお届け

    『ヴァルキリープロファイル』20周年に向け、プレイ体験や思い出などを読者の方々から募ったところ、多くの方々からご回答をいただきました。ご協力、ありがとうございます!

    回答者の男女比は、男性70.5%に対し、女性は29.5%でした。男性が過半数を占めるものの、女性からもしっかりと支持を集めている実態が窺えます。美しいグラフィックや切ない物語、遊び甲斐のあるシステムなど、惹かれた点はそれぞれ異なると思いますが、性別にかかわらずユーザーを魅了する力を『ヴァルキリープロファイル』が持っていた証拠と言えそうです。

    ちなみに回答者の年齢層は30代に集中しており、なんと81.8%。以下、20代(11.4%)、40代(4.5%)、50代(2.3%)と続きます。スマホ版もあるとはいえ、やはりオリジナル版を遊んだ方が多いと思うので、20年前に10代だった方が主軸と思えば納得の結果です。


    寄せられたコメントは、ゲーム全体を賞賛する意見が多く、「VP1は当時、セラフィックゲートのボスも倒すくらいにはやりこみました。EDのためとはいえ、お気に入りのキャラを天界送りにするのにためらってました」や「当時、世間一般の有名所のRPGには興味が無く、そんな中出会ったのがこのソフトでした。セラフィックゲートは何度周回したか分からないぐらいやり込みましたw」など、やり込んだ日々を振り返る方の声も。

    また、BGMの良さを思い出す方もおり、「BGMがとても好きでした」「ヴァルキリーがエインフェリアを探す時に流れるオルゴールみたいな曲が、とても素敵でした」「ストーリーも面白かったですが、一番印象に残っているのは戦闘BGMですね。 今でも聴いてます」と、こちらも絶賛。非常にたくさんのコメントをいただきましたので、その一部をまとめて紹介させていただきます。21年目を迎えた『ヴァルキリープロファイル』に、幸あれ!

    記事全文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000002-isd-game

    1 名無しさん必死だな :2019/12/01(日) 14:10:13 ID:yXoK771v0.net

    これは何か発表あるでしょ


    【【ゲーム】『ヴァルキリープロファイル』1999年トライエースが開発しエニックスから発売された、北欧神話をモチーフに悲しくも惹かれる物語と爽快なバトルシステムが融合したRPG!】の続きを読む

    このページのトップヘ