Tectoy (カテゴリ ブラジルブランド)
ブラジルのゲームメーカーである。長きに渡ってブラジルセガ(後のセガゲームス)の代理店として活動した。2007年まではTec toyと名乗っていた。本社はサンパウロにある。 ゲーム機メーカーとして最も著名である。かつてはブラジルにおけるセガ
7キロバイト (1,021 語) - 2019年8月5日 (月) 11:19



(出典 www.gamespark.jp)



1 TEKKAMAKI(大阪府)@\(^o^)/ :2015/08/01(土) 01:28:36.51 ID:qsUmLnnv0.net BE:697145802-PLT(15610) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/goo_1.gif
なぜセガは任天堂をブラジルのゲーム機市場で圧倒できたのか?

 かつてメガドライブやセガ・サターン、ドリームキャストといった
家庭用ゲーム機を送り出していたセガは、スーパーファミコンやニンテンドー64を有した任天堂、
PlayStationのソニーを打ち崩すことができず、2001年に家庭用ゲーム機の製造販売から撤退しました。
2015年現在ではPlayStation 4やPlayStation Vitaのソニー、ニンテンドー3DSやWii Uの任天堂、
Xbox OneのMicrosoftの3社が家庭用ゲーム機市場でひしめきあっていますが、
南米のブラジルではセガの「セガ・マークIII」や「メガドライブ」がいまだに新品で発売されており、
世界や日本では見られないゲームハードの動向を見せています。
(中略)
 しかしながら、ブラジルでは全く逆の現象が起こっていました。セガがブラジルに進出した際、
同社はブラジルで最も有名なゲームメーカーのTectoyとライセンス契約を結び、
ブラジルではTectoyがセガの代理店としてマスターシステムを発売。
一方の任天堂は1993年までブラジルに代理店を設けず、正式なファミコン(NES)が
発売されていないにもかかわらずNESの海賊版が大量に出回るという事態を招いてしまいます。
 また、ブラジルではゲームハードなどの精密機器に対して高額な「輸入税」が課せられており、
例えば、PlayStation 4は日本で3万9980円、アメリカで399ドル(当時のレートで約3万9800円)で
発売された一方で、ブラジルでは1899ドル(約18万9000円)という考えられないほど
高額な価格で発売されたこともあります。
各メーカーはブラジルにおけるゲームハードの輸入税に関して大きな問題を抱えていましたが、
Tectoyがブラジル国内で開発を請け負ったセガ・マークIIIやメガドライブには
輸入税が課せられなかったため、ブラジルの家庭用ゲーム機市場を独占することができたそうです。

(以下略、全文は以下参照)
http://gigazine.net/news/20150730-sega-beat-nintendo-brazil/


【【ゲーム】『セガ』が任天堂を圧倒した「ブラジル」のゲーム機市場!20年以上前のハードが現在も売れ続けるブラジルの秘密!】の続きを読む