ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:ファミコン


    チャレンジャー』 (Challenger) は、ハドソンより1985年10月15日に発売されたファミリーコンピュータ用コンピュータゲームソフトである。 元々はパソコン用ゲームソフト『暴走特急SOS』の移植版として制作。PC版は列車内ステージのみだったが、ステージ2からステージ4は本作で新たに追加された。
    25キロバイト (3,520 語) - 2020年10月11日 (日) 08:32



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/10/15(木) 17:42:29.78 ID:CAP_USER9.net

    ファミコン『チャレンジャー』を知った「コロコロコミック」での特集

    1986年10月15日は、ハドソンからファミコン用ソフト『チャレンジャー』が発売された日です。軽快なBGMに乗りさまざまなマップを攻略していくアクションゲームで、発売前から「コロコロコミック」で紹介されていたため、当時の子供たちは大きな期待を持って迎え入れました。難易度は高めでしたが「無敵」をはじめとした多くの裏技が隠されており、『ファミコンロッキー』にも登場したため今でも印象深いタイトルとして知られています。当時、『チャレンジャー』をプレイしたもののなかなかクリアできず、苦戦した記憶を持つ早川清一朗さんが当時を回想します。

    * * *

     1986年の10月には既に「ファミリーコンピュータMagazine」「ファミコン通信」「ファミコン必勝本」「マル勝ファミコン」といったファミコン雑誌が創刊されており、子供たちが手に入れられる情報量は、初期に比べて格段に増えていました。それでも子供たちに最も影響力があった情報源は「コロコロコミック」そして「週刊少年ジャンプ」であることに変わりはありませんでした。それほどお小遣いに余裕があるわけではない子供たちにとっては、マンガとファミコン情報の両方が読める両誌は、圧倒的にお得だったのです。

     そんなある日、「コロコロコミック」にハドソンの新作『チャレンジャー』が発売されるという情報が掲載されました。この時期のハドソンと言えば全国キャラバンの開催や高橋名人の存在もあって子供たちからはすさまじい人気を誇り、色々面白いことをしている会社として認知されていました。

     当然、『チャレンジャー』も注目の的となり、「コロコロコミック」をみんなで読んで、発売を楽しみにしていた記憶があります。そうして発売日を迎えたのですが、残念ながら筆者はおねだりに失敗して買うことはできず、友達の家で遊ばせてもらうことになりました。

     しかし最初の電車ステージがあまりにも難しく、友だちとワイワイ騒ぎながら楽しくプレイはしたものの、すぐに行き詰ってしまったのです。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/315de9c05d2db55db4672bb8488eb7d742c236f1

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ゲーム】今日はファミコン『チャレンジャー』の発売日!“無敵”の裏技や忘れられないBGM】の続きを読む


    ディスクシステム (Disk System) ファミリーコンピュータ ディスクシステム - 任天堂のゲーム機「ファミリーコンピュータ」用の周辺機器。本機専用のディスクディア「ディスクカード」を用いる。 ディスクシステム (コンピュータ) - コンピュータにおいてデータの記憶や蓄積のためハードディス
    656バイト (58 語) - 2014年9月19日 (金) 22:36



    (出典 futabanet.jp)



    1 muffin ★ :2020/10/10(土) 14:12:23.11

    https://futabanet.jp/articles/-/82488?page=1
    2020.10.10

    ファミコンに「ディスクシステム」という周辺機器があったことを覚えているだろうか。専用のディスクメディアは、ディスクシステム発売当時のファミコンのロムカセットを上回る容量を持ち、もちろんゲームデータのセーブも可能。しかも、おもちゃ屋などに設置されたディスクライターを活用すると、通常500円でゲームを書き換えることができた。
    そんなディスクシステムでリリースされたソフトの中にも、たくさんの名作ゲームが存在する。
    そこで今回は、ディスクシステム用として発売されたゲームで「一番好きなタイトル」をリサーチ。30代から40代の男性200名にアンケート調査を実施した。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

    1位 スーパーマリオブラザーズ2
    2位 ゼルダの伝説
    3位 悪魔城ドラキュラ
    4位 SDガンダムワールドガチャポン戦士 スクランブルウォーズ
    5位 メトロイド
    6位 もえろツインビー シナモン博士を救え
    7位 ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者
    8位 リンクの冒険
    9位 バブルボブル
    9位 迷宮寺院ダババ
    11位 プロレス

    第2位(19%)にランクインしたのは、こちらも人気シリーズとして今でも新作タイトルが作り続けられている『ゼルダの伝説』(任天堂)。1986年2月21日にディスクシステムと同時発売された。同作の主人公のリンクはマリオと並ぶ任天堂の人気キャラクターとなり、世界中のゲームファンから愛されている。

    第1位(24.5%)に支持されたのは、1986年6月3日に発売された『スーパーマリオブラザーズ2』(任天堂)だった。大ヒットゲーム『スーパーマリオブラザーズ』の続編ではあるが、説明書には「もう1つのマリオの旅(パラレルワールド)を創ってみました」と書かれ、スーパーマリオをクリアした操作に慣れている人を前提に作られたゲームだと明記されている。

    全文はソースをご覧ください


    【【ゲーム】任天堂『ゼルダの伝説』が2位、ファミコン・ディスクシステムの「好きな名作ゲーム」ランキング】の続きを読む


    ファミコンソフト開発を解説する同人誌が登場し、自作ソフトを書き込めるカートリッジが販売されるなど、ファンの手による開発の敷居は下がってきている。 なお、音楽目的のファミコンカートリッジの例としては、ファミコンの内蔵音源を利用してSDカード経由でNSFファ
    104キロバイト (13,757 語) - 2020年10月5日 (月) 09:22



    (出典 futabanet.jp)



    1 フォーエバー ★ :2020/10/07(水) 18:13:25.99

    ゲーム購入時に迷った際、どのメーカーが作ったソフトなのかは大きな判断材料のひとつ。とくに現在みたいに公式PVのような映像情報の乏しかったファミコンの時代は、発売メーカーを信じて購入に踏み切ったモノだ。そこで今回は、ファミコン時代に「一番好きだったソフトメーカー」をリサーチ。30代から50代の男性300人にアンケートを実施し、どこのメーカーがもっとも人気だったのかを調査した。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

    ■【アンケート結果】意外なメーカーが健闘? ランキングTOP10はコチラ

     まず第5位(6.7%)にランクインしたのは「カプコン」。ファミコン以降『ストリートファイター』や『バイオハザード』、『モンスターハンター』シリーズを始め、超人気タイトルを多数生み出しているゲームメーカーだ。

     ファミコン時代のカプコンは、現在ほどの超メジャーなメーカーという印象はなかったが、『魔界村』や『1942』『1943』など、アーケードゲームの移植作が話題に。さらに『ロックマン』のような人気アクションシリーズから、『天地を喰らう』や『スウィートホーム』のような原作つきのRPGまで手がけ、幅広いジャンルのゲームを世に送り出した。

     そんなカプコンの名を挙げた人からは「カプコンのゲームはとても楽んだ記憶がある」(37歳・男性)、「ヒット作が多い印象」(37歳・男性)、「とくに魔界村が好きだった」(45歳・男性)、「『天地を喰らう』と『天地を喰らうII』はとても面白いRPGで、ファミコンでは間違いなくNo.1」(37歳・男性)といったコメントが寄せられている。

    ■歴史シミュレーションの雄と言えばココ
     第4位(7%)には「光栄(コーエー)」がランクイン。歴史シミュレーションゲームに定評のあるメーカーで、現在はコーエーテクモゲームスとなり、『無双』シリーズや『アトリエ』シリーズなどが人気を博している。

     光栄のファミコンソフトと言えば、パソコンで大ヒットした『信長の野望』や『三國志』といった人気シリーズを移植。通常のファミコンカセットよりも大きく、値段もお高めな印象だが、パソコン同様の骨太なシミュレーションゲームがファミコンで楽しめたのは画期的だった。当時は光栄のゲームをきっかけに戦国武将の名前を覚えたり、歴史に興味を持つ人も少なくなかった。

     光栄が一番好きだという人からは「初めて触れたシミュレーションゲームで大好きになった」(46歳・男性)、「のめりこむほどハマった。良いゲームを作るメーカー」(43歳・男性)、「戦国モノや三國志の本を読むきっかけになった」(47歳・男性)、「奥が深く、やりこめる要素が多いゲームが好きだったので」(44歳・男性)といった声があった。

    10/7(水) 17:31配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f5dacbbb21515f540116482868ece76c0854c46

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】ドラクエとマリオが激突!? 一番好きだった「ファミコンソフトメーカー」ランキング】の続きを読む


    コナミ製SCC(波形メモリ音源) ヤマハ製YM2413 (MSX-MUSIC) ヤマハ製Y8950 (OPLを拡張したもの)(MSX-AUDIO) ヤマハ製YMF278 (OPL4)(Moonsound) ファミリーコンピュータにおいても、独自の特色を持つ拡張音源
    28キロバイト (3,958 語) - 2020年6月13日 (土) 13:49



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/05/16(火) 15:24:04.63 ID:/LhJ+ILC0.net

    悪魔城伝説のBGMほんとすき


    【【ゲーム】ファミコン拡張音源はロマン!拡張音源を載せ過ぎたファミコン、想像を超える音楽を奏でる】の続きを読む



    (出典 futabanet.jp)



    1 牛丼 ★ :2020/08/29(土) 22:19:16 ID:CAP_USER9.net

     最近では『フォートナイト』や『エーペックスレジェンズ』、さらに新しいところで『フォールガイズ アルティメット ノックアウト』といったオンライン対戦ゲームが人気を博しています。思い返せば自分が子どもだった頃、友達と一緒にファミコンで遊んでいたときに盛り上がったのは、やはり対戦プレイができるスポーツ系のゲームだった気がします。そこで今回は、ファミコンソフトで「一番好きだったスポーツゲーム」をリサーチ。30代から40代の男性200名を対象にアンケート調査を実施しました。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

     まず第5位(7.5%)にランクインしたのは、『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』(テクノスジャパン)。同作は『熱血硬派くにおくん』から端を発する「くにおくんシリーズ」の1作で、運動会をモチーフにした対戦型スポーツアクションゲームです。

    第4位(8.5%)には『燃えろ!!プロ野球』(ジャレコ)がランクイン。野球のテレビ中継を再現した視点やリアルな選手グラフィック、さらに合成音声で審判や観客の声を再現するという力の入れようで、「しゃべる野球ゲーム」として当時の野球少年に衝撃を与えた作品です。

     いまだに「バントでホームラン」などインパクトある部分がネタとして語られがちなゲームですが、当時158万本も売れた大ヒット作だけに所持している人も多く、一時は『ファミスタ』と並ぶ対戦野球ゲームとして遊んだ人も多いはず。ゲームバランスや試合テンポの遅さといった難点もありましたが、当時のチビっ子プレイヤーは細かいことは気にせずヤクルトのホーナーでホームランを狙っていたのでした。

     第3位(9%)にランクインしたのは、『キン肉マン マッスルタッグマッチ』(バンダイ)。「キン肉マンってスポーツゲーム?」と一瞬思ってしまいましたが、たしかに超人たちによる「プロレス」がモチーフ。リングの上で2対2のタッグマッチを繰り広げる対戦ゲームでしたね。

    第2位(12%)には、『ベースボール』(任天堂)がランクイン。ファミコンが発売されたのと同年の12月にリリースされ、ファミコンの「スポーツゲーム」第1号作品。当時は、今とは比較にならないほど野球人気が高かった時代なので、ファミコンと一緒に購入した方も多いのでは?

    そして第1位(18.5%)に輝いたのは、野球ゲームの金字塔『ファミスタ』(ナムコ)。1986年に発売された『プロ野球ファミリースタジアム』以降、毎年のように新作をリリース。選手や能力のデータが更新されるだけでなく、内容もバージョンアップされていきました。

    5位以降には、『サッカー』や『ゴルフ』といったファミコン初期の任天堂ソフトがランクイン。また5位だった『ダウンタウン熱血行進曲』と同じ「くにおくんシリーズ」の『熱血高校ドッジボール部』や『熱血高校ドッジボール部 サッカー編』もしっかり入っていたのはさすが! 当時のテクノスジャパンは、対戦が盛り上がるスポーツゲームの宝庫でした。

     それとキャラゲーの代表格『キン肉マン マッスルタッグマッチ』が上位に入り、テクモの『キャプテン翼』が案外ふるわなかったのは少し不思議でしたが、『キャプ翼』はスポーツゲームというより、リアルタイムシミュレーションゲームとの認識を持っている人が多かったのかもしれません。
    https://futabanet.jp/articles/-/82040?page=1

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】 野球、プロレス、サッカー、運動会!…ファミコン「一番好きなスポーツゲーム」ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ