ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:ディグダグ


    ディグダグ』 (DIGDUG) は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が1982年3月に発売したアーケードゲーム。および、本作に登場する主人公キャラクターの名称。キャッチコピーは「戦略的穴掘りゲーム」。 縦型固定画面のゲームで、4方向レバーと1つのボタンを使用する。レバーで主人公デ
    45キロバイト (3,655 語) - 2022年8月3日 (水) 08:55




    1 名無しさん必死だな :2022/08/03(水) 17:09:07.00ID:b6XLyCnM0
     ハムスターは、プレイステーション 4/Nintendo Switch用アクション「アーケードアーカイ* ディグダグ」の配信を8月4日に開始する。価格はPS4版が837円(税込)、Nintendo Switch版が838円(税込)。

     「ディグダグ」は1982年にナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアクションゲーム。ディグダグを操作し、モリでモンスターをパンクさせ退治していく。岩を上手に使って同時にモンスターを倒したり、スコアアイテムのベジタブルターゲットを獲得したりして、高得点を目指そう。


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1429836.html

    【【ゲーム】1982年にナムコから発売されたアクションゲーム「ディグダグ」がアケアカに登場!8月4日配信開始】の続きを読む


    ディグダグ』 (DIGDUG) は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が1982年3月に発売したアーケードゲーム。および、本作に登場する主人公キャラクターの名称。キャッチコピーは「戦略的穴掘りゲーム」。 縦型固定画面のゲームで、4方向レバーと1つのボタンを使用する。レバーで主人公デ
    42キロバイト (3,212 語) - 2021年6月4日 (金) 08:54



    (出典 nc.bn-ent.net)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/06/05(土) 05:25:41.93 ID:CAP_USER9.net

    2021-06-04 09:00:00

    ファミコン、スーファミ、メガドライブにPCエンジン。昔なつかしいレトロゲームから今日発売されたゲームを紹介!

    6月4日のレトロゲームピックアップ!

    祝36周年 1985年 6月4日発売
    ナムコ
    FC ディグダグ


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    本日はこちら FC 『ディグダグ』が発売36周年を迎えました!
    「戦略的穴掘りゲーム」のキャッチコピーで、アーケードから移植された本作は、地中を掘り進めて、ステージ中にある岩や手に持つモリを使って敵のプーカァを全滅させればステージクリアとなります。なお本作は、後付けでナムコのゲームのうち同一の世界を舞台にした作品群「UGSF」シリーズに取り込まれた他、主人公のディグダグは「ミスタードリラー」の主人公、ホリ・ススムの父親に再設定され、ホリ・タイゾウという名前が付けられています。




    本日発売されたレトロゲームはこちら!

    1985年 (36周年)
    FC ディグダグ
    ナムコ

    1993年 (28周年)
    SFC ドラゴンスレイヤー英雄伝説II
    エポック社

    1993年 (28周年)
    MD LHXアタックチョッパー
    エレクトロニック・アーツ・ビクター

    1994年 (27周年)
    SFC ワイルドトラックス
    任天堂

    1994年 (27周年)
    PCE ワールドヒーローズ2
    ハドソン

    https://gamedrive.jp/news/1614421892


    【【ゲーム】6月4日でFC『ディグダグ』の発売36周年!】の続きを読む

    このページのトップヘ