ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:セガ


    極上のアクション 「ソニック カラーズ」”. Game Watch. インプレス. 2017年9月24日閲覧。 『ソニックカラーズ』(Wii・DS)公式サイト 『ソニックカラーズ アルティメット』(Switch・PS4・PC)公式サイト|SEGA ソニックカラーズ アルティメットに関するカテゴリ: 2021年のコンピュータゲーム
    61キロバイト (8,705 語) - 2021年8月14日 (土) 11:38



    1 名無しさん必死だな :2021/08/20(金) 10:39:20.65

    『ソニックカラーズ アルティメット』以前からのストーリーを描くショートアニメ吹き替え版🎥

    「Sonic Colors Rise of the Wisps」第1話

    ソニックとウィスプたちの冒険のはじまり❗
    何やら悲しんでいるウィスプの話を聞くソニックとテイルス
    その背景にはどうやらエッグマンの企みがあるようで… https://twitter.com/SonicOfficialJP/status/1428529808166723587?s=19

    誰も話題にしない
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ゲーム】『ソニックカラーズ アルティメット』以前からのストーリーを描くショートアニメ吹き替え版が公開】の続きを読む


    セガサミーホールディングス > セガ 株式会社セガ(英: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業。 セガを始めとしたグループ企業のコーポレートアイデンティティ(CI)は、Amazing SEGA。
    107キロバイト (12,760 語) - 2021年8月11日 (水) 14:49



    1 名無しさん必死だな :2021/08/20(金) 15:40:26.90

    セガは、メガドライブ(セガ・ジェネシス)とその後継機であるセガ・サターンで発売された3つの名作タイトルの商標権を更新しました。

    https://www.nme.com/news/gaming-news/sega-renews-trademarks-on-trio-of-obscure-mega-drive-and-saturn-games-3021286

    ・レンジャーX (1993) → エクスランザー(MD)
    ・Crusader of Centy (1995) → 新創世記ラグナセンティ(MD)
    ・Linkle Liver Story (1996) → リンクル・リバー・ストーリー(SS)

    本稿執筆時点では、セガはこれらのタイトルについて、リマスターやリメイク、あるいはSteamなどのデジタルプラットフォームでの発売など、何の計画も発表していない。
    商標権を維持するための単なる法的措置かもしれませんが、レトロゲーマーにとっては、これらの逸品が完全に忘れ去られていないことを確認できるのは喜ばしいことです。


    【【ゲーム】セガ、メガドライブとサターンの人気ゲーム3つの商標権を更新!リメイクか?】の続きを読む


    著:玉木美孝(徳間書店『メガドライブFAN』連載) シャイニングフォース 聖剣士マックス 作画:小野敏洋(小学館『小学六年生』掲載、1991年) シャイニングフォース 神々の降臨 著:田沼雄一郎、ストーリープランナー:武藤正洋(徳間書店『月刊少年キャプテン』連載、少年キャプテンコミックススペシャルより全3巻刊行、1992年
    36キロバイト (3,249 語) - 2021年6月6日 (日) 23:00



    1 名無しさん必死だな :2021/08/10(火) 12:12:49.21

    Vespa(ベスパ)の日本法人であるハイブは、セガと『シャイニング・フォース』の知的財産権(IP)のライセンス契約を締結し、『シャイニング・フォース』のモバイルゲームを2022年上半期にリリースすることを発表した。

    今回契約を決めた『シャイニング・フォース』は、90年代のメガドライブ時代にグローバルゲーム市場を熱く盛り上げたセガを代表するシミュレーションRPGの名作の一つで、戦略戦術を活用したゲームプレイと没入度の高いシナリオで多くのゲーマーに愛されているタイトル。ハイブは今回の契約を通じて『シャイニング・フォース』のIPを活用したゲームの開発および日本、韓国をはじめとするアジア圏、また欧米を含むグローバルでのサービス配信権を取得した。

    今回、モバイルゲームとして生まれ変わる『シャイニング・フォース』の新作、『シャイニング・フォース~光と闇の英雄~(仮)』は、シリーズ特有の独創的な世界観とストーリー、個性あふれる魅力的なキャラクターたちを育成していく楽しさをベースに、シミュレーションRPG特有の戦略的な面白さをモバイルデバイスで実現することを目標に現在開発が進められている。

    『シャイニング・フォース~光と闇の英雄~(仮)』は、βテストを経て2022年上半期にグローバルサービスを開始する予定だ。

    https://gamebiz.jp/news/tag/22010

    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】『シャイニング・フォース』最新作、2022年上半期にリリース予定!韓国「ベスパ」の日本法人「ハイブ」とセガがライセンス契約締結】の続きを読む


    LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』(ロストジャッジメント さばかれざるきおく、英題:Lost Judgment)は、セガより2021年9月24日に発売予定のゲームソフト。 2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編にあたる。
    7キロバイト (953 語) - 2021年7月12日 (月) 07:58



    1 黒トラ(東京都) [JP] :2021/07/13(火) 06:30:08.36


     木村拓哉(48)が主演を務めるゲームソフト『LOST JUDGEMENT 裁かれざる記憶』(セガ)が、9月24日に発売される。
     ゲームの世界でも多くの人を虜にしてしまう木村のパワーに驚くばかりだが、待望の続編を前にして不穏な声が聞こえてくる。

    「9月に発売される2作目以降の作品にも期待する声があったのですが、残念なことに、どうやら2作目の『LOST JUDGEMENT』でシリーズは終了となるようなんです。というのも、ゲームメーカーサイドとジャニーズサイドで、ゲームを発売するプラットフォームを巡って折り合いがつかなかったと言われています」(芸能プロ関係者)

    「PS5だけでなく、Xboxにも対応したのですが、Steamというパソコン用のプラットフォームに対応していないんです。

     PS5やXboxも世界的に人気があるゲーム機ではあるのですが、パソコン用のプラットフォームであるSteamに対応していれば、より多くの収益が見込めるでしょう。しかし、ジャニーズサイドが“パソコン用”のプラットフォームであるSteamでの対応に否定的だったという話ですね。

     ジャニーズは、タレントの肖像権管理が厳しく、画像のネット展開もまだ一部にとどまっています。ゲーム機のソフトではなく、インターネットに直結するパソコン用のプラットフォームであることが問題視されたのでしょうか。

     しかし、ゲームメーカーとしてはSteamで配信できないのであれば、ビジネス的に非常に厳しいと判断して、2作目の『LOST JUDGEMENT』でシリーズ終了となるようです」(前出の芸能プロ関係者)

    https://taishu.jp/articles/-/95672?page=1


    【【ゲーム】前作100万本突破の『JUDGE EYES』続編は2作目の『LOST JUDGEMENT』がシリーズ最終作に】の続きを読む


    セガサターン(SEGA SATURN)は、セガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機である。一般にはサターンもしくはSSの略称で呼ばれる。 発売時の日本での価格は44,800円。 セガサターンの名称は、セガの第六番目のコンシューマゲーム機ということから太陽系第六惑星である土星から付けられて
    71キロバイト (8,965 語) - 2021年7月4日 (日) 19:00



    1 風吹けば名無し :2021/05/01(土) 12:28:32.33 ID:SBagZYnf0.net

    ワイ「何がすごかったんや…?」


    【【ゲーム】「セガサターンはすごかった!」どこがすごかった?】の続きを読む

    このページのトップヘ