ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:セガ


    Nintendo Switch > Nintendo Switch Online Nintendo Switch Online(ニンテンドースイッチオンライン)は、「Nintendo Switch」ファミリーの有料オンラインサービスである。ニンテンドーWi-Fiコネクションとニンテンドーネットワーク
    18キロバイト (2,044 語) - 2021年9月24日 (金) 00:02


     任天堂は9月24日、同社が提供しているNintendo Switchの有料サービス「Nintendo Switch Online」について、「Nintendo Switch Online + 追加パック」と題し、NINTENDO 64とメガドライブのタイトルも遊ぶことができる新料金プランの提供を、10月下旬から開始すると発表した。

     Nintendo Switch Onlineは、オンライン対応ソフトでオンラインプレイが楽しめるほか、ファミコンやスーパーファミコンのタイトルがプレイできるなど、Nintendo Switchがもっと便利になる有料サービスとして提供されている。

     新料金プランでは、「NINTENDO 64 Nintendo Switch Online」と「セガ メガドライブ for Nintendo Switch Online」が追加パックとして提供。NINTENDO 64とメガドライブのタイトルも楽しめるようになる。

     NINTENDO 64 Nintendo Switch Onlineについてサービス開始時から遊ぶことができるのは「スーパーマリオ64」「マリオカート64」「スターフォックス64」「ヨッシーストーリー」「ゼルダの伝説 時のオカリナ」「WIN BACK」「マリオテニス64」「罪と罰 地球の継承者」。今後も順次タイトルを追加予定で、「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」「バンジョーとカズーイの大冒険」「マリオゴルフ64」「星のカービィ64」「F-ZERO X」「ポケモンスナップ」「マリオストーリー」「カスタムロボ」「カスタムロボV2」などがラインアップされている。

    セガ メガドライブ for Nintendo Switch Onlineについてサービス開始時から遊ぶことができるのは「ストライダー飛竜」「ぷよぷよ」「ゴールデンアックス」「ガンスターヒーローズ」「武者アレスタ」「ファンタシースター ~千年紀の終りに~」「リスター・ザ・シューティングスター」「シャイニング・フォース ~神々の遺産~」「ザ・スーパー忍II」「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」「ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌」「VAMPIRE KILLER(バンパイアキラー)」「魂斗羅 ザ・ハードコア」「エコー・ザ・ドルフィン」。こちらも今後、タイトルを順次追加していくとしている。

     当時のままのボタン配置や操作感でプレイができる「NINTENDO 64 コントローラー」「セガ メガドライブ ファイティングパッド 6B」も発売。新料金プラン加入者だけではなく、Nintendo Switch Onlineの加入者であれば購入可能としている。

    現在Nintendo Switch Onlineに加入しているユーザーは、加入しているプランの残り日数に応じた割引価格で、新料金プランに加入できるという。新料金プランの具体的なサービス開始日や料金、割引の詳細などは後日改めて発表するとしている。

    記事本文はこちら
    https://japan.cnet.com/article/35177060/

    1 ムヒタ ★ :2021/09/24(金) 10:18:34.45

    任天堂は24日、オンライン対戦などができる有料会員サービスに新たな課金プランを10月下旬に追加すると発表した。主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」で、1996年発売のゲーム機「ニンテンドウ64」とセガが88年に発売した「メガドライブ」のソフトが遊べるようになる。利用料金は未定。サービス拡充で会員の獲得につなげる。

    新プランは継続課金型サービス「ニンテンドースイッチオンライン」の加入者が利用できる。初回はニンテンドウ64では「スーパーマリオ64」や「ゼルダの伝説 時のオカリナ」など8種類、メガドライブでは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」など14種類を配信する。オンライン対戦にも対応するという。スイッチで操作できる両機の復刻版コントローラー(各5478円)も会員限定で販売する。
    2021年9月24日 10:08
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF240PC0U1A920C2000000/


    【【ゲーム】ついにSwitchで「N64」と「メガドラ」のゲームが遊べちゃう!10月下旬から始まるSwitch Online新料金プラン】の続きを読む


    GENDA SEGA Entertainment (GiGOからのリダイレクト)
    2017年4月9日のトレッサ横浜店閉店を以って消滅。 でこぼこクレーンカンパニー ギーゴ(GiGO) - 主に都心の大規模直営店向けブランド。秋葉原・池袋・岐阜・心斎橋・広島・天神の6店舗があった(池袋GiGOセガブランドへ転換の際に「セガ池袋GiGO」となり店名にGiGOの名が残された)。 岡山ジョイポリス - 2018年9月6日閉店。
    22キロバイト (2,743 語) - 2021年8月5日 (木) 01:29



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/09/20(月) 05:14:59.53

    石山裕規2021年9月20日 00:00




    【セガ池袋GiGO】

    9月20日 閉館


     GENDA SEGA Entertainmentは、同社が運営するアミューズメント施設「セガ池袋GiGO」を本日9月20日の営業を以て閉館する。

     閉館の理由については「施設の定期建物賃貸借契約の満了及び、ビルのリニューアルのため」としている。同施設の開館は1993年で、28年の歴史に幕を下ろすこととなる。閉館までの期間中は、店舗Twitterにてファンからの思い出写真やメッセージを募集中。また最後の3日間限定で、景品を獲得した人に28年間の感謝が込められた限定デザインのメモリアルショッパーがプレゼントされている。

     閉館セレモニーは「セガのお店」YouTube公式チャンネルにて、本日18時30分よりライブ配信を実施予定。公式Twitterでは「最後の瞬間まで全力で駆け抜ける姿をぜひ見届けていただけますと幸いです」と、ファンに向けたメッセージを寄せている。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで


    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1352069.html


    【【ゲーム】 さようなら池ギー。「セガ池袋GiGO」本日閉館。28年の歴史に幕】の続きを読む


    セガサミーホールディングス > セガ 株式会社セガ(英: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業。 セガを始めとしたグループ企業のコーポレートアイデンティティ(CI)は、Amazing SEGA。
    107キロバイト (12,760 語) - 2021年8月11日 (水) 14:49


    セガは本日(2021年9月17日),同社による“新作RPG”を発表するティザーサイトと公式Twitterアカウントをオープンし,ティザートレイラーを公開した。

    公開されたトレイラーでは,印象的な音楽とともに本作のイメージを感じ取れる映像を確認することができる。ナレーションでは,本作が“一本道”な作品ではないことと,その冒険が“一度きり”のものであることを強調している。

    本作の詳細については“東京ゲームショウ 2021 オンライン”の期間中である10月1日に行われる生放送「セガにゅー #TGS スペシャル」の中で,22:50から実施される「セガ新作 RPG 発表会」での公開を予定しているとのことだ。


     また,公式Twitterアカウントでは,ひと足先に登場キャラクターのボイスやビジュアルを見られる投稿や,カウントダウンなどが行われる予定だ。続報が気になる人は,今のうちにフォローしておこう。

    記事本文はこちら
    https://www.4gamer.net/games/595/G059575/20210917083/

    1 名無しさん必死だな :2021/09/17(金) 18:15:33.61 ID:YyVCIT9q0.net

    https://www.famitsu.com/news/amp/202109/17234096.php

    「真の」がついたら任豚発狂やんw


    【【ゲーム】セガが“新作RPG”を発表し,ティザーサイト&トレイラーを公開!詳細はTGS2021 ONLINE”にて発表】の続きを読む


    『LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』(ロストジャッジメント さばかれざるきおく、英題:Lost Judgment)は、セガより2021年9月24日に発売予定のゲームソフト。 2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編にあたる。 リマスター等を除けば、龍が如くスタジオでは初の世界同時発売タイトルとなる予定。
    9キロバイト (1,269 語) - 2021年9月4日 (土) 20:47



    1 首都圏の虎 ★ :2021/09/11(土) 17:51:29.87

    2021年9月10日、セガは、9月24日発売のプレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One用ソフト『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の完成披露記者発表会を開催。

     龍が如くスタジオ・総合監督の名越稔洋氏のほか、主演を務める木村拓哉さん、玉木宏さん、山本耕史さん、光石研さん、中尾彬さんなど、豪華俳優キャストが顔を揃えた。

    豪華キャストが集結!

     トークセッションでは、前作の反響や、今回の役柄に関する話題が展開。前作『JUDGE EYES:死神の遺言』が日本だけでなく、世界中で評価の高い作品になったという名越監督のコメントについて木村さんは、「海外で好評だったということはすごくうれしいです」と語り、「お仕事の現場で、それこそインタビューをしてくださる女性アナウンサーですとか、“まさか”という方から、“じつはクリアーしました”なんて言うことをちっちゃい声で伝えていただくことがわりと多くて。周囲にたくさんプレイしてくれた方がいて、いろいろな声をいただきました」とその反響を語っていた。

     また、『ロストジャッジメント』の制作にあたり八神隆之を再び演じた木村さんについて名越監督は、「(前作から)少し時間が経ってたので、もう一度、八神というキャラクターになってもらうところからスタートかなと思っていたのですが、収録を始めたらもう頭から八神だったので(笑)、すごくスムーズに収録を進めることができました」とコメント。これについて木村さんは「監督のご指導があったので、それについていくだけでした。収録中は“ロストジャッジメント”というタイトル名ではなくて、プロジェクトネームが記載された台本を現場に持って行って作業させてもらったんですけど、収録は10日弱くらい掛かっていて。いくらテンションがノリノリになっても今のご時世なんで、30分に1回はスタジオの換気が必要だったりもしました」と収録の様子を語っていた。

     なお、再び演じることになった八神隆之という人物の魅力について木村さんは、「前作からそうなんですけど、ブレない部分が強みだと思いますし、彼個人の魅力というよりは、彼を支えてくれる周りのキャラクターにも恵まれている人物だと思います」と発言。複雑な事情を抱えながら探偵を生業とし、果敢に難事件に挑んでいく八神というキャラクターの核にあるものを分析していた。

    木村さんから送られたユーザーへのメッセージ
     トークセッションの最後に木村さんは、「前作に引き続き、新たなキャスト、新たなスタッフを含め、全員で『ロストジャッジメント』という作品を作ってみました。ゲームというすごく独特の世界観であるとは思うのですが、僕らのようにふだん実写でやっている立場からすると、こんなにもリアルにできるんだ、というちょっとプレッシャーを与えられるくらいのリアルな世界観が広がっていると思います。いまの状況下の中、皆さんストレスが溜まりがちだとは思いますが、そういうものをこの作品でちょっとは抜くことができるじゃないかと思いますので、ぜひプレイしてください」とユーザーにメッセージを送った。

    9月24日の発売に期待!

     本格リーガルサスペンスストーリーと、多種多様なゲームプレイが堪能できるタイトルとして、多くのユーザーから圧倒的支持を受けた『ジャッジアイズ』シリーズの2作目となる本作。木村拓哉さんによる再びの熱演にも期待が高まるところだが、進化した調査アクションやバトルはもちろん、横浜・伊勢佐木異人町での街遊びや、高校を舞台に展開されるユースドラマなど、見どころは盛りだくさん。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d0f76d2c59f0cce5878ac1f2466805650d47f97d


    【【ゲーム】『ロストジャッジメント』木村拓哉、玉木宏など豪華キャストが登壇した完成披露会をリポート】の続きを読む


    名越 稔洋(なごし としひろ、1965年6月17日 - )は、日本のゲームクリエイター。株式会社セガ所属。山口県下関市出身。 東京造形大学映画学科卒業後、1989年にセガへ入社。AM2研の鈴木裕が手掛ける『G-LOC』や『バーチャレーシング』、『バーチャファイター』などの作品にCGデザイナーとして参加する。
    10キロバイト (1,322 語) - 2021年5月10日 (月) 08:26


    (ブルームバーグ): 中国ゲーム大手のネットイース(網易)はセガサミーホールディングス傘下セガのゲームクリエーターで「龍が如く」シリーズの生みの親として知られる名越稔洋氏の移籍に向け、現在詰めの交渉を行っていることが30日までに明らかになった。複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

    正式合意に至ればセガが9月24日に予定しているゲーム「LOST JUDGMENT: 裁かれざる記憶」の発売以降に発表される見通し。ネットイースと、同社のライバルで中国インターネットサービス大手のテンセント・ホールディングス(騰訊)は、競うように日本のゲーム人材の取り込みを加速させており、著名クリエーターの移籍が実現すればネットイースにとって大きな前進となる。

    両社に詳しい複数の関係者によると、テンセントも近年、日本の中小ゲーム開発会社に相次いで出資していた。現在も新たな1社との交渉が最終段階で、年内にも発表される可能性があるという。

    両社は世界的な大ヒットを生む可能性に賭け、「ACG(アニメ、コミックス、ゲーム)」と呼ばれる日本のコンテンツ群を自社のラインナップに加えるために何年にもわたり投資してきた。こうした動きは、慣例的に中国からの投資に懐疑的な日本でも徐々に受け入れられ始めている。

    世界最大のゲーム会社でもあるテンセントは、日本のコンテンツを足がかりに、映像作品や音楽など幅広い商品群を展開するディズニーのようなグローバルメディア企業の構築を目指している。

    ゲームコンサルタント会社カンタンゲームスのセルカン・トト代表は「両社は日本に存在するほぼ全ての上場ゲーム開発会社と話し合いを持ったほか、一部の非上場企業にも積極的にアプローチしている」と述べた。その上で、中国市場でゲーム規制が厳格化されている事情もあり、両社とも日本での取り組みに躍起になっていると話した。

    テンセントは今夏、ゲーム子会社がポケモンと共同開発した「ポケモンユナイト」の提供を開始。ほかにも中国で制作され大ヒットとなったオンラインゲーム「原神」のような、当初は無名ながらも将来大化けする可能性を秘めたゲーム資産の「青田買い」を世界各地で仕掛けている。

    テンセントとネットイースにコメントを求めたが、両社の広報担当者から回答は得られてない。セガサミーホールディングスの広報担当者は、名越氏が退職の意向を伝えたかとの問い合わせに対し、個々の社員の去就については回答を差し控えると述べた。

    複数の関係者によると、両社はこれまで中小のゲーム開発会社や個々のクリエイターに焦点を当ててながら日本で20件以上に投資してきた。また、投資先は日本にとどまらず、両社は北米でゲーム開発会社を設立したほか、テンセントは韓国や欧州でもゲーム開発会社に資金を投入している。

    テンセント、日本のアニメ・漫画関連企業に再び秋波-出資攻勢かける

    記事本文はこちら
    https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210830-99600004-bloom_st-bus_all

    1 風吹けば名無し :2021/08/30(月) 16:23:50.98 ID:PbdVm93nd.net

    >中国ゲーム大手のネットイース(網易)はセガサミーホールディングス傘下セガのゲームクリエーターで「龍が如く」シリーズの生みの親として知られる名越稔洋氏の移籍に向け、現在詰めの交渉を行っていることが30日までに明らかになった。複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

    https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210830-99600004-bloom_st-bus_all


    【【ゲーム】中国ゲーム大手のネットイース、『龍が如く』シリーズの生みの親、「セガ」の名越稔洋氏獲得へ詰めの交渉中】の続きを読む

    このページのトップヘ