ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:セガ


    Xbox > Xbox Series X Xbox Series X(エックスボックス シリーズ エックス)は、マイクロソフトが2020年末に発売を予定している家庭用ゲーム機の総称及びその開発プロジェクト。ゲーム機の名称は単に「Xbox」であり、「Series X
    6キロバイト (429 語) - 2020年5月23日 (土) 23:34



    (出典 www.pdvg.it)



    1 ファイヤーバードスプラッシュ(東京都) [JP] :2020/05/30(土) 12:00:45.17


    マイクロソフトの新ゲーム機『Xbox Series X』だが、それに関する興味深い噂が浮上している。
    なんと日本では『Xbox Series X』はセガのゲーム機としてリブランドされ販売されるのではないかというもの。

    その噂の出所はジャーナリスト西川善司が革命と言っていい」「WiredのPS5独占記事レベル」というスクープを
    来週発売の週刊ファミ通に掲載するという。

    「世界初のスクープ記事ですよ。独占ですよ、独占。日経とか週刊文春じゃないけど、それほど大きい話題かって言うと…、
    いや大きい話題でしょ!みんなが好きなあのメーカーのスクープですから。めちゃくちゃスクープです」としており
    当初は、「Switch Proか?」「ソニーの新携帯機」「このタイミングだからサイレントヒル」と予想されていた。

    しかしここにきて海外のTwitterで『Xbox Series X』がセガのゲーム機ブランドとして出てくるのでないかという
    情報が浮上している。
    現段階ではこれ以上の情報はなく噂の段階だが、仮に事実だとすれば6月に発表会を行いセガはどういう立ち位置になるのか、
    名前だけを貸すのか今後マイクロソフトと独占契約するのか、その場合はアトラスなどにも影響が出るのかなども興味深い。

    https://gogotsu.com/archives/57523

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    【【ゲーム】『Xbox Series X』日本国内はセガのゲーム機ブランドとして販売されるのか? 噂が浮上中】の続きを読む


    セガサミーホールディングス > セガグループ > セガ 株式会社セガ(英: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業で、株式会社セガグループの100%子会社。 本稿では(初代)株式会社セガ
    96キロバイト (11,346 語) - 2020年4月26日 (日) 11:59



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)



    1 骨 ★ :2020/04/28(火) 00:40:11 ID:CAP_USER.net

    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1249876.html
    2020年4月27日 19:13

    セガグループは、「セガ設立60周年 記念フレーム切手&オリジナルピンズセット」および
    「セガ設立60周年 記念フレーム切手&オリジナルクリアファイルセット」を販売する。
    申込受付は、5月1日0時15分より5月25日まで。
    価格はオリジナルピンズセットが11,000円(税込)で、オリジナルクリアファイルセットが4,400円(税込)。
    「セガ設立60周年プロジェクト」の一環として販売される本商品は、セガの代表的なハードをデザインした記念フレーム切手。
    同じくセガのハードをモチーフとしてデザインされたオリジナルピンズと、オリジナルクリアファイルがそれぞれセットになっている。
    切手シートは、セガが発売した9種類のハードと、セガロゴの全10種で構成されている。
    上部には各ハードをモチーフとしたアイコンがレイアウトされており、本商品オリジナルのデザイン。
    また、切手シートを収納する見開きの台座の中面には、セガの歴代ハードの数々がデザインされた
    年表になっているほか、切手シートを取り出すとちょっとしたサプライズになっているという。


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)

    画像


    【祝セガ60周年!セガの歴代ハードをモチーフとしたフレーム切手が発売決定!】の続きを読む


    セガサミーホールディングス > セガグループ > セガ 株式会社セガ(英: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業で、株式会社セガグループの100%子会社。 本稿では(初代)株式会社セガ
    97キロバイト (11,463 語) - 2020年4月16日 (木) 14:22



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無しさん必死だな :2020/04/23(Thu) 13:23:58 ID:jQw11Rdx0.net

    2020年4月23日、セガグループは、“セガ設立60周年プロジェクト”のPR動画である“せが四郎”動画シリー
    ズ第2話“秘密篇”を公開した。
     

    (出典 Youtube)

     

    https://www.famitsu.com/news/202004/23197256.html


    【セガ60周年PR動画「せが四郎」第2話“秘密篇”が公開されたのにゲハでまったく話題にならない】の続きを読む


    シューマ版では条件を満たすと使用可能となる。 KING QUEEN 『パワースマッシュ ニュージェネレーション』 (Power Smash NEW GENERATION) は『パワースマッシュ2』をベースにした携帯ゲーム機初のパワスマワールドツアーなどパワスマ2の要素は健在。 選手数は前作パワ
    21キロバイト (2,075 語) - 2019年10月26日 (土) 05:48



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    『パワースマッシュ』(Power Smash)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)のコンピュータゲーム用のリアル系テニスゲーム。日本国外版のタイトルは「Virtua Tennis」。アーケードゲームとして2000年に発売され、ドリームキャスト、Windows、PlayStation 2、PlayStation Portable、Xbox 360、PlayStation 3、PlayStation Vitaの他、電子通信機器メーカーNokiaの携帯電話端末ゲーム機N-Gageなど、数多くのハードで登場された。2014年10月時点でのシリーズ累計全世界販売本数は400万本以上を誇る。

    スペインのテニス選手ラファエル・ナダルがそのリアルさを絶賛するコメントを出したこともある。

    略称は「パワスマ」。

    概要
    パワースマッシュは初のリアル系のポリゴンのテニスゲームである。実在の選手8人をモデルにしたリアルな動きとシンプルな操作性で人気を得た。アーケードでは対戦格闘ゲームのように乱入対戦も可能で向かい合った台に座ったプレイヤー同士が対戦を繰り広げた。Dreamcast版は、アーケード版が二人対戦のみだったことに対し、協力プレイでCPUと対戦するダブルスや2on2の4人同時プレイモードが追加された。

    登場選手
    ジム・クーリエ
    トーマス・ヨハンソン
    セドリック・ピオリーン
    エフゲニー・カフェルニコフ
    トミー・ハース
    ティム・ヘンマン
    カルロス・モヤ
    マーク・フィリプーシス

    Wikipediaより

    1 名無しさん必死だな@\(^o^)/ :2015/04/15(水) 23:17:04.80 ID:l8tsXBt+0.net

    セガが出してたパワスマシリーズについて
    なんでアーケードは3が最後なんだろうか(4以降もアーケードにあったらスマン)
    もうだいぶ前からセガが某かの方針転換でもしたの?

    あとゲハ民の層的になんとなくだけど、この作品をよく遊んでた人多いんじゃなかろうか
    アーケードに出さない理由とか知らんけど、このシリーズの話をしたいのなら
    アーケード版コンシューマ版、関係なく何でもどうぞ


    【【ゲーム】『パワースマッシュ』2000年にセガから発売された初のアーケード用リアル系ポリゴンテニスゲーム!略称は「パワスマ」】の続きを読む


    せがた三四郎せがたさんしろう)は、セガ・エンタープライゼスの家庭用ゲーム機であるセガサターンの宣伝マスコット(イメージキャラクター)。藤岡弘、(旧芸名:藤岡弘)演じ、1997年11月から1998年11月にかけてテレビCMをはじめ、各メディアに登場した。 せがた三四郎
    23キロバイト (3,731 語) - 2020年2月2日 (日) 06:21



    (出典 www.famitsu.com)


    セガは60周年記念アンバサダーの公式サイトをオープンした。記事執筆時点では「爆誕まで、あと5日」と記されており、3月25日に公開予定だ。サイトには、かつての「せがた三四郎」を彷彿とさせる、柔道着を着た男性のシルエットの写真が表示されている。

     「アンバサダー」とはビジネスにおいて、自社作品の普及を行う人をことを指す。さらに柔道着となると、かつて「藤岡弘、」こと藤岡弘さんが就任し、セガ・サターンの普及に一役買ったアンバサダー「せがた三四郎」を彷彿とさせるだろう。

     せがた三四郎は、『シャイニング・フォースIII』、『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』、『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』など、数々のテレビCMに出演。ゲームのCMにしては破天荒なキャラクターは話題となり、主題歌である「セガサターン、シロ!」も大ヒット。さらに『せがた三四郎 真剣遊戯』としてゲーム化されたほか、藤岡弘さんはこの縁があり『シェンムー』に主人公の父・芭月巌として出演もしている。

     昨年、開催された「セガフェス2019」では、このせがた三四郎が22年ぶりに復活。藤岡弘さんも当時のままの柔道着のままの姿で出演して、話題となった。

    記事本文はこちら
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw6866002

    1 名無しさん必死だな :2020/03/25(水) 07:08:42 ID:XBglh7sY0.net

    https://60th.sega.com/segashiro/

    2代目せがた三四郎だとすれば、セガサターンミニの可能性も‥??


    【二代目「せがた三四郎」が本日爆誕??セガが60周年記念のアンバサダー予告サイトを公開、柔道着を着た謎の人物が登場!まさかサターンミニくるか?】の続きを読む

    このページのトップヘ