ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:セガ


    アストロシティ』(Kurt Busiek's Astro City)は、アメリカ合衆国の架空の都市アストロシティを舞台としたアメリカン・コミックのシリーズである。原作はカート・ビュシーク、共同原作および作画はブレント・アンダーソン、キャラクターデザインおよびカバーアートはアレックス・ロスによる。『
    13キロバイト (1,939 語) - 2020年3月11日 (水) 11:08



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2020/07/08(水) 10:17:47 ID:0.net

    セガトイズは、1990年代にゲームセンターに登場したゲーム筐体“アストロシティ”を6分の1のサイズで忠実に再現した“アストロシティミニ”を、2020年12月に発売することを決定した。価格は12800円[税抜]。

    本作には、36タイトルが収録されることが決定しており、今回の発表にあわせて、『バーチャファイター』を始めとする10作品が明らかにされている。

    また、“アストロシティミニ コントロールパッド”も別売りで2020年12月に発売予定。価格は2780円[税抜]。

    本商品は、セガグループ設立60周年プロジェクトのひとつとして、セガトイズが発売し、セガから販売される。

    収録タイトル紹介
    ■バーチャファイター(1993年稼働開始/ジャンル:格闘/最大2人プレイ)
    ■ファンタジーゾーン(1986年稼働開始/ジャンル:シューティング/最大2人交互プレイ)
    ■ゴールデンアックス(1989年導入/ジャンル:アクション/最大2人プレイ)
    ■ゴールデンアックス デスアダーの復讐(1992年導入/ジャンル:アクション/最大2人プレイ)
    ■エイリアンストーム(1990年導入/ジャンル:アクション/最大2人プレイ)
    ■エイリアンシンドローム(1987年導入/ジャンル:アクション/最大2人プレイ)
    ■コラムスII(1990年導入/ジャンル:パズル/最大2人プレイ)
    ■タントアール(1993年導入/ジャンル:パーティ/最大2人プレイ)
    ■ダークエッジ(1993年導入/ジャンル:格闘/最大2人プレイ)
    ■獣王記(1988年導入/ジャンル:アクション/最大2人プレイ)
    https://www.famitsu.com/news/202007/08201800.html


    【ゲームセンターの筐体アストロシティを1/6サイズにして36タイトル収録の「アストロシティミニ」発売決定!】の続きを読む


    CDの名称で発売された。なお、ブラジル版メガドライブ本体は北米版のGenesisではなく日本や欧州と同じMega Driveの名称だったため、しばしば非公式にMega-CDの名称でも呼ばれる。製造販売はTectoy。 メガCD ワンダーメガ(RG-M1) 日本ビクターから1992年4月1日に発売されたメガドライブ/メガCD一体型機。価格は82
    24キロバイト (2,917 語) - 2020年4月24日 (金) 06:32



    (出典 sega.jp)


    ワンダーメガ

    日本ビクターから1992年4月1日に発売されたメガドライブ/メガCD一体型機。
    価格は82,800円で、メガドライブ+メガCDよりも高価だった。MIDI出力、S端子、音質向上を図った独自開発のDAP(デジタル・アコースティック・プロセッサー)や重低音再生のEX(エクストラ)バス・ポジションなどを装備しており、CDドライブの開閉は電動トップローディング方式を採用している。
    スーパー32Xを接続する場合、ビクターにワンダーメガ本体のCDトレイを有償で交換の依頼を申し込む必要があった。

    同年4月24日にセガからも「ワンダーメガS」として同一モデルの姉妹機が79,800円で登場し、発売当初はビクター製が家電販路ルートでセガ製は玩具販路ルートをとるなど共存する予定だったが、家庭用ゲーム機も取り扱う大手家電店や家電量販店などでは販売価格で競合したため、後にビクター製のみが販売を続ける事になった。なお、『フリッキー』など4つのゲームと4曲のカラオケが収録されたソフトウェア集『ワンダーメガコレクション』は日本ビクター製にしか付属していない。

    セガハード系統の中では唯一グッドデザイン賞を、発売同年に受賞している。

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%ACCD

    1 以下、無断車云載禁止でVIPがお送りします :2016/06/17(金) 16:49:21.778 ID:pSPItUCC0.net

    金持ちかな


    【【ゲーム】『ワンダーメガ』1992年に発売されたメガドライブ/メガCD一体型機!セガハード系統の中では唯一のグッドデザイン賞受賞!日本ビクター版とセガ版が存在】の続きを読む


    せがた三四郎せがたさんしろう)は、セガ・エンタープライゼスの家庭用ゲーム機であるセガサターンの宣伝マスコット(イメージキャラクター)。藤岡弘、(旧芸名:藤岡弘)演じ、1997年11月から1998年11月にかけてテレビCMをはじめ、各メディアに登場した。 せがた三四郎
    25キロバイト (3,997 語) - 2020年6月3日 (水) 08:55



    (出典 prtimes.jp)



    1 :2020/06/03(水) 14:33:39.20 ID:cig4fUZY0●.net BE:472367308-PLT(16000)


    (出典 img.5ch.net)

    せーがたァァァ三四郎! せーがたァァァ三四郎! セガサタァァァァァーン! 白! というフレーズで1990年代にゲームブームをもたらしたセガサターン。

    そのブームを波に乗せたのは湯川専務。いや、湯川専務はもうちょっとあと! セガサターンのせがた三四郎だ。

    ・名前からして邪悪すぎる!
    そんなせがた三四郎には妻子がおり、なんとイケメン男子に成長。ニンテンドースイッチではなくゲームギアで遊ぶほどのセガな息子なのだが、そんな彼の前に、謎のセガハタンシローが現れた。名前からして邪悪すぎる!

    ・セガハタンシローの正体が明らかに
    そんなセガハタンシローと勝負をすることになったせが四郎だが、その爽やかイケメンな風貌からは想像がつかないほど強く、ラスボス感溢れるセガハタンシローを土星(サターン!?)にぶん投げて倒すのだった。そして、セガハタンシローの正体が明らかに……!

    (以下略)

    せがた三四郎の画像と動画はサイトで
    https://buzz-plus.com/article/2020/06/03/segata-sanshiro-sega-shiro-news/

    (出典 buzz-plus.com)


    (出典 buzz-plus.com)


    (出典 buzz-plus.com)


    (出典 buzz-plus.com)


    (出典 buzz-plus.com)


    【せがた三四郎キタアアアアアアア! 息子の「せが四郎」がセガハタンシローと闘う動画がヤバイ】の続きを読む


    セガサミーホールディングス > セガグループ > セガ 株式会社セガ(英: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業で、株式会社セガグループの100%子会社。 本稿では(初代)株式会社セガ
    96キロバイト (11,352 語) - 2020年5月27日 (水) 05:55



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 少考さん ★ :2020/06/03(水) 11:02:28 ID:r5KF9PdP9.net

    愛すべきセガ60周年! ファミコンと同年発売・家庭用ゲーム機の開発、そして撤退
    https://news.yahoo.co.jp/articles/12182ca672cf2e5e754dbd8d3ca9af43cc84cff0

    6/3(水) 8:14配信

    ■セガは「ジュークボックス」から始まった

    1980年代から1990年代にかけてさまざまな家庭用ゲームハードや個性豊かなゲームを世に送り出し、熱狂的なファンを生み出したセガが、設立60周年を迎えます。これを記念して、セガが歩んだ激動の歴史を、「SG-1000II」から「ドリームキャスト」まで、セガのハードを買い続けたライターの早川清一朗さんが振り返ります。

    株式会社セガは戦後から6年経過した1951年に、「サービスゲームズジャパン」として設立されました。この頃はアメリカからジュークボックスを輸入し、クライアントへ納入およびメンテナンスを行う業務を行っています。

    ちなみにジュークボックスというのは内部に大量のレコードが収められた音楽機材で、お金を入れると好きな音楽が流れ出るようになっていました。筆者が子供の頃にはボウリング場などで見かけることもありましたが、最近ではストリーミング配信が可能なデジタルジュークボックスが主流になっているようです。

    1960年には営業部門の「日本娯楽物産」と製造部門の「日本機械製造」に会社を分割し、自社開発に乗り出します。結果として国産初のジュークボックス『セガ1000』の開発に成功し、ハードウェア自社開発の伝統が生まれるのです。このとき名付けられた「セガ」は「SERVICE GAMES」の頭2文字ずつを組み合わせたものであり、将来の社名となりました。

    (略)

    ■家庭用ゲーム機の開発、そして撤退
    1983年にはセガ初の家庭用ゲーム機となる「SG-1000」を発売。同年には任天堂の「ファミリーコンピュータ」も発売されています。「SG-1000」は佐藤氏によると「ファミコンの余波で16万台も売れた」そうで、佐藤氏自身も現場に駆り出された際には「セガのファミコンです」といって売ったこともあるそうです。実際問題として、「SG-1000」はセガが開発した家庭用コンピュータ「SC-3000」を家庭用ゲーム機として手直ししたものなので、言葉のロジックとしては嘘ではないのでしょう。

    翌1984年には大川功氏率いるCSKグループ傘下となり、初めて日本の資本の元で活動できるようになります。同年「SG-1000II」が発売され、こちらもヒットします。なお、筆者と母親がおもちゃ屋さんの店員に「ファミコンと似たようなのがありますよ」と言われて購入したのがこちらのハードで、『スタージャッカー』というシューティングゲームを楽しんだ記憶があります。

    (略) 家庭用ゲーム機でも1985年に「セガ・マークIII」、1986年には北米市場用に「セガ・マスターシステム」を発売しています。「マスターシステム」は逆輸入の形でマイナーチェンジを施したのち、1987年に日本でも発売されました。日本では「ファミコン」に対抗できなかったものの、欧州やブラジルでは大ヒットしています。

    1988年には初の16bit機となる「メガドライブ」が発売され、今も根強いファンに愛好されるヒット作となりました。アメリカ・カナダ・メキシコでは「GENESIS」という名称で、それ以外の国では「メガドライブ」のまま発売され、世界的ムーブメントを引き起こすほどの大ヒットを記録しています。1991年に発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズは、今もセガの代表的なタイトルとして健在です。

    さらにアーケードでは「バーチャファイター」シリーズや「バーチャロン」シリーズで時代の最先端を駆け抜けたセガは、1994年に過去のゲーム機の性能をはるかに超えた高性能機「セガサターン」を発売します。個性豊かなゲームのみならず、藤岡弘、さん演じる「せがた三四郎」や「湯川専務」など広告戦略でも存在感を発揮しますが、ソニーの「プレイステーション」に対し序盤は優勢だったものの、徐々に形勢が逆転し、後塵を拝するようになります。

    そして1998年にはより高性能な「ドリームキャスト」を発売し魅力的なゲームを数多く発売しますが、ミニシリーズをのぞけば、これがセガ最後の家庭用ゲーム機となってしまいました。

    家庭用ゲーム機事業撤退の際には巨額の損失が発生し、一時倒産も危ぶまれたセガですが、大川功氏が850億円の私財を寄付してくれたことにより、危機を脱します。

    2000年には会社名を「セガ」に変更し、ゲームの開発会社として精力的な活動を行い、今も多くのファンの心をつかみ続けています。このまま70年でも、80年でも愛される存在でいてほしい、それが筆者の切なる願いです。

    全文はソースで

    60周年そして未来へ | セガ設立60周年特設サイト
    https://60th.sega.com/gosega/


    【【ゲーム】愛すべきセガ60周年! ファミコンと同年発売・家庭用ゲーム機の開発、そして撤退】の続きを読む


    Xbox > Xbox Series X Xbox Series X(エックスボックス シリーズ エックス)は、マイクロソフトが2020年末に発売を予定している家庭用ゲーム機の総称及びその開発プロジェクト。ゲーム機の名称は単に「Xbox」であり、「Series X
    6キロバイト (429 語) - 2020年5月23日 (土) 23:34



    (出典 www.pdvg.it)



    1 ファイヤーバードスプラッシュ(東京都) [JP] :2020/05/30(土) 12:00:45.17


    マイクロソフトの新ゲーム機『Xbox Series X』だが、それに関する興味深い噂が浮上している。
    なんと日本では『Xbox Series X』はセガのゲーム機としてリブランドされ販売されるのではないかというもの。

    その噂の出所はジャーナリスト西川善司が革命と言っていい」「WiredのPS5独占記事レベル」というスクープを
    来週発売の週刊ファミ通に掲載するという。

    「世界初のスクープ記事ですよ。独占ですよ、独占。日経とか週刊文春じゃないけど、それほど大きい話題かって言うと…、
    いや大きい話題でしょ!みんなが好きなあのメーカーのスクープですから。めちゃくちゃスクープです」としており
    当初は、「Switch Proか?」「ソニーの新携帯機」「このタイミングだからサイレントヒル」と予想されていた。

    しかしここにきて海外のTwitterで『Xbox Series X』がセガのゲーム機ブランドとして出てくるのでないかという
    情報が浮上している。
    現段階ではこれ以上の情報はなく噂の段階だが、仮に事実だとすれば6月に発表会を行いセガはどういう立ち位置になるのか、
    名前だけを貸すのか今後マイクロソフトと独占契約するのか、その場合はアトラスなどにも影響が出るのかなども興味深い。

    https://gogotsu.com/archives/57523

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    【【ゲーム】『Xbox Series X』日本国内はセガのゲーム機ブランドとして販売されるのか? 噂が浮上中】の続きを読む

    このページのトップヘ