ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:セガ


    名越 稔洋(なごし としひろ、1965年6月17日 - )は、日本のゲームクリエイター。株式会社セガ取締役CCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)。山口県下関市出身。 東京造形大学映画学科卒業後、1989年にセガへ入社。AM2研の鈴木裕が手掛ける『G-LOC』や『バーチャレーシング』、『バーチ
    11キロバイト (1,487 語) - 2021年1月30日 (土) 05:30



    (出典 prtimes.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/01/29(金) 19:45:33.24 ID:3UHo4zUH9.net

    2021/01/29 18:52

    編集部:松本隆一


     セガサミーホールディングスは本日(2021年1月29日),公式IRサイトに「代表取締役の役職変更ならびに役員の異動に関するお知らせ」を掲載し,傘下企業のセガで代表取締役COOを務めていた名越稔洋氏が,4月1日付けで役職を退くと発表した。ただし名越氏はセガを去るわけではなく,引き続きクリエイティブディレクターの任にあたるとのこと。


    https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20210129115/TN/001.jpg
    「『龍が如く7 光と闇の行方』総合監督・名越稔洋氏インタビュー。アクションゲームではなく,RPGだからこそ描けるドラマとは」より


     名越氏が企画したPlayStation 2用ソフト「龍が如く」は,2005年にリリースされて大ヒットを記録し,多数のスピンオフやリメイクを含めて,2020年の「龍が如く7 光と闇の行方」まで続く,セガを代表する人気シリーズに成長した。しかし,2020年11月19日に掲載した記事でもお伝えしたように,ゲームの内容を不安視した上層部は当初,開発に否定的で,説得に苦労したという。
     ファッションが個性的で,東京ゲームショウなどのイベントにも積極的に参加して発言することから,ファンの信頼も厚い名越氏。4Gamerでも多数の記事に登場してもらっている。今後の活躍に期待したい。

    https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20210129115/


    【 セガの名越稔洋氏が代表取締役COOを退任。クリエティブディレクター専業に】の続きを読む


    セガサミーホールディングス > セガグループ > セガ 株式会社セガ(英: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業。株式会社セガグループの100%子会社。 本稿では株式会社セガ
    106キロバイト (12,672 語) - 2021年1月9日 (土) 21:21



    (出典 www.honga.net)



    【【ゲーム】セガ、謎の無名ゲームが売上の柱になってしまう】の続きを読む



    (出典 gamecrate.com)



    1 :2020/12/04(金) 10:23:09.82 ID:LaGOjQ+90●.net BE:878898748-PLT(16000)


    (出典 img.5ch.net)

    セガと任天堂の対立を描いた映画作品『セガvs.任天堂/Console Wars』が動画配信サイト、U-NEXTで2020年12月4日より独占配信される。
    配信時刻は正午からとなっており、1990年代のコンシューマゲーム市場でのセガと任天堂のバトルドキュメンタリーを描いた作品。

    日本市場ではなくアメリカでのお話だがそれでもゲームファンは必見だ。

    https://gogotsu.com/archives/61063

    (出典 gogotsu.com)


    【セガと任天堂の対立を描いた映画『セガvs.任天堂/Console Wars』がU-NEXT独占で本日12時より配信開始】の続きを読む


    セガサターン(SEGA SATURN)は、セガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機である。一般にはサターンもしくはSSの略称で呼ばれる。 発売時の日本での価格は44,800円。 セガサターンの名称は、セガの第六番目のコンシューマゲーム機ということから太陽系第六惑星である土星から付けられて
    69キロバイト (8,642 語) - 2020年10月26日 (月) 10:59



    (出典 upload.wikimedia.org)


    セガサターン(SEGA SATURN)は、セガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機である。一般にはサターンもしくはSSの略称で呼ばれる。

    発売時の日本での価格は44,800円。

    概要
    セガサターンの名称は、セガの第六番目のコンシューマゲーム機ということから太陽系第六惑星である土星から付けられており、ほぼ同時期に発売されたPlayStationや後発のNINTENDO64など、当時の「次世代ゲーム機」と呼ばれた機種と共に一時代を築いた。

    32ビット機の中でスタートを切る事に成功。1996年までは後にトップシェアハードとなるプレイステーションよりも普及していた。[5]また本体開発に関わった日本ビクター(後のJVCケンウッド)と日立製作所からもそれぞれ互換機が発売された。2D描画機能は当時のアーケードゲームや競合機と比較しても高水準であり、そのため、変形スプライトによる3D描画も出来る。

    3D表示はCPUによる演算と変形スプライトに頼っているため、3D全体の表現能力では専用ハードウェアを搭載する競合機に比べ劣っている。かつて世界展開したセガ歴代コンソール(SG-1000M3を含むSG-1000シリーズ、メガドライブシリーズ、ゲームギア、セガサターン、ドリームキャスト)の中で唯一、1,000万台を下回るなど、全世界累計で最も売れなかったハードであるが、日本国内に限れば、長年の競合相手だった任天堂の同世代機NINTENDO64の販売台数を上回っており、日本市場ではセガとして最も売れたハードでもある。

    中でも代表的なゲームタイトル『バーチャファイター2』は日本国内ではセガ初のミリオンセラーを記録した。


    3Dに特化した競合機のPlayStationやNINTENDO64と違って、旧来のゲーム機を正統進化させたオーソドックスなBG画面とスプライト/ポリゴン機能の両面を活かせるアーキテクチャであり、その性能は既存の2D対戦格闘ゲームやシューティングゲーム等にも適していたこともあって業務用ゲームから数多くのタイトルが移植され、同時代の他機種に移植された同名タイトルと比べても出来が良いと評価されている作品も多かった。
    また、同時期に稼働したセガサターン互換のST-V基板からの移植や、ST-Vとサターンでほぼ同時発売されたソフトもあった。

    また、セガは当時アーケードの3Dヒット作を多数持っていたため(アーケードゲーム事業は2015年4月にセガ・インタラクティブが承継)、『デイトナUSA』『バーチャコップ』『バーチャファイター2』『ファイティングバイパーズ』『セガラリーチャンピオンシップ』『電脳戦機バーチャロン』など、MODEL2基板タイトルを中心に移植された。

    日本市場においてサターンは発売日に20万台、発売1か月で50万台、6か月でプレイステーションよりも先に100万台セールスを達成するなど、セガの歴代コンソールとしては最も好調な売り上げを記録。ソフトも『バーチャファイター2』の130万本をはじめ『バーチャファイター』『デイトナUSA』『ファイターズメガミックス』『セガラリーチャンピオンシップ』『サクラ大戦2』『スーパーロボット大戦F 完結編』といった50万本を超えるヒット作を排出した。

    しかしPlayStation陣営が、当時ドラゴンクエストシリーズのエニックスと双璧を成していた、ファイナルファンタジーシリーズを擁するスクウェアのPlayStationの参入と、当時最新作であった『ファイナルファンタジーVII』の開発がスタートしたことを1996年1月に発表。発売の前年から大量のTVCMや広告を投入するといった入念な販売戦略が功を奏したこともあり優位に立たれ、またライバル機の低価格攻勢に対しても十分な対策と成果を上げられないまま、後述のように1998年の次世代機ドリームキャスト発表に至り、それに応じてソフトのリリース数も減少してしまい、夏季商戦以降はサターン市場も縮小していった。

    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3
    1 :2020/11/22(日) 09:28:13.17 ID:VRazTN0B0.net BE:811571704-2BP(2072)


    (出典 img.5ch.net)

    https://www.famitsu.com/news/202011/22209906.html
    セガサターンが発売された日。2D描画に秀でたセガ国内最大のヒットゲーム機で、『バーチャファイター』や『サクラ大戦』などの魅力ある作品を数多く発売【今日は何の日?】

    いまから26年前の1994年(平成6年)11月22日は、セガサターンが発売された日。

    セガサターンは、セガ・エンタープライゼス(当時)から発売された据え置き型ゲーム機。
    セガが発売した6番目の家庭用ゲーム機となるため、太陽系第6惑星の土星にちなんで
    サターンと名付けられている。当時“次世代ゲーム機”と呼ばれていたハードの中で
    先陣を切って発売され、半年後には国内100万台出荷を記録するなど、最高の滑り出しを達成。

    国内販売としてはセガ最大のヒットゲーム機となった。


    (出典 www.famitsu.com)


    32ビットCPUを2基搭載し、64ビット級のマシンパワーを実現。よりハイクオリティーな描写の2D表現はもちろん、
    ポリゴンによる3D表現も可能となった。とくに2Dの描画に関してはアーケード用システム基板同等もしくは
    それ以上のスペックを有していて、ゲームファンのあいだでは「2Dのサターン、3Dのプレステ」などと呼ばれることもあった。

    つづく


    【【ゲーム】『セガサターン』1994年にセガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機!高水準な2D描画機能を備え、「日本市場」では競合した64を抜きセガ史上最も売れたハード!】の続きを読む


    ラストブロンクス -東京番外地-』(ラストブロンクス とうきょうばんがいち)は、1996年にセガがアーケードゲームとして発売した3Dタイプの対戦型格闘ゲームである。 本作は、架空の東京を舞台にストリートギャング同士が繰り広げる抗争を描いたものである。プレイヤーキャラクターは各々が実在する格闘用の武
    25キロバイト (3,997 語) - 2020年11月14日 (土) 11:22



    (出典 pbs.twimg.com)


    『ラストブロンクス -東京番外地-』(ラストブロンクス とうきょうばんがいち)は、1996年にセガがアーケードゲームとして発売した3Dタイプの対戦型格闘ゲームである。

    本作は、架空の東京を舞台にストリートギャング同士が繰り広げる抗争を描いたものである。プレイヤーキャラクターは各々が実在する格闘用の武器を手にしており、これを駆使して闘いを繰り広げる。また、サブタイトルが示す通り、彼らの闘いの場となるステージも東京都内に実在する場所をモデルにしている。開発はセガAM3研が担当。アーケード版のハードウェアは、同社の格闘ゲーム『バーチャファイター2』と同じMODEL2を使用している。


    製品ラインナップ
    アーケードゲーム
    LAST BRONX -東京番外地-(1996年発売)

    セガサターン用ソフト
    LAST BRONX(1997年8月1日発売)
    ストーリーモードにおいて、全キャラクターに最終戦のライバルキャクターとのやりとりと、短いながらもアニメムービーつきのエンディングが入る。
    同梱CDの2枚目は「ラスブロ道場」になっており、ミニキャラクターたちがボイス付きで操作や技、コンボの説明をする。

    Microsoft Windows用ソフト
    LAST BRONX(1998年2月27日発売)

    PlayStation 2用ソフト
    セガエイジス2500シリーズ LAST BRONX -東京番外地-(2006年6月29日発売)

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9_-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%95%AA%E5%A4%96%E5%9C%B0-

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/06/16(火) 22:37:52.269 ID:dQC2qO5i0.net


    (出典 Youtube)


    オープニングクソカッケェ


    【【ゲーム】『ラストブロンクス -東京番外地-』1996年にセガから発売されたアーケード用3Dタイプの対戦型格闘ゲーム!豪華な声優陣、同人誌のネタにされることも多かった作品】の続きを読む

    このページのトップヘ