ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:セガ


    シューマ版では条件を満たすと使用可能となる。 KING QUEEN 『パワースマッシュ ニュージェネレーション』 (Power Smash NEW GENERATION) は『パワースマッシュ2』をベースにした携帯ゲーム機初のパワスマワールドツアーなどパワスマ2の要素は健在。 選手数は前作パワ
    21キロバイト (2,075 語) - 2019年10月26日 (土) 05:48



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    『パワースマッシュ』(Power Smash)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)のコンピュータゲーム用のリアル系テニスゲーム。日本国外版のタイトルは「Virtua Tennis」。アーケードゲームとして2000年に発売され、ドリームキャスト、Windows、PlayStation 2、PlayStation Portable、Xbox 360、PlayStation 3、PlayStation Vitaの他、電子通信機器メーカーNokiaの携帯電話端末ゲーム機N-Gageなど、数多くのハードで登場された。2014年10月時点でのシリーズ累計全世界販売本数は400万本以上を誇る。

    スペインのテニス選手ラファエル・ナダルがそのリアルさを絶賛するコメントを出したこともある。

    略称は「パワスマ」。

    概要
    パワースマッシュは初のリアル系のポリゴンのテニスゲームである。実在の選手8人をモデルにしたリアルな動きとシンプルな操作性で人気を得た。アーケードでは対戦格闘ゲームのように乱入対戦も可能で向かい合った台に座ったプレイヤー同士が対戦を繰り広げた。Dreamcast版は、アーケード版が二人対戦のみだったことに対し、協力プレイでCPUと対戦するダブルスや2on2の4人同時プレイモードが追加された。

    登場選手
    ジム・クーリエ
    トーマス・ヨハンソン
    セドリック・ピオリーン
    エフゲニー・カフェルニコフ
    トミー・ハース
    ティム・ヘンマン
    カルロス・モヤ
    マーク・フィリプーシス

    Wikipediaより

    1 名無しさん必死だな@\(^o^)/ :2015/04/15(水) 23:17:04.80 ID:l8tsXBt+0.net

    セガが出してたパワスマシリーズについて
    なんでアーケードは3が最後なんだろうか(4以降もアーケードにあったらスマン)
    もうだいぶ前からセガが某かの方針転換でもしたの?

    あとゲハ民の層的になんとなくだけど、この作品をよく遊んでた人多いんじゃなかろうか
    アーケードに出さない理由とか知らんけど、このシリーズの話をしたいのなら
    アーケード版コンシューマ版、関係なく何でもどうぞ


    【【ゲーム】『パワースマッシュ』2000年にセガから発売された初のアーケード用リアル系ポリゴンテニスゲーム!略称は「パワスマ」】の続きを読む


    せがた三四郎せがたさんしろう)は、セガ・エンタープライゼスの家庭用ゲーム機であるセガサターンの宣伝マスコット(イメージキャラクター)。藤岡弘、(旧芸名:藤岡弘)演じ、1997年11月から1998年11月にかけてテレビCMをはじめ、各メディアに登場した。 せがた三四郎
    23キロバイト (3,731 語) - 2020年2月2日 (日) 06:21



    (出典 www.famitsu.com)


    セガは60周年記念アンバサダーの公式サイトをオープンした。記事執筆時点では「爆誕まで、あと5日」と記されており、3月25日に公開予定だ。サイトには、かつての「せがた三四郎」を彷彿とさせる、柔道着を着た男性のシルエットの写真が表示されている。

     「アンバサダー」とはビジネスにおいて、自社作品の普及を行う人をことを指す。さらに柔道着となると、かつて「藤岡弘、」こと藤岡弘さんが就任し、セガ・サターンの普及に一役買ったアンバサダー「せがた三四郎」を彷彿とさせるだろう。

     せがた三四郎は、『シャイニング・フォースIII』、『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』、『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』など、数々のテレビCMに出演。ゲームのCMにしては破天荒なキャラクターは話題となり、主題歌である「セガサターン、シロ!」も大ヒット。さらに『せがた三四郎 真剣遊戯』としてゲーム化されたほか、藤岡弘さんはこの縁があり『シェンムー』に主人公の父・芭月巌として出演もしている。

     昨年、開催された「セガフェス2019」では、このせがた三四郎が22年ぶりに復活。藤岡弘さんも当時のままの柔道着のままの姿で出演して、話題となった。

    記事本文はこちら
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw6866002

    1 名無しさん必死だな :2020/03/25(水) 07:08:42 ID:XBglh7sY0.net

    https://60th.sega.com/segashiro/

    2代目せがた三四郎だとすれば、セガサターンミニの可能性も‥??


    【二代目「せがた三四郎」が本日爆誕??セガが60周年記念のアンバサダー予告サイトを公開、柔道着を着た謎の人物が登場!まさかサターンミニくるか?】の続きを読む


    ファイティングバイパーズ』(Fighting Vipers)は、1995年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売した3D対戦型格闘ゲーム。開発はセガAM2研による。 操作系などは『バーチャファイター』と同様であるが、実在の格闘技を使う格闘家が闘う、という現実志向の同作と異なり、派手さやコミカルさを追求した3D格闘ゲームである。
    18キロバイト (2,616 語) - 2019年12月18日 (水) 15:03



    (出典 dpc8tamkiuhgi.cloudfront.net)


    『ファイティングバイパーズ』(Fighting Vipers)は、1995年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売した3D対戦型格闘ゲーム。
    開発はセガAM2研による。

    操作系などは『バーチャファイター』と同様であるが、実在の格闘技を使う格闘家が闘う、という現実志向の同作と異なり、派手さやコミカルさを追求した3D格闘ゲームである。

    特徴的な点として、アーマーの存在がある。アーマーは上半身・下半身に分かれ、相手攻撃のダメージを緩和する。
    アーマーはキャラクター・パーツ毎に耐久値が設定されており、被ダメージかガードで耐久値が減少、ゲージ点滅状態でアーマー破壊技を食らうと破損してしまい、その試合中に戻ることはない。破損してしまうと被ダメージが大幅に増加するため、アーマー破壊狙いと破壊後の駆け引きが重要なファクターである。

    作品の特徴
    キャラクター全員が上半身と下半身にアーマーを装備している。攻撃をガードするとアーマー耐久値が減少していき、耐久値がなくなった(アーマーゲージが点滅している)状態でアーマー破壊技を受けるとアーマーが破壊される。
    すべての試合は高い壁に囲まれた四角いリングで行われ、基本的にリングアウトはない(KO後にリング外に飛ばされることはある)。
    キャラクター全員が「ガード&アタック」と呼ばれるガード状態から即座に反撃する技を持つ。ガード&アタックは相手アーマー耐久値ゼロの状態へダメージを与えることによってそのアーマーを破壊できる。その他のアーマー破壊技はキャラクターごとに特有のものが設定されている。
    キャラクター全員が相手を壁方向へと強制的に走らせる投げ技を持っている。壁に激突することでダメージが入るが、壁までの距離が遠いと(一部を除いて)到達前に踏みとどまってしまいノーダメージになってしまう。壁際に追い詰めた状態や背にした状態など状況によって壁を利用した様々な技に変化する。

    シリーズ作品
    1995年11月 アーケード版『ファイティングバイパーズ』が稼動開始。
    1996年5月25日、26日 東京都大田区産業プラザPIOで”ファイティングバイパーズ ペプシ ジャパンカップ金網デスマッチ”の決勝戦が行われた。
    1996年8月30日 セガサターン版『ファイティングバイパーズ』が発売開始。
    1996年12月21日 セガサターンで『ファイターズメガミックス』が発売。『バーチャファイター2』のキャラクターと対戦。
    1998年3月 アーケード版『ファイティングバイパーズ2』が稼動開始。
    2005年4月28日 セガエイジス2500シリーズVol.19として、PlayStation 2版『ファイティングバイパーズ』が発売。
    2012年11月28日 MODEL2コレクションとして、PS3及びXbox 360版『ファイティングバイパーズ』が配信。

    Wikipediaより

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/11(土) 14:36:27.761 ID:vxljdA2C0.net

    微妙なエロ


    【【ゲーム】『ファイティングバイパーズ』1995年にセガから発売され同ジャンルの「バーチャファイター」シリーズとは異なる派手さ、豪快さ、コミカルさを打ち出した3D格闘ゲーム!】の続きを読む


    セガラリー2』 (SEGA RALLY 2) は 、SEGAが発売したレースゲームのタイトルである。 前作セガラリーチャンピオンシップの続編として1998年に稼動開始。 前作からの踏襲発展系としてコース取りなどは周回コースではあるものの、MODEL3基板によるグラフィック・サウンドの大幅な強化と共
    15キロバイト (2,038 語) - 2018年11月24日 (土) 10:37



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    『セガラリー2』 (SEGA RALLY 2) は 、SEGAが発売したレースゲームのタイトルである。

    アーケード版
    前作セガラリーチャンピオンシップの続編として1998年に稼動開始。

    前作からの踏襲発展系としてコース取りなどは周回コースではあるものの、MODEL3基板によるグラフィック・サウンドの大幅な強化と共にラリーらしい独特の要素と楽しさを拡げさせた。

    具体的なグラフィックの進化としては、半透明ポリゴン・環境マッピングの導入などによる各グラフィックの飛躍的な微細化、車の汚れ表現や雪・夜間ステージの追加が挙げられる。

    前作同様、製作に当たって当時現役のラリードライバーが協力した他、収録曲では新たにユーロビートや本格的なボーカル曲も取り入れられ、楽曲の一部は旧ワープの飯野賢治も手がけている。

    ゲーム内容
    モードは前作同様4ステージ連戦のチャンピオンシップ、単体周回タイムアタックとしてのプラクティスは変わっていないが、プレイヤーが使用できる車種は前作から4倍となる計8台に増加した。

    各モードの敵車出現数、筐体内のトップタイムが右上方に名前と共に表示される演出も引き継がれているが、エキストラステージに相当するものは無く、全4ステージは全てデフォルトで選択可能。

    筐体
    前作同様ツイン筐体、路面状況によりシート部が可動するDX筐体が存在する。うちツイン筐体はDX筐体よりも約1ヶ月遅く稼働、ゲーム内容に小変更が入っていた。

    外見は白・赤・緑の3色がテーマとなっているが、一部のセガのロケーション店舗・車メーカーの店舗では筐体色にWRCマシンのワークスカラーを施し、演出していた。

    基本的に看板とシフトレバーアッセンブリー、モニタ単体以外は『STCC』販売筐体準拠。ヘアピンノブ化されたサイドブレーキがシート右に付加された。

    看板はラリーカーのサファリ仕様を髣髴とさせるCIBIE製フォグカバーと両サイドにレンズカットなしのフォグランプ2灯、赤いロールバーで彩られている。

    こちらもコンバージョンは存在しない単体販売で、以後『デイトナUSA2』でも変わらないスタイルとなる。


    登場車種
    アーケード版デフォルト車種
    スバル・インプレッサ WRC'97 - DC版では98年・PC版では99年仕様に変更。
    三菱・ランサーエボリューションV WRC[8] - 移植版ではカリスマGT仕様(リチャード・バーンズ車)が追加。
    トヨタ・カローラ WRC - 移植版ではテインカラー仕様(98年APRC藤本吉郎車)が追加。
    フォード・エスコートWRC(Windows PC版では削除)
    プジョー・306マキシ
    ランチア・ストラトス HF - 移植版では1975年仕様(モンテカルロラリー優勝車)が追加。
    アーケード版隠し車種
    2台とも、後期版ROMで約1ヶ月分の稼働または累計100クレジットにより解禁。移植版では最初から選択可能。
    トヨタ・セリカGT-FOUR(ST205)
    ランチア・デルタ HF インテグラーレ
    ドリームキャスト版、Windows PC版追加車種
    基本的にアーケードモード、10イヤーズモード各年上での一定条件クリア及び、隠しコマンドで使用可能。
    スバル・インプレッサ555
    三菱・ランサーエボリューションVI(Windows PC版で追加)
    三菱・ランサーエボリューションIV
    三菱・ランサーエボリューションIII
    トヨタ・セリカGT-FOUR RC(ST185) - 車種選択の際に、LRトリガーを押しながら決定するとマルボロカラー仕様(バーコード修正版)となる。
    アルピーヌ・ルノーA110
    ルノー・マキシメガーヌ
    フィアット・131アバルト
    ランチア・デルタ HF インテグラーレ16V
    ランチア・037ラリー
    プジョー・205ターボ16(エボリューション2)
    プジョー・106マキシ
    Windows PC初回版のみ登場
    ケローラWRC
    いわゆるカエルカー。夜のコースでは目がライトになり一部コース(ウォータースプラッシュの存在するマディ、デザートコース)ではゴーグルとシュノーケル、浮き輪を着用したサファリ仕様になる。
    出現条件は初期ロット版上でアーケードモードをクリアしないで10イヤーズモードオールクリアとなる。なお、ホイールはエスコートWRCの物が使用されている。
    なお、公式の修正パッチを充てた状態の未クリア状態の初期版や、後期ロット版ではデータ自体は入っているが、初回版の出現条件をクリアしても特殊な方法[9]を用いらない限り出現不可。
    カープロファイルモードでは、ナレーター古谷徹の開発時点でのラリーゲームでのプレイ近況と続編「3」にまつわる話を聞くことが出来る。

    Wikipediaより

    1 せがた七四郎 :2017/04/09(日) 12:24:21.52 ID:fAxgUmw/.net

    立てました



         Loading...
    ■□□□□□□□□□□□□□□


    【【ゲーム】『セガラリー2』1998年、元祖ラリーゲームの2作目としてSEGAが発売したアーケード用レースゲーム!】の続きを読む


    全日本プロレス(ぜんにほんプロレス)は、セガ(後セガゲームス並びにセガ・インタラクティブ)より発売されたプロレスゲームシリーズ。 本項では、同社から発売されたシリーズ3作品について記載する。 それまで全日本プロレス許諾を得たプロレスゲームは、メサイヤより同名プロレスゲーム
    11キロバイト (1,293 語) - 2019年1月2日 (水) 05:22



    (出典 i.ytimg.com)


    全日本プロレス(ぜんにほんプロレス)は、セガ(後のセガゲームス並びにセガ・インタラクティブ)より発売されたプロレスゲームのシリーズ。

    GIANT GRAM 2000 全日本プロレス3 栄光の勇者達
    ドリームキャスト用ソフトとして、2000年8月10日発売。同時期にアーケード版が、互換基板のNAOMIで稼働している。開発はワウ エンターテイメント。

    『GIANT GRAM』のバージョンアップ版。
    ジャイアント馬場をはじめ、力道山やザ・デストロイヤーといった往年の名レスラーが、存命・物故者問わず多数参戦している。一方、バーチャファイターシリーズからの参戦はなくなった(ジム・スティール版のウルフは継続参戦)。また前作同様、ドリームキャスト版の育成モードで育てたオリジナルのレスラーを、ビジュアルメモリを介してアーケード版で使用できる。

    本作の発売前、全日本プロレスの所属選手・スタッフが大量離脱し、新団体「プロレスリング・ノア」を旗揚げする事態となった。しかし、本作はお蔵入りすることなく発売された。

    実況は若林健治。

    システム
    闘気がMAXであれば、いつでもバーニング状態に移行可能になった。
    バーニング中にのみ出せる「バーニング技」が追加。一部レスラーには、リング内のほか場外でのみ出せるバーニング技を持つ者もいる。
    ドリームキャスト版に「名勝負再現モード」が追加。過去の名勝負と同じ展開になるよう、特定のタイミングで指示された技を出していく。再現ノルマを規定値以上満たせばクリアし、ダイジェストムービーが閲覧できる。
    「育成モード」において、前作になかった「覚えた技の消去」および「技の合成」の要素が追加。

    Wikipediaより

    1 せがた七四郎 :2012/12/16(日) 23:48:38.64 ID:a8tbd/th.net

    「バーチャファイター」の制作チームが作ったプロレスゲームから生まれた
    プロレスゲームの傑作シリーズ。思い入れのある方もそうでもなかった人も
    プレイの思い出を是非。


    GIANT GRAM 全日本プロレス2 in 日本武道館
    「明るく楽しく激しいプロレス」がドリームキャストに降臨!!

    SEGA 1999年6月24日発売
    機種:ドリームキャスト

    GIANT GRAM 2000 全日本プロレス3 栄光の勇者達
    ~王道は永遠に不滅なり。~

    SEGA 2000年8月10日発売
    機種:ドリームキャスト


    【参考】
    全日本プロレス FEATURING VIRTUA

    SEGA 1997年10月23日発売
    機種:セガサターン


    【【ゲーム】『GIANT GRAM 2000 全日本プロレス3 栄光の勇者達』2000年セガから発売されたDC用プロレスゲームのシリーズ3作目!発売直前「ノア」旗揚げが起こるも無事発売された作品!】の続きを読む

    このページのトップヘ