ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:セガ


    セガサターン(SEGA SATURN)は、セガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機である。一般にはサターンもしくはSSの略称で呼ばれる。 発売時の日本での価格は44,800円。 セガサターンの名称は、セガの第六番目のコンシューマゲーム機ということから太陽系第六惑星である土星から付けられて
    69キロバイト (8,642 語) - 2020年10月26日 (月) 10:59



    (出典 upload.wikimedia.org)


    セガサターン(SEGA SATURN)は、セガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機である。一般にはサターンもしくはSSの略称で呼ばれる。

    発売時の日本での価格は44,800円。

    概要
    セガサターンの名称は、セガの第六番目のコンシューマゲーム機ということから太陽系第六惑星である土星から付けられており、ほぼ同時期に発売されたPlayStationや後発のNINTENDO64など、当時の「次世代ゲーム機」と呼ばれた機種と共に一時代を築いた。

    32ビット機の中でスタートを切る事に成功。1996年までは後にトップシェアハードとなるプレイステーションよりも普及していた。[5]また本体開発に関わった日本ビクター(後のJVCケンウッド)と日立製作所からもそれぞれ互換機が発売された。2D描画機能は当時のアーケードゲームや競合機と比較しても高水準であり、そのため、変形スプライトによる3D描画も出来る。

    3D表示はCPUによる演算と変形スプライトに頼っているため、3D全体の表現能力では専用ハードウェアを搭載する競合機に比べ劣っている。かつて世界展開したセガ歴代コンソール(SG-1000M3を含むSG-1000シリーズ、メガドライブシリーズ、ゲームギア、セガサターン、ドリームキャスト)の中で唯一、1,000万台を下回るなど、全世界累計で最も売れなかったハードであるが、日本国内に限れば、長年の競合相手だった任天堂の同世代機NINTENDO64の販売台数を上回っており、日本市場ではセガとして最も売れたハードでもある。

    中でも代表的なゲームタイトル『バーチャファイター2』は日本国内ではセガ初のミリオンセラーを記録した。


    3Dに特化した競合機のPlayStationやNINTENDO64と違って、旧来のゲーム機を正統進化させたオーソドックスなBG画面とスプライト/ポリゴン機能の両面を活かせるアーキテクチャであり、その性能は既存の2D対戦格闘ゲームやシューティングゲーム等にも適していたこともあって業務用ゲームから数多くのタイトルが移植され、同時代の他機種に移植された同名タイトルと比べても出来が良いと評価されている作品も多かった。
    また、同時期に稼働したセガサターン互換のST-V基板からの移植や、ST-Vとサターンでほぼ同時発売されたソフトもあった。

    また、セガは当時アーケードの3Dヒット作を多数持っていたため(アーケードゲーム事業は2015年4月にセガ・インタラクティブが承継)、『デイトナUSA』『バーチャコップ』『バーチャファイター2』『ファイティングバイパーズ』『セガラリーチャンピオンシップ』『電脳戦機バーチャロン』など、MODEL2基板タイトルを中心に移植された。

    日本市場においてサターンは発売日に20万台、発売1か月で50万台、6か月でプレイステーションよりも先に100万台セールスを達成するなど、セガの歴代コンソールとしては最も好調な売り上げを記録。ソフトも『バーチャファイター2』の130万本をはじめ『バーチャファイター』『デイトナUSA』『ファイターズメガミックス』『セガラリーチャンピオンシップ』『サクラ大戦2』『スーパーロボット大戦F 完結編』といった50万本を超えるヒット作を排出した。

    しかしPlayStation陣営が、当時ドラゴンクエストシリーズのエニックスと双璧を成していた、ファイナルファンタジーシリーズを擁するスクウェアのPlayStationの参入と、当時最新作であった『ファイナルファンタジーVII』の開発がスタートしたことを1996年1月に発表。発売の前年から大量のTVCMや広告を投入するといった入念な販売戦略が功を奏したこともあり優位に立たれ、またライバル機の低価格攻勢に対しても十分な対策と成果を上げられないまま、後述のように1998年の次世代機ドリームキャスト発表に至り、それに応じてソフトのリリース数も減少してしまい、夏季商戦以降はサターン市場も縮小していった。

    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3
    1 :2020/11/22(日) 09:28:13.17 ID:VRazTN0B0.net BE:811571704-2BP(2072)


    (出典 img.5ch.net)

    https://www.famitsu.com/news/202011/22209906.html
    セガサターンが発売された日。2D描画に秀でたセガ国内最大のヒットゲーム機で、『バーチャファイター』や『サクラ大戦』などの魅力ある作品を数多く発売【今日は何の日?】

    いまから26年前の1994年(平成6年)11月22日は、セガサターンが発売された日。

    セガサターンは、セガ・エンタープライゼス(当時)から発売された据え置き型ゲーム機。
    セガが発売した6番目の家庭用ゲーム機となるため、太陽系第6惑星の土星にちなんで
    サターンと名付けられている。当時“次世代ゲーム機”と呼ばれていたハードの中で
    先陣を切って発売され、半年後には国内100万台出荷を記録するなど、最高の滑り出しを達成。

    国内販売としてはセガ最大のヒットゲーム機となった。


    (出典 www.famitsu.com)


    32ビットCPUを2基搭載し、64ビット級のマシンパワーを実現。よりハイクオリティーな描写の2D表現はもちろん、
    ポリゴンによる3D表現も可能となった。とくに2Dの描画に関してはアーケード用システム基板同等もしくは
    それ以上のスペックを有していて、ゲームファンのあいだでは「2Dのサターン、3Dのプレステ」などと呼ばれることもあった。

    つづく


    【【ゲーム】『セガサターン』1994年にセガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機!高水準な2D描画機能を備え、「日本市場」では競合した64を抜きセガ史上最も売れたハード!】の続きを読む


    ラストブロンクス -東京番外地-』(ラストブロンクス とうきょうばんがいち)は、1996年にセガがアーケードゲームとして発売した3Dタイプの対戦型格闘ゲームである。 本作は、架空の東京を舞台にストリートギャング同士が繰り広げる抗争を描いたものである。プレイヤーキャラクターは各々が実在する格闘用の武
    25キロバイト (3,997 語) - 2020年11月14日 (土) 11:22



    (出典 pbs.twimg.com)


    『ラストブロンクス -東京番外地-』(ラストブロンクス とうきょうばんがいち)は、1996年にセガがアーケードゲームとして発売した3Dタイプの対戦型格闘ゲームである。

    本作は、架空の東京を舞台にストリートギャング同士が繰り広げる抗争を描いたものである。プレイヤーキャラクターは各々が実在する格闘用の武器を手にしており、これを駆使して闘いを繰り広げる。また、サブタイトルが示す通り、彼らの闘いの場となるステージも東京都内に実在する場所をモデルにしている。開発はセガAM3研が担当。アーケード版のハードウェアは、同社の格闘ゲーム『バーチャファイター2』と同じMODEL2を使用している。


    製品ラインナップ
    アーケードゲーム
    LAST BRONX -東京番外地-(1996年発売)

    セガサターン用ソフト
    LAST BRONX(1997年8月1日発売)
    ストーリーモードにおいて、全キャラクターに最終戦のライバルキャクターとのやりとりと、短いながらもアニメムービーつきのエンディングが入る。
    同梱CDの2枚目は「ラスブロ道場」になっており、ミニキャラクターたちがボイス付きで操作や技、コンボの説明をする。

    Microsoft Windows用ソフト
    LAST BRONX(1998年2月27日発売)

    PlayStation 2用ソフト
    セガエイジス2500シリーズ LAST BRONX -東京番外地-(2006年6月29日発売)

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9_-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%95%AA%E5%A4%96%E5%9C%B0-

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/06/16(火) 22:37:52.269 ID:dQC2qO5i0.net


    (出典 Youtube)


    オープニングクソカッケェ


    【【ゲーム】『ラストブロンクス -東京番外地-』1996年にセガから発売されたアーケード用3Dタイプの対戦型格闘ゲーム!豪華な声優陣、同人誌のネタにされることも多かった作品】の続きを読む


    セガサミーホールディングス > セガグループ > セガ エンタテインメント 株式会社セガ エンタテインメントは、アミューズメント施設(ゲームセンター)などを運営する日本の企業。セガグループの100%子会社であり、セガサミーグループの企業。 本稿では2005年4月から2012年9月までにおける株式会社
    20キロバイト (2,448 語) - 2020年11月5日 (木) 04:53



    (出典 entamu.com)


    セガサミーホールディングスがゲームセンター運営から撤退するとの報道がなされ、大きな波紋を呼んでいる。

    11月4日に発表されたIRリリースによると、主に娯楽施設を運営する連結子会社の株式会社セガエンタテインメント株式の85.1%を、株式会社セガグループから遊技機器関連の株式会社ジェンダへと譲渡。セガエンタテインメントはセガサミーの連結子会社から外れることになるとのこと。

    グループ事業の多くが新型コロナの影響を受けており、市場変化に適応できる組織体制の再構築と固定費を中心としたコストの削減を模索していたというセガサミー。なかでもアミューズメント施設分野は、施設稼働が著しく低下するなど特に大きな打撃を受けており、このことが今回発表された株式譲渡に繋がった模様だ。

    さらに、コロナ禍がなくともゲームセンター経営は年々厳しくなっていたとの見方がある。その要因として挙げられるのが「消費税」の存在だ。今やジュースの自動販売機は120円以上が普通になっているが、ゲームセンターではアーケードゲームを中心に1ゲーム100円が主流のまま。内税としてお店側が負担するしかなく、増税分だけ売上が減っていると言えるだろう。

    中略

    新型コロナの感染拡大によって、今までにない苦境に陥るゲームセンターやアーケードゲーム界隈。50年以上の歴史を持つ大衆文化のひとつが、今回の出来事によって終焉へと本格的に向かってしまわないかと、気を病む方は想像以上に多いようだ。

    記事本文はこちら
    https://www.mag2.com/p/money/982480

    1 記憶たどり。 ★ :2020/11/05(木) 13:47:08.13 ID:GJq1QaCY9.net

    11/4(水) 23:55
    ファミ通.com

    セガがゲームセンター運営の子会社“セガエンタテインメント”を、ジェンダに売却。ゲームセンター事業から撤退へ
    (写真:ファミ通.com)
     2020年11月4日、セガサミーホールディングスは、セガグループが保有する連結小会社“セガ エンタテインメント”の株式の一部(85.1%)を、GENDA(ジェンダ)に譲渡することを発表した。

     セガ エンタテインメントは、ゲームセンターなどのアミューズメント施設を運営するセガグループの子会社。最近では、ゲームセンターに隣接した店舗でたい焼きの販売などを手掛けていた。

    なぜセガは突如、たい焼きを売り始めたのか!? 担当者に聞く、“セガのたい焼き”の秘密
    https://www.famitsu.com/news/201808/10161788.html

     しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、セガ エンタテインメントは店舗を臨時休業するなど、大きな影響を受け大幅な損失を計上。回復傾向にはあり、セガサミーホールディングスとしてもさまざまな選択肢を検討したものの、その過程でアミューズメント施設事業の拡大に強い意欲を持つジェンダに株式譲渡に関する協議を進めてきたという。

     ジェンダは、GENDAはアミューズメント施設へのゲームマシンのレンタル事業や、オンラインクレーンゲーム事業として、オンラインクレーンゲームサイト“LIFTる。”などを運営している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201104-00000008-famitsu-game

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604503342/
    1が建った時刻:2020/11/05(木) 00:22:22.19


    【セガのゲームセンター事業撤退でゲーセン文化が死滅? 80~90s黄金期を懐かしむ声続々 スペハリ、アフターバーナー、バーチャ、千本パンチ、台湾ステップよ永遠に…】の続きを読む


    スペースハリアー』(Space Harrier)は1985年にセガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)が発売したアーケードゲームである。ジャンルは擬似3Dシューティングゲーム。公式略称は『スペハリ』。 開発者は鈴木裕。『ハングオン』に続くセガの体感ゲームシリーズ第2弾。
    82キロバイト (9,401 語) - 2020年9月6日 (日) 05:10



    (出典 i.ytimg.com)


    『スペースハリアー』(Space Harrier)は1985年にセガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)が発売したアーケードゲームである。ジャンルは擬似3Dシューティングゲーム。公式略称は『スペハリ』

    開発者は鈴木裕。『ハングオン』に続くセガの体感ゲームシリーズ第2弾。 可動機構を備えた「ローリングタイプ」と、可動機構の無い「シットダウンタイプ」がある。
    ローリングタイプはプレイヤーが操縦桿を操作をすると、筐体全体が機械仕掛けによりダイナミックに可動する(ローリングタイプの出荷価格は当時166万円)。

    映像的には発色数32,000色による鮮やかな画面や、メインCPUにMC68000を2個、サブCPUにZ80を搭載し巨大なキャラクターを表示できる圧倒的なハードスペックを使い、地平の3D表現・多重スクロール・高速スクロールなどの高いプログラミング技術を導入、ゲームの技術進化を率先して取り入れたものとなっている。
    サウンドはヤマハの音源チップ・YM2203(OPN)を駆使し、PCMによるベース、ドラムスを加えたBGM(作曲は川口博史)を取り入れている。

    アーケード版が登場して以来、多くのパソコンやコンシューマー機器用ソフトとして移植され、アレンジ製作や販売もされている。


    操縦桿で主人公「ハリアー」を操作(航空機と同様、操縦桿を手前に引くと上昇、奥に倒すと下降する)し、発射ボタン(操縦桿に2つ、操縦桿の左右に1つずつあるが、どれも共通)で弾を撃ち、全18ステージで構成される幻想的な異世界で敵や障害物などを破壊したり避けながら突き進む。


    アーケード版
    1991年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われた、ゲーム誌『ゲーメスト』読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』では17位を獲得、同誌では「3Dシューティングの原点ともいえる名作」、「華麗なグラフィックで描かれた、巨大でファンタジックな敵キャラたちが画面狭しと暴れ回る。本当に飛行しているような錯覚にとらわれるスピード感。これぞ名作である」と評し、また可動筐体に関しては「その動きはそれまでのゲームではとても考えられないもので、正直『怖い』というのが第一印象だった。
    事実、ゲームが始まるやいなや、あまりの動きの激しさに筐体を飛び降りた人もいたくらいだ。シートベルトがついたゲームは多分これが最初であろう」とコメントしている。
    1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、『名作・秀作・天才的タイトル』と認定された「ザ・ベストゲーム」に選定され、「当時では最高水準の美麗なグラフィックと、テンポがよく、ヒロイックで気分を盛り上げるBGM。
    そして、なんといってもハリアーの動きに合わせて、レスポンスよく可動するムービング筐体はとても衝撃的で、どこをとっても非の打ち所がないゲームだった」、「画面奥に向かって飛行していくスピード感、巨大な敵キャラを次々と破壊していく爽快感、こちらに向かって猛スピードで飛来してくる敵弾をかわす緊張感と、3Dならではの持ち味を存分に引き出していた」、「3Dシューティングゲームの基礎を作り上げ、その後ポリゴンを使用するまでの3Dシューティングゲームに、確実に影響を与えた作品であることは間違いないだろう」と紹介されている


    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC
    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/08/15(土) 22:34:15 ID:QQ/F5X8pa.net

    スイッチ版も出たし
    PS4版も出るし


    (出典 Youtube)


    【【ゲーム】『スペースハリアー(AC版)』1985年セガ・エンタープライゼスから発売された3Dシューティングゲームの原点ともいえる名作!当時最高水準グラフィックに衝撃的ムービング筐体】の続きを読む


    ワンダーメガ(HWM-5010) メガCD一体型のメガドライブ。MIDI出力、S端子などを備える。CDドライブはトップローディングだが、開閉は電動式。1992年4月24日発売。価格:79,800円。 マルチメガ メガCD一体型のメガドライブ。国内では未発売。海外では1994年発売。 メガジェット
    66キロバイト (8,437 語) - 2020年7月5日 (日) 12:49



    (出典 www.sankei.com)


    メガドライブ (MEGA DRIVE) は、セガ・エンタープライゼスが1988年10月29日に日本で発売した16ビットの家庭用ゲーム機である。

    概要
    メガドライブは、セガ・マークIIIおよびマスターシステムの後継機として企画された家庭用ゲーム機。日本では任天堂のスーパーファミコンやNEC HEのPCエンジンと競合していた。
    世界市場や北米市場では任天堂のSNESと互角の戦いを繰り広げ、更にAtari Jaguarや3DOとも競合した。欧州市場ではAmiga CD32などと熾烈なシェア競争を繰り広げた。
    メガドライブの名称の由来は、当時使っていた容量1Mビットのカートリッジをドライブするというものであった。
    発売時のキャッチコピーは「時代が求めた16ビット」「VISUAL SHOCK! SPEED SHOCK! SOUND SHOCK!」。
    このゲーム機には用途別に2つのCPUが搭載されている。

    レッドブル・ミュージックアカデミーが配信した日本のゲーム音楽に焦点を当てたドキュメンタリー『ディギン イン ザ カーツ』 (DIGGIN' IN THE CARTS) のエピソード4「クール・キッズ」で『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』をはじめとしたメガドライブやセガのゲームミュージックを特集しており、古代祐三などにインタビューが行われている。

    アメリカのスミソニアン美術館で開催された「The Art of Video Games」展では『Sonic CD』『Phantasy Star 千年紀の終わりに』などが展示された。アメリカの Strong National Museum of Play がゲーム業界や大衆文化・社会に影響を与えたゲームの認知向上を目的にした「World Video Game Hall of Fame(ビデオゲームの殿堂)」の第2回目では日本から『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』他2作品(『ゼルダの伝説』、『スペースインベーダー』)が選出された


    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96
    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/10/29(木) 17:44:03.11 ID:CAP_USER9.net

    2020-10-29 08:00:00

    ゲーム史に名を残す数々のゲーム機の中から今日発売されたゲームハードを紹介!




    10月29日のゲームハードピックアップ!

    祝32周年 1988年 10月29日発売
    セガ
    メガドライブ

    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)




    本日はこちら『メガドライブ』が発売32周年を迎えました!
    セガがセガ・マークIII及びマスターシステムの後継機として開発した16bitゲームハード。発売時のキャッチコピーは「時代が求めた16ビット」。ローンチタイトルは『スペースハリアーII』『スーパーサンダーブレード』の2本。非常に高い拡張性を備えており、後に発売されていく周辺機器を接続していくことで、通称「メガドラタワー」と呼ばれる形態まで拡張することができます。

    また、2019年9月19日には「メガドライブミニ」が発売されています。

    https://gamedrive.jp/news/1600346605


    【【ゲーム】『メガドライブ』1988年セガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機!キャッチコピーは「時代が求めた16ビット」海外ではスーファミ売上を凌ぐエリアも】の続きを読む

    このページのトップヘ