ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:ストリートファイター






    1 muffin ★ :[ここ壊れてます] .net
    https://ranking.goo.ne.jp/column/8261/
    2022年08月30日

    セガが1994年11月22日に発売した家庭用ゲーム機「セガサターン」。32ビットのCPUを2機搭載し、従来のゲーム機では不可能だった映像表現を可能にした“次世代ゲーム機”として、数々の名作ゲームを世に送り出しました。
    そこで今回は、セガサターン史上最高傑作だと思うゲームはどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    1位 サクラ大戦
    2位 ストリートファイターZERO
    3位 バーチャファイター2
    4位 ときめきメモリアル~forever with you~
    5位 新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impression

    6位 バーチャファイター
    7位 機動戦士ガンダム ギレンの野望
    7位 サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~
    9位 機動戦士ガンダム外伝I 戦慄のブルー
    10位 スーパーロボット大戦F

    11位 野々村病院の人々
    12位 ストリートファイターZERO2
    13位 ガーディアンヒーローズ
    13位 セガラリー・チャンピオンシップ
    15位 街 ~運命の交差点~

    15位 下級生
    17位 真・女神転生 デビルサマナー
    18位 魔法騎士レイアース
    19位 この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
    20位 ガングリフォン ~ザ ユーラシアンコンフリクト~

    1位は『サクラ大戦』

    1996年にセガサターンオリジナルソフトとして発売された。架空の「太正時代」を舞台に帝都・東京を守る秘密組織「帝国華撃団」の活躍を描き、アニメーション演出や独自のゲームシステムで人気となった。広井王子やあかほりさとる、藤島康介など、各界の人気クリエーターが参加して発売当時話題となったアドベンチャーゲーム。


    (出典 i.imgur.com)

    【【ゲーム】『セガサターン』史上最高傑作だと思う作品ランキング 3位「バーチャファイター2」、2位「ストリートファイターZERO」1位は?】の続きを読む


    ストリーはいらなかったから」だとしている。『II』の劇場アニメ化の際にも「ストリーに凝るなら、それより『ストリートファイト』という表現をしてほしい。なぜならストIIの登場キャラクターの接点は『ストリートファイト』というもののみだから」と説明している。 『ストリートファイターII' TURBO』(以下『II'
    163キロバイト (24,551 語) - 2022年4月13日 (水) 11:57
    カプコンは5月11日、2022年3月期(2021年4月1日~2022年3月31日)の連結業績を発表。このなかで同社は、米国の連結子会社であるカプコンU.S.A.が運営する事業の一部を、2021年4月1日に譲り受けていたことを報告した。明確に言及はされていないが、『ストリートファイター』シリーズの権利を、日本で管理するかたちに変更したものと考えられる。

    『ストリートファイター』シリーズは日本で生まれた作品だが、ある時からその知的財産権がカプコンU.S.A.に移されたものとされている。カプコンから正式に発表されてはいないようだが、同シリーズのキャラクターデザイナーを務めた“あきまん”こと安田朗氏が2004年11月に、「カプコンはストリートファイターの権利をカプコンU.S.Aに売っちゃったらしいから、これから画集とかだすのも難しくなるね」と自身のブログにコメントしたことで、ファンのあいだに広く知れ渡った(現在は削除済み・アーカイブ)。実際、多くのシリーズ作品では「©CAPCOM U.S.A., INC.」との権利表記が確認できる。

    今回カプコンは決算短信にて、先述したカプコンU.S.A.からの事業譲渡について報告した。譲り受けた事業の内容としては、「カプコンU.S.A.,INC.のゲームコンテンツ事業と商品化権事業」と記載。金銭を対価として譲受されたそうだが、金額は明かされていない。

    カプコンは、上述の両事業を日本の同社に集約し、一元的なコンテンツ管理体制を構築することを目的にしたものだとコメント。また、同社の“ワンコンテンツ・マルチユース戦略”の一層の展開を図り、さらなる収益拡大とブランド価値向上の実現を目指していくとした。

    カプコンU.S.A.がゲームコンテンツ事業と商品化権事業を手放したという点や、カプコンが一元的なコンテンツ管理体制の構築をおこなうとしている点から、今回の事業譲渡には『ストリートファイター』シリーズの権利も含まれる可能性がありそうだ。もちろん明言されたわけではないため断定はできない。

    ただ、『ストリートファイターV』向けトレイラーに記された権利表記を確認してみると、最初の発表時からずっと「©CAPCOM U.S.A., INC.」とされていたが、2021年8月に公開された「オロVSあきら スペシャルマッチトレーラー」を境に「©CAPCOM CO., LTD(日本カプコン)」に変更されている。また最新作である『ストリートファイター6』の権利表記も「©CAPCOM CO., LTD」となっている。このことから、昨年4月をもって『ストリートファイター』シリーズの権利も日本に戻されたという見方は妥当だろう。これまで海外主導でおこなわれることもあった同シリーズの関連ゲームやコンテンツは、今後は日本主導で展開されていくことになりそうだ。

    記事本文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220512-202148/

    【【ゲーム】カプコン、カプコンUSAのゲームコンテンツ事業などを譲受。ストリートファイターシリーズの関連ゲームやコンテンツは、今後は日本主導で展開されていくことになりそう】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2022/05/11(水) 01:04:38.81

    ももち浜調剤薬局は、
    「ストリートファイター」シリーズのキャラクター
    「春麗」が表紙となった「おくすり手帳」を配布している。

    (出典 i.imgur.com)



    配布されているのは、
    イラストレーターのあきまん氏が描き下ろした
    春麗が表紙となったおくすり手帳。

    福岡のももち浜調剤薬局、
    ちるだ薬局、星風薬局にて配布されているもので、
    店頭に処方箋を持参して薬が調剤される際、
    希望すれば無料で受け取ることができる。

    扱いは一般のおくすり手帳と同じとなり、
    販売や処方箋送付による受付は行なっていない。

    ももち浜調剤薬局によれば、
    「春麗」のおくすり手帳は、
    コロナ禍において世の中を支えている20~50代の人たちを
    少しでも元気づけるため制作したものという。

    薬局側があきまん氏に直接依頼し、
    その後カプコンの正式ライセンスを受けて実現に至った。
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1407590.html


    【【ゲーム】ストリートファイターシリーズ『春麗(チュンリー)』が表紙の『おくすり手帳』を、ももち薬局で配布中!カプコンの正式ライセンスを受けて実現】の続きを読む


    ストリートファイターII』(ストリートファイターツー、Street Fighter II)は、カプコン制作の対戦型格闘ゲームで、『ストリートファイター』の正統続編。通称『ストII』(ストツー)。1991年にアーケードゲームとして登場し、爆発的ヒットを記録した。本作では、攻撃の強弱を別ボタンに分け
    153キロバイト (22,869 語) - 2021年6月8日 (火) 12:50



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2021/06/10(木) 07:14:43.01

     カプコンの『ストリートファイター』シリーズといえば、2021年現在も最新作『ストリートファイターV チャンピオンエディション』(PlayStation4/PC)が高い人気を博している格闘ゲームの金字塔。eスポーツの競技タイトルとして盛り上がりを見せているのをご存知の方も多いかもしれません。

     そんな『ストリートファイター』シリーズですが、知ってのとおり圧倒的な人気を獲得したのは『ストリートファイターII』(以下、『ストII』)から。前作に当たるアーケードゲーム『ストリートファイター』を大幅に改良、ボタンを押す力加減で変化をつけていた攻撃の強弱を、弱中強のパンチとキックの6ボタンに割り振るなど、今日の格闘ゲームのフォーマットを築いた作品と言えるでしょう。

     もともとは1991年にアーケードゲームとして登場した『ストII』。もちろんゲームセンターではたちまち大人気になります。……が、個人的には現在まで続く人気シリーズになるほどの勢いをつけたのは、ちょうど29年前の今日、1992年6月10日に発売されたスーパーファミコン版『ストII』があったおかげだと思っています。

     当時ゲームセンターで稼働していた『ストII』は、ある程度お金を自由に使える世代のものでした。わずかなお小遣いもムダにできない子どもにとっては、1回プレイするのも勇気がいるもの。やっと空いている台を見つけてCPU相手に技の練習をしようとすると、「Here Comes A New Challenger!」の非情(?)なメッセージが……。

     容赦なく乱入してくる見知らぬプレイヤーとの対戦が始まり、まだ操作に不慣れな自分はボッコボコにされたものです。そしてまともに技の練習もできないまま、上級者のプレイを指をくわえて眺める日々が続くのでした……。

     そんな悲しい日々に終わりをもたらしてくれたのが、前述のSFC版『ストII』です。だってカセット代の数千数百円を払えば、念願だった技の練習や対戦プレイがやりたい放題。いっそスーパーファミコンの本体ごと購入したところで、ゲームセンターでのプレイ料金を考えれば余裕で元を取る自信がありました。

     当時はアーケードゲームを家庭用ゲーム機に移植するのはなかなか大変で、たとえアーケード版が人気でも、移植版になったとたんに極端にクオリティが下がるゲームも多かった時代です。

     しかし、SFC版『ストII』は本家カプコンが開発を行い、アーケード版の面白さをかなり忠実に再現。もちろんハード性能に劣るSFC用のソフトなので、一部簡略化された部分もありましたが、裏技で同キャラ対戦が可能になるなど、アーケード版を上回る楽しさがあったのもまた事実。まさに買って損なしの超名作でした!

    ■念願の『ストII』ライフでぶちあたった壁!
     そんなこんなでSFC版を手に入れたら、いよいよ夢の『ストII』ライフの幕開けです。

     しかし、それは予想以上に苦難の連続でした。まず、ぶつかったのが「昇龍拳が出せない」という事実。現在ではありふれたコマンドとなった「昇龍拳コマンド」ですが、SFC版発売当時はザンギエフのスクリューパイルドライバーとともに高難度技の代名詞でした。狙ったタイミングで技を出せる人は、それだけで称賛されたものです。

     こうした必殺技をきっちりと出せるように何度も何度も練習を繰り返すわけですが、SFCのコントローラの十字ボタンはわりとしっかりした作りになっているため、力を込めて押すとそのうち指が痛くなってきます。

     それでも昇龍拳は出ません。大きなカブはまだまだ抜けません的に、練習はまだまだ続きます。うんとこしょ、どっこいしょ。左手の親指の腹は赤くなり、じんじんと痛むようになってきます。私は右利きなのですが、左利きの人はとても大変な日々だったのではないでしょうか。

     実際、私と同様に『ストII』にハマっていた友人もこの指の痛みを経験していたようで、私は最終的に指の皮がちょっとむけて、一段階分厚い皮が再生しました。まさにエボリューション!

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/405e9533d318d5983d4f0c1c44970ff58596fb74

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【ゲーム】SFC版『ストリートファイターII』29周年!ブームはスーファミ版発売で加速?負傷しながらも昇龍拳を練習した、忘れられぬ日々】の続きを読む


    ストリートファイター (Street Fighter) は、ストリートファイトをする人。 The Street Fighter - 千葉真一主演・小沢茂弘監督による1974年公開の日本映画『激突! 殺人拳』が、欧米で上映された時のタイトル。 ストリートファイター (1975年の映画) -
    4キロバイト (399 語) - 2021年2月21日 (日) 18:38



    (出典 mtg60.com)



    1 muffin ★ :2021/04/09(金) 16:19:11.51 ID:CAP_USER9.net

    https://news.denfaminicogamer.jp/news/210409d

    とある中学校向けの英語教科書に、『ストリートファイター』シリーズのキャラクターが登場していることがTwitterで話題となっている。
     紹介したのはTwitterユーザーの𝙍𝙪𝙣𝙤氏。英語の教科書に載るという大変光栄なことと、0フレでキャラクターの使用を許可したことを『ストリートファイター』公式Twitterアカウントも認めている。

    『ストリートファイター』からリュウ、チュンリー、さくらが登場している教科書は、三省堂の発行する中学校向けの英語教科書『NEW CROWN』令和3年度改訂版のようだ。キャラクターデザインは箕星太朗氏。氏はコナミで、ミノ☆タロー名義で『ラブプラス』シリーズのキャラクターデザインなどを手がけたことで有名。独立後は箕星太朗名義で活動し、『LoveR』のキャラクターデザインやイラストレーションなどを担当した。

    このページでは、教科書に登場する「ジン」という中国出身のキャラクターが、フランスのジャパンエキスポに参加したという内容。日本のポップカルチャーのイベントで、ミュージシャンのライブイベントやアーティストらのディスカッション、そして多くの人々が大好きなキャラクターのコスチュームを着て楽しんでいることを紹介している。

    箕星太朗氏はこのイラストについて、格闘キャラのコスプレというオーダーを受け、世界一有名なキャラクターを出したいとカプコンに協力を申し入れたという。結果は前述の通り0フレでOKをもらい、めでたく教科書に載ることとなった。氏は「学生の皆さんの英語の勉強が楽しくなれば嬉しいです!」とコメントしている。リュウの腕が細いというツッコミが入っているが、コスプレというオーダーを忠実に守った結果であることをTwitterで伝えている。

     『ストリートファイター』シリーズのキャラクターデザインを務めたあきまん氏も「教科書のるの夢だった」と、氏のデザインしたキャラクターが教科書に載ることについて喜びのコメントを寄せている。


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    【中学の英語教科書に『ストリートファイター』のキャラ掲載され話題 カプコンも「0フレで」使用許可出すほど大喜び!】の続きを読む

    このページのトップヘ