ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:スクウェア


    た各機種版の詳細については、本項の副節#移植版を参照)。 続編にあたる『クロノクロス』については、リンク先の記載を参照。2019年時点で『クロノ』シリーズ(トリガークロス)の累計出荷数が550万本以上を達成。 主人公クロノは、千年祭が開催された街で出会ったマール、幼馴染みのルッカと共に、偶然の
    93キロバイト (13,065 語) - 2022年3月9日 (水) 11:45

    1 (シンガポール) [IT] :2022/03/15(火) 19:58:03.09


     スクウェア・エニックスは公式YouTubeチャンネルにて3月9日、配信中のRPG『クロノ・トリガー』のPC(Steam)/iOS/Android版について、2022年3月11日にアップデートを実施すると発表した。

    《トップ画像》

    (出典 ascii.jp)


    ■『クロノ・トリガー』最新アップデート情報

    《PC版(STEAM®)・スマートフォン版『クロノ・トリガー』最新アップデート情報》


    (出典 Youtube)



     動画で紹介されたアップデート内容は、下記の通り。

    ・最大21:9サイズまで全画面表示対応
    ・操作性の向上
    ・オートバトルを1.5倍速に
    ・セー*ロットを20個に増加
    ・おまけモードをスマートフォン版にも追加

     これを機に、不朽の名作と謳われる本作をプレイしてみてはいかがだろうか。

    《スクリーンショット》

    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    ■各配信サイト

    ・Steamストア
    https://store.steampowered.com/app/613830/_/
    ・App Store
    https://apps.apple.com/jp/app/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8E-%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E7%89%88/id479428095
    ・Google Playはこちら
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.square_enix.android_googleplay.chrono&hl=ja&gl=JP

    【ゲーム情報】

    タイトル:クロノ・トリガー
    ジャンル:RPG
    配信:スクウェア・エニックス
    プラットフォーム:PC(Steam)/iOS/Android
    配信日:配信中
    価格:
     Steam版:1980円
     iOS/Android版:1220円
    CERO:A(全年齢対象)

    © 1995, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
    Illustration: © 1995 BIRD STUDIO / SHUEISHA
    Story and Screenplay: © 1995, 2008 ARMOR PROJECT / SQUARE ENIX

    Steam/スマホ版『クロノ・トリガー』がアップデート!「21:9」までの全画面表示に対応
    https://ascii.jp/elem/000/004/085/4085695/
    2022年03月09日 20時40分 Zenon/ASCII


    【【ゲーム】Steam&スマホ版『クロノ・トリガー』 3月11日に実施された最新アップデートで、21:9全画面表示対応や操作性向上、バトルスピード調整など】の続きを読む


    クロノクロス』(英: Chrono Cross)は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)によって1999年11月18日に発売された日本のPlayStation用ロールプレイングゲーム。『クロノ・トリガー』の続編にあたる。キャッチコピーは「殺された未来が、復讐に来る」。キャッチフレーズは「199
    264キロバイト (44,526 語) - 2022年2月10日 (木) 06:57


    スクウェア・エニックスは2月10日、1999年に発売した「クロノ・クロス」のリマスター版となる「クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズエディション(CHRONO CROSS: THE RADICAL DREAMERS EDITION)」を、4月7日にダウンロード専用ソフトとして発売すると発表。対応機種はNintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One/Steam(※Steam版の発売日は4月8日予定)で、価格は各3520円(税込)。

     本作では3DモデルのHD化や新規イラストの追加、さまざまな便利機能の追加などが施され、BGMのほとんどもリファインにより音質が向上した「クロノ・クロス」のリマスター版となるタイトル。

     また、シナリオの原型となった「ラジカル・ドリーマーズ-盗めない宝石-」も収録。1996年のサテラビュー専用配信タイトルで、今までプレイ困難だったもの。セルジュ、キッド、ギルの3人組の盗賊「ラジカル・ドリーマーズ」が繰り広げる、パラレルワールドでのもうひとつの冒険物語が、サウンドノベル形式で語られる内容。全てで7つシナリオが用意され、加藤正人氏による脚本のメインシナリオ「Kid 盗めない宝石編」は、「クロノ・トリガー」から繋がり、「クロノ・クロス」の原型となったシナリオとなっている。

     なお、PlayStation Storeの購入特典としてPS4用テーマ「CHRONO CROSS テーマ」、Steamの購入特典として「CHRONO CROSS 壁紙」が用意されいている。それぞれ結城信輝氏による本作のキービジュアルを活用したもの。PS4用テーマについて、BGMには、クロノ・クロス20周年ライブの限定版BDにのみ収録された、光田康典氏監修のギターアレンジ楽曲「RADICAL DREAMERS ~盗めない宝石~」を使用している。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec0d37f12b57e4b8004af473c484bb3a9b7cacf8

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/02/10(木) 08:30:40.93

    2022.02.10 07:20 更新

     任天堂の新作情報番組“Nintendo Direct 2022.2.10”(ニンテンドーダイレクト)にて、『クロノ・クロス』のリマスター版『クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション』が2022年4月7日に発売されることが発表された。
    対応機種はNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One、PC(Steam)。

     『クロノ・クロス』は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1999年に発売されたプレイステーション用RPGで、1995年に発売されたRPG『クロノ・トリガー』の流れを汲む作品。
    パラレルワールドとなるふたつの世界を冒険するシナリオ、“クロス・シーケンス・バトル”と呼ばれるスタミナを管理しながら戦うバトルシステム、40人以上ものキャラクターが仲間になるなどの特徴がある。

     リマスター版では、さまざまな新機能が収録されるほか、1996年にサテラビューで配信され、2022年現在まで一度も移植されなかったノベルゲーム『ラジカル・ドリマーズ -盗めない宝石-』も収録。
    加藤正人氏による脚本のメインシナリオ“Kid 盗めない宝石編”は『クロノ・クロス』の原型となったシナリオで、『クロノ・クロス』本編ではとあるイベントにてその名残を感じることができた。

    【判明している新要素】

    ・3DモデルのHD化
    ・キャラクターイラストがリファイン
    ・エンカウントOFF機能を搭載
    ・BGMをリファイン

    クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション [Nintendo Direct 2022.2.10]

    (出典 Youtube)


    https://www.famitsu.com/news/202202/10250825.html


    【【ゲーム】1999年に発売の『クロノクロス』リマスター版が4月7日に発売。サテラビュー『ラジカルドリーマーズ』も収録】の続きを読む


    2022年夏期に初のHDフルリメイクとなるNintendo Switch用ソフト『フロントミッションファースト:リメイク』が発売予定。 ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」において、スーパーファミコン版とワンダースワンカラー版はシルバー殿堂を獲得した。 インターミッション ゲームは街や基地→目的地への移動→出撃、の流れで
    27キロバイト (2,695 語) - 2022年2月10日 (木) 08:19


     任天堂は、Nintendo Switch用シミュレーションゲーム「FRONT MISSION 1St」を2022年夏に発売する。また、Nintendo Switch用シミュレーションゲーム「FRONT MISSION 2」も発売決定している。

     これらの情報は本日2月10日に配信された番組「Nintendo Direct 2022.2.10」にて明かされたもの。「FRONT MISSION 1St」、「FRONT MISSION 2」はリメイク作品となっており、美麗なグラフィックで蘇った姿が確認できた。

    記事本文はこちら
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1387401.html

    1 名無しさん必死だな :2022/02/10(木) 07:03:52.65

    きたか


    【【ゲーム】「フロントミッション」リメイク『FRONT MISSION 1St』2022年夏発売決定!】の続きを読む


    ライブ・ア・ライブ (LIVE A LIVEからのリダイレクト)
    『ライブ・ア・ライブ』(LIVE A LIVE)は、1994年9月2日に日本のスクウェアから発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 7人の主人公が7つの設定された舞台の中で目的を達成する事を目指す作品であり、シナリオはオムニバス形式で展開される。最終編にて全ての主人公が一同に会し、行動を共にする事を特徴としている。
    117キロバイト (17,535 語) - 2022年2月10日 (木) 07:12


    2022年2月10日午前7時から配信された、任天堂の新作情報番組“Nintendo Direct 2022.2.10”(ニンテンドーダイレクト)。本イベントにて、1994年にスクウェア(当時)から発売されたRPG『ライブアライブ』がリメイクされ、Nintendo Switch向けに発売となることが発表された。

    『オクトパストラベラー』などで採用された、ドットとCGを融合した映像表現“HD-2D”を使用し、美麗な背景と独特の空気感が表現されている。

    記事本文はこちら
    https://www.famitsu.com/news/202202/10250822.html

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/02/10(木) 08:28:36.779 ID:IY5XjUdT0.net

    『LIVE A LIVE』(ライブ・ア・ライブ)が『オクトパストラベラー』のHD-2Dでリメイク決定!

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】1994年に発売された『ライブアライブ』リメイク版がSwitchで7月22日発売決定! 伝説的RPGがHD-2Dで待望の復活】の続きを読む


     『IV』に続いてスーパーファミコンで発売された『V』。『III』のジョブシステムを進化させたような“アビリティシステム”が特徴でした。これはジョブが固有のアビリティを覚えるというもので、覚えたアビリティはほかのジョブのときでもセットして使用することができました。

     戦闘を重ねて新しいアビリティを習得したり、ジョブとアビリティの組み合わせを考えるのが楽しかったですね。自分は当時、小学生でしたが、このアビリティシステムがおもしろすぎてエグいぐらいの時間プレイしました。全キャラクターをレベルマックス、ジョブも全マスターしましたが、代わりに入っていた地元のサッカークラブの練習をサボりすぎてレギュラーは外されました。でも後悔はしていません(笑)。

    アビリティでは忍者の“にとうりゅう”と狩人の“みだれうち”を組み合わせが強いことがわかったときなどは、すごくうれしかったですね。「俺は天才かもしれない」と。あの8回攻撃が爽快だった……。

     ただ、侍の“ぜになげ”が強いことが分かってからは、そればかり使ってボスを倒していました。いまだったら自重して自分でゲームバランスを調整してプレイするかもしれませんが、当時は子どもだったので気にせず“ぜになげ”でラクラクにクリアーしていました(笑)。

     物理攻撃で攻撃すると“リターン”の魔法で戦闘開始時に戻される“すべてをしるもの”など印象的なボスもたくさん登場しますが、なかでも印象的だったのはラスボスよりも強い“オメガ”と“しんりゅう”。

     どうやって倒そうか迷っていたときに、たまたま読んだジャンプの『こち亀』で署長が両さんにオメガの倒しかたを聞いていて、詳細に説明されていたことにビックリした記憶があります。攻略本などではなく、『こち亀』で攻略法を知ることになるとは……。

    ストーリーはクリスタルが破壊されたことにより甦った暗黒魔道士・エクスデスを倒すため、主人公のバッツたちが旅をするストーリー。バッツが親しみやすい性格ということもあり、愛憎渦巻く『IV』や世界が崩壊する『VI』に比べて明るい雰囲気になっていました。

     最初に旅をする第1世界とエクスデスのいる第2世界、ふたつの世界が混じり合った第3世界があり、それぞれフィールドのBGMが違うのも印象的でした。

    また、全体的には明るい雰囲気ですが、物語の途中にはパーティキャラクターのひとりが壮絶な死を遂げる展開も。仲間や孫を守るために、ひとりでエクスデスに挑む姿は胸を打つものがありました。

    記事本文はこちら
    https://www.famitsu.com/news/202112/06242996.html

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/12/06(月) 09:25:36.290

    お前ら29年前何してた?


    【【ゲーム】29年前の今日『FF5』が発売された日。ジョブとアビリティの組み合わせを考えるのが楽しすぎた! 明るい世界観ながら、悲しい仲間との別れも心に残る1作】の続きを読む

    このページのトップヘ