ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:コロプラ


    株式会社コロプラ(英: COLOPL,Inc.)は、オンラインゲームの開発・運営を行う企業である。 2003年、創業者の馬場功淳がKLabに勤務の傍ら、個人的な副業として始めた位置ゲー「コロニーな生活」が発祥である。ゲームが人気化したことにより独立し、2008年にコロプラを法人化した。 「コロ
    19キロバイト (1,990 語) - 2021年8月4日 (水) 14:47



    1 名無しさん必死だな :2021/08/12(木) 14:33:20.02

    任天堂とコロプラの特許権侵害訴訟が和解で決着:和解金33億円は安いのか
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20210812-00252868

    特許訴訟の損害賠償金額が高額になりがちなのは米国だけの動向であり、
    仮に、この訴訟が最後まで行って33億円が賠償金額として確定していたならば、
    【特許権侵訴訟における損害賠償金額としては、英ビーチャム社によるH2ブロッカー特許訴訟の30億円を超えて、
    おそらく、日本での最高金額の事例になっていたでしょう】

    特に、化学・製薬の分野と比較して情報通信技術系の特許では侵害や高額の損害賠償金が認められにくいことも考えると、これはすごいことです。
    ネットでは「任天堂法務部最強伝説」という半分ネタ的なミームがありますが、少なくともこれらの特許についてはリアルで「最強」と言うしかないと思います。


    【【ゲーム】大学教授「コロプラ訴訟は、任天堂が最強であった。過去最高額の特許侵害訴訟になりえた」】の続きを読む


    白猫プロジェクト』(しろねこプロジェクト)は、株式会社コロプラから配信されているAndroid・iOS用ゲームアプリ。略称は『白猫』『白猫PJ』など。基本プレイ無料で、アイテム課金が存在する。 2014年7月14日にAndroid版が、同月25日にiOS版が配信開始され、2014年11月27日にはAmazon
    87キロバイト (12,042 語) - 2021年8月4日 (水) 06:39



    1 名無し募集中。。。 :2021/08/04(水) 16:46:08.79

    コロプラは8月4日、同社のスマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」を巡る特許権侵害訴訟について、任天堂と和解したと発表した。
    コロプラは今後、特許の利用にかかるライセンス使用料を含めた和解金33億円を任天堂に支払う。

    任天堂は和解金を受け取ったのち訴訟を取り下げるとしている。和解金には今後のライセンス料も含まれる。和解金以外の条件については「秘密保持義務により公表できない」という。

    訴訟が始まったのは2018年。任天堂は「タッチパネル上でジョイスティック操作を行う際に使用される特許技術」など
    5件が侵害されたとして、「白猫プロジェクト」の配信差し止めと、約44億円の賠償を求めて東京地裁に提訴した。
    21年2月には訴訟提起後の時間経過を理由として賠償額を49億5000万円に、4月には同様の理由で金額を96億9900万円に引き上げていた。
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/04/news128.html


    【【ゲーム】任天堂とコロプラが和解。 任天堂が特許侵害として「賠償金97億円」と「白猫プロジェクト停止」を求めていた裁判でコロプラが和解金33億円を支払い決着】の続きを読む


    株式会社コロプラ (英: COLOPL, Inc.) は、オンラインゲームの開発・運営を行う企業である。 2003年、創業者の馬場功淳がKLabに勤務の傍ら、個人的な副業として始めた位置ゲー「コロニーな生活」が発祥である。ゲームが人気化したことにより独立し、2008年にコロプラを法人化した。 「コロ
    17キロバイト (1,844 語) - 2021年4月23日 (金) 08:54



    (出典 www.mag2.com)


    コロプラの人気スマホ用ゲーム『白猫プロジェクト』を巡り、特許権の侵害があったとして、任天堂がゲームの差止めと損害賠償を求めていた裁判。これまで49億5,000万円としていた損害賠償額を、任天堂が96億9900万円に引き上げたとコロプラが発表し、大きな波紋を呼んでいる。

    両社の間で取沙汰されているのは、『白猫プロジェクト』に実装されている「ぷにコン」と呼ばれるバーチャルパッドで、これに任天堂が有する技術が多く用いられているという。

    損害賠償額を変更した理由は「訴訟の提起後の時間経過」だといい、4月13日付で任天堂から提出があったとのこと。損害賠償の96億9,900万円のほかに、遅延損害金も請求するという。ちなみにこの損害賠償額だが、今年2月にも44億円から49億5000万円への増額があったばかりで、その際も「訴訟の提起後の時間経過」が請求額引き上げの理由としていた。

    ゲームファンの間で広がる「任天堂支持」
    任天堂による大幅な請求額の引き上げに驚きの声があがった今回の件だが、ネット上の反応を見ると任天堂への好意的な意見が多く、コロプラに対しては批判の声が多数あがる状況。それらの声を総合すると、それが真実かどうかは定かではないが「任天堂がゲーム業界発展のために公開していた技術を、コロプラが利用して自社技術として特許申請した」という認識で共通しているようだ。

    そもそもゲーム業界における特許は、各社間の「仁義」によってバランスが保たれていたという指摘がある。ゲーム作りに関する様々な技術やアイデアを、各ゲーム会社がどんどんと特許出願していく流れがあるいっぽうで、仮に他社がそれを侵害した際には、自社も過去や未来に他社の特許を侵したかもしれない……という「お互い様」の価値観が共有されていたという。それゆえに、会社間の訴訟合戦の発生といったものが抑制され、各社による自由な開発が活発に行われていたのだ。

    ただ、そういった「仁義」や「お互い様」といった価値観が、それこそアーケードゲーム全盛期といった古い時代からの企業間では培われたいっぽうで、2003年創業とゲーム業界では新興の部類に入るコロプラに、そのような価値観は皆無だったようだ。その最たる例として、ネット上で大いに取沙汰されているのが、コロプラがVR関係の特許を大量に取得し、その権利を主張していることで、VR業界の発展を阻害しているという話。ネット上では「特許ゴロ」「ゲーム業界の敵」といった厳しい言葉で、コロプラを非難する声もあがる。

    今の経営感覚なら、コロプラのそういった知財戦略も理解できるところで、特許などの問題に関して各社が鷹揚だったという話のほうが、むしろ前時代的なものだと断じられるのかもしれない。ただ、そういう風土がゲーム文化の発展に大いに繋がったとの見方は根強く、それによりこの件に関しては「任天堂支持」がゲームファンの間で広がる理由となっているようだ。


    記事本文はこちら
    https://www.mag2.com/p/money/1044837

    【【ゲーム】コロプラはゲーム業界の敵?任天堂の賠償請求“倍プッシュ”に喝采のゲーマーたち。コロプラ株急落で「弱らせて買収」との憶測も】の続きを読む

    このページのトップヘ