ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:コナミ


    (欧米:Castlevania: Lords of Shadow 2) 2014年9月4日 PlayStation 3、Xbox 360 (開発:MercurySteam) 悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls (欧米:Castlevania: Grimoire of Souls)
    69キロバイト (8,945 語) - 2021年8月14日 (土) 12:22



    1 名無しさん必死だな :2021/08/16(月) 15:33:34.97 ID:2qfEK8Yu0.net

     株式会社コナミデジタルエンタテインメントは8月16日、『悪魔城ドラキュラ』シリーズの最新作『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』をゲームのサ*クリプションサービスApple Arcadeにて独占配信することを発表した。配信時期は近日中とされている。Apple Arcadeは1か月の無料トライアルの後、月額600円(税込)のプランで利用できる。

     『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』は1986年にファミリーコンピュータ ディスクシステム向けに発売した『悪魔城ドラキュラ』を原作とする作品。

     本作は、プレイヤーが「アルカード」や「シモン」などシリーズ歴代のキャラクターを操作し、各キャラクター特有のスキルや、バトルスタイルを駆使して戦う横スクロールアクションゲームとなっている。

     本作のキャラクターデザインは『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』などを手掛ける小島文美氏が担当。また、本作の音楽も、『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』を初めとした過去の『悪魔城ドラキュラ』シリーズを手掛けた山根ミチル氏が担当する。

     くわえて、本作では60以上のステージやさまざまな装備、デイリーミッションなど、豊富なゲーム内コンテンツが要意されている。


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    https://news.denfaminicogamer.jp/news/210816c


    【【ゲーム】コナミ、シリーズ最新作『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』がApple Arcadeで本日9月17日より配信スタート!広告や追加の課金無し】の続きを読む


    BitSummit(ビットサミット)は、インディーゲームのイベント。開発者による作品展示や講演などが「みやこめっせ」(京都市勧業館)を会場に行われる。2013年、キュー・ゲームスに在籍していたジェームズ・ミルキーが発起人となり、「国内のおもしろいインディーゲームを海外に向けて発信していく」との考えから初回を開催したことに始まる。
    5キロバイト (224 語) - 2021年9月1日 (水) 09:19



    1 名無しさん必死だな :2021/09/02(木) 14:25:32.82

    コナミと集英社による「アクション&シューティング ゲームコンテスト」開催決定。『がんばれゴエモン』『グラディウス』など過去IPがテーマに?
    https://news.denfaminicogamer.jp/news/210902k/amp

    集英社は、ゲームイベント「BitSummit THE 8th BIT」にて、「集英社ゲームクリエイターズCAMP」の第3弾を、KONAMIと共同で「アクション&シューティング ゲームコンテスト」として開催すると発表した。


     スライドには「コンテスト対象タイトル」と記述されており、『グラディウス』のビックバイパー、『がんばれゴエモン』のゴエモン、『イー・アル・カンフー』のリー・ウーロン、ハドソンが発売した『スターソルジャー』のシーザーらしきシルエットの姿が確認できる。


    【【ゲーム】コナミ、過去IPをコンテスト形式で製作か?「アクション&シューティング ゲームコンテスト」開催決定。『がんばれゴエモン』『グラディウス』など過去IPがテーマに?】の続きを読む


    パワプロクンポケットシリーズ』は、コナミデジタルエンタテインメント(以下KDE-J)から発売されていた野球ゲームのシリーズ。 KDE-J内のパワプロプロダクション(旧:ダイヤモンドヘッド)が開発を担当していた。 「パワポケ」、「パワポケシリーズ」、「ポケ」などの略称がある。タイトル(パワ
    83キロバイト (12,318 語) - 2021年8月7日 (土) 05:12



    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/08/28(土) 20:09:14.49 ID:nQ/vYSWgd.net BE:195740982-2BP(1000)


    (出典 img.5ch.net)


    (出典 i.imgur.com)



    Switch版「パワポケR」の発売日が決定! 8月5日に予約開始(BCN)
    #Yahooニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e563f399a6aea4a8f3aac9227f9ee077f205ab68


    【【ゲーム】コナミ、あの人気シリーズ復活のため退社した生みの親である社員を呼び戻してしまう!】の続きを読む


    Beatmania (ビートマニアからのリダイレクト)
    HiphopやBalladeなど、ビートマニアの各シリーズから7曲+DJバトルを収録。 この初代ビーマニポケットのみボタンがゴムで出来ており、斜めの力を入れて押すと本体側に引っかかる事がある。ターンテーブルもつるつるの回しにくいグリップが採用されている。 なお、ビートマニア
    68キロバイト (11,072 語) - 2021年8月20日 (金) 00:00



    1 風吹けば名無し :2021/05/25(火) 10:42:25.85 ID:C6RJ2V4QM.net

    めっちゃいい曲ばっかりやったよな


    【【ゲーム】初代ビートマニアやってた人おる?】の続きを読む


    悪魔城ドラキュラ』(あくまじょうドラキュラ、英題: Castlevania)は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から1986年9月26日に発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用ソフトのアクションゲーム。ヴァンパイアハンターの主人公が吸血鬼ドラキュラ
    69キロバイト (8,945 語) - 2021年8月14日 (土) 12:22



    1 名無しさん必死だな :2021/08/16(月) 15:33:34.97

     株式会社コナミデジタルエンタテインメントは8月16日、『悪魔城ドラキュラ』シリーズの最新作『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』をゲームのサ*クリプションサービスApple Arcadeにて独占配信することを発表した。配信時期は近日中とされている。Apple Arcadeは1か月の無料トライアルの後、月額600円(税込)のプランで利用できる。

     『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』は1986年にファミリーコンピュータ ディスクシステム向けに発売した『悪魔城ドラキュラ』を原作とする作品。

     本作は、プレイヤーが「アルカード」や「シモン」などシリーズ歴代のキャラクターを操作し、各キャラクター特有のスキルや、バトルスタイルを駆使して戦う横スクロールアクションゲームとなっている。

     本作のキャラクターデザインは『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』などを手掛ける小島文美氏が担当。また、本作の音楽も、『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』を初めとした過去の『悪魔城ドラキュラ』シリーズを手掛けた山根ミチル氏が担当する。

     くわえて、本作では60以上のステージやさまざまな装備、デイリーミッションなど、豊富なゲーム内コンテンツが要意されている。


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    https://news.denfaminicogamer.jp/news/210816c


    【【ゲーム】歴代キャラクター集結の最新作『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』がApple Arcadeにて近日独占配信決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ