ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:クラウド


    クラウドゲーム(英: Cloud gaming、クラウドゲーミング)とは、コンピュータゲームをストリーミング配信するサービス。クラウドコンピューティングという用語が普及する以前はゲームオンデマンドと呼ばれていた。ゲームを含む一般のアプリケーションを同様な技術で稼働させる事をシンクライアントと呼ぶ。
    12キロバイト (1,323 語) - 2020年6月5日 (金) 02:30



    (出典 hidebusa1.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/23(水) 11:48:20.40 ID:CAP_USER9.net

    【9月23日 AFP】新型コロナウイルスの流行により巣ごもりを続ける消費者が娯楽を求める中で、ソニー(Sony)とマイクロソフト(Microsoft)が相次いで発売する第9世代ゲーム機、「プレイステーション5(PS5)」と「Xbox Series X」は、販売台数で大きな成功を収めるとみられる。ただ、ゲームの遊び方は変化しつつあり、両機は最後のゲーム機となる可能性もある。

     ソニーとマイクロソフトは過去数か月間にわたりPS5とXbox Series Xの情報を小出しにして消費者の期待を高めた末、ついに11月中旬の発売を発表。PS5は予約受け付け開始直後に売り切れとなり、実際に多くのゲーマーが次世代機への買い替えを待ち望んでいることが示された。

    現世代のゲーム機が発売されたのは2013年であり、次世代機はハード面で大幅なアップグレードとなる。証券会社ミッドキャップ・パートナーズ(Midcap Partners)のゲーム業界アナリスト、シャルルルイ・プラナード(Charles-Louis Planade)氏は、ゲーマー人口の増加を考えると、今年の新型機が現行機と同様の成功を収めることは可能だとみている。

     一方で、業界の変化を理由に、ゲーム機の未来を疑問視する見方もある。背景にあるのは、大型・高額なゲーム機ではなく、インターネットでのストリーミング配信を通じてゲームを遊ぶ「クラウドゲーム」サービスへの移行だ。

     独立系ゲーム開発企業ゲーム・ベーカーズ(Game Bakers)の共同創業者、オドレイ・ルプランス(Audrey Leprince)氏は「この世代が最後の実機となる可能性がある」と述べている。

    ■「ネットフリックス化」が進むゲーム

     ルプランス氏は、ゲームのインターフェースやゲーム自体に大きな革新が起きていないと指摘。一方で業界に変化を起こしているのは定額サービスモデルへの移行であり、ゲーム機メーカー各社は「ビデオゲーム界のネットフリックス(Netflix)」になりつつあるとした。

     ルプランス氏いわく、マイクロソフトの「Xbox Game Pass」やソニーの「PlayStation Plus」といった定額サービスは今後、「映画・音楽業界が経験したような大革命をゲーム業界にもたらす」という。

     Game Passはすでにネットフリックス型サービスを展開しており、加入者は多数のゲームを利用可能だ。一方のPlayStation Plusは、オンラインマルチプレーなど、ゲーマーにとって魅力のある各種サービスを提供している。

     プラナード氏はゲーム機メーカーの課題として、自社の定額サービス加入者をいかに囲い込み、IT大手のグーグル(Google)やアマゾン・ドットコム(Amazon.com)などに参入の機会を与えないようにするかが重要だと指摘した。

    ■クラウドゲーミングの出現

     グーグルとアマゾンはいずれも、クラウドゲーム事業に乗り出している。クラウドゲームは、スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスでゲームが遊べるサービスで、大きな負荷がかかるプログラム処理はクラウド上のサーバーで行われるため、高性能で高価なゲーム機は不要となる。

     だがマイクロソフトとソニーの両社は次世代ゲーム機でドライブのない廉価版モデルも発表し、クラウドゲーミングの方向にも前進した。これらのモデルではゲームをダウンロードまたはストリーミングして遊ぶ形となり、ストリーム配信サービスとしてはそれぞれ「xCloud」と「PlayStation Now」が用意されている。

     ただ、ゲーム業界専門のアナリスト、ローラン・ミショー(Laurent Michaud)氏は「今は過渡期にある」とし、ゲーム機とクラウドゲームは今後しばらく共存すると説明。「これが最終世代のゲーム機になることはない」とみている。

     ゲーマーの多くは大画面かつ高解像度でのプレーを好むことから、ゲーム開発企業は今後、より優れたゲーム体験を実現できる8Kテレビに合わせたソフトを開発する見通しだ。ミショー氏は、インターネット通信が8K映像を送信できるほど高速化するのには少なくとも数年かかるとの見解を示した。(c)AFP/Jules BONNARD

    https://www.afpbb.com/articles/-/3305884

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【ゲーム】次世代PSとXbox、最後のゲーム機に? 迫るクラウドの影】の続きを読む


    Googleやマイクロソフトも参入のクラウドゲーム、2022年の市場規模は126億円へ - BCN+R
    Googleが2019年3月に参入を表明したクラウドゲームサービス事業に、米マイクロソフトも本格参入する。国内クラウドゲーム市場は、Gzブレインが公開した「ファミ通ゲーム ...
    (出典:BCN+R)


    クラウドゲーム(英: Cloud gaming、クラウドゲーミング)とは、コンピュータゲームをストリーミング配信するサービス。クラウドコンピューティングという用語が普及する以前はゲームオンデマンドと呼ばれていた。ゲーム以外のアプリケーションを同様な技術で稼働させる事をシンクライアントと呼ぶ。
    11キロバイト (1,272 語) - 2019年3月24日 (日) 06:07



    (出典 www.famitsu.com)



    1 ムヒタ ★ :2019/06/10(月) 12:32:37.45 ID:CAP_USER.net

     ゲーム情報誌「ファミ通」を発行するGzブレインはこのほど、ゲーム市場規模に関する調査結果を発表した。2018年の国内ゲーム市場は過去最高の1兆6704億円。うち国内クラウドゲーム市場は11億円(約0.07%)だったが、20年に28.6億円(18年の約2.6倍)、22年には125.9億円(約11.4倍)に急拡大すると予測している。

     クラウドゲームは、ベンダーやゲーム会社がネット経由でコンテンツを配信し、データセンター側で処理を行うため、ユーザーがハード・ソフト不要でプレイできる点が特徴。国内で広く普及するには至っていないが、欧米を中心に開発が加速している。

     米Appleは、定額制のゲーム配信サービス「Apple Arcade」を今秋から世界150カ国以上で開始予定。米Googleは、有料のゲーム配信サービス「Stadia Pro」を11月から日本を除く14カ国で展開する。米Microsoftはソニーと提携し、「Xbox」「プレイステーション」シリーズ向けタイトルを「Microsoft Azure」上で提供するサービスの共同開発に乗り出している。今後、こうしたサービスが続々と日本に参入し、普及が進むとみられる。

     18年の国内ゲーム市場では、ゲームアプリ市場が1兆1660億円(約69.8%)、家庭用ゲーム市場(ソフト+ハード)が4343億円(約26.0%)を占めた。
    2019年06月10日 12時07分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/10/news077.html


    【【ゲーム】乗り遅れるな??急拡大のクラウドゲーム市場!22年には11.4倍の126億円規模になると予測!!】の続きを読む


    ソニーとMSがタッグ ゲーム業界を変える「クラウド化」の波 - J-CASTニュース
    プレイステーション」のソニーと、「Xbox」のマイクロソフト。ゲーム専用機においては長く世界でしのぎを削ってきた両社が、クラウドを活用したゲーム事業などの戦略的提携に ...
    (出典:J-CASTニュース)


    クラウドコンピューティング(英: cloud computing)は、インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、コンピュータ資源をサービスの形で提供する利用形態である。略してクラウドと呼ばれることも多く、cloud とは英語で「雲」を意味する。 「クラウドコンピューティング」の用語が最初に使用されたのは1996年
    37キロバイト (3,139 語) - 2019年3月23日 (土) 07:07



    (出典 shared-blog.kddi-web.com)



    1 田杉山脈 ★ :2019/05/17(金) 02:31:43.04 ID:CAP_USER.net

    ソニーは米マイクロソフトとクラウドサービスや人工知能(AI)分野で提携する。ゲームソフトをネット配信するクラウドサービスで共同開発に乗り出し、同分野に参入する米グーグルなどに対抗する。ゲーム産業の競争軸がクラウドに移るなか、従来型のゲーム専用機で競合するライバルが手を組む。

    【関連記事】マイクロソフト、ゲームをクラウド配信 吉田憲一郎社長が渡米し、マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(C…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44911890W9A510C1MM8000/


    【【ゲーム】ゲーム業界激震「クラウド化」の波!乗り遅れる任天堂】の続きを読む

    このページのトップヘ