ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    タグ:ギルティギア


    Custom- ギルティギア用に開発されたPS2用コントローラー。2003年7月31日にPS2版『#RELOAD』と並行してサミーからリリースされた。コントローラー右辺部のボタン配置がアーケードスティックを意識した作りとなっており、×、△、○、□ボタンの横にRボタンが割当てられている。 ギルティギア オリジナルサウンドコレクション
    42キロバイト (6,510 語) - 2020年6月4日 (木) 13:43



    (出典 gamestalk.net)

    アークシステムワークスは8月1日、対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』の最新映像を公開。「レオ=ホワイトファング」の参戦を発表し、さらに新規キャラクター「名残雪」のバトルスタイルを披露した。

    レオは、イリュリア連王国を治める3人の連王のひとりとして、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』から登場。シリーズの中では比較的新しいキャラクターだ。また「カイ=キスク」とは友人でありライバルでもある。突進技や飛び道具などを持ちオールラウンダーに立ち回れることに加え、特定の技から派生する、敵に背を向ける「ブリュンヒルデの構え」から繰り出される攻めは圧倒的な破壊力を誇る。ちなみに彼の趣味は“マイ辞書”の編集であり、今回公開されたトレイラーでも何かを書き込んでいる様子が見られる。

    そして、本作の発表時に披露された新規キャラクターについて、その名前は「名残雪(なごりゆき)」であることが発表。彼は、特異な力を秘めたヴァンパイアの侍なのだという。巨大な日本刀を装備しており、強烈な一撃で相手を斬り伏せる。また、この刀は血を吸うことで壊滅的な一撃を生むとのこと。トレイラーでは、相手を斬りつけた際に飛び散った鮮血が刀に吸収されたり、赤く染まった刀で連続技を繰り出すシーンが確認できる。また、身体から血を吹き出して相手を吹っ飛ばすシーンも。名残雪の詳細については後日公開するとのことだ。

    2021年春に発売予定。対応プラットフォームとして、これまでPS4/PC(Steam)およびアーケード向けとされてきたが、今回新たにPS5版の発売も決定した。こちらの詳細についても今後発表される。なお、本作へのさらなる参戦キャラクターの発表は、10月初旬におこなうとのことである。

    記事本文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200801-132420/

    【【ゲーム】ギルティギア新作にレオホワイトファング参戦!!!血を吸う刀を持つヴァンパイア侍「名残雪」のバトルスタイル公開】の続きを読む


    GUILTY GEAR X (ギルティギア ゼクスからのリダイレクト)
    X [BY YOUR SIDE]』(ギルティギア ゼクス バイユアサイド)は、サミー(経営統合後はセガ〈後のセガ・インタラクティブ〉に移管)が2000年に発売したアーケードゲーム。ジャンルは対戦型格闘ゲーム。使用基板はNAOMI。開発はアークシステムワークス。 『GUILTY GEARシリーズ』2番目の作品であり『GUILTY
    8キロバイト (1,104 語) - 2020年4月3日 (金) 15:02



    (出典 i.pinimg.com)


    『GUILTY GEAR X [BY YOUR SIDE]』(ギルティギア ゼクス バイユアサイド)は、サミー(経営統合後はセガ〈後のセガ・インタラクティブ〉に移管)が2000年に発売したアーケードゲーム。ジャンルは対戦型格闘ゲーム。使用基板はNAOMI。開発はアークシステムワークス。

    『GUILTY GEARシリーズ』2番目の作品であり『GUILTY GEAR XX』と合わせてアーケードでの展開は「ゼクスシリーズ」と括られる。2007年に発売された家庭用ゲーム『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』では本作から5年後の世界が描かれている。

    サブタイトル『BY YOUR SIDE』はハードロックジャムバンド、ブラック・クロウズが1999年にリリースした同名のアルバムに由来する。

    概要
    プレイステーション専用で発売された対戦型格闘ゲームである『GUILTY GEAR』の続編・アーケードゲーム版として製作された作品。個性的な容姿や性能を持つ14人のキャラクター、NAOMIの性能を生かしたセル画による明細なキャラグラフィックや派手なエフェクト、家庭用版を洗練した多彩なゲームシステムが搭載され、カプコンとSNKの作品が中心であったアーケードの2Dの対戦型格闘ゲームに新たなムーブメントを起こした。

    ストーリーとその結末
    ジャスティスが倒されてから1年後。とある国で「人に危害を加えないギアが現れる」と言う情報が流れた。カイはそれを確かめる為、そのギアがいると言われている「悪魔の住む地」と呼ばれる森へ向かう。

    そこにいたのは、人間とギアの間に生まれたハーフの少女、ディズィーであった。カイは戦いを挑むが圧倒的な力の前に敗北する。

    その後ギアを狩る目的で来たソルもディズィーと戦い、勝利したものの、ソルはディズィーに止めを刺さずその場を後にした。その後空賊のジェリーフィッシュ快賊団のリーダー、ジョニーがディズィー保護の為に彼女を快賊団へと迎え入れた。

    その事を知ったカイとツェップのガブリエル大統領はこれを黙認、500万ワールド$の賞金目当てでディズィーの元へ来た紗夢は「自分が例のギアを倒した」事にして賞金を獲得し、記録上ディズィーは存在しない事となった。

    Wikipediaより

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/03(水) 12:09:30.696 ID:zE3Fpdrt0.net

    俺はゲーセンでKOF2000とかカプエスやりながらなんかパクリっぽい変なゲームが出たな…くらいに思ってたんだが都会じゃ流行ってたのか?


    【【ゲーム】『GUILTY GEAR X』2000年に満を持してアーケードにやってきた対戦型格闘ゲームのシリーズ2作目!様々なキャンセルシステムの導入による、連続技の爽快感を詰め込んだ作品】の続きを読む


    『ギルティギア』シリーズ新作が世界最速で試遊できる! アークシステムワークスの格闘ゲーム世界一を決める“ARCREVO America 2019”のタイムテーブルが発表 - ファミ通.com
    アークシステムワークスのアメリカ法人であるArc System Works America Inc.は、日本、欧州、アジア、アメリカと全世界を横断する格闘ゲーム大会“ARCREVO WORLD ...
    (出典:ファミ通.com)


    GUILTY GEAR (ギルティギアからのリダイレクト)
    『GUILTY GEAR』(ギルティギア)はアークシステムワークスから発売された2D対戦型格闘ゲーム。1998年5月14日にPlayStationで発売され、1999年9月22日には復刻版と称した廉価版もリリースされた。 2007年5月31日からゲームアーカイブスとしてPlayStation Portable・PlayStation
    5キロバイト (526 語) - 2018年5月27日 (日) 16:02



    (出典 animeanime.jp)



    1 名無しさん必死だな :2019/08/12(月) 10:40:48.71 ID:Q7i0dfVhM.net

    ストリートファイター5初公開映像
    46万再生

    (出典 Youtube)


    ギルティギア新作初公開映像
    86万再生

    (出典 Youtube)


    【【ゲーム】EVO 2019で発表された『ギルティギア』新作はスト5を上回る注目度!】の続きを読む

    このページのトップヘ