せがた三四郎せがたさんしろう)は、セガ・エンタープライゼスの家庭用ゲーム機であるセガサターンの宣伝マスコット(イメージキャラクター)。藤岡弘、(旧芸名:藤岡弘)演じ、1997年11月から1998年11月にかけてテレビCMをはじめ、各メディアに登場した。 せがた三四郎
23キロバイト (3,731 語) - 2020年2月2日 (日) 06:21



(出典 www.famitsu.com)


セガは60周年記念アンバサダーの公式サイトをオープンした。記事執筆時点では「爆誕まで、あと5日」と記されており、3月25日に公開予定だ。サイトには、かつての「せがた三四郎」を彷彿とさせる、柔道着を着た男性のシルエットの写真が表示されている。

 「アンバサダー」とはビジネスにおいて、自社作品の普及を行う人をことを指す。さらに柔道着となると、かつて「藤岡弘、」こと藤岡弘さんが就任し、セガ・サターンの普及に一役買ったアンバサダー「せがた三四郎」を彷彿とさせるだろう。

 せがた三四郎は、『シャイニング・フォースIII』、『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』、『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』など、数々のテレビCMに出演。ゲームのCMにしては破天荒なキャラクターは話題となり、主題歌である「セガサターン、シロ!」も大ヒット。さらに『せがた三四郎 真剣遊戯』としてゲーム化されたほか、藤岡弘さんはこの縁があり『シェンムー』に主人公の父・芭月巌として出演もしている。

 昨年、開催された「セガフェス2019」では、このせがた三四郎が22年ぶりに復活。藤岡弘さんも当時のままの柔道着のままの姿で出演して、話題となった。

記事本文はこちら
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6866002

1 名無しさん必死だな :2020/03/25(水) 07:08:42 ID:XBglh7sY0.net

https://60th.sega.com/segashiro/

2代目せがた三四郎だとすれば、セガサターンミニの可能性も‥??


【二代目「せがた三四郎」が本日爆誕??セガが60周年記念のアンバサダー予告サイトを公開、柔道着を着た謎の人物が登場!まさかサターンミニくるか?】の続きを読む