ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:レトロゲーム > 懐かしの話題


    スーパーファミコン(SUPER Famicom)は、任天堂より日本国内では1990年(平成2年)11月21日に発売された、ファミリーコンピュータの後継機である家庭用ゲーム機。本項では欧米版の“Super Nintendo Entertainment System”、韓国版の「スーパーコンボイ」、復刻版の「ニンテンドークラシックミニ
    58キロバイト (6,761 語) - 2019年12月11日 (水) 11:34



    (出典 www.inside-games.jp)


    ■「スーパーファミコンコンプリートガイド」商品情報
    ・定価:3000円(税込)
    ・判型:A5判(オールカラー/448ページ)
    ・INBN:978-4-07-439635-1
    ・発売日:2020年2月27日(木)発売
    ・発行:主婦の友インフォス
    ・発売:主婦の友社

    ■本書の内容
    ・スーパーファミコン全ソフト紹介
    ・ハード紹介
    ・周辺機器紹介
    ・スーパーファミコンの歴史
    ・スーパーファミコン関連コラム
    ・50音順&年代順ソフト検索ページ
    ほか

    【『スーパーファミコンコンプリートガイド』2020年2月27日発売決定!1,400本以上の全ソフトを撮り下ろしのカセット&箱画像付きで紹介!】の続きを読む


    名越 稔洋(なごし としひろ、1965年6月17日 - )は、日本のゲームクリエイター。2017年現在、株式会社セガゲームス取締役CPO(最高開発責任者)並びに株式会社セガ・インタラクティブ取締役CPO(最高開発責任者)。 山口県下関市出身。東京造形大学映画学科卒業後、1989年セガ(後のセガ
    9キロバイト (1,091 語) - 2019年6月4日 (火) 09:56



    (出典 dengekionline.com)



    1 名無しさん必死だな :2019/12/04(水) 10:52:03.68 ID:TRR7GJQQ0.net

    PSクラシックは2018年9月19日発表
    https://www.4gamer.net/games/999/G999902/20180919057/

    メガドラミニは2018年4月14日のセガフェス発表
    https://sega.jp/topics/180416_soft_3/

    名越の発言

    (出典 i.imgur.com)

    https://dengekionline.com/articles/16919/

    先にメガドラミニが発表されていてこの発言おかしくないか?
    SIEが事前にSEGAor名越に伝えていたとしたら先に発表してしかも同時期に発売予定とか喧嘩売ってるからありえないし
    元々コンシューマーコケにしていたのをやはり引きずって*にした発言なのか
    それとも名越はタイムリープをしているのかどっちなん?


    【SEGA名越氏「メガドラミニはSIEと任天堂に乗っかった」】の続きを読む


    高橋名人(たかはしめいじん、本名:高橋 利幸(たかはし としゆき)、1959年5月23日 - )は、日本のゲーム関係者、歌手。血液型はO型。ファミコン全盛期にハドソン所属の“ ファミコン名人 ”として一世を風靡した。 日本におけるプロゲーマーの先駆的存在であり、一般社団法人e-sports促進機構代表理事にも就任している。
    74キロバイト (10,086 語) - 2019年11月10日 (日) 04:01



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 みつを ★ :2019/11/29(金) 05:28:30.84 ID:NSLHDFyb9.net

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/30/news004.html


    高橋名人の仕事哲学【中編】:
    高橋名人が明*「裏技」誕生秘話 私が「冒険島」になった理由 (1/6)

    かつて「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか――。ハドソンの広報・宣伝マンを務め、「16連射」で名高い高橋名人だ。在職中は「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めただけでなく、「裏技」「ゲームは1日1時間」という言葉の考案者の一人でもある。中編では、いかにしてファミコンの「名人」になったのか、「裏技」という言葉はどうやって生まれたのか。その誕生秘話をお届けしよう。

    [河嶌太郎,ITmedia]


     かつて、テレビゲームは子どものおもちゃとして遊ばれてきた。ファミコンの発売から36年。近年では2016年に発売された「ミニファミコン」をはじめ、17年発売の「ミニスーパーファミコン」、19年9月19日発売の「メガドライブミニ」、20年3月発売予定の「PCエンジンmini」など、昔のゲームの復刻版が登場する動きが相次いでいる。テレビゲームは今や、子どもだけでなく大人も遊ぶエンタメになった。

     そんなテレビゲームの「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか。ハドソンの広報・宣伝マンを務めていた、「16連射」で名高い高橋名人だ。在職中は「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めただけでなく、「裏技」「ゲームは1日1時間」という言葉の考案者の一人でもある。現在では国内eスポーツの振興にも注力している。

     今回、名人本人がITmediaビジネスオンラインの取材に応じた。中編では、いかにしてファミコンの「名人」になったのか、「裏技」という言葉はどうやって生まれたのか。その誕生秘話をお届けしよう。
    (リンク先に続きあり)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【高橋名人が明かす「裏技」誕生秘話!私が「冒険島」になった理由!ファミコン発売から36年】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    フライハイカフェ x 名前入りカセット博物館
    「名前入りカセット展 2019」
    コラボレーションイベント開催のお知らせ
    開催日:11/16(土)~12/8(日) 入場料:無料

    1 シコリアン ★ :2019/11/11(月) 19:23:41.30 ID:pa+D4AC89.net

    ※都合によりタイトル省略しました 
    ファミコンソフトに名前が書かれたカセットを展示する「名前入りカセット展」が秋葉原で開催。自分のソフトがあれば、その場で返却
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00090850-denfami-game

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     名前入りカセット博物館運営委員会は、「名前入りカセット展2019」を東京・秋葉原にあるフライハイカフェで開催すると発表した。期間は11月16日(土)から12月8日(日)、オープン時間は平日16:00から21:00、土日12:00から21:00。入場料は無料となる。

     ファミコンソフトに刻まれた名前、油性ペンで書かれた自己を顕示する署名は、そのファミコンソフトに持ち主がいたことを示唆している。高価なものだったので親が無くさないように書かせたり、友達の家に持ち寄ったときに同じタイトルが混ざらないにしたり、時には側面にゲームタイトルが記されていることも珍しくなく、カートリッジを並べて収蔵していたことが伺える。署名は生活の知恵といえるだろう。

     ただ幼稚園児や小学生の署名は、とても達筆とはいえず、完成されたファミコンソフトに何ともいえないシュールな味わいをもたらす。今回の「名前入りカセット展2019」は、名前入りカセット博物館・館長の関純治氏が集めた名前入りファミコンソフトを展示してそれを皆で愛でると共に、その持ち主がいれば返却する催しだ。

     1000本以上の名前入りファミコンカセットを展示して、持ち主がそれを証明できれば、その場で返却するという。なお、展示中も会場となるフライハイカフェは通常営業となり、運営するフライハイワークス社が配信するゲームもプレイできる。

     なお、11月15日の13:00頃には、YouTubeにて設営風景を定点カメラで生放送する。また19:00には19:00~21:00には、オープニング前夜祭が生放送予定だ。ゲストとして、名前入りカセット博物館・館長の関純治氏、週刊ファミ通元編集長のバカタール加藤氏、フライハイワークス代表の黄政凱氏が登壇する。詳細は後日発表されるが、会場では生放送の模様を見学することができるという。


    【ファミコンソフトに名前が書かれたカセットを展示する『名前入りカセット展2019』が秋葉原で12/8まで開催中!自分のソフトがあれば、その場で返却】の続きを読む



    (出典 maedahiroyuki.com)



    1 骨 ★ :2019/11/30(土) 01:05:13 ID:CAP_USER.net

    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1221596.html
    2019年11月29日 16:26

    ジーウォークは、ムック本「ファミリーコンピュータパーフェクトカタログ」を12月26日に発売する。
    価格は、通販サイト「Amazon」で2,750円(税込)。
    「ファミリーコンピュータパーフェクトカタログ」は、レトロ家庭用ゲーム機をハードウェア、
    ソフトウェア両面から徹底解剖する「パーフェクトカタログ」シリーズの第10弾。
    今回は、任天堂が1983年7月15日に発売したファミリーコンピュータがテーマとなっている。
    ファミリーコンピュータの全ソフトとハードはもちろんのこと、2016年に復刻された
    ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータに至るまで、B5の大判サイズ240ページの
    大ボリュームで紹介されている。


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)

    画像


    【『ファミリーコンピュータパーフェクトカタログ』ファミコン全ソフト&ハードを徹底解説!12月26日発売】の続きを読む

    このページのトップヘ