ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:レトロゲーム > 懐かしの話題


    ゲームである。コンピュータゲームのジャンルの一つであり、対戦アクションゲームの派生物のジャンルである。 コンピュータゲームのジャンルにおいてはアクションゲームの一種として分類できる。単に格闘ゲーム対戦ゲーム、格ゲーと略されることや、格闘アクションゲーム格闘アクション、対戦格闘ゲーム対戦格闘
    91キロバイト (14,276 語) - 2020年5月30日 (土) 08:05



    (出典 futabanet.ismcdn.jp)



    1 muffin ★ :2020/07/08(水) 17:50:08.54

    https://futabanet.jp/articles/-/81530?page=1
    2020.07.08

    1991年、『ストリートファイターII』の登場により、ゲームセンターを中心とした対戦格闘ブームが到来。個性豊かなキャラクターやコマンド入力式の必殺技などを採用した「対戦型格闘ゲーム」というジャンルが確立した。現在、最新シリーズ『ストリートファイターV』は、eスポーツの世界大会でも採用。2017年にアメリカ・ラスベガスで開催された世界最大の格闘ゲーム大会「EVO2017」では、東大卒のプロゲーマー・ときど選手が『ストリートファイターV』部門で優勝、「EVO2019」ではボンちゃん選手が優勝したことは記憶に新しい。

    そして『ストII』以後はさまざまな格闘ゲームがリリースされており、人気作も数多く登場。そこで今回は「好きな対戦格闘ゲーム」についてリサーチ。格闘ゲームブームを見てきた30代から40代の男性200名を対象にアンケートを実施した(アンケートサイト「ボイスノート」協力)。なお、同名を冠する続編タイトルが複数存在する場合は、ひとつのシリーズとしてまとめて集計しているのでご了承いただきたい。

    1位 『ストリートファイターII』シリーズ(カプコン)
    2位 『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ(任天堂)
    3位 『鉄拳』シリーズ(バンダイナムコ)
    4位 『ストリートファイターZERO』シリーズ(カプコン)
    5位 『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズ(SNK)
    6位 『餓狼伝説』シリーズ(SNK)
    7位 『バーチャファイター』シリーズ(セガ)
    8位 『サムライスピリッツ』シリーズ(SNK)
    9位 『ソウルキャリバー』シリーズ(バンダイナムコ)
    10位 『マーヴルVS. カプコン』シリーズ(カプコン)
    10位 『ストリートファイターV』(カプコン)
    10位 『ギルティギア』シリーズ(アークシステムワークス)

    第1位(45.5%)は大方の予想通り、圧倒的な支持を集めた『ストリートファイターII』シリーズ(カプコン)だった。現在まで続く対戦型格闘ゲームのベースとなるさまざまな要素が盛りこまれ、ゲームセンターで見知らぬ人同士が対戦プレイで盛り上がるムーブメントの土台を作った、まさにエポックメイキングな作品。アーケード版は2004年発売の『ハイパーストリートファイターII』までシリーズが続き、コンシューマー版は1992年発売のスーファミ版『ストリートファイターII』を皮切りに、2017年発売のNintendo Switch版『ウルトラストリートファイターII』に至るまで、実に幅広いハードでリリースされている。

    第2位(8.5%)に支持されたのは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ(任天堂)だった。ほかの格闘ゲームと比べると少々異なる作品ながら、今回のアンケートで多くの票を集めた。「スマブラ」の愛称で知られる同作には、任天堂ゲームのマリオやリンク、ピカチュウといった人気キャラクターたちが出演。2018年に発売されたNintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は、国内だけで400万本を超えるメガヒットを飛ばした。

    第3位(7.5%)に支持されたのは、3D格闘ゲームの『鉄拳』シリーズ(バンダイナムコ)。1994年に初代『鉄拳』がゲームセンターに登場した時点では、同じ3D格闘ゲームの『バーチャファイター2』(セガ)のほうが注目度が高かったものの、プレイステーションのコンシューマー版から火がつき、PS版『鉄拳2』は100万本を超える大ヒットを記録。左右のパンチ&キックに対応した独特の4ボタン設定や、「10連コンボ」と呼ばれる強烈な連続攻撃の存在も印象的だった。

    全文はソースをご覧ください

    (出典 futabanet.ismcdn.jp)


    【【ゲーム】一番好きな「対戦格闘ゲーム」ランキング!ぶっちぎり1位『ストリートファイター2』に続くのは?】の続きを読む


    アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社(英: IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.)は、アイレム(irem)のブランド名で商品展開を行っている日本のゲーム会社、ならびに映像制作メーカー。 かつてナナオ(現・EIZO)は傘下にアイレム株式会社を持ち、ゲーム
    15キロバイト (1,856 語) - 2020年6月7日 (日) 10:00



    (出典 upload.wikimedia.org)


    アイレム(irem)とは、東京都千代田区に本社を置くパチンコソフト開発、ゲーム版権管理会社であるアイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社の商品ブランド名および同社の略称である。


    概要
    主な事業は「海物語」「大工の源さん」シリーズといったパチンコ機の映像部分の開発である。

    元を辿ると言わずと知れた『スペランカー』などケレン味のあるネタゲーで有名なゲームメーカーだった。社名をアイレムとした1979年当時はアミューズメント施設の運営や機器のレンタル・販売を行っていた「International Rental Electric Machine」の頭文字IREMが由来であったが、いつしか「Innovations Recreation Electronic Media」と、意味自体が公式に変更された。

    90年代に一度ゲーム開発事業から撤退しており、復帰後の1997年7月に親会社のナナオが石川県白山市に新たに設立したアイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社にゲーム開発部門と版権が譲渡され、アイレム株式会社はアミューズメント部門と共に他社に売却され、株式会社アピエスとなった。この経緯から、ファンの間で「アイレムは一度潰れた」とネタにされることがあるが、本当にゲーム部門が潰れた現在これがネタになるのかは不明。また、古いファンやアーケードにこだわりを持つ人が「アイレム」というとアピエスを指す場合もある。

    2011年5月に下記の理由により石川県の本社機能が東京開発部に移転、それに伴って石川側の社員が大量に退社(スペランカー先生で有名な高は車氏なども退社)、独自に「グランゼーラ」というソフトハウスを立ち上げている。
    また、これに伴って開発者の館やアイレムひみつ日記(ふる里4コマ漫画)、ポンコツラジオといった旧アイレムコンテンツは完全に削除され、2012年を最後にエイプリルフールなどのネタ企画も途絶えてしまった。
    このため、"アイレムは"今度こそ本当に潰れたと言って良いだろう。


    代表作
    R-TYPEシリーズ
    スペランカー
    イメージファイト
    Xマルチプライ
    アンダーカバーコップス
    10ヤードファイト
    不如帰

    ニコニコ大百科より
    https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%A0

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2010/07/16(金) 18:18:41 ID:VrCCIrRO.net

    のレトロアケゲーにハズレなし


    【かつて存在したゲーム会社「アイレム」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/07/06(月) 12:27:42.221 ID:PQHNbCSv0.net

    ガチャろく


    【あまりに面白すぎて人生で初めて徹夜したゲームは?】の続きを読む


    シューティングと3Dシューティング、ガンシューティングゲームに分類される。 そのほとんどがアクションゲームとは区別されるが、中にはアクション要素のあるシューティングや、シューティング要素のあるアクション、また完全に中間に位置するゲーム
    77キロバイト (10,310 語) - 2020年6月25日 (木) 03:32



    (出典 futabanet.jp)



    1 幻の右 ★ :2020/07/04(土) 07:52:03.16 ID:PczZjYvB9.net

    https://futabanet.jp/articles/-/81462?page=1
    2020.07.03

    1978年に発売された『スペースインベーダー』ブームで火がついた2Dシューティングゲームは、ひとつの人気ゲームジャンルとして確立。ゲームセンターだけでなく、ファミコンを始めとするコンシューマー機でもさまざまな名作が誕生した。
    しかし、ゲームハードの大幅な進化とともに2Dシューティングの勢いは次第に陰りを見せ、現在では3Dシューティングやガンシューティングの発展型とも言える『スプラトゥーン』や『フォートナイト』などが人気となっている。
    ファミコンを遊んだ世代にとって“シューティング”と言えば、今でも2Dシューティングを思い浮かべる人が多いはず! そこで今回はファミコンのシューティングゲームに関するアンケート調査を実施。「一番好きなファミコンのシューティングゲーム」は何なのか、30代から40代の男性200名を対象にリサーチした。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

    1位 ツインビー(コナミ)
    2位 ゼビウス(ナムコ)
    3位 グラディウス(コナミ)
    4位 パロディウスだ!(コナミ)
    5位 スペースインベーダー(タイトー)
    6位 スターフォース(ハドソン)
    7位 魂斗羅(コナミ)
    8位 スターソルジャー(ハドソン)
    9位 沙羅曼蛇(コナミ)
    10位 グラディウス2(コナミ)

    第1位(14.5%)に輝いたのは、こちらも縦スクロールシューティングの傑作『ツインビー』(コナミ・1986年)だった! 同作は『エグゼドエグゼス』などと同じく二人同時プレイが可能なシューティングで、2P側が操作するウインビーと横にくっつくと手をつないで「ファイヤー攻撃」、縦にくっつけると「スター攻撃」が行える独特の仕様がユニーク。そのほか、ベルを撃つことで色を変化させてパワーアップするシステムや、一度被弾しても腕がなくなるだけで救急車に触れると腕が復活するシステムも面白かった。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 futabanet.ismcdn.jp)




    【【ゲーム】「一番好きなファミコンのシューティングゲーム」ランキング 『ゼビウス』を破った1位は…】の続きを読む


    『プロ野球ファミリースタジアム』(プロやきゅうファミリースタジアム、Pro Yakyu Family Stadium)は、1986年12月10日にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用野球ゲームソフトである。 当時ナムコが家庭用ゲーム
    24キロバイト (2,606 語) - 2020年5月30日 (土) 03:15



    (出典 futabanet.jp)



    1 少考さん ★ :2020/07/02(Thu) 19:26:34 ID:T2b8ObS59.net

    『ファミスタ』がまさかの3位「一番好きな対戦ファミコンゲーム」ランキング!(ふたまん+) - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/37d10ba3cfc240a0f6ff8b004c93920d0a8482d5


    (出典 futabanet.jp)



    7/2(木) 17:21配信


    今や「対戦ゲーム」といえば“オンラインプレイ”が主流になりましたが、ファミコンの全盛期は誰かの家に集合してワイワイとにぎやかに遊んだモノです。そんなとき一番盛り上がったのは、もちろん友達と対戦プレイができるゲームでした

    そこで今回は、そんな時代を過ごしてきた世代を対象に、当時「もっとも好きだったファミコンの対戦ゲーム」を緊急リサーチ。30代から40代の男性200名にアンケート調査を実施したので、その結果をランキング形式で紹介したいと思います。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

    (略)

    1位 マリオブラザーズ
    2位 桃太郎電鉄
    3位 プロ野球ファミリースタジアム
    4位 ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会
    5位 ボンバーマン2
    6位 ドクターマリオ
    7位 キン肉マンマッスルタッグマッチ
    8位 熱血高校ドッジボール部
    9位 信長の野望・全国版
    10位 つっぱり大相撲
    10位 燃えろ!!プロ野球
    10位 バル―ファイト
    10位 アイスクライマー

    ※各コメント等は省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    【【ゲーム】『ファミスタ』がまさかの3位「一番好きな対戦ファミコンゲーム」ランキング!】の続きを読む

    このページのトップヘ