ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: 気になるゲーム関連ニュース


    GENDA SEGA Entertainment (セガビーリンクからのリダイレクト)
    セガに吸収合併されて再度セガ直営となった。 2012年10月に、セガからアミューズメント事業を吸収分割し、セガの子会社であった株式会社AGスクエアを吸収合併したと同時に株式会社セガ エンタテインメントに変更し、セガから「セガ」「セガワールド」「セガアリーナ」「ハイテクランドセガ」「クラブセガ(CLUB
    22キロバイト (2,736 語) - 2021年7月5日 (月) 10:33


    ■タイトルラインナップ(一部)
    コンピュータースペース (ナッチングアソシエーツ/1971年)
    ポン (アタリ/1972年)
    スピードレース DX (タイトー/1975年)
    スペースインベーダー (タイトー/1978年)
    フロッグス (セガ/1978年)
    スペースアタック (セガ/1979年)
    スターウォーズ (アタリ/1983年)
    ドンキーコング (任天堂/1981年)※純正テーブル筐体
    ニューラリーX (ナムコ/1981年)※純正テーブル筐体
    スペースハリアー (セガ/1985年)
    アウトラン (セガ/1986年)
    アウトラン2 (セガ/2003年)
    サンダーブレード (セガ/1987年)
    スーパーハングオン (セガ/1987年)
    A.B. Cop (セガ/1990年)
    F1エキゾーストノート (セガ/1991年)
    ラッドモビール (セガ/1991年)
    マンクスTT スーパーバイク (セガ/1995年)
    スカッドレース (セガ/1996年)
    デイトナUSA2 (セガ/1998年)
    スリルドライブ3 (コナミ/2004年)
    スカイターゲット (セガ/1995年)
    プロップサイクル (ナムコ/1996年)
    電脳戦機バーチャロン (セガ/1995年)
    バーチャコップ2 (セガ/1995年)
    THE HOUSE OF THE DEAD (セガ/1997年)
    THE HOUSE OF THE DEAD 2 (セガ/1998年)
    THE HOUSE OF THE DEAD 4 (セガ/2005年)
    L.A.マシンガンズ (セガ/1998年)
    タイムクライシス2 (ナムコ/1998年)
    ゴルゴ13 (ナムコ/1999年)
    ニンジャアサルト (ナムコ/2000年)
    ザロストワールド (セガ/2008年)
    ザタイピングオブザデッド (セガ/2000年)
    パックマンバトルロイヤル (ナムコ/2011年)
    NEW UFO CATCHER (セガ/1991年)
    UFO CATCHER 21 (セガ/1996年)
    元祖ジャンケンマン (サンワイズ/1995年)
    日本一周旅行ゲーム (昭和技研/2012年)

    記事本文はこちら
    https://news.denfaminicogamer.jp/news/2107212c

    1 名無しさん必死だな :2021/07/21(水) 20:38:36.11

     GENDA SEGA Entertainmentは7月21日(水)、同社が運営するセガ秋葉原3号館の6階にレトロゲーム専門フロア「RETRO:G(レトロジー)」をオープンした。

     セガ秋葉原3号館では、これまでもレトロゲームを取り扱っていたが「アーケードゲーム全盛期の熱量とゲームが体感できる場所」をコンセプトに大幅にパワーアップしたとのこと。
     フロア名になっている「RETRO:G」はRetroとTrilogyを融合させた造語で、ゲーセン文化を後世まで繋いでいきたいという強い気持ちを込めており、「G」の文字にはGrobalやGroove、運営するGENDA SEGA tertainmentの3つの意味がかかっているとのことだ。

     公式ページでは、「何ごとにも代えがたい、あの熱量。それを与えてくれた、たくさんのゲームたち」と現代に懐かしい思い出を蘇らせる同施設のコンセプトを伝える文章や、設置されているタイトルのラインナップ、さらに店内を擬似的に見て回ることができる3DSpaceがチェックできる。

     設置されているタイトルは世界最古のアーケードゲームである『コンピュータースペース』や、アタリの『ポン』、『ドンキーコング』のテーブル筐体など多岐に渡る。


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    https://news.denfaminicogamer.jp/news/2107212c


    【【ゲーム】セガ秋葉原3号館にゲーセン全盛期が蘇る、レトロゲーム専門フロア「RETRO:G(レトロジー)」がオープン。】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation
    39キロバイト (3,982 語) - 2021年7月18日 (日) 11:23


    ソニーストア直営店(銀座/札幌/名古屋/大阪/福岡天神 各店舗限定)にて、PlayStation 5の購入権があたるプレゼントキャンペーンを実施中だ。

    2021年8月4日までに対象のソニーストア直営店舗で1万円(税込)以上購入した人から抽選で、PlayStation 5を購入できる権利をプレゼント。抽選に参加するには、My Sony IDの登録が必要だ。自身でキャンペーンに応募する必要はない。当選した場合、My Sony IDのアカウント情報に登録しているEメールで通知。当選発表は8月中旬以降、購入期間は9月末までを予定する。

    当選した人は購入時までにMy Sony IDに住所等を登録する必要がある。登録がない場合は、販売を断る場合があるという。購入できる商品は「PS5通常版[CFI-1000A01]」「PS5 Digital Edition [CFI-1000B01]」のいずれか、1人1点のみ。また、当日在庫の用意がない場合は、後日配送される。

    記事本文はこちら
    https://news.mynavi.jp/article/20210719-1925984/

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/07/20(火) 10:59:07.931 ID:noaMdMgIa.net

    https://pbs.twimg.com/media/E6YQA24VcAAtV4a?format=jpg&name=orig
    ふざけてるの?


    【【ゲーム】ソニーストア直営店で1万円以上買い物をすると、抽選でPS5の「購入権」が当たる】の続きを読む


    ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年7月15日に発売された家庭用ゲーム機。日本国内での略称・略記はファミコン、FC。当時の発売価格は14,800円。 日本国外では中華民国(台湾)、香港でも一部を現地仕様に合わせた上で発売された。一方で北米のアメリカ合衆国及
    118キロバイト (15,400 語) - 2021年7月14日 (水) 20:50


     ファミコン向けの新作ゲームカセットが登場、レースゲーム「F-Θ(エフシータ)」とアドベンチャーゲーム「うたかたシノプシス;」が発売された。販売価格は各7,500円。家電のケンちゃんでは17日(土)19:00より通信販売にて販売予定(店頭販売は無し)。

    ■ ファミコンならびに互換機でプレイできる同人ゲーム

     これらは、ファミコンならびに互換機けの同人ゲーム。ファミコンカセットで提供され、同人サークル「LITTLE SOUND」の作品。

     「F-Θ(エフシータ)」は時間内にコースを3周することでステージクリアとなるレースゲーム。空中から見下ろした自機を操作する三人称視点のレースゲームで、ファミコンでは表現することが非常に難しい「画面の回転」の演出を取り入れている。また、ステージの開始前にはアニメーションデモも挿入されるという。

     「うたかたシノプシス;」はコマンド選択型のアドベンチャーゲームで、同サークル自主制作したアニメーションをゲーム化したというもの。そのアニメーションを収録したDVDも同梱されている。

     なお、両作品ともに深夜アニメ程度の裸の表現が入っているとされている。

     各製品とも任天堂のライセンス商品ではなく、ファミコン/互換機の製造時期や種類によっては動作しない場合があるとされている。また、カセットのシェルは仕入先の都合上、軽微なムラや傷などがあるという。


    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc0929081f66b792a6e21dcc193ded77c5f4e87

    【【ゲーム】ファミコン、FC互換機新作レースゲーム「エフシータ」とAVG「うたかたシノプシス;」が発売】の続きを読む


    仮面ライダーシリーズ(かめんライダーシリーズ)は、1971年に放送された『仮面ライダー』に端を発した、石ノ森章太郎原作・東映制作による特撮テレビドラマシリーズである。 本シリーズは同一の番組ではなく、仮面ライダーの名を冠した複数の番組が、登場人物や設定を変えながらシリーズとして続けられている作品群で
    224キロバイト (23,674 語) - 2021年7月12日 (月) 04:48



    1 名無しさん必死だな :2021/07/16(金) 17:20:37.48

     バンダイは7月16日(金)、50周年の『仮面ライダー』シリーズと25周年の「たまごっち」シリーズによるコラボレーション商品「仮面ライダーっち」を発表した。価格は送料・手数料別途で税込2530円。バンダイナムコグループの公式通販サイト「プレミアムバンダイ」では8月17日(火)23時まで予約を受け付けている。

     カラーは「ジェネシスグリーン」と「レガシーゴールド」で2パターン用意されているが、遊びの内容はどちらも共通だ。なお、本商品は12月下旬以降、ポップアップストアを含む東映のオフィシャルショップ「仮面ライダーストア」でも販売される。

     発表によると今回発売される「仮面ライダーっち」では、昭和から令和にかけて総勢40種以上存在する歴代仮面ライダーを育成可能。育成は「少年仮面ライダー」から始まり、お世話やミニゲームを通してさまざまな仮面ライダーへ成長させていく。また、シークレットの仮面ライダーも7種以上収録されているという。

     本商品ではミニゲームはシリーズ共通の世界設定を踏襲したもので、ボタンを連打して必殺技を決める「ライダーキック」や障害物を避けてライダーを走らせる「チャレンジライド」のふたつを収録しているようだ。

     「仮面ライダーっち」に関するリリース文は以下のとおり。商品出荷は12月の予定となっているので、興味があれば予約してみてほしい。

    “仮面ライダー50周年”דたまごっち25周年”のコラボ商品 「仮面ライダーっち」が登場!

    ~昭和・平成・令和 40種以上の仮面ライダーを収録~

    バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」( http://p-bandai.jp/?rt=pr )では、2021年に50周年を迎える「仮面ライダー」と、25周年を迎える「たまごっち」という、バンダイのおもちゃの歴史を語るうえで欠かせない2つのIPのスペシャルコラボレーションアイテム『仮面ライダーっち(ジェネシスグリーン/レガシーゴールド)』(各2,530円 税込/送料・手数料別途)の予約受付を2021年7月16日(金)11時に開始いたします。(発売元:株式会社バンダイ)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    (出典 img-denfaminicogamer.com)


    https://news.denfaminicogamer.jp/news/210716o


    【【ゲーム】『仮面ライダー』50周年と「たまごっち」25周年のコラボ商品「仮面ライダーっち」発表。】の続きを読む



    1 現場猫(東京都) [IT] :2021/07/11(日) 20:25:58.75


     動画の倍速視聴に飛ばし見――。動画コンテンツがあふれる今、“効率重視”でどうやって消費するか、頭を悩ませている人もいるようだ。だが、そうした風潮は動画に限った話ではない。スマホゲームでも「ストーリー」をスキップするのが当たり前、という人たちがいる。

    「動画は基本倍速視聴、ネタバレも平気です。むしろ最初から知りたいくらい。スマホゲームもそのスタンスなので、基本的にストーリーを飛ばすことが多いです」

     そう話すのは、IT企業に勤める20代男性・Aさんだ。イベントストーリーはおろか、メインストーリーも飛ばしてしまうという。ゲームにおいてストーリーは重要な要素の一つだと思うが、一体なぜなのか。

    「何個もスマホゲームを掛け持ちしているので、時間を節約したいんです。バトルやキャラクター育成に力を注いだ方が、効率が良いじゃないですか。ゲームによっては面白くないシナリオであるからなおさらです」(Aさん)

     とはいえ例外もあるようだ。推しキャラクターがストーリーに登場していることを知った時だ。ただし、スキップではなく倍速にするのが“お決まり”だという。

    「推しの立ち絵や表情差分を見たいので、画面を連打して倍速にするのが自分の中では定番です。それが推しキャラクターに特化したストーリーでも、友人からこういう話だったと教えてもらうことが多い。文字が好きではないのかもしれません」(Aさん)

     メーカー勤務の20代女性・Bさんもスマホゲームを「読まない」タイプだが、文字が嫌いというわけではない。スマホゲームならではの事情があるようだ。

    「スマホゲームのストーリーは、テンポが悪くてストレスを感じます。キャラクターの立ち絵が登場してから表情や動作が変化して、セリフのテキストが流れるという形式に慣れないんです。テキストだけならまだ読めるんですけど……」(Bさん)

     ゲームによっては声優の声が入ったフルボイス仕様のタイトルもあるが、その場合は飛ばしたいのに飛ばせないジレンマに悩まされているという。

    「耳で聴きとるより目で読む方が早いので、ボイスを聴いている時間がもったいなくて飛ばしたくなります。でも飛ばしたら、せっかくの声優さんのボイスを飛ばしてしまうという罪の意識もある。私にとってのスマホゲームは、サクサクいけたらいいだけなんです」(Bさん)

     建設会社に勤務する30代の男性・Cさんは、ストーリーを「とりあえずスキップ」してしまう派だ。武器やキャラクターを引けるガチャの結果を求めがちという点も大きい。

    「後から読み直すつもりでスキップしても、“積ん読”が多くなっていまい、結局は読まないで終わってしまうことも多いです。基本的にはガチャありきでゲームをプレイしているので、結果をTwitterに投稿して仲間と一喜一憂するのが楽しい。だからストーリーは軽視してしまうのかもしれません」(Cさん)

     ストーリーが売りのスマホゲームも増えてきた中で、「ストーリーは不要」とスキップしながらプレイする人たち。ゲームの楽しみ方は人それぞれのようだ。


    【【ゲーム】「スマホゲームのストーリーは邪魔」「動画は基本倍速視聴」 という人がいるらしい。】の続きを読む

    このページのトップヘ