ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: 気になるゲーム関連ニュース


    Nintendo SwitchやPlayStation向けに登場するゲームの多くがパッケージ版とダウンロード版を同時発売しており、中にはダウンロード版のみを展開するゲームもあります。また、2020年に登場したPlayStation 5にはディスクドライブを搭載しないデジタル・エディションが用意されるなど、ゲーム市場全体で物理メディアに依存しないゲーム環境が整いつつあります。そんなゲーム市場における物理メディアのシェア状況について、海外メディアのArs Technicaがまとめています。

    Physical console games are quickly becoming a relatively niche market | Ars Technica
    https://arstechnica.com/gaming/2022/02/fewer-and-fewer-console-games-are-seeing-a-physical-release/

    2018年~2021年におけるPlayStation向けゲームの登場本数を示す以下のグラフからは、物理メディア版のゲーム(オレンジ)が減少し続け、ダウンロード版(緑)は2021年に大きく増加していることが分かります。

    一方で、Nintendo Switch向けゲームにおいては、ダウンロード版が増加している点はPlayStationと似ていますが、物理メディア版の減少は顕著ではありません。

    Ars Technicaは上述の調査結果では物理メディア版とダウンロード版の販売本数が明らかでないため、実際の市場で物理メディア版ゲームのシェアが減少しているとは結論付けられないと述べつつ、PlayStation 5 デジタル・エディションやXbox Series Sといった光学ドライブを搭載しないゲーム機が登場している現状を挙げて「家庭用ゲーム機市場でダウンロード版への移行が急速に進んでいることは明らかです。今後数年で、物理メディアはニッチな分野になるでしょう」と主張しています。

    一方で、Ars Technicaは任天堂がニンテンドー3DSおよびWii U向け「ニンテンドーeショップ」サービスを2023年3月に終了すると発表したことを挙げて、物理メディア版ゲームの市場が完全に消滅することはないとも主張しています。

    記事本文はこちら

    1 名無しさん必死だな :2022/02/20(日) 11:30:04.35

    ぶーちゃんどうするのこれ

    ゲーム市場で10本中9本はダウンロード販売に、物理メディアは売上急減でニッチな存在へ
    https://gigazine.net/news/20220218-game-physical-niche/


    【【ゲーム】ゲーム市場で10本中9本はダウンロード販売に、物理メディアは売上急減でニッチな存在へ】の続きを読む



    1 名無しさん必死だな :2022/01/28(金) 02:18:05.66

    "Aviso aos gamers, Microsoft adquiriu a Activision! Escolham bem (Call Of Duty)"
    「ゲーマーへの警告、マイクロソフトはActivisionを買収しました!賢明に選択してください(Call OfDuty)」
    https://twitter.com/vingadorbrambz/status/1486730763068325893



    (出典 i.imgur.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ゲーム】仏ゲームショップ「PSを買おうとするゲーマーの皆様、MSがアクティビジョンを買収しました!」】の続きを読む


    FIELD』はダンジョンRPGだった。 ^ 新紀元社「幻想目安箱 幻想キャラクターランキング結果発表」『幻想水滸伝 幻想真書 Vol.9 2002夏号』120頁 ^ メディアワークス『電撃PlayStation』Vol.101 ^ 新紀元社『幻想水滸伝 幻想真書』Vol.1 ^ a b c d e 双葉社『幻想水滸伝「大辞典」』336頁
    48キロバイト (7,835 語) - 2021年4月27日 (火) 23:40



    1 muffin ★ :2021/11/27(土) 17:25:20.47

    https://www.inside-games.jp/article/2021/11/27/135495.html

    とても好きなゲームだったけど、なかなか続編が発表されない。そもそも開発会社が消えてしまった。クリエイターが去ってしまった。といったタイトル、ゲーマーであれば誰しもあるのではないでしょうか?そこで今回は「続編を出してほしいゲームは?」と題してアンケートを実施しました。まずはTOP5をお届け。

    5位:『MOTHER』シリーズ
    ファミリーコンピュータで産まれた名作RPGシリーズ。糸井重里氏がゲームデザインを手掛け、独特の雰囲気や耳に残る音楽が特徴的です。『MOTHER4』は出ないと明言されつつも、未だに根強い人気を誇ります。

    4位:『メタルギア』シリーズ
    歴戦の兵士スネークとなって、核兵器メタルギアを破壊するシンプルなアクションながら、「隠れて進む」という新しいジャンルを打ち立てた名作タイトルです。産みの親である小島秀夫監督がKONAMIを去ってしまいましたが、「小島監督の手掛けたメタルギアが見たい」という声が多く見られました。

    3位:『カービィのエアライド』
    スティックとボタン1つで簡単に爽快なアクションレースを楽しめる『カービィのエアライド』がランクイン。熱中したという声が多く見られ、以前実施した「令和にリメイクしてほしい名作ゲームは?」で1位にも輝きました。

    2位:『アーマード・コア』シリーズ
    国家による支配体制が崩壊した世界を舞台に、傭兵となってメカを操る3Dロボットアクションゲーム。自分だけの機体をカスタムできる自由度の高さと、硬派な世界観が魅力的です。度々SNSなどで「身体が闘争を求める」という、どんな出来事も本シリーズの新作を求める意思に変えられる集団幻影が見られます。2013年に発売された『ARMORED CORE VERDICT DAY』を最後に音沙汰のない本シリーズですが、再始動を熱望する声は止むことを知りません。

    1位:『幻想水滸伝』シリーズ
    コナミより販売されていたRPGシリーズ。初代PSからPS2にかけてナンバリングタイトルが発売され人気を博しました。多数の仲間を集めるやりこみ要素や、胸を打つ物語に、続編を熱望する声が多く見られました。本シリーズのスタッフによる精神的続編『百英雄伝』は、2022年発売予定です。

    以上の結果となりました。

    そのほかのゲーム
    ワイルドアームズ
    ヴァルキリープロファイル
    クロノ・トリガー
    がんばれゴエモン
    ゼノギアス
    ぼくのなつやすみ
    ファンタジーライフ
    世界樹の迷宮
    鬼武者
    LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-
    黄金の太陽
    ブレス オブ ファイア

    全文はソースをご覧ください


    (出典 www.inside-games.jp)


    【【ゲーム】続編を出してほしいゲーム 3位「カービィのエアライド」2位「アーマード・コア」シリーズ 気になる1位は?】の続きを読む


    ウマ娘 プリティーダービー』(ウマむすめ プリティーダービー)は、Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリとPCゲーム、およびそれを中心としたメディアミックスコンテンツ。略称は『ウマ娘』。ジャンルは育成シミュレーションゲームで、競走馬を萌え擬人化したキャラクターである「ウマ娘
    185キロバイト (25,541 語) - 2021年9月21日 (火) 10:58



    1 Anonymous ★ :2021/09/20(月) 22:04:37.46 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2207607/full/

     2月24日よりサービスがスタートしたスマートフォン向け人気ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が、1000万ダウンロードを突破したことが20日、発表された。

     1000万DLは、本日20日にYouTubeで配信された番組『「ウマ娘 プリティーダービー」ぱかライブTV Vol.9』内で発表されたもの。これを記念して、ジュエル3000個、継承ウマ娘のレンタル回数が3回から5回に、デイリーレースの挑戦回数が1日3回から6回になるキャンペーンが21日より実施される。※デイリーレースのキャンペーンは22日からスタート。

     同ゲームは、プレイヤーがウマ娘の教育機関「トレセン学園」の新人トレーナーとなり、担当するウマ娘と日々トレーニングやコミュニケーションを取りながら、二人三脚でレースに勝利し夢の実現を目指す、育成シミュレーションゲーム。

     メディアミックス展開されている『ウマ娘』は、テレビアニメ第1期が2018年4月~6月、第2期が2021年1月~3月に放送され、週刊ヤングジャンプで漫画も連載中。ゲームは野球選手の田中将大、タレントの中川翔子、Snow Manの佐久間大介など、多くの有名人がプレイしており、ツイッターやテレビ番組で『ウマ娘』愛を語っている。


    【【ゲーム】『ウマ娘』約半年で1000万ダウンロード突破!!!】の続きを読む


    グランツーリスモ7』(GRAN TURISMO 7、GT7)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2022年3月4日に発売予定のレースゲーム。グランツーリスモシリーズのひとつ。内容は25年間続いたシリーズの集大成となる予定で、グランツーリスモモードの復活もアナウンスされている。 PlayStation
    4キロバイト (420 語) - 2021年9月13日 (月) 14:06



    1 名無しさん必死だな :2021/09/18(土) 06:23:52.29 ID:S/+onkXK0.net

    https://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1351594.html
    山内氏: PS5でプレイすると事実上、ローディングは感じません。

    ――おお! PS4だと、現在の「GT SPORT」ぐらいのローディングが発生すると?

    山内氏: そうですね。1分ぐらいは掛かってしまうと思います。

    ――それがPS5だと実質ゼロですか?

    山内氏: 実際には1秒ぐらい掛かっていると思いますが、ローディングしている感覚はないと思います。

    https://www.eurogamer.net/articles/2021-09-16-the-big-gran-turismo-7-interview
    PS4とPS5のプレイヤーはお互いにプレイできるのでしょうか?

    山内一典:はい、できます。


    【【ゲーム】『グランツーリスモ7』はPS4とPS5でクロスプレイ可。ロード時間はPS4が1分でPS5が実質ゼロ】の続きを読む

    このページのトップヘ