ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:最新ゲーム関連ニュース > ゲーム関連アイテム


    DARK SOULS (ダークソウルからのリダイレクト)
    誰も知らぬ小人の謎を主人公に教え、「闇のソウル」(=Dark Souls)を見出した王になるよう促してくる。 人間に興味を持って道を外れたフラムトを異端視している。契約「ダークレイス」が結べる。 カタリナ騎士ジークマイヤー タマネギの様な甲冑を全身に纏っている、何処かが抜けた
    49キロバイト (7,824 語) - 2022年4月16日 (土) 17:50
    ドラゴンノベルスは、フロム・ソフトウェア開発の人気アクションRPG『ダークソウル』が原作の『小説ダークソウル 弁明の仮面劇』を10月25日に発売すると発表しました。著者はアメリカのSF、ファンタジー作家マイケル・A・スタックポール氏。訳は安田均氏、羽田紗久椰氏が担当。装画は末弥純氏です。四六判・ソフトカバー/328P(予)、価格は未定です。

    全世界で爆発的ヒット中の『ELDEN RING』や『SEKIRO』を送り出したフロム・ソフトウェアによるアクションRPG『DARK SOULS(ダークソウル)』が、この秋、小説で大復活!

    2011年の発売後、全世界でシリーズ累計3,100万本を売り上げ、今なお多くのファンに愛されるダークファンタジー大作を小説化するのは、「スター・ウォーズ」シリーズをはじめ、数多くのSF、ファンタジー作品を手がけているアメリカの世界的作家マイケル・A・ スタックポール氏。
    ゲームの重厚な世界観はそのままに、過酷な世界で生き抜く男のスリリングなオリジナルストーリーが、壮大なスケールと圧倒的なカタルシスをもって描かれます。

    そして、なんと日米同時発売。
    圧倒的支持を得る唯一無二のダークファンタジーの金字塔が、新たな息吹をとともに、この秋、世界を駆け巡る!

    ストーリー

    地下の墓所で、死んでいたはずの男が、暗闇の中目を覚まし次第に感覚を取り戻していく――。

    男は名前を含め、記憶のほとんどを失っていた。
    周囲の状況からすると、埋葬者たちは男の復活を予期し、この場に閉じ込めておこうとしたが、予期せぬ墓荒らしが入ったために、期せずして封印が解かれたようだ。

    目の前に転がっている墓荒らしの死体が不意に動き出し、男に襲い掛かかる。
    男は自分が魔術の使い手であることを思い出し、手のひらから放った魔法の光で墓荒らしを倒す。
    すると、男の頭の中に墓荒らしの生前の記憶が流れ込んできた――。

    墓所の外には夜の砂漠が広がり、星空の様子から、男は自分の死からはるかな時間が経過していることを知り、墓所の外壁に刻まれた文字「フェーラノス」を自分の名前に決めた。

    眠りから覚め名を得た男が、墓荒らしの落とした短剣を手に、運命に導かれ壮大な冒険に旅立つ――。

    記事本文はこちら
    https://gamestalk.net/post-177586/

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/06/17(金) 19:54:53.128
    https://news.denfaminicogamer.jp/news/220617m
    スター・ウォーズシリーズの小説を手掛けるきちんとしたプロの作家が書く模様

    【【ゲーム】「ダークソウル」が公式小説化。『小説ダークソウル 弁明の仮面劇』10月25日発売へ】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/14(火) 08:09:45.10
     カプコンは、「バイオハザード」シリーズ3タイトルをセットにした商品を本日6月14日に発売する。対応機種はプレイステーション 5/Xbox Series X|S。

     本商品はサバイバルホラー「バイオハザード7 レジデント イービル」に加え「バイオハザード RE:2」と「バイオハザード RE:3」をセットにしたタイトル。PS5及びXbox Series X|S向けに発売され、高解像度化や高フレームレート、レイトレーシングに対応する。さらに、PS5ではアップデートプログラム、Xbox Series X|S向けにはスマートデリバリーに対応することも発表された。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/58a3893ad0bd78a81cd7f56a17ddbae319ea37ae

    【【ゲーム】『バイオ7』『バイオ RE:2』『バイオ RE:3』の3作品がセットになってPS5、Xbox Series X|S用に高解像度化して本日発売!】の続きを読む


    Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は、任天堂が開発して2017年に発売した家庭用ゲーム機。日本でのキャッチコピーは、「カタチを変えてどこへでも」「いつでも、どこでも、誰とでも」(本体パッケージには「play anytime, anywhere, with anyone.」と英語で表記されている)。
    123キロバイト (10,656 語) - 2021年11月30日 (火) 11:14



    1 名無しさん必死だな :2021/11/30(火) 20:50:44.44 ID:5R8adkxsM.net

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20211130-184082/

    ORIONは、11.6インチの液晶ディスプレイを搭載するモバイルモニタであり、くわえてNintendo Switch本体を直接接続
    できる機構をもつ製品だ。本体の背面にあるカバーを開けると、Joy-Conを取り外したNintendo Switch本体を挿せ
    るドックが存在し、ゲーム画面をディスプレイに映し出すことができる。なおNintendo Switchは、有機ELモデル・通常
    モデル両対応とのこと。

    さらに、本体の両サイドにはJoy-Con用のレールとグリップを配置。ここにJoy-Conを装着すれば、大画面での
    携帯モードプレイが可能になるというわけだ。バッテリーは内蔵していないため、USB Type-C端子に電源を接続して
    使用するかたちとなり、本体背面にはモバイルバッテリーをバンドで固定するための構造も設けられている。
    ちなみに、ORION本体の重量は1.6ポンド(約725g)とのことなので、Nintendo Switch本体やモバイルバッテリー込
    みだと1kg強となるだろう。



    ORIONは、クラウドファンディングサイトIndiegogoにて予約受付中。価格は約2万8000円となっているが、現時点では
    日本への発送には対応していない模様である。開発元は、アジア圏向けの一般販売について計画していると述べて
    いるため、続報に期待したい。


    【【ゲーム】Switchを大画面で“携帯モードプレイ”できる「ORION」を周辺機器メーカーが開発中。価格は約2万8000円、総重量は約1kg】の続きを読む



    1 名無しさん必死だな :2021/10/27(水) 22:28:34.14

    任天堂は26日からオンラインサービス「Nintendo Switch Online +追加パック」の提供を開始し、スイッチ上でNINTENDO 64のゲームが遊べるようになりました。
    しかしプレイした人の間から、表示の問題やフレームレートの減少、入力遅延など、エミュレーションの出来がよくないとの報告が次々と寄せられています。

    https://japanese.engadget.com/nintendo-switch-online-n64-have-problems-025023112.html


    【【ゲーム】「Nintendo Switch Online +追加パック」のN64ゲーム、コマ落ちや入力遅延など苦情が相次ぐ】の続きを読む


    ゴッドオブウォー』 (God of War、直訳: 戦争の神) とはソニー・コンピュータエンタテインメントのSCEサンタモニカスタジオが開発したPlayStation 2用3Dアクションアドベンチャーゲームである。アメリカでは2005年3月22日に発売されストーリー・グラフィック・サウンドなど
    28キロバイト (4,260 語) - 2021年10月19日 (火) 14:17



    1 ロデオガールメン.avi :2021/10/21(木) 19:26:10.98 ID:AP6Nae/70●.net BE:169920436-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    PC版「ゴッド・オブ・ウォー」の発売日が2022年1月15日に決定
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1360159.html


    ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PC用アクションアドベンチャー「ゴッド・オブ・ウォー」を日本国内に向けて2022年1月15日に発売することを決定した。
    価格は4,900円(税込)。
    本日10月21日以降、SteamおよびEpic Game Storeにて予約購入の受付を順次開始する。

    また、2018年に発売されたプレイステーション 4用「ゴッド・オブ・ウォー」の全世界累計実売本数が1,950万本(2021年8月時点)を突破したことも発表された。
    開発元であるサンタモニカスタジオは「主人公クレイトスの新たな物語を共に歩んでくださったユーザーの皆さまの厚いご支援に、本作の開発を手掛けたサンタモニカスタジオ一同、心より感謝いたします」とコメントしている。


    【【ゲーム】ソニーさんとうとう自社プラットフォーム以外、PC向けにゲームを発売し始める!PC版「ゴッド・オブ・ウォー」の発売日が2022年1月15日に決定】の続きを読む

    このページのトップヘ