ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: レトロゲーム


    ゲーメスト』(GAMEST)は、新声社が1986年から1999年まで発行していたゲーム雑誌である。アーケードゲームを専門に扱っており、その専門性の高さから全盛期には売り上げが30万部に達し人気を得ていたが、新声社の倒産と共に廃刊となった。 新声社が当時大手であったビデオゲー
    13キロバイト (1,891 語) - 2021年12月31日 (金) 08:49

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/25(水) 18:26:03.56

    2022年05月25日 18時00分 公開

    伝説のゲーム誌『ゲーメスト』公式YouTubeチャンネルが始動 草創期のスタッフが制作の裏事情を証言
    「誤植ネタにはさすがに飽きた、真のゲーメスト読者へ送ります」とのことで、ディープな裏話に期待。
    [沓澤真二,ねとらぼ]

     伝説的なアーケードゲーム専門誌、『ゲーメスト』の公式YouTubeチャンネル「GAMEST CHANNEL:アンドキュメンテッド・ゲーメスト」が開設されました。誌面制作の内側を、当時の編集者やライターがさまざまな切り口で語るとのこと。また、併せて公式Twitterアカウント(@GAMEST57339665)もオープンしています。



    (出典 image.itmedia.co.jp)

    第1回は6月1日。当時を知る元スタッフが、創刊号について語ります


     ゲーメストは1986年に隔月刊誌としてスタート。全国のゲームセンターでトップクラスの腕利きゲーマーをライターに招き、ハイレベルな攻略記事を毎号掲載する専門性が特徴です。のちに月刊化・隔週刊化され、最盛期は公称発行部数50万部を誇りましたが、1999年に版元の新声社の倒産とともに廃刊となりました。



    (出典 image.itmedia.co.jp)

    ゲーメスト創刊号。当初はアーケードゲームに限らず、ファミコンなど家庭用ゲーム機の情報も扱っていた

    (出典 image.itmedia.co.jp)

    巨人がファンタジーゾーンの1面をのぞき込むシュールな創刊2号

    (出典 image.itmedia.co.jp)



    山瀬まみさんが表紙の3号。バブルボブルや沙羅曼蛇やイシター、アテナなど、当時旬だったゲームの顔ぶれがすごい
     公式YouTubeチャンネルは、第2期編集部員でテトリス初代世界チャンピオンでもある、水島屋T.J.さんが発起人として開設。第1回は6月1日に公開される予定(既に収録済み)で、創刊時の編集部員にして誌名の名付け親でもある風見螢さんを招き、創刊号の舞台裏を語ります。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2205/25/news015_0.html


    【【ゲーム 】伝説のゲーム誌『ゲーメスト』公式YouTubeチャンネルが始動 草創期のスタッフが制作の裏事情を証言】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2022/05/25(水) 06:11:44.96 ID:EBIldtJm0.net

    めんどくさそう


    【【ゲーム】昔のゲームはソフトが4つくらいに別れてて途中でソフトを入れ替えながらプレイするらしい】の続きを読む



    1 名無しさん@弾いっぱい :2014/05/27(火) 01:34:09.59

    あげてけ


    【【ゲーム】PS1、PS2、PS3、PS4で買っておくべきシューティングは?】の続きを読む



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/05/18(水) 23:27:28 ID:XTpyKg4pM.net

    破壊の鉄球


    【【ゲーム】「攻撃力、ハンパねぇ…」って思ったゲームの武器】の続きを読む


    ハルマゲドン」。スーパーファミコン(SFC)版は「SFC究極のドラクエ」。ゲームボーイカラー(GBC)版は「一番愛されたドラゴンクエスト」。 物語は、ロトシリーズ3部作の完結篇と位置づけられており、前2作『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』の物語中に名が登場した伝説の勇者「ロト」
    150キロバイト (22,453 語) - 2022年5月4日 (水) 05:38

    【【ゲーム】スクエニ「ドラクエは3!3が至高なはずなんだあああ!」ファン「ドラクエ?やっぱ5でしょw」】の続きを読む

    このページのトップヘ