ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: レトロゲーム


    アルゴスの戦士』(アルゴスのせんし 英題:Rygar)は、テクモ(後コーエーテクモゲームス)より発売されたアクションゲーム。 1986年5月にアーケードゲームとしてリリースされ、後に様々なプラットフォームにて移植・リメイクが行われている(#他機種版節を参照)。 ヨーヨー状
    29キロバイト (2,222 語) - 2020年1月1日 (水) 08:20



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    『アルゴスの戦士』(アルゴスのせんし 英題:Rygar)は、テクモ(後のコーエーテクモゲームス)より発売されたアクションゲーム。

    1986年5月にアーケードゲームとしてリリースされ、後に様々なプラットフォームにて移植・リメイクが行われている。

    ゲーム内容
    システム
    ヨーヨー状の武器「ディスカーマー」を駆使して、ラウンド27に存在する獣王ライガーを倒すことが目的。
    パワーアップアイテムに5種類のインドラがある。
    『スターフォース』のゴーデス同様、本作にも100万点ボーナス「インドラの秘伝書」が隠されている。ヒントは北斗七星である。

    ストーリー
    西暦19XX年、獣王ライガーは甦った怪物たちと共に、世界を制圧していき、人類はライガーの支配下に置かれていた。「獣が大地を覆いし時、アルゴスの地より戦士甦えりて、これを救わん」という古い言い伝えの通りに、アルゴスの戦士は人類を救うためにライガーに戦いを挑む。

    アーケード版
    ゲーム誌「ゲーメスト」の企画でゲーメスト大賞の前身にあたる「ゲーメスト・オブ・ザ・イヤー」(1986年)で、編集部選考により銀賞を獲得している。
    1991年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』において、それまでの全アーケードゲーム作品を対象とした読者投票では第38位を獲得した。
    1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、『名作・秀作・天才的タイトル』と認定された「ザ・ベストゲーム」に選定され、「このゲームの特徴はステージによって、横スクロールの面と、縦スクロールの面などがあり、飽きさせないゲーム性をかもしだしている」、「得点ボーナスの条件はさまざまで、5つのインドラをすべて取ることや、星のアイテムを7つ集めること、5人並ぶ敵を地面に落とさずに倒す、ステージクリア時に得点とタイムをあわせてコマンド入力など、いろいろなボーナスが隠されているのだ。極めつけは、あるステージでの百万点ボーナスもあり、当時のファンの間で騒がれた」と紹介されている。

    Wikipediaより

    1 NAME OVER :2017/02/16(木) 23:39:03.98 ID:EzAJuz01r.net

    アケでもFC でもどんとこい!

    アケ攻略

    (出典 Youtube)


    【【ゲーム】『アルゴスの戦士』1986年テクモより発売されたアーケード用横スクロールアクションゲーム!FC版はイラストが子供向けにデフォルメされRPG風にアレンジされている】の続きを読む


    闘いの挽歌』(たたかいのばんか、英題:Trojan)は、カプコンが1986年4月に稼働開始したアーケード用横スクロールアクションゲーム。 主人公「リュウ」を操作し、核戦争後世界を支配する剣王を倒し、世界を救出する事を目的としている。 同年12月24日にはファミリーコンピュータ版、また北米のみP
    17キロバイト (1,605 語) - 2020年2月17日 (月) 12:44



    (出典 image.gamer.ne.jp)


    『闘いの挽歌』(たたかいのばんか、英題:Trojan)は、カプコンが1986年4月に稼働開始したアーケード用横スクロールアクションゲーム。

    主人公「リュウ」を操作し、核戦争後の世界を支配する剣王を倒し、世界を救出する事を目的としている。

    同年12月24日にはファミリーコンピュータ版、また北米のみPC/AT互換機版が発売され、ファミリーコンピュータ版は2016年8月31日よりWii Uバーチャルコンソールにて配信が開始されている。

    アーケード版は後にPlayStation 2およびXbox用ソフト『カプコン クラシックス コレクション』(2005年)に収録された他、PlayStation Portable用ソフト『カプコン クラシックス コレクション』(2006年)、PlayStation 3およびXbox 360用ソフト『カプコン アーケード キャビネット』(2013年)に収録された。

    概要
    サイドビュー形式のアクションゲーム。プレイヤーキャラクターと敵キャラクター達は当時としてはかなり大型で見栄えのするグラフィックが用いられている。それとは対照的にゲーム内容は非常にシンプルかつストイックであり、ステージにはギミック的な要素はほとんど存在せず、プレイヤーを脅かす要因はもっぱら敵キャラクターからの攻撃である。

    主人公の攻撃方法は剣だけで、防御は盾で行う。ただし、丸まり攻撃やマジックボールを盾で受けると素手になる。

    『NAMCO x CAPCOM』(2005年)のシルフィーの通常技に本作の名前のものがある。ゲーム誌『ゲーメスト』の通販コーナー、『まるゲ[2]屋』の吉崎観音四コマ漫画にて、このゲームの主人公がカプコンゲームの初代の「リュウ」である事が判明している。

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/01/31(日) 19:35:46.254 ID:SZ1x3dh9a.net

    マップ画面の曲がキングクリムゾンを彷彿とさせるwwwwww


    【【ゲーム】『闘いの挽歌』1986年カプコンから発売、核戦争後の世界を舞台にしたアーケード用横スクロールアクションゲーム!AC版は高難易度、FC版はオリジナルステージやボスが追加】の続きを読む


    、マジックアイテムを入手して様々な特殊効果が使える。 神の使いとされるカルノフはゲーマデリック『ラップ de カルノフ』において「マンボズボンを履いた太ったおじさん」と説明されている。 カルノフのフルネームは、ジンボロフ・カルノフスキー (Jinborov Karnovski)で、当時のデータイース
    19キロバイト (1,919 語) - 2020年3月27日 (金) 08:14



    (出典 maedahiroyuki.com)


    『カルノフ』(KARNOV)は、1987年にデータイーストが発売したアーケードゲーム。ジャンルは横スクロールアクションゲームである。また、同作品の主人公および同社作品に登場するキャラクター。

    概要
    プレイヤーは主人公カルノフを操り、各面をクリアして宝の地図の破片を集める。口からの火炎攻撃のほか、マジックアイテムを入手して様々な特殊効果が使える。

    神の使いとされるカルノフはゲーマデリック『ラップ de カルノフ』において「マンボズボンを履いた太ったおじさん」と説明されている。

    カルノフのフルネームは、ジンボロフ・カルノフスキー (Jinborov Karnovski)で、当時のデータイーストの常務だった神保という人物がモデルだったとされ、ナムコから販売されたファミコン版の説明書でカルノフのフルネームが公開されるや否や、その常務は烈火の如く怒り狂ったと当時の社員だった斉藤幸一は述べている。

    アーケード版
    1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では「一風かわった濃いゲーム」に選定され、「(主人公に関して)どう控えめに見ても『スキンヘッドの太ったおじさん』。
    しかもエンディングでは、宝の山に囲まれてウハウハするという神の使いにあるまじき欲深き一面を見せてくれる。当時のプレイヤー達は誰しも『なんなんだコイツは?』と思ったはずだ」、「岩を投げつけてくる石人間や中ボスとして現れる猛獣使いなど、存在の必然性が感じられないキャラクター達が次々と襲いかかってくる様は、当時のプレイヤー達に絶大なインパクトを与えたに違いない」、「ゲーム性は口から吹き出すファイヤーボールで敵を倒しながら、多種多様なアイテムを使って進んでいくといった完成度の高い純然たるアクションゲームだったといえる」と紹介されている。

    ファミリーコンピュータ版
    ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.38点(満30点)となっている。同誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「一定時間内にボスを倒せばクリアという単純なシステムだが、敵は非常に強い。純粋なアクションゲームだ」と紹介されている。

    Wikipediaより

    1 骨 ★ :2020/03/28(土) 01:22:11 ID:CAP_USER.net

    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1243558.html
    2020年3月27日 16:41

    D4エンタープライズは、3月27日よりレトロゲーム配信サービス「プロジェクト EGG」にて、
    Windows用アクションシューティングゲーム「カルノフ(アーケード版)」の配信を開始した。
    キャンペーン期間中は500円(税別)で配信される。
    本作は、1987年にデータイーストからアーケード用としてリリースされたアクションシューティングゲーム。
    一風かわったグラフィックスやゲーム性が評価され、当時も話題を呼んだ。
    プレーヤーは神の使いカルノフを操作して、暗黒の帝王を倒す冒険に出発する。
    ゲームはサイドビューで、ショット(口から火を吐く)、ジャンプを駆使して次々に登場する敵と戦う。
    ステージには、ショットを強化できる「赤い玉」、移動速度が速くなる「靴」、壁などを爆破できる「爆弾」、
    隠されたアイテムが見える「マスク」などが登場する。
    これらを手に入れるとゲームを有利に進めることができる。
    冒険の舞台には、街、遺跡、原野、洞窟、海、迷宮など全部で9つのステージが用意されている。
    敵の出現パターンをあらかじめ覚える必要があるなど、覚えゲーの要素もあり、難易度は高めだ。
    今回のプロジェクトEGG版では、ディップスイッチによる設定変更が可能。
    画面表示は1:1と4:3の2種類が選べ、画面輝度変更ができる。


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)

    画像


    【【ゲーム】『カルノフ(KARNOV)』1987年データイーストから発売されたスキンヘッドで上半身ハダカのおじさんが主人公のアーケード用横スクロールアクションゲーム!FC版はナムコが発売】の続きを読む


    バラデューク』 (Baraduke) は、1985年7月にナムコ(後のバンダイナムコアミューズメント)よりアーケードゲームとして稼働されたアクションシューティングゲーム。 キャッチフレーズは「ブキミが気持ちいい!」。当時子供向けでライトなイメージが主流だった市場で、大人向け&マニア層へのアプロー
    16キロバイト (2,490 語) - 2020年3月26日 (木) 21:59



    (出典 retrogamegoods.com)




    『バラデューク』 (Baraduke) は、1985年7月にナムコ(後のバンダイナムコアミューズメント)よりアーケードゲームとして稼働されたアクションシューティングゲーム。

    キャッチフレーズは「ブキミが気持ちいい!」。当時子供向けでライトなイメージが主流だった市場で、大人向け&マニア層へのアプローチを狙った作品である。デザイン面や広告面でもそのイメージは徹底されており、ナムコ内はもとより当時の国内アーケードゲーム市場でも異色のラインナップだった。

    家庭用への移植は1997年発売の『ナムコミュージアムVOL.5』までなされなかった。

    主人公である「ファイター」は当時は固定の設定が存在しなかったが(呼称としては1P側が「KISSY」、2P側が「TAKKY」と表記されていた)、後に同社の『ミスタードリラー』に、「トビ・マスヨ」の名前で『ディグダグ』の主人公「ホリ・タイゾウ」の妻として登場。10年以上の歳月を経て正式な主人公設定が加えられた。

    基本システム
    プレイヤーは、8方向レバーにより主人公を動かし、ボタンで銃(波動ガン)を発射して敵と戦う。これは主人公の向いている方向(左右)にしか撃つ事ができない。

    プレイ開始時、主人公のシールド上限は2目盛に設定されている。敵(一部を除く)や弾に触れると減っていき、全てなくなるとストック(残機)を一つ失う。シールド上限が3以上の場合、ストックを失うごとに上限は1つずつ減っていく。フロアをクリアすると、シールドは上限まで全回復する。

    シールドによるライフ制ではあるものの、ライフ制のゲームの多くが採用している「ダメージを受けた際の無敵時間」が発生しないので連続ダメージを受けやすい。

    波動ガンには反動があり、発射すると主人公はわずかに後退する。また、緩やかではあるが重力が存在し、足場のない空間で静止していると、主人公はゆっくりと下方向に降下する。ただし敵キャラやパケットは、一部の例外を除いて重力を無視して移動する。

    Wikipediaより

    1 名無し募集中。。。 :2019/08/29(木) 18:44:21.22 0.net

    超デカいボスが出てきたのはあれが最初かな?


    【【ゲーム】『バラデューク』1985年にナムコから「ブキミが気持ちいい!」のキャッチフレーズで発売され、大人やマニア向け層を狙ったアーケード用アクションシューティングゲーム!】の続きを読む


    プレイステーション版: 2002年1月31日(PS one Books として再発売。) 16世紀の世界各地を舞台に、伝説の剣「ソウルエッジ」を巡る10人の戦士の戦いを描き、後年“ソウルシリーズ”と呼ばれる一連の作品群の先鞭を付ける事となった。 戦士は全員武器を装備しており、その武器の射程と空間を活かしたシステムとなっている。
    12キロバイト (1,138 語) - 2019年11月9日 (土) 02:42



    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    『ソウルエッジ』(Soul Edge)は、1996年にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)がアーケードゲームとして発売した3D武器格闘アクション、および、この作品においての最重要アイテム(武器)の名称。

    1996年12月20日に多数の要素を追加したプレイステーション版が発売された。

    なお、海外版(欧州、北米、オーストラリア等)は『'Soul Blade(ソウルブレード)』という名称となっている。



    プレイステーション版追加要素
    オープニングムービー
    ソウルエッジの世界を表現したOPムービーの追加。
    エッジマスターモード
    世界地図に表示される各地を転戦して対戦開始前に表示される「リングアウトで倒せ!」といった条件を満たすように敵に勝つと、攻撃力や重量といったパラメーターが通常とは違う武器が入手できる。武器のコレクションを増やして最終的にはそれぞれのキャラの最強武器を入手することが目的だが、プレイヤーの訓練用モードでもある。
    マルチエンディング
    アーケードモードのエンディングをポリゴンキャラによる動画に変更。エンディング中に特定の操作をすることによってエンディングの内容が変化する。なお、アーケード版のエンディングは「エッジマスターモード」をクリアすることによって見ることができる。
    BGM
    「ORIGINAL VERSION(アーケード版)」、「ARRANGE VERSION(アーケード版のアレンジ)」、「KHAN SUPER SESSION」の3種類のBGMから選択可能。
    KHANとは、1996年に結成活動していた日本のユニットグループで、家庭用で追加されたOPムービー中に流れる本作のテーマソング『The Edge of Soul』を制作し歌っている(後にシングル・アルバムとしても発売された)。
    キャラクターの追加衣装
    本作の家庭用版の発売前には、一般公募によるコスチュームデザインのキャンペーンが行われた。このキャンペーンの入選作品が、アーケード版の衣装とともに、それぞれのキャラへ家庭用版の独自の追加衣装として実装された。
    その他
    ゲームバランスの修正、練習モード、一定条件で使える隠れキャラ(美那の父、「成漢明(ソン・ハンミョン)[Seung Han Myong]」など)等の追加。


    本作のムービー・CGの評価
    本作で制作されたムービー(家庭用のプレイステーション版で追加されたOP)やCGは、アートとしても国内外で高く評価され様々な賞を受賞している。以下はその受賞歴。

    1997年 SIGGRAPH97(主催:国際計算機学会 ACM)「SOUL BLADE」(「ソウルエッジ」海外版 オープニングムービー) Electronic Theater入賞
    1997年 平成9年度(第一回)文化庁メディア芸術祭「ソウルエッジ」 デジタルアート(ノンインタラクティブ)部門 大賞
    1998年 マルチメディアグランプリ(主催:財団法人マルチメディア振興協会)「ソウルエッジ」 CG部門エンターテインメント賞 受賞

    1 既にその名前は使われています@\(^o^)/ :2017/02/03(金) 18:29:54.20 ID:puOEXOtV.net

    今みるとあまりにもしょぼいけど


    【【ゲーム】『ソウルエッジ』PS版、1996年ナムコよりAC版に多数の要素を追加し発売され、OPムービーの評価は高く様々な賞を受賞した3D武器格闘アクションゲーム!】の続きを読む

    このページのトップヘ