ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: レトロゲーム


    餓狼伝説スペシャル』(がろうでんせつスペシャル)は、1993年9月16日に日本のSNKから稼働されたアーケード用2D対戦型格闘ゲームである。欧米でのタイトル表記は『Fatal Fury Special』。 本作は総勢15名から選択する形となり、前々作で倒したギース・ハワードが生きていた事を知った
    55キロバイト (5,710 語) - 2021年5月22日 (土) 13:07



    1 鳥獣戯画 ★ :2021/09/16(木) 10:04:43.72

    マグミクス9/16
    https://magmix.jp/post/62411

    1991年、『ストリートファイターII』の登場により、ゲームセンターは対戦を求めるゲーマーたちが集う戦場となっていました。それまで主流だったシューティングゲームやアクションゲームは1人のプレイヤーが長時間筐体を占有することも多かったのですが、対戦であれば負けた側が次々とコインを投入するのでインカム(ゲーム機に投入された金額)も非常に高く、2台の筐体を向かい合わせにした対戦台がずらりと並ぶ光景も珍しくはなかったのです。

     当然、このにわかに巻き起こった対戦ブームを当てこんだゲームメーカーにより、多くの対戦ゲームが世に送り出されました。そのなかにはいかにも粗製乱造という形の作品も含まれていたのですが、いくつかのタイトルは非常に素晴らしいゲームとして評価され、人気を獲得していたのです。その内のひとつが『餓狼伝説スペシャル』でした。

    第一作である『餓狼伝説 宿命の闘い』は1991年11月に発売されたタイトルで、SNK独自のハード「NEOGEO」初の対戦格闘ゲームでした。使用キャラクターはテリー・ボガードとアンディ・ボガード、ジョー・東の3人だけで対戦ツールとしてあまり注目はされませんでしたが、それなりに楽しめた記憶はあります。翌1992年12月にはキャラクターが8人に増加した『餓狼伝説2-新たなる闘い-』が登場し、新キャラクター不知火舞の人気も相まって、人気作品となりました。しかし『2』はアンディ・ボガードの斬影拳の隙が極めて少なくハメてしまえば勝ててしまったのと、 攻撃を受けた際ののけぞりが無敵となっており、連続技を決められなかったため対戦ツールとしては難がありました。対戦格闘ゲームが産声をあげてから2年弱の時期だったので、なにもかもが手探りの状態だったのです。

     そして1993年9月16日、待望の新作として『餓狼伝説スペシャル』の稼働が開始されました。通算3作目となる本作は、新キャラクターを追加して使用可能なキャラが15名+1名になっただけではなく、さまざまなアップデートが施されていたのです。

    バランスの良さから今なお愛好者は多い
     まず重要な修正として、斬影拳にガード後の硬直が付きました。それでも強力な技ではありましたが、少なくとも斬影拳連発で一方的にやられることはなくなったのです。他にも多数の調整が行われ、ストレスを感じる部分が非常に少なくなっていました。

     また「餓狼伝説」シリーズの特徴であるライン移動も使いやすくなり、戦術に組み込んだ動きができるようになったのも大きかったでしょう。

     のけぞり時の無敵もなくなり、コンボを決めやすくなったのも重要な変更でした。熟練者同士での対戦は互いに隙がないため攻撃を当てるのは難しく、一度のチャンスで大きなダメージを取ることができるコンボの存在は、対戦を楽しむためには必須だったのです。

     一発逆転を狙える超必殺技の存在も、格闘ゲーマーを魅了しました。筆者は当時、山田十平衛を愛用していましたが、体力ゲージが減って赤く点滅し始めると、「ここからが本番だ!」と一段ボルテージが上がったものです。とにかくなんでもいいから攻撃をガードさせてしまえばしめたもの。圧倒的な間合いの広さを生かして吸い込んで、「わしの勝ちじゃぁ~」のボイスと共に一気に勝負を決める快感に酔いしれていました。キム・カッファンの鳳凰脚やギース・ハワードのレイジングストームの返り討ちにあった回数の方が多い気はしますが。

     こうしたさまざまな要素の追加や調整の結果、『餓狼伝説スペシャル』はバランスの良い対戦格闘ゲームとして爆発的な人気となり、多くのプレイヤーをとりこにしました。

     あれから28年が経過しましたが今なお愛好者は多く、高田馬場(東京都新宿区)にある「ゲーセンミカド」では今なお大会が開かれ続けています。動画で見ることも可能ですが、年月を超えて積み上げられた経験と技量は凄まじいレベルに達しています。もし、昔『餓狼伝説スペシャル』を楽しんでいた方がいらしたら、ぜひ見てみることをお勧めします。あの時は見えていなかった、頂点がそこにいます。


    【【ゲーム】『餓狼伝説スペシャル』対戦ゲームが手探りの時代 今なお愛好者が多い理由とは】の続きを読む


    落ち物パズル (落ち物ゲームからのリダイレクト)
    によって成り立っているものである。アクションパズルに分類される。落ち物ゲーム、落ちゲーとも。 格子状ブロックを敷き詰めること フィールド上方からブロックピースが落下してくる(多くの場合ブロックピースは数種類のパターンからランダムに選定される) プレーヤーはブロックピースを回転、左右に移動することができる
    9キロバイト (1,281 語) - 2021年5月10日 (月) 19:49



    1 名無しさん必死だな :2021/09/15(水) 17:46:21.08

     ハムスターは、プレイステーション 4/Nintendo Switch用パズルゲーム「アーケードアーカイ* ソルダム」の配信を9月16日に開始する。価格はPS4版が837円(税込)。Switch版が838円(税込)。

     「ソルダム」は1992年にジャレコから発売されたパズルゲーム。横一列に同じ色の木の実を揃えて消していくのが基本ルールとなっている。同じ色の木の実で他の木の実をはさむと、間の木の実がその色に変化する特徴がある。この特徴を活かして、妖精たちだけが知っているとされる不思議なパズルを攻略していこう。


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    https://asset.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1351/236/006_l.jpg


    【【ゲーム】PS4/Switch「アーケードアーカイブス ソルダム」9月16日に配信決定!1992年にジャレコから発売されたパズルゲーム】の続きを読む


    クロックタワー』(CLOCK TOWER)は、1995年9月14日に日本のヒューマンから発売されたスーパーファミコン用アクションアドベンチャーゲーム。 同社の『シネマティックライブシリーズ』第3作であり、『クロックタワーシリーズ』第1作目。主人公のジェニファーを操作し、殺人鬼の徘徊する館から脱出す
    31キロバイト (3,576 語) - 2021年7月22日 (木) 01:28


    1995年(平成7年)9月14日は、スーパーファミコンで『クロックタワー』が発売された日。

    『クロックタワー』は14歳の少女・ジェニファーを操作して、恐るべき殺人鬼、通称“シザーマン”から逃亡するホラーゲーム。シザーマンは巨大なハサミを振り回す猫背の存在ですが、“シャキーン、シャキーン”と不気味にハサミを鳴らす音や、登場すると鳴る恐怖感を際立たせる迫力のBGMがとにかく怖い! 幼かった筆者は彼にトラウマを植え付けられましたが、同じように彼に恐怖した人は多いハズ……。

     主人公のジェニファーは非力な少女なので戦うすべを持っていません。シザーマンが出現したら隠れてやり過ごすか身近にある物を駆使して撃退するしかないのですが、撃退できるパターンは少なく、基本は隠れてやり過ごすことになります。

     しかし、隠れていても一定の確率で見つかってしまうため、つねに見つかってしまうのではないかという緊張感が付きまといます。そのため、こちらの心臓もバクバクです。

    さらにシザーマンは天井から飛び降りてきたり、バスタブの中から飛び出してきたりと、かなり神出鬼没。「いつシザーマンが登場するんだろう……」とビクビクしながらプレイすることになります。続編の2作目以降は時間経過によってランダムでも登場するようになるのですが、この1作目はイベントのフラグが立つと出現する仕組みでした。そのため、じつは襲ってくる機会は少ないのですが、だからこそ彼が急に現れたときは焦ります。

    また、シザーマン以外にもたくさんの即死トラップがあるため、ゲーム中は油断ができません。殺人オウムにつつき殺されたり、鏡から伸びる手に絞め殺されたりと、すぐにゲームオーバーになってしまいます。

     ただ、ジェニファーには体力が設定されており、この体力が残っていればシザーマンの攻撃や即死トラップをボタン連打で回避することができます。

     このボタン連打システムは“RSIシステム”と名付けられており、“Renda Sezuniha Irarenai”(連打せずにはいられない)の頭文字を取ったもの。“ヒロインを助けたいと思うプレイヤーの心を連打に乗せる”……確かにその通りなのですが、スーパーファミコン時代のゲームは、こういうセンスが多かった気もします。時代だ!

     現在、本作をプレイするのであればWii Uでバーチャルコンソール版を購入するか、ゲームアーカイブスでプレイステーション移植版の『クロックタワー ~The First Fear~』を購入、もしくはレトロゲーム配信サイトのプロジェクトEGGに加入して本作の購入をするといった方法があります。古いゲームですが、マルチエンディングが採用されており、やり応えがあると思うのでぜひ遊んでみてほしいですね。

     シリーズは、生みの親である河野一二三さんが携わった『クロックタワー2』のほか、日本を舞台にJホラー風味になった『クロックタワーゴーストヘッド』、開発スタッフやメーカーが異なる『クロックタワー3』と続きました。『クロックタワー3』はイベントCGムービーの監督に映画監督の深作欣二さんを起用したことでも話題に。なお、その助監督として『ダンガンロンパ』シリーズの生みの親である小高和剛さんが参加していたりもします。

    記事本文はこちら
    https://www.famitsu.com/news/202109/14233603.html

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/14(火) 14:40:19.343

    VRでリメイクしてくれたらハードごと買うんだが


    【【ゲーム】今日9月14日は何の日か?そう、『クロックタワー』がスーファミで発売された日だ】の続きを読む


    ペルソナリーズ > ペルソナ4 アルティメット イン マヨナカアリーナペルソナ4 アルティメット イン マヨナカアリーナ』(ペルソナフォー アルティメット イン マヨナカアリーナ、Persona4 The ULTIMATE In MAYONAKA
    58キロバイト (8,505 語) - 2021年3月3日 (水) 02:39


    2012年3月1日より『P4U』アーケード版が稼動開始。同年7月26日にPlayStation 3 / Xbox 360版が発売。略称は「P4U」。

    2013年11月28日には『P4U』の続編『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』(ペルソナフォー ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド、Persona4 The ULTIMAX ULTRA SUPLEX HOLD)が稼働を開始した。略称は「P4U2」。家庭用版は、2014年8月28日にPlayStation 3版が発売。海外ではXbox 360版も発売。

    『ペルソナシリーズ』のアトラスと『BLAZBLUE』のアークシステムワークスの共同開発によって作られている[2]。『ペルソナ3』と『ペルソナ4』のプロデューサーである橋野桂は以前からペルソナシリーズで2D格闘ゲームを作りたいと思っていたという。橋野は特にアークシステムワークスの作品に惹かれていたため打診したところ、アークのスタッフにもペルソナシリーズのファンが多かったため、今回のコラボレーションが実現した。単にアークシステムワークスに依頼するだけでなく、シナリオパートや作曲、キャラクターデザインについてはペルソナチームが手掛け、格闘ゲームパートについては本職のアークが製作するという共同製作のスタイルを取っている。

    キャッチコピーは『その後の話を、始めようか。』。この言葉通り『ペルソナ4』の直接の続編となっている。稲羽市で起こったマヨナカテレビ連続殺人事件の解決から2ヶ月後、再びマヨナカテレビにてP-1グランプリなる格闘番組の放映が告知される。自称特別捜査隊のメンバーは再びテレビの中の世界へとダイブしこの番組の謎を追って行く、という内容。また『ペルソナ3』の続編ともなっており、『ペルソナ3』からも一部キャラクターが登場する。ストーリー的には『P3』から2年が経過しているため、2年後の姿が新たにデザインされた。広告では『ペルソナ4』の鳴上悠と『ペルソナ3』のアイギスが戦っているイラストが掲載された。

    名称はK-1グローバル社主催の格闘技イベント『K-1』のパロディ。選手紹介は佐藤大輔と立木文彦の煽りPVのパロディなどDSE社の『PRIDE』と『ハッスル』で多用された演出を使用しており、かつての国内二大格闘技イベントをリスペクトしている。

    2011年9月15日から18日にかけて行われた「東京ゲームショウ2011」ではアークシステムワークスブースにて、9月15日から17日に行われた「アミューズメントマシンショー」ではタイトーブースにて出展された。

    日本国外では北米でも発売。PS3版とXbox 360版の両方にリージョンロックが導入されており、PS3のソフトにリージョンロックが行われるのは本製品が初となる[3]。

    キャラクター選択時の初期のカーソル位置は1Pが「鳴上悠」、2Pが「花村陽介」とされている。なお、ナレーターは、P4U・P4U2共に立木文彦が担当する[4]。

    2013年12月1日付で、アトラスのアーケード事業は親会社であるセガ(後のセガ・インタラクティブ)へ吸収されたが[5]、アーケード版におけるオンラインサービスは開発の経緯上、同年11月1日付でアトラスの親会社となったセガのALL.Netではなく、タイトーのNESiCAxLiveを継続使用する。

    2017年7月に開催されたEVO2017で、ブレイブルーシリーズ最新作『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』の参戦が決定された。


    ストーリー

    ストーリー(P4U)
    世間を騒がせていた稲羽市の「怪奇連続殺人事件」が解決し、三年生に進級した鳴上は2012年5月、ゴールデンウィークを利用して再び稲羽市に再訪した。町では新たな噂で持ちきりとなっていた。それは雨の夜、消えているテレビを覗くと見えるという不思議な番組『P-1 Grand Prix』であった。『決死の格闘ショウ』と銘打たれた番組では、出場選手としてでっち上げられた自分達の姿と、普段と装いの違うクマの姿があった。
    マヨナカテレビ内のクマとの連絡も途絶え、かつての『自称特別捜査隊』の面々も相次いで失踪。残ったメンバーと共に事件を解決するべく、彼らは再びマヨナカテレビの中にダイブする。一方、桐条家と警視庁の協力により結成された特殊部隊『シャドウワーカー』の部隊長を務めていた美鶴は、原因不明の再起動を遂げたラビリスの捜索・回収を行うべく、かつての特別課外活動部の面々を招集し、手掛かりのある八十稲羽を訪れる。
    ストーリー(P4U2)
    鳴上ら『自称特別捜査隊』と、美鶴達『シャドウワーカー』は稲羽市で発生した事件の真相を追うも、救出したラビリスの記憶領域には「黒幕」の手掛かりはなく、捜査は暗礁に乗り上げてしまう。一方で手に入れた情報から過去に因縁のある「ある男」の存在が浮かび上がる。
    数日後、再びマヨナカテレビが映し出されクマ総統が登場し『P-1 CLIMAX』の開催が宣言される。同時に稲羽市は謎の赤い霧に包まれ、大量のシャドウが発生する現象が発生。さらにマヨナカテレビには、磔にされた美鶴、真田、風花、アイギスの姿が映し出される。
    『自称特別捜査隊』とラビリスからの報告により駆け付けたゆかりと順平達は、再びマヨナカテレビへと飛び込む。そして戦闘の最中、かつて稲羽市で起こった『怪奇連続殺人事件』に深く関わった足立の姿が目撃される。

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%8A4_%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88_%E3%82%A4%E3%83%B3_%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/06(月) 19:33:52.622

    存在を知る者すらいない


    【【ゲーム】『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』アトラスとアークシステムワークスが開発し2012年に発売されたアーケード用2D対戦型格闘ゲーム!ペルソナ4の続編】の続きを読む



    【【ゲーム】デザインが良いゲーム機といえば「ゲームボーイミクロ」「アドバンスSP」「ゲームキューブ」あと一つは?】の続きを読む

    このページのトップヘ