ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:アニメ・ゲーム総合 > アニメ・ゲーム時事ネタ


    第2巻・第1刷のオビの記載より。 ^ 【プレスリリース】『銀河英雄伝説』正伝(全10巻)完結より33年、新たな伝説がはじまる! 『銀河英雄伝説列伝1 晴れあがる銀河』(田中芳樹監修) 豪華執筆陣が集結し刊行決定! ^ a b “映像化の歴史がまた1ページ 「銀河英雄伝説」3部作で実写映像化”. ねとらぼ (アイティメディア)
    151キロバイト (20,992 語) - 2022年3月22日 (火) 09:06

    1 muffin ★ :2022/03/28(月) 17:50:19.57

    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1398430.html

    (出典 asset.watch.impress.co.jp)

    2022年3月28日

     東京創元社は、愛蔵版「銀河英雄伝説」全7集を5月より隔月刊行する。価格は4,400円(税込)。

    「銀河英雄伝説」は日本SF史にその名を刻む壮大な宇宙叙事詩として、全巻累計部数1,500万部超えを記録するなど、世代を超えて読み継がれている作品。著者は田中芳樹氏。2017年からは再びアニメ化が始まっている。

    今回、「銀河英雄伝説」刊行40周年を記念した愛蔵版として、2022年、正伝を2作ごとにまとめ全5集に、また、外伝全編を時系列順に再編して全2集に収め、四六判上製・函入りで刊行される。

    「愛蔵版 銀河英雄伝説 全7集」の特色
    中略

    書誌情報
    5月より隔月刊行予定

    ・「銀河英雄伝説Ⅰ 黎明篇/野望篇」:5月30日 刊行予定
    ・「銀河英雄伝説II 雌伏篇/策謀篇」:7月 刊行予定
    ・「銀河英雄伝説III 風雲篇/飛翔篇:9月 刊行予定
    ・「銀河英雄伝説IV 怒濤篇/乱離篇」:11月 刊行予定
    ・「銀河英雄伝説V 回天篇/落日篇」:2023年1月 刊行予定
    ・「銀河英雄伝説外伝Ⅰ ダゴン星域会戦記/螺旋迷宮『スパイラル・ラビリンス』/白銀の谷/黄金の翼/朝の夢、夜の歌/千億の星、千億の光:2023年3月 刊行予定
    ・「銀河英雄伝説外伝II 星を砕く者/汚名/ユリアンのイゼルローン日記」:2023年5月 刊行予定

    全7集を予約した人全員に「星野之宣氏描きおろしポスター」が贈られる。また、同ポスター発送時に、為書き入り田中芳樹氏サイン色紙の抽選専用の申込用紙が付属。申し込みをした人の中から抽選で30名に同サイン色紙が贈られる。

    全文はソースをご覧ください


    【田中芳樹『銀河英雄伝説』刊行40周年記念、愛蔵版「銀河英雄伝説」全7集が5月より隔月刊行】の続きを読む



    1 七波羅探題 ★ :2022/03/06(日) 10:24:57.37

    デイリー新潮3/5(土) 10:57
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/03051057/

    オンラインゲームにはまり、SNSで炎上騒ぎと聞けば子どものネット依存が頭に浮かぶ。だが、これらは中高年の「スマホ脳」がもたらすトラブル。利用者急増の陰で、IT知識の乏しさから予期せぬ出費に見舞われ、人間関係にヒビが入るケースも後を絶たないのだ。

    コロナ禍での自粛生活が続くなか、スマホを使う高齢者が急増している。

    IT分野のマーケティングリサーチを手がけるMMD研究所が発表した、「2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」によると、60~79歳のスマホ利用率は実に84.7%。前年比で7.7ポイントも増加したことになる。

    神奈川県の老人クラブで役員を務める女性(70)もそのひとりだ。

    「対面での活動や集会ができず、感染を恐れて外出しない会員も多かった。少しでも交流の場を持ちたいと、娘に猛特訓を受けて1年前にLINEのグループを立ち上げたんです」

    参加者は地元の60~80代の高齢者約20人。当初は誰もが「おっかなびっくりだった」というが、次第に気楽なやりとりができるようになった。だが、喜んだのも束の間、思わぬ話題が増えていく。

    「家族への愚痴やお嫁さんの悪口を書き込む人が出てきたんです。病気の話も多くて、あっちが痛い、こっちがつらいと暗い内容が続く。励ましたり、やんわり注意したり、私なりに気を使っていたけど、そのうち仲間割れしてしまい……」

    ■セクハラメッセージが……
    きっかけは昨春開始されたコロナのワクチン接種だ。若者よりも接種を優先された高齢者だが、一時は予約の電話さえ繋がらない状況だった。

    LINEのグループ内では、不安を募らせる人がいる一方、早々に接種を済ませた人もおり、おまけに嬉々として報告する投稿があったからたまらない。

    「カチンときた人たちがきつい言葉で批判すると、言われたほうも言い返してもうめちゃくちゃ。必死に取りなすと、今度は私がやり玉に挙げられてしまった。親しかった人から、“あなたがLINEに誘ったせいよ!”と責められて、すっかり落ち込みました」(同)

    良かれと思ってはじめたSNSが人間関係の火種になるのは、高齢者同士に限らない。小学生の息子を持つ女性(39)は、地域のイベントで知り合った高齢男性からフェイスブックで「友達申請」された。相手は自治会の会長として一目置かれる存在だったため、個人間で簡単なメッセージ交換をするようになった。

    「私が自宅でピアノ教室をしていると伝えると、クチコミで生徒集めに協力するとか、いかにも親切そうな印象。当初は、子ども会の行事や通学路の防犯活動を話題にしていました」

    ところが、次第に休日の過ごし方や夫の職業といった私生活を尋ねられるように。ついには「ピアノの先生だから、エッチな指使いもうまいんでしょう」と卑猥なメッセージまで届いた。

    「仲良しのママ友に相談したら、“そんなエロジジイは許しちゃダメ”と彼女が自分のツイッターで告発してくれたんです。当事者の名前は出さなかったけど、わかる人にはわかる。男性の信用はガタ落ちだし、近所のママたちには完全に嫌われてますね」

    ■SNSで説教と自慢話
    一方、フェイスブックでは共通の友人や会社名、出身校などの登録情報をもとに「知り合いかも」と自動表示されることがある。利用者同士を結びつける機能だが、「つながりたくない人が表示される」と困惑の声も少なくない。

    食品メーカーに勤務する男性(45)は、退職したかつての上司からの「友達申請」を断れなかったという。

    「友達になると、お互いの投稿へのコメントや個人間のメッセージ交換ができます。元上司は私の投稿にいちいち絡んできて、仕事の進捗状況を批判したり、今どき通じない根性論を振りかざして説教が始まったりする。“自分は5年連続トップセールスで社長表彰だ”と昔の自慢話までされて、本当に迷惑ですよ」

    都内で高齢者向けのスマホ教室を開催する、NPO法人「竹箒の会」の橋詰信子副理事長は、「高齢者のSNS利用は、若者とは違った注意が必要」と指摘する。

    「SNS上のコミュニケーションでは、互いの表情や仕草、声色がわからない。ニュアンスを伝えたり、相手との距離感を測ることが難しく、真意とは違った解釈をされることもあります。特に高齢者は、かつての井戸端会議の延長で噂話を広めたり、これまでの経験からくるプライドで偉そうなことを言ったりしてトラブルを招きやすいのです」
    (以下リンク先で)


    【【デイリー新潮】「SNSで説教と自慢」「ゲームに高額課金」 中高年を蝕む「スマホ脳」の実態】の続きを読む


    バンダイナムコホールディングス > サンライズ 株式会社サンライズ(英: SUNRISE INC.)は、日本のアニメ制作会社。バンダイナムコホールディングスの子会社。日本動画協会正会員。 1972年、経営難に陥った旧虫プロダクション(虫プロ)から独立した営業・制作畑のスタッフが中心となって、有限会社サンライズスタジオという名で創業。
    80キロバイト (5,308 語) - 2022年2月12日 (土) 05:00



    1 記憶たどり。 ★ :2022/02/08(火) 20:42:25.51

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2202/08/news119.html

    テレビアニメ「機動戦士ガンダム」などで知られるサンライズは2月8日、
    社名を4月1日付けで「バンダイナムコフィルムワークス」に変更すると発表した。
    サンライズとバンダイナムコアーツの映像部門、バンダイナムコライツマーケティングを統合する。


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    サンライズの新社名とロゴ

    新会社の代表取締役社長には、サンライズ社長の浅沼誠氏が就任。
    バンダイナムコアーツ社長の河野聡氏が取締役副社長に、
    バンダイナムコライツマーケティング社長の垰義孝氏が専務取締役に就任する。

    サンライズは「『サンライズ』という40年以上かけて磨き上げてきた個性は
    これからも最重要ブランドとして成長させる。それだけではなく、
    これまでとは違う別の色を持った新たな個性も生み出していきたい」とコメントしている。

    併せて、サンライズの子会社で音楽事業などを手掛けるサンライズミュージックも、
    バンダイナムコアーツの音楽部門、バンダイナムコライブクリエイティブと統合。
    4月1日から「バンダイナムコミュージックライブ」に社名を変える。
    代表取締役社長は、バンダイナムコライブクリエイティブ社長の鈴木孝明氏が就く。


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    サンライズミュージックの新社名とロゴ

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1644300532/
    1が建った時刻:2022/02/08(火) 15:08:52.38


    【【アニメ】サンライズが社名変更。4月から「バンダイナムコフィルムワークス」に】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2022/01/25(火) 18:05:54.91

    日本のカルチャーが米離れを救う? 始めよう、モーニングおむすび──。新潟県は24日、おむすびを朝食にするイメージの浸透に向けて展開する「遅刻するおむすび少女プロジェクト」の動画を公開した。

    県は朝食にパンが多いのは、アニメなどの取り上げ方に起因すると分析。発信力のある若手人気女優による動画やアニメでおむすびを登場させることで、朝食での米消費拡大につなげることを目指す。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0781bb2c9fcbeede8e759925ffb482ccbba1e1d9


    【新潟県、「遅刻するおむすび少女」プロジェクトを開始!日本人の米離れに歯止めをかけるべくスタートしたプロジェクト】の続きを読む


    こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載された。通称及び公式略称は「こち亀こちかめ)」。単行本は全201巻に及び、2021年に『ゴルゴ13』に抜かれるまでは「最
    132キロバイト (14,111 語) - 2021年10月4日 (月) 06:56



    1 muffin ★ :2021/10/04(月) 17:48:20.56

    https://www.oricon.co.jp/news/2209151/full/
    2021-10-04 13:22

    人気ギャグ漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(作者・秋本治)のコミックスが、200巻分全話無料で試し読みができる異例のキャンペーンが、3日正午より24時間限定でスタートし、読者から「両さんの先見がすごい」「PS5発売を予言してた…」「遊☆戯☆王カードが高騰することを予想していたとは…」などと両さん&秋本氏の先見・予言に驚きの声があがっている。

    このキャンペーンは、新刊コミックス第201巻が4日に発売されることを記念して、漫画誌アプリ『少年ジャンプ+』と総合電子書店『ゼ*』にて、3日正午から24時間限定で200巻分が全話無料で試し読みができるというもの。『こち亀』約40年の歴史を24時間で振り返ることができ、告知ビジュアルでは両さん曰く「1巻あたり7分12秒で読めばいい!楽勝だ!!」と説明しており、ファンの間では「200巻全部読めるわけないだろ!(笑)」「両さんの無茶ぶりw」などと話題になっていた。

    数々の物語を展開してきた『こち亀』。その中でも両さんが、2005年掲載のタイムカプセルの物語で、10年後のジャンプについて「ハガキアンケートがネットアンケートになり、スパコンを使って集計して、もっといろいろ聞くようなって」「10年後は確か少子化で子どもが少なくなると…少子化→漫画離れ→ジャンプ売上下落 下落→値下げ→ページ減少」などと予測。

    また、「遊☆戯☆王カードも入れておく 10年後に値があがっているぞ!」とし、ムシキングより「大リーグカードの方が海外と取引ができる」と持論を展開。さらに「PS2は10年後はPS5か新たなゲーム機になっていると思う」と話していた。

    中には外れているものもあるが、実際、10年以上前に発売された『遊☆戯☆王』カードは今、高額で取引されているケースもある。この状況を10年以上前に予測していた両さんの先見に、SNSでは「ムシキングは確かにもう廃れてるしPS2のゲームも希少価値のある物以外は低価格だしそれに比べて遊戯王カードはレアな物は今でも値が上がり続けてる…」「両さんの先見がすごい」「少子化の影響をここまで予測していたとは…秋本先生さすがです」などと反応している。

    1976年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で約40年にわたって連載された同漫画は、亀有公園前派出所に勤務する警察官の主人公・両津勘吉(りょうつ かんきち)が、東京の下町を舞台に、その同僚や周辺の人物と繰り広げるギャグ漫画。テレビアニメ化や、香取慎吾主演でドラマ化や実写映画化もされた人気作品となっている。

    201巻 10月4日発売

    (出典 ogre.natalie.mu)


    【『こち亀』200巻分全話無料企画で両さんの先見・予言が話題 10年以上前に遊☆戯☆王カード高騰、PS5発売など】の続きを読む

    このページのトップヘ