ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:最新ゲーム関連ニュース > ニュース・話題


    クラウドゲーム(英: Cloud gaming、クラウドゲーミング)とは、コンピュータゲームをストリーミング配信するサービス。クラウドコンピューティングという用語が普及する以前はゲームオンデマンドと呼ばれていた。ゲームを含む一般のアプリケーションを同様な技術で稼働させる事をシンクライアントと呼ぶ。
    12キロバイト (1,323 語) - 2020年6月5日 (金) 02:30



    (出典 hidebusa1.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/23(水) 11:48:20.40 ID:CAP_USER9.net

    【9月23日 AFP】新型コロナウイルスの流行により巣ごもりを続ける消費者が娯楽を求める中で、ソニー(Sony)とマイクロソフト(Microsoft)が相次いで発売する第9世代ゲーム機、「プレイステーション5(PS5)」と「Xbox Series X」は、販売台数で大きな成功を収めるとみられる。ただ、ゲームの遊び方は変化しつつあり、両機は最後のゲーム機となる可能性もある。

     ソニーとマイクロソフトは過去数か月間にわたりPS5とXbox Series Xの情報を小出しにして消費者の期待を高めた末、ついに11月中旬の発売を発表。PS5は予約受け付け開始直後に売り切れとなり、実際に多くのゲーマーが次世代機への買い替えを待ち望んでいることが示された。

    現世代のゲーム機が発売されたのは2013年であり、次世代機はハード面で大幅なアップグレードとなる。証券会社ミッドキャップ・パートナーズ(Midcap Partners)のゲーム業界アナリスト、シャルルルイ・プラナード(Charles-Louis Planade)氏は、ゲーマー人口の増加を考えると、今年の新型機が現行機と同様の成功を収めることは可能だとみている。

     一方で、業界の変化を理由に、ゲーム機の未来を疑問視する見方もある。背景にあるのは、大型・高額なゲーム機ではなく、インターネットでのストリーミング配信を通じてゲームを遊ぶ「クラウドゲーム」サービスへの移行だ。

     独立系ゲーム開発企業ゲーム・ベーカーズ(Game Bakers)の共同創業者、オドレイ・ルプランス(Audrey Leprince)氏は「この世代が最後の実機となる可能性がある」と述べている。

    ■「ネットフリックス化」が進むゲーム

     ルプランス氏は、ゲームのインターフェースやゲーム自体に大きな革新が起きていないと指摘。一方で業界に変化を起こしているのは定額サービスモデルへの移行であり、ゲーム機メーカー各社は「ビデオゲーム界のネットフリックス(Netflix)」になりつつあるとした。

     ルプランス氏いわく、マイクロソフトの「Xbox Game Pass」やソニーの「PlayStation Plus」といった定額サービスは今後、「映画・音楽業界が経験したような大革命をゲーム業界にもたらす」という。

     Game Passはすでにネットフリックス型サービスを展開しており、加入者は多数のゲームを利用可能だ。一方のPlayStation Plusは、オンラインマルチプレーなど、ゲーマーにとって魅力のある各種サービスを提供している。

     プラナード氏はゲーム機メーカーの課題として、自社の定額サービス加入者をいかに囲い込み、IT大手のグーグル(Google)やアマゾン・ドットコム(Amazon.com)などに参入の機会を与えないようにするかが重要だと指摘した。

    ■クラウドゲーミングの出現

     グーグルとアマゾンはいずれも、クラウドゲーム事業に乗り出している。クラウドゲームは、スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスでゲームが遊べるサービスで、大きな負荷がかかるプログラム処理はクラウド上のサーバーで行われるため、高性能で高価なゲーム機は不要となる。

     だがマイクロソフトとソニーの両社は次世代ゲーム機でドライブのない廉価版モデルも発表し、クラウドゲーミングの方向にも前進した。これらのモデルではゲームをダウンロードまたはストリーミングして遊ぶ形となり、ストリーム配信サービスとしてはそれぞれ「xCloud」と「PlayStation Now」が用意されている。

     ただ、ゲーム業界専門のアナリスト、ローラン・ミショー(Laurent Michaud)氏は「今は過渡期にある」とし、ゲーム機とクラウドゲームは今後しばらく共存すると説明。「これが最終世代のゲーム機になることはない」とみている。

     ゲーマーの多くは大画面かつ高解像度でのプレーを好むことから、ゲーム開発企業は今後、より優れたゲーム体験を実現できる8Kテレビに合わせたソフトを開発する見通しだ。ミショー氏は、インターネット通信が8K映像を送信できるほど高速化するのには少なくとも数年かかるとの見解を示した。(c)AFP/Jules BONNARD

    https://www.afpbb.com/articles/-/3305884

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【ゲーム】次世代PSとXbox、最後のゲーム機に? 迫るクラウドの影】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略: SIE)が2020年11月12日に発売を予定している家庭用ゲーム機。 PS4の数倍のスペック
    20キロバイト (2,299 語) - 2020年9月22日 (火) 03:21



    (出典 viva-drone.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/17(木) 15:50:13.64

    9月17日のPLAYSTATION 5 SHOWCASEにて、プレイステーション 5(PS5)が11月12日に発売されることが明らかになりました。9月18日から予約を開始します。

     気になる価格はPS5(Ultra HD Blu-rayディスクドライブ搭載)が4万9980円。ディスクドライブなしの「デジタル・エディション」は3万9980円(いずれも税別)となっています。

     本記事ではそんなPS5の発売日と価格の発表にネット上ではどのような反応があったのかを紹介していきます。

    (調査期間:Sep 17, 2020、調査対象:Twitter、調査件数:23万1242件、調査キーワード:PS5 OR プレステ5、調査方法:BrandWatchによりトレンド分析)

    ● 「PS5 OR プレステ5」の盛り上がりは?
     SNS分析ツールを使用した、11月17日0時~11時までの「PS5 OR プレステ5」のトレンド件数です。PLAYSTATION 5 SHOWCASEが始まった5時ごろからトレンド件数が伸び始め、ピークとなった6時には23万4990ツイートが投稿されています。PS5の盛り上げりすげぇ……。

    ●「PS5安すぎ」がトレンド入り
     本体価格の安さに「PS5安すぎ」という声が多くつぶやかれていました。たしかにこの値段は衝撃ですが……。

      ツイートを見てみると「このスペックをPCで組んだら18万~20万するらしいからこの値段で採算とれるの?」「PS3が6万だったことを考えるとPS5安すぎませんかね?」といった声が。

     さらに「ありがとう」という言葉も頻出しており、税別ではありますが、5万円を切った価格設定をしたソニーに感謝を述べているツイートも多く見られました。

    ●争奪戦になりそうとの声も
     また、「安すぎて争奪戦になりそう」「PS5の予約って明日なの? 争奪戦できるってこと!? オラワクワクすっぞ」という声も見られ、争奪戦に備えている人が多く見られました。

     ちなみに、ねとらぼ調査隊で「PS5の価格、いくらまでなら買う?」というアンケートを実施したところ、圧倒的な票数で「4万~5万円」が1位、少し差が付いたものの「5万~6万円」が2位という結果になりました。多くの人が求めている価格と、実際の販売価格が合致しているので、これは争奪戦になりそうだ!

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/edabe0652a075c262ec18e34e3e715b6784d525a

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ゲーム】「PS5安すぎ!」「ありがたいけど赤字じゃね?」PS5の本体価格発表に驚愕と歓喜の声 PS5とXboxどっち買う?】の続きを読む


    女神転生シリーズ > 女神転生女神転生』(しん・めがみてんせい)は、アトラスより1992年10月30日に発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。 ナムコから発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『デジタル・デビル物語 女神転生』、『デジタル・デビル物語 女神転生
    78キロバイト (9,763 語) - 2020年9月6日 (日) 05:32



    (出典 buzz-plus.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/21(月) 21:34:33.91 ID:CAP_USER9.net

    8月15日から9月14日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな『真・女神転生シリーズ』は?」というアンケートを実施していました。

     投票対象となったのは、「真・女神転生」や「真・女神転生II」といったナンバリングタイトルから、「真・女神転生if…」や「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」といった外伝タイトルを含めた8作品。

     今回のアンケートでは、総数1567票もの投票を頂きました。ありがとうございます! それでは、アンケートの結果を見ていきましょう。

    (調査期間:2020年8月15日 ~ 2020年9月14日、調査対象:ねとらぼ調査隊にアクセスしてアンケートに参加してくれた1567人)

    ●第3位:真・女神転生II
     第3位となったのは、1994年にスーパーファミコンで登場した「真・女神転生II」でした。投票数は207票で、投票率は13.2%となっています。

     深刻なバグが多いものの、サイバーパンクな世界観や生命の樹になぞらえた壮大なシナリオなどから人気を獲得。コメントでは「無骨な世紀末感や、宗教観念に加えて、初心者さんお断り的な雰囲気もよかった」「衝撃的なエピソードをよく思い出す」といった声をいただきました。

     ちなみに2002年にはプレイステーション、2003年にはゲームボーイアドバンスでそれぞれ登場しており、致命的なバグが修正されたゲームボーイアドバンス版は中古市場で価格が高騰しています。

    ●第2位:真・女神転生
     第2位となったのは、1992年にスーパーファミコンで登場した「真・女神転生」でした。投票数は292票で、投票率は18.6%となっています。

     「デジタル・デビル物語」がタイトルから外れ、「真・女神転生」シリーズ第1作目として登場した作品。当時ファンタジー風の世界観が主流であったRPGゲームの中で、1990年代の日本を舞台にした作品は珍しく、その独自の世界観に引き込まれたプレイヤーも多いはず。

     コメントでは「本当に体験した記憶なんじゃないかと思うくらいに、深いプレイ体験でした。いまだ忘れられないです」「悪魔を仲間にしたり、合体したりといったシステムがとても新鮮でした」といった声をいただきました。

    ●第1位:真・女神転生III-NOCTURNE
     第1位となったのは、2003年にプレイステーション 2で登場した「真・女神転生III NOCTURNE」でした。追加要素が加わった「真・女神転生III NOCTURNE マニアクス」「真・女神転生III NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション」も同じ投票対象として含めています。

     投票数は616票で、投票率は39.3%と圧倒的。次ページではいただいたコメントをもとに、その人気の理由について迫っていきます。

    ●圧倒的人気の「真・女神転生III-NOCTURNE」
     ねとらぼ読者から圧倒的な人気を得た「真・女神転生III-NOCTURNE」。同作品はシリーズ初のポリゴン作品であり、「プレスターンバトル」システムの導入など、以降のシリーズ作品にも大きな影響を与えました。

     前作までとの変わりぶりに驚く一方で、「完成度が高くてやり込み要素も多い」「ゲームシステム、音楽、どれも天才的。曲はいまだ作業用BGMとして聞いている」など、ゲームを総合的に評価しているとの意見が多く見られています。

     2020年10月29日にはNintendo Switchおよびプレイステーション 4で、リマスター版となる「真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER」が登場する予定。こちらを楽しみにするファンの声も多く見られました。

    ●外伝では「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」が人気
     外伝作品では「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」が199票を獲得し、第4位にランクインしています。これまでのシリーズ作品とは全く異なる世界観を構築した、完全独立作品。パッケージを見た瞬間に驚いた人も多いはず。

     コメントでは「風刺に溢れるストーリー、人間とはなんなのかを考えさせる内容になっていました」「ボリュームたっぷりで、手加減なしの難易度なのに、戦闘が楽しい!」といった感想が寄せられていました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2408f9b97aca1c511666dc891557c9238b8e357d

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ゲーム】「真・女神転生」シリーズで最も票を集めたタイトルとは……? 第1位はリマスター版発売を控えた作品】の続きを読む


    Gamecrate. 2020年7月26日閲覧。 ^ “How Sonic Helped Sega to Win the Early 90s Console Wars” (英語). Kotaku UK (2014年10月30日). 2014年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
    48キロバイト (4,570 語) - 2020年8月21日 (金) 08:47



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 名無しさん必死だな :2020/09/17(木) 00:01:46.15 ID:Bcjgiudk0.net

    任天堂とセガが90年代に繰り広げたゲーム機戦争を描くドキュメンタリー『Console Wars』が米国で9月に配信決定

    任天堂とセガが90年代に繰り広げたゲーム機戦争を描くドキュメンタリー『Console Wars(原題)』が
    米CBS All Accessで2020年9月23日に配信される。

    『Console Wars』はCBS All Accessの米国会員向けに配信され、2020 SXSW Film Festivalへも正式出品される。
    ドキュメンタリーは、「当時駆け出しのアーケード会社だったセガが寄せ合わせのチームで
    世界最大のゲーム会社、任天堂に挑んだ1990年へと視聴者を誘う」とのこと。

    同ドキュメンタリーは、ジョナ・トゥリスとブレイク・J・ハリスがプロデューサーと監督を務める。
    ハリスは、ドキュメンタリーの原作となる2014年の書籍
    『Console Wars: Sega, Nintendo, and the Battle that Defined a Generation(原題)』の著者でもある。

    プロデューサーにはエヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ジェームズ・ウィーバー、
    ジョッシュ・フェイゲン、イーライ・ブッシュらも名を連ねている。
    本作は、Netflixの『ハイスコア: ゲーム黄金時代』に続く、ゲーム業界の歴史を辿る新たな
    ドキュメンタリーとなる。今年配信された全6話の『ハイスコア: ゲーム黄金時代』は、
    より長いタイムスパンでビデオゲーム業界の歴史を追う内容となっていた。
    本作の評価を知るには、IGN JAPANの編集者が感想を語った動画をチェックしよう。

    ハリスの書籍が映像化されるという噂は2014年から存在した。
    『キングコング: 髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツが監督を務めるという噂も存在した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/543f5b66a32a22a428e6a0877a2234655a412848


    【「任天堂 vs セガ」90年代に繰り広げられたゲーム機戦争を描くドキュメンタリー『Console Wars』が米国で9月に配信決定】の続きを読む


    SIE(エスアイイー) ソニー・インタラクティブエンタテインメント(英: Sony Interactive Entertainment) - 日本の家庭用ゲーム機「PlayStation」シリーズやゲームソフトの開発・製造・販売などを行う企業。旧称:ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)
    680バイト (69 語) - 2020年6月14日 (日) 07:25



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/20(日) 20:45:31.40 ID:CAP_USER9.net

    PlayStaiton公式Twitterは9月20日、プレイステーション 5予約開始後の混乱について謝罪するとともに、「今後数日で、さらなる予約枠を追加する予定です」とコメントしました。これでもう少し欲しい人に行き渡るようになればいいのですが……。

     PS5本体の予約は、日本では9月18日の10時から各店舗で一斉にスタート。しかし先着順となったAmazon.co.jpや楽天ブックスでは開始わずか数分で「瞬殺」となり、その後は数十万円といった“詐欺まがい”の高額で出品するアカウントが相次ぎ問題に。他の店舗は抽選販売形式をとるなど対策していましたが、こちらもアクセスが集中しサイトが重くなるといった混乱がみられました。同様のトラブルは国内だけでなく、海外でもみられたようです。

     公式ツイートではこうした混乱について、「正直にいいます。PS5の予約注文はもっとスムーズにできたかもしれません。本当に申し訳ありません」と謝罪。また「今後数日で、さらなる予約枠を追加する予定です」「小売店から詳細案内があるでしょう」と予告するとともに、「年末にかけ、さらなるPS5本体を用意します」ともコメントしました。

     今回のPS5予約では、Amazon.co.jp、楽天ブックスを除いたほとんどの店舗が抽選販売形式をとっているのも大きな特徴。中には「過去に買い物履歴があること」などを抽選条件として設けている店舗もあり、背景にはやはり“転売対策”が大きなポイントとして存在しているようです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7e8c77ea3ac8cf90b7925c68d12f61b2ab613ad

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)
    #utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20200920-027&utm_term=it_nlab-sci&utm_content=img


    【【ゲーム】PS5の予約「もっとスムーズにできた」プレイステーション公式が謝罪、さらなる予約枠追加も予告】の続きを読む

    このページのトップヘ