ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:最新ゲーム関連ニュース > レトロゲーム


    GUNGRIFFON THE EURASIAN CONFLICT(ガングリフォン ザ ユーラシアン コンフリクト)は、株式会社ゲームアーツがセガサターン用に開発した3Dシューティングゲーム。1996年3月15日に発売された。定価5,800円、サタコレ版は2,800円。
    19キロバイト (2,857 語) - 2020年5月2日 (土) 02:18



    (出典 retro-ing.com)



    1 (関東・甲信越) [FR] :2020/05/09(土) 17:23:29.63


    セガサターンの名作『ガングリフォン』はなぜ未来を予見できたのか
    https://bunshun.jp/articles/-/37451

    ロシアのウクライナ侵攻、オバマ演説……「神回」は現実化した

    砂漠化したウクライナの穀倉地帯を進む日本外人部隊の90式戦車改。だが、ドイツのレオパルド3の装甲を貫けず、
    次々と撃破されていく。戦闘後、「90式はブリキ缶だぜ」とレオパルド3の戦車兵達は余裕の会話をしているが、
    ふと上空を見上げると――。

     これが今回、「神回」として取り上げるセガサターン向け3Dシューティングゲーム、『ガングリフォン』(ゲームアーツ、
    1996年)のステージ1「ハリコフ降下作戦」を映像化したオープニングムービーである。当時としては高クオリティの
    CGムービーで、その演出の格好良さと相まって評判を呼んだ。
    中学生だった筆者は何度見返したか分からないし、今もたまに見返している。

    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    リアル寄りの世界設定

     ガングリフォンの舞台は架空の西暦2015年。世界はヨーロッパ各国・ロシアからなる汎ヨーロッパ連合(PEU)、
    アメリカを中心としたアメリカ自由貿易地域(AFTA)、中国中心のアジア太平洋共同体(APC)、アフリカ統一機構(OAU)の
    4極に分裂している。そして、アフリカ市場をめぐってAPCとPEUによる第三次世界大戦が北アフリカで勃発した。

     この世界ではアメリカは世界の警察官であることをやめ、南北アメリカ外には不干渉という孤立主義に転じており、
    日米同盟は解消されている。日本は軍事・経済で圧倒的な中国に屈し、APC加盟、そして中国の圧力による
    憲法9条改正(!)を行い、海外に展開する軍事力として日本外人部隊を創設した。プレイヤーは
    日本外人部隊第501機動対戦車中隊に所属するパイロットとして、この戦争を戦い抜く。

    (略)

    今もなお有志が二次創作

    (以下ソース)


    【【ゲーム】セガサターンの名作『ガングリフォン』はなぜ未来を予見できたのか】の続きを読む


    SEGA AGES(セガ エイジス)とは、セガ(現・セガゲームスおよびセガ・インタラクティブ)が過去にリリースしたゲーム作品を、原典のプラットホーム(家庭用ゲーム機および業務用ゲーム基板)から、その時代における最新ゲーム機に移植(復刻)・リリースするシリーズの総称である。
    13キロバイト (1,198 語) - 2020年5月8日 (金) 08:36



    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    セガは、Nintendo Switch用シューティングゲーム「SEGA AGES サンダーフォースAC」を5月14日に配信する。価格は999円(税込)。

     本作は、テクノソフト開発のシューティングゲーム「サンダーフォースIII」がさらにパワーアップしたリメイクバージョンである「サンダーフォースAC」のNintendo Switch版。プレーヤー機の追加や低難易度モード「KIDSモード」の実装、リプレイの保存と再生、HD振動機能などの要素が追加されている。

     また、アーケードモードやKIDSモードのプレイ実績により、プレーヤー機が追加されていき、STYX Mass Product、RYNEXなどの最大4種より選べるようになる。

    記事本文はこちら
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1251525.html

    1 名無しさん@弾いっぱい :2019/07/12(金) 02:26:09.93 ID:31VkuOOi0.net

    君は銀河で全てを知る


    【【ゲーム】Switch『SEGA AGES サンダーフォースAC』、5月14日配信決定!】の続きを読む


    マグマックス』(MAGMAX)は、日本物産(ニチブツ)から稼働されたアーケードゲームである。 1986年にはファミコンに移植された。この移植版がニチブツの初のファミコンソフトである。2015年2月17日よりファミコン版がプロジェクトEGGにて、同年4月2日よりアーケード版がPlayStation
    14キロバイト (1,106 語) - 2020年5月6日 (水) 09:02



    (出典 retrogamegoods.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/05/06(水) 17:40:00.90 ID:i/gMi9HQ9.net

    勝田哲也2020年5月6日 17:15

    5月7日発売予定

    価格:838円(税込)



     ハムスターはNintendo Switch向けに横スクロールシューティングゲーム「アーケードアーカイ* マグマックス」を5月7日に発売する。価格は838円(税込)。プレイ人数は1~2人。

     「マグマックス」は1985年に日本物産からアーケードゲームとして発売されたシューティング。プレーヤーキャラクターはマップ上に落ちているロボットの部品を集めることで自機を巨大ロボにして敵と戦っていく。本作は1986年にファミコンにも移植された。

     本作のステージは「地上」と「地下」にわかれており、マップ上の穴を通ることで行き来できる。地上は斜めから見たようなクオータービュー、地下はサイドビューとなっており、攻撃方法も異なっている。独特の雰囲気が楽しい作品だ。


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)



    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1250924.html


    【【ゲーム】 合体ロボで敵を倒せ!ニチブツのアーケードゲーム「マグマックス」、Switchで発売決定!】の続きを読む



    (出典 img.aucfree.com)



    1 名無し募集中。。。 :2020/05/05(火) 15:52:02 ID:0.net

    時々クソみたいな情報しかないスッカスカの内容なものもあったりして


    【インターネットの普及で廃れてしまったけどゲームの攻略本は素敵な文化だったよね?】の続きを読む


    8BIT MUSIC POWER ENCORE (2017年12月 三才ブックス) キラキラスターナイト ふるさと納税 ふじみ野版 (2018年) アストロ忍者マン (2019年) 開発中 カイジ 最強博徒伝説 (2013年2月 GREE) オリジナル敵キャラクター アイドリズム (2015年3月 トムス
    19キロバイト (2,975 語) - 2019年7月31日 (水) 08:22



    (出典 shop28-makeshop.akamaized.net)



    1 骨 ★ :2020/04/28(火) 00:40:32 ID:CAP_USER.net

    http://www.gdm.or.jp/crew/2020/0427/346395
    2020.04.27 11:00

    ファミコン処理能力の限界で動作させているという、FC互換カセットの新作ソフト「アストロ忍者マン (ASTRO NINJA MAN) 」が近く発売。
    「アストロ忍者マン」は、イラストレーターのRIKI氏がプロデュースするFC互換カセットの新作シューティングゲーム。
    操作は左右キーのみ、無敵の分身を駆使してガンガン攻めるという、シンプルかつ爽快な操作感が持ち味だ。
    プロデューサーのRIKI氏によると、「FCが表示できる限界のスプライト数(64個)を8x16pixelでほぼ常時表示し続けている」という、
    ファミコン処理の限界を攻める派手な画面演出を特徴とする。
    さらにFC音源を熟知した著名クリエイターが音楽を担当。参加しているのは、齋藤博人氏(代表作「POWER DoLLS」シリーズなど)、
    並木学氏(「怒首領蜂 大往生」など)、塩田信之氏(「サマーカーニバル’92 烈火」など)、Bun氏(「キラキラスターナイトDX」など)の
    4名で、それぞれがステージ道中曲と同ステージのボス曲を手がけている。
    ちなみに音源も「1曲にPCMを8キロも豪華に使用」しており、クリエイターごとの個性が存分に楽しめるとのこと。
    なお。製品カセットは「赤白純正機/灰色純正機/コロンバスサークル製互換機」にて動作検証済み。
    ただし任天堂のライセンス製品ではない同人ハードウェアのため、「FC純正機、FC互換機すべての動作を保証するものではない」としている。


    (出典 www.gdm.or.jp)


    (出典 www.gdm.or.jp)


    (出典 www.gdm.or.jp)


    (出典 www.gdm.or.jp)


    (出典 www.gdm.or.jp)


    (出典 www.gdm.or.jp)


    (出典 www.gdm.or.jp)

    画像


    【【ゲーム】ファミコン処理の限界に挑戦。演出も音楽もゴージャスな新作『アストロ忍者マン』】の続きを読む

    このページのトップヘ