ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:最新ゲーム関連ニュース > レトロゲーム


    日本ファルコム公式サイト イースポータルサイト Win版 イースI完全版/イースII完全版 イース -フェルガナの誓い- イースVI -ナピシュテムの匣- イース・オリジン PSP版 イースI&IIクロニクルズ イース -フェルガナの誓い- イース7公式サイト PSV版 イース セルセタの樹海 イースVIII -Lacrimosa
    49キロバイト (5,732 語) - 2020年1月15日 (水) 12:32



    (出典 akiba-pc.watch.impress.co.jp)



    1 骨 ★ :2020/01/25(土) 01:11:34 ID:CAP_USER.net

    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1231113.html
    2020年1月24日 08:10

    日本ファルコムのアクションRPG「イース」シリーズの初期の歴史をまとめた同人誌の続編
    「イース通史II」が、BEEP 秋葉原店で販売中。
    店頭価格は税抜き1,200円(税込1,320円)で、頁数は90ページ。
    同店では購入特典としてオリジナルのイラストペーパーを用意しています。
    これは、PCエンジン版のイースI・IIが発売前後の歴史をまとめたという同人誌。
    作者はPCエンジン版イースI・IIの開発に携わった岩崎啓眞氏(当時、ハドソン所属)で、
    イースのオリジナル開発スタッフからの証言を取り入れた上で、歴史をまとめています。


    (出典 akiba-pc.watch.impress.co.jp)


    (出典 akiba-pc.watch.impress.co.jp)

    画像


    【イース初期の歴史をまとめた同人誌の続編「イース通史II」】の続きを読む


    パラッパラッパー』 (PaRappa the Rapper) は、七音社によって制作され、1996年12月6日にソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション向けゲームソフトのタイトル、またはこれを原作とするテレビアニメのタイトル。本稿では続編『パラッパラッパー2』、映像化作品も含めて記述する。
    60キロバイト (6,725 語) - 2019年5月14日 (火) 20:38



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 ローリングソバット(catv?)@\(^o^)/ [DE] :2017/03/07(火) 15:06:07.05 ID:HENRpZWT0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    sssp://img.2ch.sc/ico/u_mokuba.gif
    ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PS4『パラッパラッパー』を2017年4月20日に発売します。

    『パラッパラッパー』は、1996年にPlayStationで登場した同名タイトルをPS4向けにしたリズムアクションゲームです。
    プレイヤーは、主人公の「パラッパ」となり、ヒロインの「サニーちゃん」のハートを射抜くためさまざまな困難をラップで乗り越えていきます。

    今回は、本作のパッケージ版・DL版が2017年4月20日に1,800円(税別)で発売されると発表、どちらも予約受付が開始されています。

    なお、DL版を予約購入すると発売当日である4月20日0時以降にプレイ可能になります。
    また、DL版を早期購入すると、PlayStation Newtorkで使えるアバターセット全6種がプレゼントされます
    (※早期購入者限定アイテムの付与は2017年5月7日までに本作のDL版を購入した人が対象)。

    また、「ロコロコ」をゴールへ導くアクションゲーム『LocoRoco』や、「パタポン」たちを行進させて敵に立ち向かうリズムアクションゲーム『パタポン』といった、
    PSPで発売されたタイトルもPS4向けに発売予定となっています。

    PS4『パラッパラッパー』は4月20日発売に、タマネギ先生やニワトリ先生にまた会える!
    http://www.inside-games.jp/article/2017/03/07/105763.html

    (出典 www.inside-games.jp)


    (出典 www.inside-games.jp)


    (出典 www.inside-games.jp)


    (出典 www.inside-games.jp)


    (出典 www.inside-games.jp)


    【【ゲーム】『パラッパラッパー』1996年PSで登場後、累計148万本を売上げ!それまで存在しなかった「音ゲージャンル」を開拓、成功を収めた元祖リズムアクションゲーム!】の続きを読む



    (出典 www.4gamer.net)



    1 しじみ ★ :2018/11/21(水) 18:33:23.26 ID:CAP_USER.net

     今、テレビゲーム産業に一つの問題が持ち上がっている。eスポーツが注目を集め、日本のゲーム産業全体の市場規模が1兆円を超えるなど、華々しい話題が続いている陰で、ゲームの歴史を知るための過去の資料が散逸しようとしているのだ。

     とりわけ今から40年前、1978年の『スペースインベーダー』の登場で爆発的な人気を得た時代のテレビゲームの資料が危機的な状態にある。それらは世界中のゲームにとって原点のひとつであり、歴史的資料であるにもかかわらず、多くが既に失われている。あるいは劣悪な環境で倉庫に眠ったままの状態だ。

    ■段ボール350箱もの資料が散逸の危機に

     どんな資料があるのか。段ボール350箱にもなる中から、一部を紹介しよう。ゲームに詳しい人なら想像できるだろうが、これらは歴史的な名作ゲームがどのようにして生まれたかを知ることができるゲームファン垂涎(すいぜん)のアイテムであり、全世界のゲーム研究者たちが目を輝かせる貴重な書類だ。

     いかがだろう? ゲームのアイデアを記した企画書、それをゲームの形に落とし込むための仕様書、完成後に書かれた最終仕様書、さらにはゲームのアイデアを募集した際のメモにいたるまで、すべてがファイリングされ、残されている。これらが今にも破棄されようとしているのである。

     近年はこの現状を問題視し、資料の保存・活用に乗り出す動きも出てきた。先陣を切って活動しているのがバンダイナムコスタジオの「ナムコ開発資料アーカイブプロジェクト」だ。この記事では同プロジェクトに取り組んでいるバンダイナムコスタジオの兵藤岳史氏と、ゲーミフィケーションデザイナーの岸本好弘氏に話を聞いた。

    ■組織の拡大で資料が残らなくなった

     ゲーム史を振り返るうえでも貴重な資料が散逸の危機に陥った経緯を兵藤氏と岸本氏はこう説明する。

     「最大の分岐点は1983年にファミリーコンピュータ(ファミコン)が登場したときに会社組織が拡大し、系統立てて資料を残す習慣が失われたことです。個々の開発スタッフの机が手狭になったりあるいは退職したりするときに、まとめて倉庫に送る形になってしまった。全くの未整理のまま、ただ段ボールだけが増えていったんです」(兵藤氏)

     「資料の状態が分かったのは2015年、僕がかつて作ったゲームの企画書を探しにナムコを訪れたことがきっかけです。昔のゲームの開発秘話を語る必要があったのですが、もう30年以上も前のことだから、公式な資料が欲しかった。そのときに全資料が倉庫に積まれ、誰も整理していないことを知りました」(岸本氏)

     倉庫に積まれていた資料は、その時点で段ボール450箱にもなっていたという。書類保管用の倉庫ではなかったため、文書は劣化していた。そこで兵藤氏と岸本氏は、これらの資料類を保存・活用するためのプロジェクトを立ち上げた。もう少し遅ければ処分されていた可能性を考えると、間一髪のタイミングだったと言えるだろう。

    続きはソースで

    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/06.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/14.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/15.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/12.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/13.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/02.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/03.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/04.jpg
    https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/05.jpg

    https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pi*up/15/1003590/110901988/


    【【ゲーム】日本ゲーム史の資料が散逸の危機。。ようやく始まった保管への動き】の続きを読む


    PlayStation > PlayStation Portable > PlayStation Portable go PlayStation Portable go(プレイステーション・ポータブル ゴー、略称: PSP go)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) (現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
    19キロバイト (2,203 語) - 2019年7月12日 (金) 01:10



    (出典 ic4-a.wowma.net)



    1 名無しさん必死だな :2019/09/22(日) 21:48:37.50 ID:PapTR/a80.net

    PSPgoの魅力が分かりやすく伝わってくる

    (出典 Youtube)


    【【ゲーム】『PSP go』UMDドライブを廃止し小型化、軽量化に成功、Bluetooth搭載の携帯性に優れたPSP】の続きを読む


    セガサターン(SEGA SATURN)は、セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)から発売された家庭用ゲーム機である。一般にはサターンもしくはSSの略称で呼ばれる。 発売時の日本での価格は44,800円。 前機種であるメガドライブが旧機種のセガ・マークIIIソフト互換のために同時発色数などが制限
    69キロバイト (8,608 語) - 2019年7月31日 (水) 12:08



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)



    1 名無しさん必死だな :2019/10/04(金) 18:35:53.67 ID:9BIyJEpTK.net

    ジーウォークは、「セガサターンパーフェクトカタログ」を10月28日に発売する。価格は、通販サイト「Amazon」にて2,619円(税込)。

    「セガサターンパーフェクトカタログ」は、レトロ家庭用ゲーム機をハードウェア、ソフトウェア両面から徹底解剖する「パーフェクトカタログ」シリーズの第9弾。
    今回は、セガの家庭用ゲーム機であるセガサターンがテーマとなっており、セガサターン本体の研究や周辺機器、日本国内で発売された1,057タイトルなどが紹介されている。


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1210973.html


    【今年で25周年!『セガサターン』国内発売ソフト総勢1,057タイトルを完全網羅した「セガサターンパーフェクトカタログ」が10月28日発売】の続きを読む

    このページのトップヘ