ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: ゲーミングパソコン関連


    サードウェーブ (ドスパラからのリダイレクト)
    株式会社サードウェーブ(英称: THIRD WAVE CORPORATION)は、「ドスパラ(DOSPARA)」の商号で日本全国にパソコンショップチェーンを展開する企業。 2012年8月、旧・株式会社サードウェーブから、パソコンの製造事業を行う株式会社サードウェーブデジノス(英称:Thirdwave
    14キロバイト (1,689 語) - 2020年7月3日 (金) 07:48



    (出典 pc.watch.impress.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/07/03(金) 15:49:32 ID:OO4eE7etp.net


    (出典 dengekionline.com)



    (出典 dengekionline.com)


    (出典 dengekionline.com)



    (出典 dengekionline.com)



    サードウェーブは、ゲーミングPC GALLERIA(ガレリア)シリーズより、新たなフラグシップとなる究極のユーザビリティと機能性を追求した最新デザインの“GALLERIA”を発表しました。

    コンセプトはこれまでの常識を打ち破るという意味で“BREAK THE NORMAL”。今回、7年ぶりのリニューアルとしてケースデザインを一新。
    長年ゲーミングPCを企画・製造してきたサードウェーブのGALLERIAブランドが考える、これからのPCゲーマーのための機能的デザインを持つ製品となりました。


    ユーザビリティと機能性を追求し、新たにデザインしたミドルタワー/ミニタワーのオリジナル筐体を採用。
    従来のGALLERIAシリーズが誇る圧倒的なパフォーマンスと安定性に加え、新たな設計として、排熱性を高めた“デュアルサイドインテーク”、
    机上でも机の下でもアクセスしやすい“ななめ45度コンソールパネル”、従来モデルから人気の高かった冷却性能や内部パーツの拡張性を追求しつつ、新たなデザインで所有する喜びを高めるプロダクトコンセプトを体現。
    最高のゲーム環境を実現するゲーミングPCです。


    https://dengekionline.com/articles/42323/


    【【PC】ドスパラの新型ガレリア、改良されまくりでガチでめっちゃ良さそう】の続きを読む



    (出典 www.one-netbook.jp)



    1 :2020/06/30(火) 16:00:41.86 ID:z2rYqGik0●.net BE:878898748-PLT(16000)


    (出典 img.5ch.net)

    UMPCの『OneMix』で知られるONE-NETBOOK社が昨年ゲーミングPCをリリースすると発表し、満を持して2020年6月30日に
    都内で発表会を行った。ゲーミングPCの名前は『OneGx1』で、発表会に先立って29日から予約開始している。
    本日はそんな『OneGx1』の新製品発表会となる。

    発表会冒頭ではONE-NETBOOK社のJa* Wang代表がビデオメッセージで「日本市場が重要な市場で重要している。
    本日は『OneGx1』を発表させていただきます。拘り抜いた品質となっておりコントローラーの取り外しも可能となりボディは美しくなった。
    日本市場向けに日本配列キーボードとなった。配列や色は日本のファンの方と投票によって決まった。『OneGx1』は日本の方にとって
    特別な意味を持つ製品となる。しっかりと体験してほしい」と語った。

    次いで日本の代理店である株式会社テックワンの中林代表取締役が「1年を振り返りたい、皆さんに感謝を申し上げたい。
    昨年1月に深センに言ってJa*さんに会ってきて現場を見てしっかりした製品を生み出しているんだなと思った。
    日本市場に代理店がないということで立ち上げた」と語った。

    ONE-NETBOOK社は設計だけを行い他社に製造を委託するよくある企業とは異なり、設計から製造まで自社で行う企業。
    自社の組み立てラインを持つ。

    (つづく)

    https://gogotsu.com/archives/58169

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 7インチのゲーミングPC『OneGx1』都内で発表会 女性ゲーマーが『HALO』をプレイし「サクサク動く」)

    ラインナップと価格

    • OneGx1(8GB/256GB):89,800円(税別)
    • OneGx1(16GBGB/512GB):108,800円(税別)
    • OneGx1(8GB/256GB)LTEモデル:99,800円(税別)
    • OneGx1(16GBGB/512GB)LTEモデル:116,800円(税別)

    製品仕様

    • CPU:第10世代Intel Corei5-10210Y (1.0GHZ-4.0GHz, インテル® スマートキャッシュ6MB)
    • グラフィックス:Intel UHD Graphics 615
    • メモリ:8GB / 16GBオンボード (LPDDR3 SDMRAM)
    • ストレージ:256GB / 512GB microPCI-e SSD
    • モニター:7型、1920×1200 323PPI ゴリラガラス4採用 H-IPS液晶パネル(10点マルチタッチ対応)
    • 入力:キーボード、マウス、タッチペン(別売)
    • オーディオ:スピーカー、マイク内蔵
    • 有線LAN:なし
    • 無線LAN:Wi-Fi6(802.11ax), 2×2 a/b/g/n/ac/
    • Bluetooth:Bluetooth 5.1
    • LTE(オプション):
      LTE-FDD:B1/B3/B8/B18/B19/B26/B28
      LTE-TDD:B41
    • インターフェース:
      1×USB 3.0 Type-A
      1×USB Type-C 3.2 Gen2 (PD2.0対応)
      1×SIM+microSDカードスロット (SDXC対応)
      1×音声出力とマイクインの3.5mmコンボジャック
      1×Micro HDMI(D Type)出力
    • バッテリー:容量12,000mAh、11時間駆動
    • 本体サイズ:173mm × 136mm × 21mm
    • 本体重量:620g(コントローラー120g、LTEは+20g)
    【【ゲーム】LTE対応・専用ゲームパッドでどこでもPCゲーム!7型の超小型ゲーミングPC「OneGx1」国内発売決定! 特典つきの予約開始】の続きを読む


    “運営会社概要”. 2012年10月13日閲覧。 ^ マイコミジャーナル サイコム本社・3たび訪問!…(3ページ目)[1] “BTO パソコン(PC)の【@Sycom】(サイコム)”. 2012年9月12日閲覧。 - 公式サイト BTOパソコンのサイコム (@sycom_jp) - Twitter - 公式アカウント
    3キロバイト (301 語) - 2020年3月31日 (火) 03:13



    (出典 kaiteki-pasokon.com)



    国内最速でデュアル水冷を実現するサイコムのBTO

    いわゆるデュアル水冷のBTOは国内にいくつか存在する。また、一体型の簡易水冷CPUクーラーと、パーツメーカーが自社で開発している簡易水冷を搭載したオリジナルのグラフィックスカードを組み合わせれば、ユーザー自身でデュアル水冷マシンを作ることも可能だ。

    しかしこれらとサイコムのデュアル水冷BTOが決定的に異なる点は、豊富なパーツから選択できる自由度の高さと、一般的なパーツメーカーの簡易水冷に頼らない独自カスタマイズによる製品化のスピード感だろう。今回レビューした「G-Master Hydro X570A」には、今最も市場で人気のあるCPU、AMD第3世代Ryzenと、さらに先日発売されたばかりのNVIDIA GeForce RTX SUPERシリーズを選択することができ、なおかつデュアル水冷化されているという驚異的な仕事の早さに驚く。

    G-Master Hydro X570A_59_1024x768

    GeForce RTX SUPERは、既存のGeForce RTX 20×0 TiシリーズとTi無しの無印版の間に位置するモデルだ。やはりグラフィックスカードも最高峰でないと満足できないというユーザー向けに、サイコムのBTOカスタマイズには「GeForce RTX2080Ti 11GB」がちゃっかり選択できるようになっている。仮に構成変更したとしても「GeForce RTX2080Ti 11GB」も水冷化され、「G-Master Hydro X570A」のデュアル水冷構成は揺るがない。

    また、新たな試みとしてテストを実施した、Adobe Photoshop CC、Premiere Pro CC、After Effects CCなどにおいては、第3世代Ryzenの性能や有用性を改めて評価することができた。いわゆるクリエイターやプロフェッショナル向けのソフトの処理において、コア数だけのハッタリではない快適なワークフローを実現するためのCPU選択と言える。

    サイコムと言えば「Silent-Master」シリーズが持つ「究極の静音性」を追求したBTOも有名だ。シリーズは異なるが、基本構成やカスタマイズのラインアップはそれらのフィードバックをもとにチョイスされているため、いわゆる「ハイエンドゲーミングマシン」だから高負荷時のノイズ増加は仕方がないと妥協せず、マシン性能、冷却、ノイズのバランスをしっかりとったBTOに仕上がっている点が素晴らしい。昔はバリバリの自作派だったユーザーが、サイコムBTOを選ぶ理由がここにある。

    記事全文はこちら
    https://www.gdm.or.jp/review/2019/0825/316090/8


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/06/09(火) 06:57:59 ID:JH6ohRhqa.net

    そろそろゲーミングPC欲しいんだけど


    【ゲーミングPCの選択肢「サイコム」編】の続きを読む


    本社を横浜市の現在地に移転。 2013年7月 - ヤマダ電機の完全子会社のKOUZIROからFRONTIERブランドのPC事業を継承。 インバースネット ショップインバース ショップインバースWEB本店 パソコン修理ドットコム WEB限定 高額買取サービス パソコン無料処分サービス BTOパソコンFRONTIER
    4キロバイト (327 語) - 2019年9月5日 (木) 05:20



    (出典 akiba-pc.watch.impress.co.jp)


    割安なFRONTIERのゲーミングPCは本当に高性能?

    リーズナブルな価格でも組み立てもゲーミング性能もばっちり
    コスパ重視のゲーマーにおすすめのFRONTIER製ゲーミングPC

     今回テストした全てのゲームにおいて、FRGHZ390のカスタムモデルは、今時のゲームを遊ぶには十分以上のパフォーマンスを発揮してみせた。最近の人気ゲームであればジャンルを問わず高画質かつ非常に滑らかな描画で楽しむことが可能で、オーバースペックといえるほど高い性能をもったモデルになっている。

     見栄えよくしっかり組み立てられた本体と、164,800円(税抜き)という価格を考慮すると、かなりコストパフォーマンスに優れたゲーミングPCであると言えるだろう。割安が故に不安に思うユーザーもいると思うが、安心して使える一台だ。

     PCで本格的にゲームをプレイしてみたいユーザーで、なおかつ予算も抑えたいというのであれば、BTO PCの老舗であるFRONTIERが手掛けたゲーミングPCの「GHシリーズ」をおすすめしたい。

     なお、FRONTIERは定期的にセールも行っており、今回テストしたモデルに近い構成のモデルが激安価格で購入できることもある。購入の際はぜひセール情報のページもチェックしてもらいたい。

    記事全文はこちら
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/1209459.html


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/12/27(木) 22:01:03.586 ID:l+tEE7z/0.net

    とりあえずドスパラだけは避けた


    【ゲーミングPCの選択肢「フロンティア」編】の続きを読む


    Unleashed”. 2019年9月4日閲覧。 ^ “AMD RyzenThreadripper3990X Processor”. AMD. 2020年1月19日閲覧。 ^ “64コア/128スレッドのRyzen Threadripper 3990Xがデビュー、価格は約50万円! - AKIBA PC
    62キロバイト (5,168 語) - 2020年2月8日 (土) 17:38



    (出典 images.hothardware.com)



    1 夜行列車 ★ :2020/02/08(土) 19:23:52 ID:+eR4HkqV9.net

    https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_pcuser_20200207099/

     AMDは2月8日、デスクトップPC向けの64コア128スレッドCPU「Ryzen Threadripper 3990X」を発売する。想定販売価格は44万9800円で、AMD TRX40チップセットとSo*et sTRX4を備えるマザーボードと組み合わせて利用できる。

     同CPUは「第3世代Ryzen Threadripper」の最上位モデルで、x86ベースのCPUとしては「世界で初めて64コア128スレッド」を搭載する。「Ryzen Threadripper 3960X」(24コア48スレッド)や「Ryzen Threadripper 3970X」(32コア64スレッド)よりもさらに“強力”なCPUだ。

     リリースに合わせて、同社はRyzen Threadripper 3990Xに関する技術資料を公開した。その実力はいかほどのものなのだろうか。

    ●“特定の顧客”に向けたCPU

     Threadripper 3990Xのリリースの背景として、AMDは「特定の顧客は(Threadripper 3970Xよりも)さらに高い処理能力を求めている」ことを挙げている。

     具体的には、プロの動画編集、仮想マシン(VM)のヘビーユース、複雑なソフトウェア開発、メインメモリ大量に消費する処理や多くのCPUコアが要求される処理……といった用途を想定したCPUという位置付けだ。

    Ryzen Threadripper 3990Xの概要(AMD提供資料より)

    (出典 imgc.eximg.jp)


    【【PC】世界初の「64コアx86」の実力は? AMDが2月8日発売「Ryzen Threadripper 3990X」のパフォーマンスをアピール!】の続きを読む

    このページのトップヘ