ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: 最新ゲーム関連ニュース


    小島 秀夫(こじま ひでお、1963年(昭和38年)8月24日 - )は、日本のゲームクリエイター、実業家。コジマプロダクション代表。 コナミデジタルエンタテインメント執行役員副社長、エグゼクティブコンテンツオフィサーを歴任。開発チーム小島プロダクションの監督を務めていたが、2015年12月15日付
    45キロバイト (6,315 語) - 2020年7月19日 (日) 08:58



    (出典 www.gamebusiness.jp)


    1 名無しさん必死だな :2020/07/19(日) 22:29:25.92 ID:vh0Ac2V30.net

    https://twitter.com/Kojima_Hideo/status/1284649273825521666?s=19
    映画もゲームも音の演出が重要。音でほとんどが決まる。
    音楽だけとは違う音響効果全般。
    例えばレオーネ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』。
    この冒頭が凄い。
    モリコーネなのに音楽もジングルも台詞すらない。
    駅で三人の*屋が汽車を待つ。
    蠅の音、雨の音、風の音だけの十数分。
    (deleted an unsolicited ad)


    【小島秀夫監督「ゲームは音の演出が重要。音でほとんどが決まる。」】の続きを読む


    は、アクションRPGおよびアクションアドベンチャー。「ペーパーマリオ」というシリーズ名は、シリーズ第一作『マリオストーリー』の日本国外版タイトルである『Paper Mario』から来ている。 当初はスーパーファミコンで発売された『スーパーマリオRPG』の続編として企画・開発されていたロールプレイン
    10キロバイト (1,294 語) - 2020年7月17日 (金) 07:40



    (出典 i.ytimg.com)



    1 ベンガル(東京都) [US] :2020/07/19(日) 10:10:28.23


    「ペーパーマリオ」開発者、「マリオの世界に影響を及ぼす」新キャラクターを作ることができなくなったと明*
    by Jordan Oloman
    Posted 2020年7月18日10:36

    「ペーパーマリオ」の開発者が、「マリオの世界に影響を及ぼす」キャラクターを作ることや、既存のマリオのキャラクターに変更を加えることができなくなったと明かした。

    VGCのインタビューで、任天堂の田邊賢輔は、クッパやカメックといったアイコニックな敵が多いシリーズにおいて新たな悪役をデザインするプロセスについて質問を受けた。それに対し田邊は「『ペーパーマリオ スーパーシール』以降、マリオのキャラクターに変更を加えたり、マリオの世界に影響を及ぼすオリジナルキャラクターを作ることができなくなりました」と答えている。

    つまり『ペーパーマリオ オリガミキング』の開発チームは、キノコ王国のアイコニックな悪役たちに変更を加えることができなかったため、既存のマリオの世界以外で新しいキャラクターを考えなければならなかったということだ。また、新たなキャラクターはマリオのキャラクターに似せることもできないようだ。「オリー王や文房具のボスのように、マリオの世界にまったく関係ないデザインで、オリジナルキャラクターを作る必要があるのです」

    https://jp.ign.com/paper-mario-the-origami-king/45367/news/


    【【ゲーム】「ペーパーマリオ」開発者、「マリオの世界に影響を及ぼす」新キャラクターを作ることができなくなった】の続きを読む



    (出典 cdn.pixabay.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/07/23(木) 14:22:38.902 ID:ovUOcR7O0.net

    わざととしか思えないんだが…


    【なんで女ってゲーム下手なの??】の続きを読む


    ほぼ全ての作品名に「アトリエ」という言葉が含まれていることから、このように呼ばれる。 1997年『マリーのアトリエヒットに始まり、続編『エリーのアトリエ』が好評だったことから「アトリエシリーズ」として確立する。4作目『ユーディーのアトリエ』以降作品はナンバリングでは直接繋がっていないが、代わりに通し番号が設定されて
    67キロバイト (5,572 語) - 2020年7月20日 (月) 15:36



    (出典 game.watch.impress.co.jp)

     コーエーテクモゲームスは、今冬発売予定のプレイステーション 4/Nintendo Switch/PC用錬金術RPG「ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~」のスペシャルムービーおよび公式サイトを7月30日0時に公開する。

     本作は、2019年9月26日に発売された「ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」の続編。前作より3年の月日を経て、成長したライザと仲間たちの「再会」と新たな「出会い」といった夏の「青春物語」がもう1度始まる。

     なお、本作の詳細は、7月30日0時に公開される公式サイトで発表するとのこと。

    記事本文はこちら
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1266716.html

    【【ゲーム】『ライザのアトリエ2』、スペシャルムービーおよび公式サイトを7月30日に公開】の続きを読む


    F-ZERO』(エフゼロ)は、1990年11月21日に任天堂が発売したスーパーファミコン用レースゲーム。F-ZEROシリーズの第一作目。 『スーパーマリオワールド』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つ。これまでの家庭用ゲーム機にはなかった同機の回転・拡大・縮小表示機能を全面的に活用す
    23キロバイト (2,549 語) - 2020年3月31日 (火) 07:54



    (出典 ga-m.com)


    昨日7月20日に電撃放送されたNintendo Direct Mini。多くのタイトル情報が出たが、実はその1週間前から、「Twitterアカウント」をめぐるユーザーたちの 熾烈な情報探しが展開されていた。任天堂は例年E3にあわせて大規模なNintendo Directを放送してきたが、この夏はE3の中止と共に静かな夏を過ごしている。しかし「必ず大きな発表をするに違いない」と情報の欠乏によりギラついたユーザーたちは、Twitterアカウントを掘ることで新たな情報を得ようとしていた。

    最初に発見されたのは、「@supermario35th」なるアカウント。今年は『スーパーマリオ』の35周年であり、ゲームタイトルにおいても新たな展開があるとの噂が出ており、熱心なファンはTwitterで情報を探索。その結果として、スーパーマリオ35周年向けアカウントとなりそうな、「@supermario35th」が発見されていた(VGC)。

    そしてもうひとつ発見されたのが「@FZeroJP」なるTwitterアカウントだ。この「タイトル名+JP」を用いるアカウント名は、『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『スプラトゥーン』公式アカウントに使われている方式。さらに、両アカウントのパスワードリセットをしようとした際に使われているメールアドレスが、任天堂のメールアドレスではないかと推測されていた。2004年発売の『F-ZERO CLIMAX』以降『F-ZERO』シリーズの新作は作られていない。16年ぶりの新作を願うファンにとっては、期待できる要素があったわけだ。

    そして昨日Nintendo Direct Miniの概要が発表され、期待はさらに高まる。「続報が中心」「ソフトウェアメーカーのタイトル」という文言がありながらも、『F-ZERO』新作が発表されるのではないかと静かながら熱い期待が寄せられていたわけだ。しかし、その願いは唐突に消え去る。Nintendo Direct Miniが放映された7月20日23時頃、@FZeroJPアカウントにて、「やったぜ。」の文言と共に奇妙なポルノ動画が投稿された。この瞬間、ファンの期待が潰えた。「@FZeroJP」Twitterアカウントは、巧妙なフェイクであったというわけだ

    同アカウントに投稿されたのは、界隈で人気のゲイビデオをもとにした映像。直接的な表現はないので、ポルノビデオと表現するほどいかがわしいものではないものの、職場で音を出しては見られないようなもの。一種のネットミームである。日本のネットユーザーのおふざけであるということだろう。「騙し行為」であったが、海外ではこのユーザーの仕込みに感心するユーザーの声が寄せられている。

    というのも、このアカウントが作成されたのは今年の3月。4か月以上このおふざけのために潜伏していたという気概や、わざわざ任天堂らしきメールアドレスを用意していることなど、なぜか騙し側のメンタリティを称える投稿がTwitterに寄せられている。Redditでは「ここ数年で、一番『F-ZERO』が目立った行動だったよ、よくやった」という書き込みが、もっともUpvoteを集めている。忘れられかけた『F-ZERO』というフランチャイズに話題を集めたという点や、投稿されたポルノビデオがなぜかウケており、このだまし計画はTwitterとRedditで奇妙なほど好意的に受け取られているのだ。

    記事本文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200721-131155/

    【『F-ZERO』新作発表か?公式と噂されたTwitterアカウント、「ポルノビデオ」が投稿されフェイクと判明。夢潰える。。】の続きを読む

    このページのトップヘ