ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: 最新ゲーム関連ニュース


    グランツーリスモ(イタリア語: Gran Turismo)は、自動車のカテゴリの一つである。フランス語ではボワチュールドグランツーリスム (Voiture de Grand Tourisme)、英語ではグランツーリングカー (Grand Touring Car)、ドイツ語ではグランツーリズムヴァーゲン
    21キロバイト (1,496 語) - 2022年3月9日 (水) 04:11

    1 少考さん ★ :2022/05/27(金) 10:41:43.19

    人気ゲーム「グランツーリスモ」映画化へ!監督候補に『第9地区』ニール・ブロムカンプ|シネマトゥデイ
    https://www.cinematoday.jp/news/N0130352

    2022年5月27日 10時29分


    (出典 img.cinematoday.jp)

    画像は2021年に開催された「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」より - Photo by Clive Rose - Gran Turismo / Gran Turismo via Getty Images

    米ソニー・ピクチャーズとプレイステーション・プロダクションズが、大人気レースゲーム「グランツーリスモ」の映画化を企画していると、Deadlineが独占で報じた。

    1997年12月に1作目が発表された「グランツーリスモ」は、実在するスポーツカーや多様なサーキットを収録し、グラフィックやサウンドまでリアルなカーレーシング体験を追求した人気作。シリーズは今年25周年を迎え、3月には最新作「グランツーリスモ7」が発売された

    同サイトによると、監督候補として『第9地区』を手がけたニール・ブロムカンプの名前が挙がっているという。ブロムカンプは、アクションゲーム「Anthem」の前日譚を描く短編映画『コンヴィクション(原題) / Conviction』を監督したほか、2017年にインデペンデントスタジオ「Oats Studios」を立ち上げ、実験的な短編作品を世に放っている。代表作『第9地区』は続編企画も始動しており、昨年2月には脚本執筆中であると自らTwitterで明かしていた。

     なお企画は初期段階であり、一部で報じられたテレビシリーズ化は正確な情報ではないとDeadlineは指摘している。(略)

    (編集部・倉本拓弥)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    【【ゲーム】『グランツーリスモ』映画化を企画!監督候補に『第9地区』ニール・ブロムカンプ】の続きを読む


    任天堂は5月27日、ニンテンドースイッチ向け有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入で遊べる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」と「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」に新タイトルを追加しました。

    今回追加されたのは、ファミコン側に『ピンボール』、スーパーファミコン側に『海腹川背』と『ラッシング・ビート』です。

    『ピンボール』は、1984年に発売されたピンボールゲーム。ボールをフリッパーで打ち返しながら、台のさまざまな場所に当てて得点を稼ぎ、ハイスコアを目指します。ボーナスステージでは「マリオ」も登場します。

    『海腹川背』は、1994年に発売されたアクションゲーム。ゴムのように伸び縮みする特殊なロープを使う画期的な「ラバーリングアクション」が特徴で、当時はアクションゲームのニュージャンルとして話題に。

    主人公の女の子「海腹川背」を操作し、なぜか邪魔してくる魚たちを退けながら、特殊なロープを巧みに操って険しいステージを進んでいきます。

    『ラッシング・ビート』は、1992年に発売されたアクションゲーム。密売組織に誘拐された「マリア」を救うため、プレイヤーはマリアの兄「ノートン」、兄妹を幼いころから知るノートンの先輩「ビルド」を操作し、密売組織に立ち向かいます。

    記事本文はこちら
    https://www.gamespark.jp/article/2022/05/27/118874.html

    1 名無しさん必死だな :2022/05/27(金) 10:01:48.30



    (出典 Youtube)


    ファミリーコンピュータ & スーパーファミコン Nintendo Switch Online 追加タイトル [2022年5月27日]


    【【ゲーム】Nintendo Switch Online 本日27日追加タイトル『ピンボール』『海腹川背』『ラッシング・ビート』】の続きを読む


    さくま あきら(本名:佐久間 晃(読み同じ)、1952年7月29日 - )は、東京都杉並区出身のゲームライター・作家。血液型はA型。 東京都立武蔵丘高等学校から1年浪人。立教大学経済学部、劇画村塾出身。小池一夫曰く「自分の一番弟子」。自身が中学生のときから強い影響を受けたという作曲家のすぎやまこう
    49キロバイト (7,568 語) - 2022年5月26日 (木) 13:12

    1 muffin ★ :2022/05/27(金) 12:22:08.13

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205270000266.html
    2022年5月27日10時55分

    「桃太郎電鉄」シリーズなどを手がけたゲームライターさくまあきら氏(69)が、誤嚥(ごえん)性肺炎のため入院したことが、27日までにわかった。

    さくま氏は26日にツイッターで「にゆういんちゆう、」と報告。妻の佐久間真理子さんはその前日に「【ご報告】さくまが誤嚥性肺炎で入院しました」とツイートし、「早い段階で7119に連絡したので、熱も上がる前に病院で手当をしてもらえました」と救急相談センターに連絡したことを明かした。「意識もちゃんとあるし、受け答えも出来ています」とした上で、コロナ禍のため、面会できていないことを報告。「個別にお返事できませんが、とりあえず治療に専念しています」と説明していた。真理子さんはその後、「いま、さくまから電話が来ました!ちゃんと声が出ていました。ひとまず安心です。みなさん、ありがとうございます」と、夫と連絡が取れたことも記している。

    さくまさんは2019年1月、京都で会食中に具合が悪くなり救急搬送され、亜急性心筋梗塞のため一時は集中治療室に入っていたことなどを報告。最近もリハビリを続けている様子などを明かしている。


    【【ゲーム】『桃太郎電鉄』ゲームライターさくまあきら氏(69)が入院 誤嚥性肺炎、夫人が「ひとまず安心」と報告】の続きを読む


    FFシリーズとはかなり趣向が異なり、テイストとしては『タクティクスオウガ』に近い。 かつてイヴァリースを二分して争われた後継者戦争獅子戦争」は、ディリータという名の若き英雄の登場によって幕を閉じた。一人の無名の若者が立ち上がり、雄々しく戦い、英雄となり戦争
    54キロバイト (8,063 語) - 2022年5月21日 (土) 16:47

    1 名無しさん必死だな :2022/05/10(火) 07:59:51.16

    IGN US編集部が選ぶ、シミュレーションRPGのトップ10を紹介する記事(英語)が公開された。歴史ある「ファイアーエムブレム」シリーズから2022年にリリースされたばかりの『トライアングルストラテジー』まで、シミュレーションRPGの名作がランキングに入っている。

    IGN US編集部が選ぶ、シミュレーションRPGのトップ10は以下の通り。なお、作品名は邦題を用いる。

    1.『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』
    2.『XCOM 2』
    3.『タクティクスオウガ 運命の輪』
    4.『ファイアーエムブレム 風花雪月』(レビュー)
    5.『魔界戦記ディスガイア5』
    6.『戦場のヴァルキュリア』
    7.『The Banner Saga』(レビュー)
    8.『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』
    9.『トライアングルストラテジー』(レビュー)
    10.『Othercide』


    【【ゲーム】IGNが選ぶ名作シミュレーションRPGランキング1位『FFタクティクス獅子戦争』に決定!】の続きを読む


    フリップル』 (Flipull) は、1989年にタイトーから稼働されたアーケード用パズルゲームである日本国外では主に『Plotting』のタイトルで発売されている。 主人公を操作し、持っているブロックと同じマークのブロックに当てる事でブロックが消去されるシステムとなっている。
    21キロバイト (1,583 語) - 2022年5月26日 (木) 07:52

    1 名無しさん必死だな :2022/05/25(水) 18:30:13.64

     ハムスターは、プレイステーション 4/Nintendo Switch用パズルゲーム「アーケードアーカイ* フリップル」を5月26日に配信開始する。価格はPS4版が838円(税込)、Switch版が837円(税込)。

     本タイトルは、1989年に発売されたパズルゲーム「フリップル」が、アーケードゲームを忠実に再現するシリーズ「アーケードアーカイ*」で再現されたもの。時間内に同じマークのブロックをぶつけて消しながら、各ステージのブロック数をクリア条件以下にすることで次のステージに進める。


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1411874.html


    【【ゲーム】1989年タイトーから発売されたパズルゲーム『フリップル』アケアカで5月26日配信開始】の続きを読む

    このページのトップヘ