1 名無しさん必死だな :2022/09/23(金) 18:16:01.98ID:+0t5xwHc0
◇SwitchにPS5のキラータイトルが集結していく!

『ファイアーエムブレム エンゲージ』の情報解禁を皮切りに『ピクミン4』の制作発表、ゼルダ最新作の正式タイトル『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』も明らかにされた「Nintendo Direct 2022.9.13」。

 ゲームファンを沸かせたニュースは、任天堂の看板を背負った作品ばかりではありません。ゲームファンによって異なる好みを幅広く網羅したラインナップのなか、PlayStation 5の購入を待たずしてプレイが可能になる「キラータイトル」への注目も集まっています。

 たとえば、「日本ゲーム大賞2022」年間作品部門で優秀賞を受賞した『バイオハザード ヴィレッジ』です。2021年にリリースされた本作はPS5/4、各種プラットフォームで展開されていましたが、10月28日(金)よりNintendo Switchでもクラウド版のプレイも可能になります。「ホラー要素」に見直しがかかった『バイオハザード7 レジデント イービル』と併せて、秋の夜長を楽しみに待つSwitchユーザーも多くいるでしょう。

 いっぽう、PS2用ソフト『ドラッグオンドラグーン』よりコアなファンを有する、横尾太郎(ヨコオタロウ)作品をNintendo Switchでプレイできることに感嘆するファンも少なくありません。2017年にPS4で発売された『ニーア オートマタ』も、10月6日(木)『ニーア オートマタ ジ エンド オブ ヨルハ エディション』と、装い新たに発売が予定されているのです。

 シリーズは、残酷ながらも緻密なストーリーが人気のアクションRPGですが、いずれの作品も任天堂の展開する筐体でプレイすることが叶いませんでした。続編、関連作品とマルチエンディングが用意されていることも特徴です。最新作をNintendo Switchで遊べる未来が訪れるのは、ファンが予想できなかった衝撃でした。

 もちろん、PS5のマシンスペックを存分に活かしてゲームを遊びたい声もあがっています。2022年9月現在の供給状況を悔しく思う方も少なくありません。しかしながら、手に入れやすいNintendo Switchへ「PS5が手に入ったらプレイしたい」タイトルが充実していくニュースは、多くのゲームファンにとっての朗報として受け止められたのではないでしょうか。


(出典 magmix.jp)


https://magmix.jp/post/113249