1 名無しさん必死だな :2022/08/01(月) 00:39:17.21ID:Lt2y+MH/0
デベロッパーのqureateが、『ビートリフレ』というタイトルの新作リズムゲームを、PC(Steam)向けに8月4日に配信するようだ。現時点ではまだ正式発表されていないものの、Steamにてストアページが公開されている。そのゲーム概要から、どうやら本作は発売延期となったNintendo Switch向けリズムゲーム『マッサージフリークス』のPC版となる模様である。

繰り返しになるが、これらの刺激的な要素も、Nintendo Switch向けの『マッサージフリークス』にて紹介されていたものと同じ。ただし、Steam版となる『ビートリフレ』の公式サイトには、こうした女の子が着ている服がはだけていく要素や、NTRモードでの裸に見える表現について、「Steam版でこちらの内容を楽しむにはパッチの適用が必要です」との注意書きがある。

Steamにて成人向けゲームが解禁される以前は、メーカーはSteamでは規制版を配信し、外部で規制解除パッチを配布する手法が一部で取り入れられていた。本作もそうしたかたちで、上述した要素を解除できるようになるようだ。公式サイトのパッチ配布ページでは「リズムゲーム中の衣装の挙動が変化するよう改善」「リズムゲーム終了までに一定のスコアになるとミニゲームが楽しめるようになります」と案内されている。

Nintendo Switch版である『マッサージフリークス』は、当初は8月4日配信予定だったが、7月22日に無期延期が発表された。開発元qureateは延期の理由について、「関係各所と協議した結果」と述べるにとどめており、具体的な理由は不明。ただ本作の発表後には、これまでに紹介したような刺激的な要素やビジュアルが、女性蔑視的・性的搾取的であるとか、マッサージ店での性犯罪を想起させるなどと、一部で批判されていた。またSNS上では、そうした批判の声に対する、批判や反論も展開される状況となっていた。

加えて、本作にてマッサージを受ける女性キャラクターの名前が、すべてアイドルの日向坂46のメンバーと同じという指摘もあった(苗字は異なる)。この点についてqureateは、“キャラクター名の軽率な引用”について謝罪し、すでに名称の修正は完了していると報告している。

そうした騒動を経て、Steam版である『ビートリフレ』の存在が今回明らかになった。ストアページには、「登場人物はすべて18才以上です」「犯罪を助長するゲームではありません。マネしないでください」「一部セクシャル要素を含みます。苦手な方のご購入はご遠慮ください」などといった記載があり、また公式サイトにアクセスする際にも同様の注意表記が確認できる。

また『ビートリフレ』の公式サイトの内容は、現在はアクセスできない『マッサージフリークス』の公式サイトと基本的には同じであるものの、説明文などでの「マッサージ」という言葉は、別の言葉に置き換えられている。『ビートリフレ』というゲームタイトルもしかり。『マッサージフリークス』発表時に受けた批判の声に、敏感に対応している様子がうかがえる。

規制解除パッチは存在するものの、ゲーム内の表現を基本的に維持しつつ、さまざまな配慮をおこなった格好だ。Nintendo Switch版が無期延期状態のなか、qureateとしてはまずSteamにて本作をリリースすることを模索し、こうした対応をおこなったのだろう。


(出典 automaton-media.com)


https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220801-212522/