F-ZERO』(エフゼロ)は、1990年11月21日に任天堂が発売したスーパーファミコン用レースゲーム。F-ZEROシリーズの第一作目。 『スーパーマリオワールド』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つ。これまでの家庭用ゲーム機にはなかった同機の回転・拡大・縮小表示機能を全面的に活用す
23キロバイト (2,549 語) - 2020年9月2日 (水) 10:03



(出典 renote.jp)



1 首都圏の虎 ★ :2020/11/21(土) 11:01:37.51

 1990年11月21日、日本のゲーム史にさんぜんと輝くゲーム機「スーパーファミコン」が発売。本日でちょうど発売30周年を迎えます。16ビットCPUを搭載し、32768色を扱えるグラフィックス、豊かな表現が可能になったPCM音源の採用、そしてハードウェア側で回転・拡大・縮小機能を持つなど、前ハードのファミコンを大幅に上回る高性能を実現しました。

 そのスーパーファミコン本体と同時発売された、いわゆるローンチタイトルは、任天堂のコーポレートキャラクターを用いた新作『スーパーマリオワールド』、そして完全新作のレースゲーム『F-ZERO』の2本のみ。

 そのうちの1本である『F-ZERO』とは、レースの最高峰「F-1」のさらに先を行くという意味がこめられたタイトルを冠するレースゲーム。未来を舞台にした宇宙規模で開催されるレースに挑戦します。4種類の異なる特徴を持つマシンから1台を選び、3つのリーグと3つの難易度でレースに挑む「グランプリ」、練習用モードの「プラクティス」、そしてコースレコードが確認できる「レコード」の3つのモードが用意されていました。

 マリオのネームバリューがあり、安定した面白さが予想できた『スーパーマリオワールド』と比べると、この『F-ZERO』のほうは発売前の雑誌等の情報を見ても正直ちょっと地味に感じられました。

 しかしハードとゲームの発売後、実際に『F-ZERO』をプレイして動いているゲーム画面を見たときにゲームファンの評価は一変。少なくとも私自身は大きな衝撃を受け、「さらなるゲームの進化」に大きな期待感を抱いたことは忘れられません。

■スーファミの高性能だからこそ実現した圧倒的スピード感
 当時のスーファミが誇る新機能「回転・拡大・縮小機能」をフル活用した『F-ZERO』は、前ハードのファミコンのレースゲームでは体験できなかった、まさに圧倒的なスピード感と爽快感をもたらしてくれました。

 最初はあまりにマシンのスピードが速すぎて目が追いつかず、操作とスピード感覚に慣れるまでがけっこう大変だったほど。レースゲームは比較的得意だと思っていたのですが、この『F-ZERO』ではコースの左右にあるガードビームにマシンをぶつけまくってパワーメーターを減らし、何度も爆発&炎上でリタイア。

 悔しくて何度もやりこんでいくうちにマシンを自在に操れるようになり、コースレイアウトを覚える頃には完全に『F-ZERO』のとりこになっていました。

■コース上の「多彩なギミック」に一喜一憂
『F-ZERO』のコース上には、ジャンプ台やマシンの速度を増減させるギミックなどが存在。場所によってはジャンプ台を活用して本来のコース外まで飛び出し、ショートカットすることも可能。また、ミスってコースを逆走してしまうアクシデントが発生したりと、レースゲームの楽しさの幅が広がったことを実感しました。

 そんな『F-ZERO』ならではのレース要素をあらためて振り返ると、同じ任天堂のレースゲーム『スーパーマリオカート』(1992年8月発売)との共通点を思い浮かべる方も多いことでしょう。

 それもそのはず、『マリオカート』は宮本茂氏による「2人用の『F-ZERO』を作ろう」の言葉をきっかけに開発が始まったことを、任天堂のゲームクリエイター・杉山直氏と紺野秀樹氏がインタビューで明らかにしています。

■コンマ数秒を削る「面白さ」
 従来のレースゲームの目的は、時間内にコースを完走したり、コンピュータが操作するマシンと順位を競ったりするものが大半。レースゲームである『F-ZERO』も基本的には後者に該当しますが、それとは別にラップタイムを極限まで詰めていく「タイムアタック」という楽しみ方も教えてくれました。

 前述した通り『F-ZERO』にはショートカットできる場所が存在し、1周ごとのラップやクリアタイムもコンマ2ケタまで細かく表示されます。

 主に舞台となったのは、多くの人が一番最初にプレイすることになるスタンダードなステージ「MUTE CITY I」。当時、雑誌などに公開された任天堂が持つ伝説の記録が「1分58秒97」。全5周のコースなので1周24秒ほどで周回すれば達成できるのですが、これが高すぎる壁でした。最初の頃はバグやウソなどでは……とささやかれたほどです。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4cc772f4793c04400dfb18b17a32fceb3af1250

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)





40 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:31:27.46

>>1
>「回転・拡大・縮小機能」をフル活用した

スピード感とかギミックも良かったとは思うけど↑これに尽きると思うんだけどな
ファミコンのレースゲームはカーブを擬似的に再現してるだけだったけど、f-zeroは現実と同じように回転しててそれまでとは全く違った


66 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:58:21.83

>>40
それまでのファミコン版F1レースのような疑似的な表現と違って、F-ZEROはライン取りがきちんと意味を成すんだよな
F1レースのライン取りは、ぶっちゃけ道からはみ出ないようにするためだけのものだが
F-ZEROはショートカットに直結する


3 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:04:54.76

F-MEGAのほうが面白いw


11 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:09:50.28

>>3
貴様やりこんでいるなっ!


57 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:48:12.72

>>3
トンネルの壁走るの難しいかったけどやりこむと余裕


7 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:07:05.39

小学生 ファミコン
中学生 スーファミ
高校生 N64、PS1、サターン
大学生 PS2
社会人 PS3
今    PS4

ハードの進化と共にあったアラフォー世代
一番衝撃だったのはPS2→PS3の時かな。HD画質のゲームは腰抜かした


24 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:19:10.20

>>7
小学生でファミコンてアラフィフじゃないの?


50 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:41:44.48

>>24
じゃないよ


35 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:28:47.19

>>7
その世代なら
PCエンジン・初代ゲームボーイが入ってるはずなんだけどな


42 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:34:30.65

>>7
全く同じ遍歴を辿ってるわ

自分はとにかくPSで衝撃を受けた


67 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:58:47.85

>>7
幼稚園 ゲームウォッチ

が抜けてるよ


74 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:03:27.60

>>7
PS2で止まったが、小学生低学年からゲーセン通いも平行してやってたから
テレビゲームのおいしいとこはほぼ全部味わった感がある


87 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:14:18.84

>>7
PS2で進化遂げきって飽きたわ
もうアーケードとかとの画像の差が無くなったと痛感した
これ以上画像がキレイになってもゲームやり辛いとしか思わなくなった


93 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:27:47.28

>>7
多分同世代だがPS1→PS2が一番衝撃的だわ。
PS2つっても真・三國無双の登場だがね。


97 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:30:31.10

>>7
同年代だけど、大学のPS2からMMOに行ってしまって人生詰みかけた
20年ぶりに買ったハードはVR
AVばっか見てる
独身42歳


98 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:30:51.27

>>7
スーファミから64はさして驚きなかったけどPSは全く画質や音が違くて驚いたなディスクの読み込みのもっさりも含めて


19 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:14:01.42

F ZERO 奇跡のタイム

(出典 Youtube)


2分切れるかどうか目標になってたな
1周目は、まだまだ削れる


38 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:30:09.88

>>19
なんかこの動画、見たことあるわ
PS1で再生できるスーファミの付録ROMだったか


84 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:11:33.68

>>19
1周目にジャンプ台使うんだな
素通りの方が速いと思ってたけど


20 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:14:30.08

ビッグブルーは今でも神曲


27 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:20:42.86

>>20
同士よ

(出典 Youtube)


69 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:00:35.38

>>20
PORT CITYも好き


73 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:03:27.04

>>20 knight リーグって言うんだっけ?
最初の5戦の最後(DeathWind I の次)、Silent だっけ?
あそこもかっこよくて好き。


34 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:28:03.50

30年前のクリスマスにもらったわ
マリオ F-ZERO アクトレイザー付きで


46 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:39:45.44

>>34
アクトレイザー面白かったな
色々な要素が詰まっていてスーファミすげえなあと感動した


51 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:42:31.81

>>46
もっと評価されていいゲームだよね、音楽は衝撃的だったわ


53 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:42:58.94

>>46
アクトレイザーの音楽は最高だと思う
ああいうゲームでないかなー


70 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:00:37.74

>>46
神様になってアクションしたり箱庭的に街作ったりするの楽しかったよね


61 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:54:36.67

【問題】
ニンテンドー64のローンチタイトル3タイトルのうち、1つはスーパーマリオ64。残り2タイトルを答えなさい。


63 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:55:31.08

>>61
将棋ソフトみたいなのなかった?
あとウェーブレースとか?


72 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:02:43.01

>>61
パイロットウィングス?


62 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 11:54:57.57

F-ZERO GXが最高峰。
リマスターでいいから出して。


94 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:28:38.16

>>62
ゲーム起動時に並んだ任天堂とセガのロゴは感慨深いものがあった


89 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:23:17.57

FZEROの新作何で出ないんだ?
マリオカートなんてアイテム使って邪魔するとか運が絡むからやり込みが意味ないやん
やり込んだ奴ほど勝てるようにしてくれ
マリオカートはアイテム使用不可とかないの?


92 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:27:33.92

>>89
過去作が売れなかったから営業判断で作らないだけだろ。
マリオカートはシリーズごとに売り上げが上がって、F0は売り上げが微妙だった。それだけ。


96 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:30:06.49

>>92
マリオカートってやり込みの意味ないやん
ショートカット見つけて差をつけまくってもアイテム連発で邪魔されて負けるとかあるから3DSの時に辞めたよ
あんな努力を*にするようなゲームが何で流行ったかわからない


99 名無しさん@恐縮です :2020/11/21(土) 12:32:09.03

>>89
商標的に今はアレなんじゃね?
F-1側からクレームつけられそうだし