ぷよぷよ』(Puyo Puyo)は、株式会社コンパイルが発売した落ち物パズルゲームのシリーズ。また、このシリーズにブロックとして登場するスライムタイプのモンスターの名前でもある。どちらも縮めて「ぷよ」と呼ばれる。 本作は、同社のRPG『魔導物語』の派生作品として製作されており、操作ブロックとなる
141キロバイト (22,540 語) - 2020年8月2日 (日) 13:24



(出典 esports-world.jp)



1 峠 ★ :2020/08/04(火) 15:26:53 ID:CAP_USER.net

 セガは、『ぷよぷよeスポーツ』を用いた初の脳活動実験を実施。その結果、『ぷよぷよ』をプレイすることで、
脳の活性化が見らることが判明した。

『ぷよぷよ』をプレイすると脳が活性化
https://news.mynavi.jp/article/20200804-1199547/images/001l.jpg

 実験は、公立諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授の協力のもと、「NIRS(ニルス)」という脳血流量の変化を調べる
実験を活用し、大学生6名を対象に実施。PlayStation 4用ソフト『ぷよぷよ e スポーツ』を用いて、
1人でタイムアタックをプレイした場合と、eスポーツを意識し、2人で対戦プレイをした場合の脳活動の違いについて
調査した。その結果、いずれも平常時より脳の活性化が見られたという。

 また、実験では、1人プレイよりも、2人対戦のほうが脳の活性化が見られた。これを受けて同社では、
対戦相手の様子や画面の状況を見てプレイする必要があるからであり、対戦というコミュニケーションがある
ゲームのプレイは、脳の健康にとって良いことなのかもしれないと、考察する。

平常時の脳

(出典 news.mynavi.jp)

1人プレイ時の脳(赤い部分が活性化しているところ)

(出典 news.mynavi.jp)

2人での対戦プレイ時の脳(赤い部分が活性化しているところ)

(出典 news.mynavi.jp)


 実験の結果を受けて、篠原教授は「今回の『ぷよぷよ e スポーツ』の実験により、ゲームプレイ中、
脳の前頭前野と頭頂連合分野という部分の活性化がみられました。前頭前野はワーキングメモリーをつかさどり、
頭頂連合分野はワーキングメモリーとして情報を短時間記憶し処理するための機能をつかさどる、
人間の日常生活や学習を支える重要な脳の部位です。その部位に活性化が見られるという結果は、
『ぷよぷよ』のゲームプレイが人間の脳にとって良い影響をもたらす可能性があると考えられます」とコメント。

実験の様子

(出典 news.mynavi.jp)

公立諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授

(出典 news.mynavi.jp)


 さらに「今回は大学生を対象とした実験を行いましたが、これまでの過去の実験結果も参考にすると、
前頭前野の活性は年齢を問わないと考えられているので、今回の実験結果は子供や高齢者にフォーカスすると
『子供の知育や高齢者の認知機能低下予防』にも役立つ可能性なども考えられます。
子供ではゲームをプレイする子の方が、前頭前野が厚いといった研究や、学業成績がよいといった研究、
高齢者ではパズルゲームをプレイする人の方が認知機能が高いといった研究もあり、
適度な『ぷよぷよ』のプレイは全年齢の脳の活動に役立つだろうと思われます」と考えを述べた。

ソース マイナビニュース 08/04 13:37
https://news.mynavi.jp/article/20200804-1199547/





3 Ψ :2020/08/04(火) 15:27:56 ID:4iRSZyiv.net

ぷよぷよ脳になるだけだから頭は良くならないぞ


5 Ψ :2020/08/04(火) 15:31:42.58 ID:LGyJiPIM.net

>>3
そういやハマってた時夢にまで出てきたり
目をつむった時に見えたりしてた