ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    2022年04月


    クウェア・エニックス(旧・エニックス)が発売している。略称はドラクエ。また、シリーズ内のほぼ全作品のタイトルロゴ等で、英字表記の「DRAGON QUEST」が使われているが、その頭文字を取った「DQ」も略称として用いられる。 「ドラゴンクエスト」というタイトルは、堀井が劇画村塾時代に小池一夫から学ん
    148キロバイト (20,200 語) - 2022年4月6日 (水) 11:45

    1 愛の戦士 ★ :2022/04/12(火) 08:15:41.51

    ふたまん 4/12(火) 6:31

     多くのファミコンキッズにRPGの面白さを教えてくれた国民的タイトル『ドラゴンクエスト』(エニックス)。レベルを上げて装備を強化し、必要なアイテムをそろえながら、主人公の冒険を“ロールプレイ”するという画期的なゲーム内容で、新しい体験を僕らにもたらしてくれました。その後、30年以上も愛され続ける人気シリーズとなり、最新作『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の発売を楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

     しかし過去の思い出を遡るとその面白さだけでなく、ときには絶望を感じるような忌まわしき記憶もチラホラ。そこで今回は『ドラクエ』シリーズの中でも「ロト三部作」と呼ばれるファミコン時代の初代『ドラクエ1』から『ドラクエ3』で体験した、忘れられないトラウマをえぐって……もとい、振り返ってみたいと思います。

    ■もはや殿堂入り!?「じゅもんがちがいます」「おきのどくですが……」
     ……とその前に、ファミコン時代の『ドラクエ』の絶望というテーマで、すでに語り尽くされたものが『ドラクエ1』と『2』の「復活の呪文(ふっかつのじゅもん)」を間違えた瞬間と、『ドラクエ3』の冒険の書が消えた瞬間でしょう。

     どんなつらいエピソードを紹介しようとも、このとき味わった絶望には絶対にかないません。でも触れないと「分かってねぇなぁ」と言われてしまうこと必至なので、もうこれは殿堂入りということにします。下手をすると数時間、数十時間分の苦労が水の泡となってしまう悲しい瞬間なので、仕方ないですよね。

     ちなみに私は『ドラクエ2』の長すぎる復活の呪文を入力して「じゅもんがちがいます」が出てしまったときは、間違えやすい“ぱ”と“ば”、“ぽ”と“ぼ”なんかを入れ替えて懸命に悪あがき。『ドラクエ3』のセーブデータが消えたときは、しばらく何もできなくなるほど打ちひしがれました……。

    ■「会心の一撃」が避けられるってマジ?
     復活の呪文の間違い以外、「『ドラクエ1』ってトラウマ要素少なくない?」と思うかもしれません。ですが思い返せばラスボスの竜王はともかく、終盤に登場する「かげのきし」や「スターキメラ」「ドラゴン」などにも相当泣かされてきました。

     やけに痛い、痛すぎるスターキメラやドラゴンの炎。妙にこちらの攻撃を避けまくる、かげのきし。そして極めつけは、ファミコン版の『ドラクエ1』では、敵が「かいしんのいちげき」を避けるケースまであるということ。

     ギリギリの攻防の中、起死回生の一撃が飛び出したのに無情にも回避され、反撃でやられた瞬間は絶望以外の何ものでもありません。誰にも頼れない1対1のガチバトルだからこそ、一度のコマンドの選択に重みがあります。そんな駆け引きの厳しさこそが、『ドラクエ1』の真骨頂だったのかもしれません。

    ■絶望の宝庫!? ロンダルキアは『ドラクエ2』随一の危険地帯
     ファミコン版の『ドラクエ2』で絶望を感じた場面を聞けば、多くの人が「ロンダルキア」と答えるのではないでしょうか。しかし、ロンダルキアのどの部分を指しているのかは十人十色。

     人によっては「ロンダルキアへの洞くつ」の極悪難易度だったり、洞くつを抜けた先の雪の台地・ロンダルキアに出現する「ブリザードのザラキ」だったりすることも。さらにはロンダルキアに存在するハーゴンの神殿の「ノーヒントな隠し階段」の謎や、デビルロードやバズズの使ってくる「無慈悲なメガンテ」がトラウマという人もいることでしょう。

     極めつけはボスのハーゴンやシドーが、ベホマを使った瞬間に絶望したことも……。苦労して体力を減らした強敵が、呪文で全回復した瞬間に「ふざけんな!」と叫んだことを思い出します。

     そんなドラクエシリーズの中でも屈指の“トラウマ製造地帯”として知られる、ファミコン版『ドラクエ2』のロンダルキア。皆さんはどんな絶望を味わったのでしょうか。

    ※続きはリンク先でhttps://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/a35c3708921e8087508a59495bd2285eb46312a7&preview=auto
    ファミコン用ソフト『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(編集部撮影)

    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】無慈悲なザコにしばかれた!? ファミコン『ドラクエ』作品で「絶望を感じた瞬間」3選】の続きを読む


    ワードナの森』(ワードナのもり)は、1987年にタイトーより稼働されたアーケードゲーム。 開発は東亜プラン。日本国外では『Wardner』(ワードナ)のタイトルで稼働された。 8方向レバーと、ショット、ジャンプの2ボタンでプレイヤーを操作。全5ステージ構成、1周で終了。ゲーム開始前にプレイヤーは名
    17キロバイト (1,914 語) - 2022年3月29日 (火) 21:29
    『ワードナの森』(ワードナのもり)は、1987年にタイトーより稼働されたアーケードゲーム。

    開発は東亜プラン。日本国外では『Wardner』(ワードナ)のタイトルで稼働された。

    8方向レバーと、ショット、ジャンプの2ボタンでプレイヤーを操作。全5ステージ構成、1周で終了。ゲーム開始前にプレイヤーは名前を入力でき、クリアまたはゲームオーバー時にスコアランキングに自動で記録される。

    最初、プレイヤーが使用できる標準武器である「炎の魔法」は1発しか撃てない。途中で敵を倒すと入手できるアイテムボール小を16個取るか、アイテムボール大を1個取ることで魔法の炎が1個増えショットがパワーアップする。最大10連射まで可能で、状態は画面下の所持武器と●のマトリクスで確認可能である。

    また、ステージの要所要所や敵を撃破した後に出現する金塊やドル袋を集めることでゴールドが溜まり、ステージクリア時のアイテムショップで、溜めたゴールドを使って特殊武器やマントなどを購入し自機の能力を高めるパワーアップが可能。

    なお、アイテムショップは面クリア後に1回しか訪れる機会が無く、アイテムを購入出来る機会は2~5面開始時各1回の全4回しかない。そのため、全面クリアを目指すにはある程度計画を持った購入計画が必要とされる。

    マントを装備していない状態で敵の攻撃を受けるとミス。マントを装備していると攻撃を1回防ぐ事が出来、マントはショップで針と糸を購入していれば一度だけ修復可能である。

    この他にもステージの途中にある穴に落ちたりタイムオーバーでもミスとなる。通常設定では3ミスでゲームオーバー。得点によるエクステンドは、工場出荷時設定では3万点毎に1人追加となる。

    ミスすると購入したアイテム類は総て没収され特定のポイントから再スタートとなる。なお、ミスするまでに確定したショットパワーアップ状態と特殊武器はそのままで続行できる。

    ストーリー
    主人公の少年と少女は思わぬことから不思議な世界(ワードナの森)に迷い込んでしまった。少女は水晶玉に変えられ、森の支配者ワードナに森の奥深くに連れ去られてしまう。少年は意を決し、魔法の炎を武器に少女を取り戻しに行く

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%8A%E3%81%AE%E6%A3%AE

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2020/10/29(木) 11:50:47.55

    なんで主人公はデブなのか


    【【ゲーム】『ワードナの森』1987年に東亜プランが開発しタイトーから発売されたアーケード用横スクロールアクションゲーム!魅力的なキャラクターやクオリティの高いBGMの良作】の続きを読む



    1 名無し募集中。。。 :2022/04/12(火) 10:22:58.20 0.net

    先日にテクノロジー業界をちょいと賑わせた、Apple(アップル)によるゲーム機開発の噂。
    多くの人は「どうせ出ないでしょ?」と思ったかもしれませんが、個人的には「ピピンアットマークの後継機か!?」と、若干テンションが上っていました。
    一方で、アップルがゲーム機コントローラーのデザインを複数出願していたことが判明しました。

    Patently Appleによって発見された今回の特許は、欧州で出願されたものです。
    据え置き型ゲーム機のコントローラーのようなものから、「Nintendo Switch」のような左右分離型のもの、
    あるいはiPhoneにくっつける「ニンテンドーDS」タイプのものまで、さまざまなアイディアが検討されていることがわかります。
    また、同日の3月31日に米国でもゲームコントローラーの特許を出願していたことがわかりました。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/153c02ae70072b48d94bc605fc3890809d2929a9


    【【ゲーム】アップルがゲームコントローラーの特許出願。どう見てもニンテンドーSwitchとニンテンドーDSwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    ニンテンドー ゲームキューブ(NINTENDO GAMECUBE)は、任天堂が2001年に発売した家庭用ゲーム機。略称はゲームキューブキューブ、GC、NGC、GCN。日本では9月14日、アメリカとカナダでは11月18日、ヨーロッパでは2002年5月3日に発売された。日本での発売当時のメーカー希望小売価格は2万5
    100キロバイト (10,789 語) - 2022年4月14日 (木) 09:34

    1 名無しさん必死だな :2022/04/13(水) 09:51:34.85

    多いよね 多いはずだ


    【【ゲーム】任天堂ハードでゲームキューブだけ買ってないファミコン世代】の続きを読む


    グリムグリモア』 (GrimGrimoire) は、2007年4月12日発売のPlayStation 2用のストラテジーゲーム。正式なジャンル名は魔法ファンタジーRTS(リアルタイムシミュレーション)。キャラクター原案は神谷盛治、キャラクターデザインは前納浩一。作曲はテーマ曲が崎元仁、それ以外が
    12キロバイト (1,710 語) - 2022年4月14日 (木) 08:44
    日本一ソフトウェアがPS4/Switch用ソフト『グリムグリモア OnceMore』を7月28日に発売することが判明しました。価格は5,478円です。

    本作は、『十三機兵防衛圏』や『ドラゴンズクラウン』、『朧村正』、『オーディンスフィア』などで知られるヴァニラウェアが開発を手掛け、2007年に日本一ソフトウェアより発売されたPS2用 魔法ファンタジーRTS『グリムグリモア』に新要素を追加したリマスター版です。

    記事本文はこちら
    https://gamestalk.net/post-175456/

    1 名無しさん必死だな :2022/04/13(水) 15:01:48.11

    http://ryokutya2089.com/archives/52928
    またまたPS5には出ません


    【【ゲーム】『グリムグリモア OnceMore』7月28日発売!2007年にPS2で発売されたヴァニラウェア開発の魔法ファンタジーRTSが新要素追加リマスター版で蘇る!】の続きを読む

    このページのトップヘ