ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    2020年10月


    ファミコンジャンプ 英雄列伝』(ファミコンジャンプ ヒーローれつでん)は、バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用のアクションロールプレイングゲーム。 集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の創刊20周年を記念して発売された、同誌の歴代漫画キャラクターが共演するクロスオーバー作品である。主人公
    34キロバイト (4,504 語) - 2020年10月24日 (土) 11:02



    (出典 retro-game.info)


    『ファミコンジャンプ 英雄列伝』(ファミコンジャンプ ヒーローれつでん)は、バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用のアクションロールプレイングゲーム

    集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の創刊20周年を記念して発売された、同誌の歴代漫画キャラクターが共演するクロスオーバー作品である。主人公(デフォルト名は"はしもと"で、「橋本名人」からきている)は『ジャンプ』の読者であり、ピッコロ大魔王(『ドラゴンボール』)によって支配されようとしているジャンプワールドをヒーローたちとともに救うことが使命である。

    ジャンプワールドは5つのエリアに分かれており、さらに現代の世界と過去の世界とがある。各エリアで仲間になるヒーローたちは活躍できるエリアが決まっており、エリア外へ連れて行くことはできない。また、対戦型格闘ゲーム形式のボスとの戦闘やシューティングゲーム、スポーツゲーム、レースゲームの要素を取り入れたミニゲームがゲーム中の各所に盛り込まれている。ピッコロ大魔王を倒すと、ジャンプヒーロー16人とジャンプ作品の悪役たちがRPGのようなバトル形式で激突する「最終決戦」があり、この決戦を勝ち抜けばエンディングとなる。

    本作のプロデューサーである橋本真司(橋本名人)が週刊少年ジャンプ編集部に持ち込んだ企画であり、ジャンプ編集者の鳥嶋和彦が「アニメ化していない作品はゲームにもならず作家の印税収入も増えないため、そういう漫画も入れてゲーム化することによって作家にお金が入るようにしたい」と編集部を説得したことで企画が実現した。

    玩具店だけでなく、コンビニエンスストアや書店でも発売された。

    本作では通常のファミコンカートリッジより縦の幅が2倍ほど長く、「FAMICOM JUMP」「BANDAI」と刻印された独自の形状のカートリッジを採用している。


    評価
    ゲームムック『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』では「擦り合わせのないカオスすぎる世界観」「パスワードが40字と長く、間違えやすかった」「同じアイテムは1つまでしか所持できないので、回復アイテムを持てる数に限りがあった」と評されている。
    100万本以上出荷したものの発売後数週間でワゴンセール行きとなり、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』では「大味な内容」・「不気味なゲーム」と両津が回想している(105巻「やったぜ!ゲーム化の巻」)。
    発売当時の『週刊少年ジャンプ』でのゲーム情報記事『ファミコン神拳』の堀井雄二を始めとする執筆メンバーが本作の出来に難色を示したところ、記事担当でジャンプ側の責任者であった鳥嶋和彦が、「じゃあ堀井さんがもっと面白いの作ってよ」と啖呵を切ったところ、堀井が快諾したことで、『ファミコンジャンプII 最強の7人』が作られることとなった。
    鳥嶋和彦は本作について「ゲームとしてはお粗末であり、売れてしまって申し訳ない気持ちだった」と述懐している。

    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97_%E8%8B%B1%E9%9B%84%E5%88%97%E4%BC%9D
    1 名無しの挑戦状 :2011/11/10(木) 21:44:03.95 ID:MdgJAEk7.net

    いきなり砂漠に放り出されるクソゲー


    【【ゲーム】『ファミコンジャンプ 英雄列伝』1989年バンダイより発売されたファミコン用アクションRPG!ジャンプ人気も手伝い100万本以上出荷したものの「大味な内容」の作品】の続きを読む


    相撲(おおずもう)は、 日本相撲協会が主催する相撲興行。 がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗する取組。取り組みがおおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。 公益財団法人日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、世界中で行われる相撲興行の中で、最も有名かつ権威のある競技興行である。
    91キロバイト (13,462 語) - 2020年10月9日 (金) 17:42



    (出典 www.famitsu.com)



    1 既にその名前は使われています :2020/10/14(水) 16:03:51.03 ID:Pc00vjqA.net

    力士を育成してオンライン対戦したい


    【相撲ゲームはなぜ作られなくなったのか】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :20/10/25(日)22:38:29 ID:DMe

    例えば一撃*るボスの攻撃を避けながらチマチマダメージ与えて倒す

    これは高難易度?リムジン?


    【ゲームに於ける「高難易度」と「理不尽」の差って何?】の続きを読む


    スーパーメトロイド』(SUPER METROID)は、1994年3月19日に任天堂から発売されたスーパーファミコン用アクションゲーム。メトロイドシリーズの3作目。 オープニングデモにて「METROID 3」と銘打っている。時系列としては、前作『メトロイドII RETURN OF SAMUS』の後の話である。
    31キロバイト (3,960 語) - 2020年6月10日 (水) 14:09



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    『スーパーメトロイド』(SUPER METROID)は、1994年3月19日に任天堂から発売されたスーパーファミコン用アクションゲーム。メトロイドシリーズの3作目。

    オープニングデモにて「METROID 3」と銘打っている。時系列としては、前作『メトロイドII RETURN OF SAMUS』の後の話である。

    前作から追加されたシステムに、マップ機能がある。これにより、シリーズの特徴である迷路ともいえるステージマップを把握できるようになった。マップコンピュータと呼ばれる機械から、マップのダウンロードを行う事でステージマップの大部分が把握できるようになる。マップ内はブロック単位で細かく区分けされており、一度通ったところが塗りつぶされるように記憶されていく。エネルギー及びミサイル全回復ポイントは、本作から一定地点にある機械から補給する形となっている。

    また、装備アイテムの切り替えが可能になった。前作までは、違う種類のビームを持ち運べなかったが、本作では装備品として切り替えて使用できる。後のシリーズでも使用されるようになった追加装備品として、チャージビーム、パワーボム、スーパーミサイル、スピードブースター、グラビティスーツ、グラップリングビームがある。

    初代と同様に複数のエリアが相互で繋がったステージ構成になっており、エリアボスが大幅に追加されている。

    ゲーム全体の内容は、初代メトロイドを発展させたものである。以後のシリーズでも本作のBGMのアレンジが登場し、設定も本作で誕生したものを基準としている。


    開発
    本作は元々メトロイドシリーズの完結を目指して1991年の秋から製作が始まり、宿敵との対決をイメージした事から惑星ゼーベスを舞台にする事が決定した。開発当初は12メガビットの容量で開発を進めていたが、ゲーム内容の追加やグラフィック、音楽のボリューム増加に伴い最終的に24メガビットで製作される事となった。また、ゲームのプロトタイプが出来上がるまでに1年半の歳月を要している。

    ディレクターの坂本は、調整作業が難航した時に完成直前の作品を自宅に持ち帰り、自身の妻にプレイさせる事で困難なポイントを探り、翌日社内で変更箇所を指示していた。

    ゲームオーバー時の演出で登場するサムスは、開発段階では裸体で描かれており、その後水着のようなものを着衣させる事となったが、60分の1秒だけ裸体が映し出されるようにしていた所、アメリカで販売された際に気づかれたら大事になるとのことでボツとなった。

    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89
    1 NAME OVER :2009/02/07(土) 19:19:44

    Wiiのバーチャルコンソールでスーパーメトロイドを買おうか悩んでいます。
    ファミコンミニのメトロイドは難しくてクリア断念しました。
    ここだと有力な意見が聞けると思い書き込みました。
    よろしくお願いします。


    【【ゲーム】『スーパーメトロイド』1994年、任天堂から発売されたスーパーファミコン用アクションゲーム!初期三部作の完結編であり2Dアクションの金字塔作品!】の続きを読む


    子供部屋おじさん(こどもべやおじさん)とは、成人しても親元を離れず、実家の子供部屋で暮らす中年独身男性のことを指すインターネットスラングである。略してこどおじともいう。 2014年に2ちゃんねるで提唱された造語であり、2019年にネット上で流行した。同様の状態の女性を指す子供部屋おさん(こどおば)という類語がある。
    3キロバイト (448 語) - 2020年10月14日 (水) 02:35



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


     実家で親と同居する未婚の中年男性のことを「子ども部屋おじさん」という。ネガティブな印象を受けるが当事者たちはいたって楽観的。“勝ち組”とも思える彼らの生活に迫った。

    両親との関係はいたって良好
     3人の「子ども部屋おじさん」に取材をしたが、彼らは一様に穏やかで前向きなごく普通の青年だった。

     ブログで自らのことを発信する三橋雄二さん(34歳・会社員=仮名)によると『子ども部屋おじさん』は実家暮らしで未婚の中年男性ということだけでなく、「学習机がある」「内向的」「現状について保守的な人が多い」「異性と交際したことがない」などの共通点があるという。

     自立していないと言われるが、定職を持ち、稼いだお金を実家にしっかり入れている。ムダな家賃の支払いがないので、合理的ともいえる生活だ。貯蓄もある、家もある、同居する家族との関係もさほど悪くない……。結婚相手としてもアリでは?

    ●椎葉博之さん(38歳・会社員=仮名)

    「ひとりっ子なので両親のことが心配です」

     栃木県の椎葉博之さんは60代後半の両親と3人暮らし。1度は大学進学で県外に出たが、生活は苦しく、両親が心配だったこともあり、20代後半で実家に戻り、子ども部屋おじさんになった。

     椎葉さんの部屋の隅には小学生のときから使っている学習机。パイプのロフトベッドは高校時代に購入、スーパーファミコンや漫画の単行本が置かれ、男子高校生の部屋という状態だ。

     部屋の中央の座卓と座椅子が定位置。ここに座り、俳優の大泉洋が出演する『水曜どうでしょう』や格闘技のDVDを見ながらビールを飲むのが楽しみだという。

     現在は県内の企業で正社員として働き、少額だというがボーナスもある。収入は安定し、貯金も300万円を超えている。

    「最近、新車を購入しました。実家にも少しはお金を入れていますが、両親はそれを貯金しているようで……」

     食事や家事は母親まかせ。ごくたまに父親と一緒に晩酌することもあり、両親との関係はいたって良好だ。

    「ひとり暮らしから戻った身からすると実家のありがたみを実感します。結婚しても親と同居したいと考えています。出たほうが好きに暮らせるのはわかっていますが、両親の老後や収入、今後のことを考えたら……ひとりっ子ですし」

     両親思いの椎葉さん。照れくさそうに笑った。

    結婚しても親と同居したい
    ●竹内勇人さん(42歳・自営業=仮名)

    「実家から出るメリットがわかりません」と語る竹内さん。

    「親との同居は当たり前だと思っていたし、出ていく理由もないからひとり暮らしは考えたこともありません。親からも出ていけと言われたこともないです」

     竹内さんは現在、首都圏の実家で70代の両親と暮らしている「子ども部屋おじさん」だ。会社員として働いていたときも実家から通った。今は自宅でユーチューブで配信をしたり、ゲームを自作し、ダウンロード販売をするなどして収入を得る。

    「家賃もゼロだし、お金のことを考えても実家暮らしのほうがいいと思うんですが……。特に不便もないですし」

     竹内さんの部屋には懐かしいアイテムが数多く残る。学習机はもちろん、一世を風靡したビックリマンシール、スーパーファミコンなどのゲーム機や攻略本など、まるで'90年代にタイムスリップしたような錯覚に陥る。

     竹内さんの生活は家事や食事は両親が準備。洋服も母親が買ってきたものを着る。子どものころのまま時間が過ぎていったという。

    「現在、生活の大半は父親の収入に頼っています。親も高齢になるので将来のことなども考えていかないと、とは思っています」

     目標は自作するゲームを販売してヒットさせること。

    「稼げれば新居を建て、そこで親と同居します。そのときはこの部屋を丸ごと持っていきたいですね(笑)」

     そんな竹内さんの結婚観について聞いた。

    「親に孫の顔を見せたいとは思っています。でも収入がないし、実家暮らしだと相手を探すのは難しい」

     たとえ結婚しても、

    「うちで同居したいと思ってるんです。この家、この部屋が重要なんですよね(笑)」

     それほどにまで強い愛着を持つ竹内さんの子ども部屋。思い出があふれ、確かに居心地はよさそうだった。

    両親の身体のことも心配
    ●三橋雄二さん(34歳・会社員=仮名)

    「金銭的な理由から実家に戻ると思います」

     関西でひとり暮らしをしている三橋雄二さんは元「子ども部屋おじさん」だ。

    「実は家を出る予定ではなかったんです」

     というのも仕事は病院の設備関係の業種。病院に出入りしており、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同居する60代の両親への感染リスクを減らすために家を出ることを選ばざるを得なかった。

    「家族とはよく話をしていたので、ひとり暮らしを始めてすぐは家の中がシーンとしていてなんだか寂しかったです」

     そう苦笑する。実家では家事や料理は母親任せだったため、当初は悪戦苦闘していた。だが、今では本を見ながら料理を作ったり、ひとり暮らしを楽しんでいる。

    「実家暮らしと比べると出費が大きく生活は正直厳しいです。コロナが落ち着いてきたら自宅に戻ることを考えています。ひとりで暮らしていける自信はついたし続けたいですが、お金の問題は大きいです。この生活を続けていたら貯金はできません。それに両親の身体のことも心配です」

     給料の一部を実家に入れていたこともあったが両親から「貯めておけ」と言われて以後、貯金に回しているという。

     三橋さんの実家にも子ども部屋おじさんを象徴する学習机やゲーム機が残っている。

    「小学校3年生のとき引っ越し、自分の部屋ができたのはうれしかったですね。そこでずっとゲームをして過ごしていました」

     これまでにも部屋をおしゃれにしよう、と学習机の処分を考えたこともあるが、大きくて処分できず、ズルズルとそのままになっている。

    「今は生活がきついので、将来のことは考えられません」

     と不安を吐露する一方で、ささやかな希望も語る。

    「実家に戻ったときは思い切って模様替えをしたいですね。机はもうボロボロなので処分しようと思います」

     実家という安定を得つつ、家族ともつかず離れず。そのうえで、仕事、夢に、前向きに生きる。彼らにはそんな共通点もあるのかもしれない。

    親と同居する選択肢『経済的にも……』
     “子ども部屋おじさん”。その呼び方について独身研究家の荒川和久さんは、

    「独身男性を揶揄する言葉で、“いつまでも子どものままで親元から離れられない”“自立できないおじさん”という蔑称。実際は子ども部屋おばさんも同じ割合がいるのに、おじさんなら叩いてもいい、という風潮の表れとも言えます」

     かつて話題になった「パラサイトシングル」と同様で、世の中では「子ども部屋おじさん」に批判的な風潮があるとみる。

    「実家で暮らす未婚を自立心がないとか、一方的に決めつけて、悪のように叩く人たちがいます。未婚の実家暮らしは何も特別なことではありません。もともとは結婚するまで親元に住むのは標準でした。それに経済的なことや介護で同居を避けられない人もいます」

    「子ども部屋おじさん」を攻撃する人は、自分の安心のために攻撃できる対象としての「生贄」を常に探しているとも言えるのではないか。

    「確かに生涯未婚率は増えていますが、みんなが親に依存しているわけではありません。経済的に自立している人はいますし、実家なら経済的にもプラスの面もあります。家にお金を入れても、ひとり暮らしするよりも割安です」

     実家から出て暮らしていても今後、経済的な理由や親の介護で実家に戻る選択をせざるをえないケースも増えることが考えられるという。

    「“息子がまだまだ実家にいて”と心配する人や“結婚していないと一人前じゃない”という人もいますが、そんなことはありません。ひとり暮らしや結婚していても親から援助をしてもらっている人もいます。状態だけでその人を判断することはよくないです」

     親も高齢化する中、時間は限られている。その時間を一緒に過ごせる、同居という選択肢も決して悪いものではないはずだ。

    記事本文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/65d55dd1b4d0aaa32f2c4b5bb1ff83e0fe76759b?page=1

    1 風吹けば名無し :2020/10/25(日) 14:44:21.87 ID:U6/4Mhyu0.net

    独身中年男性の実家暮らし「子ども部屋おじさん」のリアルな生活をのぞき見

    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    栃木県の椎葉博之さんは60代後半の両親と3人暮らし。
    1度は大学進学で県外に出たが、生活は苦しく、両親が心配だったこともあり、20代後半で実家に戻り、子ども部屋おじさんになった。

    椎葉さんの部屋の隅には小学生のときから使っている学習机。
    パイプのロフトベッドは高校時代に購入、スーパーファミコンや漫画の単行本が置かれ、男子高校生の部屋という状態だ。

    部屋の中央の座卓と座椅子が定位置。ここに座り、俳優の大泉洋が出演する『水曜どうでしょう』や
    格闘技のDVDを見ながらビールを飲むのが楽しみだという。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/65d55dd1b4d0aaa32f2c4b5bb1ff83e0fe76759b


    【「子ども部屋おじさん」のリアルな生活!学習机を使いファミコンや漫画を完備】の続きを読む

    このページのトップヘ