ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    2020年07月



    (出典 gamewadai.com)



    1 Time Traveler ★ :2020/07/24(金) 14:05:00 ID:CAP_USER9.net

    どんなジャンルにも言えることだけど、古参が幅を利かせていると新規ユーザーが入り込む余地がなくなる。その結果どんどん世界が狭くなっていき、やがて人もいなくなって廃れる。

    ガンプラの世界なんて、割とその傾向がかねてより強い。昔からガンプラだけにはこだわって生きてきたオタクたちが、SNSでちょっとライトユーザーが組み立てた画像をアップすると、上から目線で評価したがる。

    そうなったらやっぱり傍から見ても気分が悪いし、いきなり突っかかってこられた新規ユーザーは「は? 気持ち悪い」と思ってさっさと撤退してしまうものだ。

    素組みしただけ、シール貼っただけの完成したプラモを自慢する他人に、わざわざ難癖つける奴もいるし。

    ガンプラを例に挙げたものの、こういうのはどんな遊びにも付いて回るもの。それこそ、対戦型のゲームなんて、古参が偉そうに(実際強いから仕方ない部分があるけど)ふるまってる様子を見ることも、たまにある。そして今、この手のゲームって往時ほどの人気はない。

    でも、従来の対戦型のゲームが廃れた理由って、古参のイキリだけが原因だろうか? 原因の一つとして大きいのは間違いないかもしれないが、本当にそれだけだろうか。(文:松本ミゾレ)

    初心者がコンボを練習しているのに乱入してフルボッコにしてくる古参プレイヤー

    先日、5ちゃんねるで「ばくれつけん」の入力のコツを調べてみると、偶然にも「格闘ゲームが衰退しちゃったのってオッサンが全力で新規を排除するからだよな?」というスレッドを見つけた。

    スレ主はスレッドのタイトルにあるような主張をしている立場であるが、僕個人の意見を言わせてもらうと、やっぱりそういう側面はあると思う。というのも、ゲーセンによっては稼働中の格ゲーで遊んでいると、後ろから「全然なってないな~」みたいな小言を吐いてくる常連さんってのがいるのだ。僕は実際にそういうの遭遇したことがある。数は少ないけど、いるのだ。

    時には練習してるときに乱入されてボッコボコにされたりなんかしてね。地道にコンボの練習とかやってるときに、オンゲーの初心者狩りよろしくフルボッコにしてくるのだから、やっぱり気分は悪くなってしまう。こっちもお金を使ってやってるのだ。

    僕はこれを『鉄拳5』で経験した。根性がないので、もうそれっきり格ゲーは触らなくなったけど、人によってはムキになって頑張って、どうにか古参にも勝てるようになるってこともあるんだろう。そういう人は尊敬する。

    「ゲーセンからブレイクしたシューティング格ゲー音ゲーは全部*だ」という声も

    ただ、古参ゲーマだけが原因で格闘ゲームというジャンル自体が衰退していくはずがないという気もする。これについてはスレッドでも色々と書き込みがあり、冷静な意見も多い。

    ちょっといくつか、引用してみたい。

    「多様化の結果人口が減っただけ」
    「ゲーセンが終焉したからだよ」
    「言われてみればゲーセンからブレイクしたシューティング格ゲー音ゲーは全部*だな。流行りのバトロワ系を除くと生き残ったのは昔ながらのRPG、アクション、レースぐらいか」

    と、このように「なるほど、そういう意見もあるのか」という気持ちにさせてくれるものがいくつか目に付いた。ジャンルの多様化によって昔ながらのユーザーもたしかに減ってるし、面白いコンテンツもどんどん増えていく。そしてゲーセンも最近は少なくなっているし……。

    にわかをあざ笑う古参に嫌な気分にさせられた経験のある僕としては、ついつい「あいつらが悪い!」と言いそうになってしまうが、まあ後ろ向きで閉鎖的な古参だけの力でコンテンツが*なんてことはないか。

    2020.7.24
    https://news.careerconnection.jp/?p=97771
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595558603/


    【【ゲーム】格闘ゲームが衰退した原因は「古参が新規を排除するから」という説は本当なのか?】の続きを読む


    小島 秀夫(こじま ひでお、1963年(昭和38年)8月24日 - )は、日本のゲームクリエイター、実業家。コジマプロダクション代表。 コナミデジタルエンタテインメント執行役員副社長、エグゼクティブコンテンツオフィサーを歴任。開発チーム小島プロダクションの監督を務めていたが、2015年12月15日付
    45キロバイト (6,315 語) - 2020年7月19日 (日) 08:58



    (出典 www.gamebusiness.jp)


    1 名無しさん必死だな :2020/07/19(日) 22:29:25.92 ID:vh0Ac2V30.net

    https://twitter.com/Kojima_Hideo/status/1284649273825521666?s=19
    映画もゲームも音の演出が重要。音でほとんどが決まる。
    音楽だけとは違う音響効果全般。
    例えばレオーネ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』。
    この冒頭が凄い。
    モリコーネなのに音楽もジングルも台詞すらない。
    駅で三人の*屋が汽車を待つ。
    蠅の音、雨の音、風の音だけの十数分。
    (deleted an unsolicited ad)


    【小島秀夫監督「ゲームは音の演出が重要。音でほとんどが決まる。」】の続きを読む


    は、アクションRPGおよびアクションアドベンチャー。「ペーパーマリオ」というシリーズ名は、シリーズ第一作『マリオストーリー』の日本国外版タイトルである『Paper Mario』から来ている。 当初はスーパーファミコンで発売された『スーパーマリオRPG』の続編として企画・開発されていたロールプレイン
    10キロバイト (1,294 語) - 2020年7月17日 (金) 07:40



    (出典 i.ytimg.com)



    1 ベンガル(東京都) [US] :2020/07/19(日) 10:10:28.23


    「ペーパーマリオ」開発者、「マリオの世界に影響を及ぼす」新キャラクターを作ることができなくなったと明*
    by Jordan Oloman
    Posted 2020年7月18日10:36

    「ペーパーマリオ」の開発者が、「マリオの世界に影響を及ぼす」キャラクターを作ることや、既存のマリオのキャラクターに変更を加えることができなくなったと明かした。

    VGCのインタビューで、任天堂の田邊賢輔は、クッパやカメックといったアイコニックな敵が多いシリーズにおいて新たな悪役をデザインするプロセスについて質問を受けた。それに対し田邊は「『ペーパーマリオ スーパーシール』以降、マリオのキャラクターに変更を加えたり、マリオの世界に影響を及ぼすオリジナルキャラクターを作ることができなくなりました」と答えている。

    つまり『ペーパーマリオ オリガミキング』の開発チームは、キノコ王国のアイコニックな悪役たちに変更を加えることができなかったため、既存のマリオの世界以外で新しいキャラクターを考えなければならなかったということだ。また、新たなキャラクターはマリオのキャラクターに似せることもできないようだ。「オリー王や文房具のボスのように、マリオの世界にまったく関係ないデザインで、オリジナルキャラクターを作る必要があるのです」

    https://jp.ign.com/paper-mario-the-origami-king/45367/news/


    【【ゲーム】「ペーパーマリオ」開発者、「マリオの世界に影響を及ぼす」新キャラクターを作ることができなくなった】の続きを読む



    (出典 cdn.pixabay.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/07/23(木) 14:22:38.902 ID:ovUOcR7O0.net

    わざととしか思えないんだが…


    【なんで女ってゲーム下手なの??】の続きを読む


    経営シミュレーションゲーム 育成シミュレーションゲーム 競馬ゲーム(競走馬育成ゲーム) ミニスケープ ライフゲーム 恋愛シミュレーションゲーム 実機シミュレーションゲーム フライトシミュレーション 潜水艦シミュレーター 船舶シミュレーター 鉄道シミュレーター ドライビングシミュレーター、レースシミュレーション
    13キロバイト (1,675 語) - 2020年5月10日 (日) 10:45



    (出典 futabanet.ismcdn.jp)



    1 フォーエバー ★ :2020/07/22(水) 18:00:47 ID:CAP_USER9.net

    パソコンゲームに登場した「シミュレーション」というゲームジャンルは、ファミコンブームに乗って家庭用ゲーム機にも進出。PC版の移植作だけにとどまらず、ファミコンオリジナルのタイトルも数多くリリースされ、数十年たった現在も新作タイトルが発売される人気シリーズも存在する。

     そこで今回はファミコン世代に大きなインパクトを与えた「シミュレーションゲーム」に関するアンケート調査を実施。3~40代の男性200名を対象に「一番好きなファミコンのシミュレーションゲーム」のリサーチを行った。なお、同名を冠するタイトルが複数存在するものは「同一シリーズ」としてカウントしている。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

    7/22(水) 17:15配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1e3860832d4f5d981fdbde42cea7594a1b922dda?page=1

    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】『ダビスタ』が3位! 一番好きなファミコン「シミュレーションゲーム」ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ