ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    2020年05月


    アベル伝説」というテレビ放映時にはなかった副題がつき、アニマックスなどで放映される際にもこのように案内されている。 エニックスの人気RPG『ドラゴンクエストシリーズ』をもとにした、オリジナルストーリーのアニメ。同シリーズは『ドラゴンクエストIII そして伝説
    61キロバイト (7,771 語) - 2020年5月30日 (土) 18:32



    (出典 i.ytimg.com)



    1 fusianasan :2018/10/14(日) 23:58:53.22

    ドラクエダイの大冒険と、ドラクエアベル伝説とでは
    どっちが好きだった?

    俺は最初、鳥山明デザインのドラクエアベル伝説の方が
    ドラクエらしいし敵を倒した時、宝石になるのが
    ゲームっぽくて良かった(こうやって魔物を倒すと金になるんだって納得)
    でも今、ダイの大冒険を全巻再度読み直したら
    なんかダイの大冒険の方がインパクトあるキャラ多いんだよね
    皆さんはどっちが好き?
    あと、ドラクエのスマホのコラボで
    何故、アベル伝説はコラボないのに、ダイの大冒険は
    あるのか?教えてください


    【「ダイの大冒険」が話題だけど、「アベル伝説」も面白かったよね?どっちが好きだった?】の続きを読む


    Xbox > Xbox Series X Xbox Series X(エックスボックス シリーズ エックス)は、マイクロソフトが2020年末に発売を予定している家庭用ゲーム機の総称及びその開発プロジェクト。ゲーム機の名称は単に「Xbox」であり、「Series X
    6キロバイト (429 語) - 2020年5月23日 (土) 23:34



    (出典 www.pdvg.it)



    1 ファイヤーバードスプラッシュ(東京都) [JP] :2020/05/30(土) 12:00:45.17


    マイクロソフトの新ゲーム機『Xbox Series X』だが、それに関する興味深い噂が浮上している。
    なんと日本では『Xbox Series X』はセガのゲーム機としてリブランドされ販売されるのではないかというもの。

    その噂の出所はジャーナリスト西川善司が革命と言っていい」「WiredのPS5独占記事レベル」というスクープを
    来週発売の週刊ファミ通に掲載するという。

    「世界初のスクープ記事ですよ。独占ですよ、独占。日経とか週刊文春じゃないけど、それほど大きい話題かって言うと…、
    いや大きい話題でしょ!みんなが好きなあのメーカーのスクープですから。めちゃくちゃスクープです」としており
    当初は、「Switch Proか?」「ソニーの新携帯機」「このタイミングだからサイレントヒル」と予想されていた。

    しかしここにきて海外のTwitterで『Xbox Series X』がセガのゲーム機ブランドとして出てくるのでないかという
    情報が浮上している。
    現段階ではこれ以上の情報はなく噂の段階だが、仮に事実だとすれば6月に発表会を行いセガはどういう立ち位置になるのか、
    名前だけを貸すのか今後マイクロソフトと独占契約するのか、その場合はアトラスなどにも影響が出るのかなども興味深い。

    https://gogotsu.com/archives/57523

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    【【ゲーム】『Xbox Series X』日本国内はセガのゲーム機ブランドとして販売されるのか? 噂が浮上中】の続きを読む


    ドラゴンクエストシリーズ > ドラゴンクエストドラゴンクエスト』(英語: DRAGON QUEST)は、1986年(昭和61年)5月27日にエニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン、FC)用ロールプレイングゲーム。通称は『ドラゴンクエストI』(ドラゴンクエストワン)。
    72キロバイト (9,438 語) - 2020年4月17日 (金) 04:46



    (出典 sm.ign.com)



    1 muffin ★ :2020/05/27(水) 21:06:27.91

    http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/200527/lif20052715450012-n1.html
    2020年5月27日

    スクウェア・エニックスの国民的ロールプレイングゲーム(RPG)「ドラゴンクエスト」シリーズで知られるゲームクリエイターの堀井雄二さんが27日、ツイッターを更新。ドラクエシリーズが「34歳の誕生日」を迎えたのに合わせて制作秘話を明かし、ファンらを驚かせている。

     ファミリーコンピュータ用ソフトの初代ドラクエは1986年5月27日に発売された。ツイッターには「#ドラクエの日」というハッシュダグ(話題をまとめる機能)を使って「34周年おめでとうございます! これからもずっと大好きです」「ドラゴンクエストの登場で私の人生は大きく変わってしまったぞ! ありがとう御座います」と記念日を祝うファンのコメントが相次いだ。「字が読めない自分のために、母がドラクエ3を音読してくれた」などと家族との思い出を語る人もいた。

    初代ドラクエでは最後の戦いを前に、悪役の竜王が「世界の半分をやるから味方になれ」と主人公の勇者を誘惑するシーンがある。これについて堀井さんは「ドラゴンクエスト34歳の誕生日、ありがとうございます。当時、竜王に初めて会ったとき、なんて言われるのが、1番びっくりするだろうと考えたのが、『味方になれば世界の半分をお前にやろう』でした」と投稿。ドラクエ以前に手掛けたアドベンチャーゲームで、衝撃的な結末が今も語り継がれる「ポートピア連続殺人事件」(83年)を振り返りつつ「ボク的には、犯人はヤス、に続く流れでした。思い起こすと、いろいろ懐かしいです」と続けた。

    https://twitter.com/YujiHorii/status/1265343354683834370
    ドラゴンクエスト34歳の誕生日、ありがとうございます。当時、竜王に初めて会ったとき、なんて言われるのが、1番びっくりするだろうと考えたのが、「味方になれば世界の半分をお前にやろう」でした。ボク的には、犯人はヤス、に続く流れでした。思い起こすと、いろいろ懐かしいです。#ドラクエの日


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ゲーム】「ドラゴンクエスト」34周年 堀井雄二氏が制作秘話公開「竜王に初めて会ったとき…」】の続きを読む


    コアゲーマー向けのグリップ形状のワイヤレスコントローラー(別売)。HD振動に対応するなどJoy-Conと同等の機能を持つが、方向ボタンが十字ボタンになっているほか、モーションIRカメラは搭載されていない。既存の任天堂のProコントローラーとの互換性はなく、Switch専用である。また、公式には発表されていないが、Proコントローラー
    109キロバイト (10,469 語) - 2020年5月30日 (土) 08:53



    (出典 rental.pandastudio.tv)



    1 骨 ★ :2020/05/26(火) 00:37:11 ID:CAP_USER.net

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/25/news089.html
    ねとらぼ 2020年05月25日 14時21分

    任天堂「Nintendo Switch」の周辺機器である“Proコントローラー”に、極めて巧妙な模倣品(偽物)が出回っています。
    かなり巧妙に作られており、見た目で判断するのは難しいもよう。
    箱を含め見た目ではほぼ判断できないほどそっくりです。
    ネットでは第三者がAmazonのサイトを借りて商品を販売する「Amazonマーケットプレイス」で購入したものではないかと予想する声があがっていますが、
    投稿者はその後レビューや返信を投稿していないため詳細は不明です。
    以前からAmazonなど通販で模倣品が届く被害はたびたび報告されていましたが、外出自粛で需要の高まっている「Nintendo Switch」も狙われてしまったようです。


    【【ゲーム】「Nintendo Switch Proコントローラー」通販で巧妙な偽物が出回る 任天堂「流通していることは認識」】の続きを読む


    ソニックムービー』(原題:Sonic the Hedgehog)は、2020年に公開されたアメリカ合衆国の冒険・ファンタジー映画。 製作・配給はパラマウント映画で、セガゲームス開発のビデオゲーム『ソニックシリーズ』を原作とする。監督はジェフ・ファウラー(英語版)。ヴァン・ロビショーとエヴァ
    34キロバイト (3,682 語) - 2020年5月23日 (土) 02:28



    (出典 blog-imgs-138.fc2.com)


     海外メディア「Variety」は、映画「ソニック・ザ・ムービー」の続編が企画段階であることを報じた。

     「ソニック・ザ・ムービー」は、セガの代表的なキャラクターである「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を題材とした実写映画。日本での公開は新型コロナウイルスの影響により延期されているが、アメリカでは2月14日より全米4,167館で公開され、3日間で全米興行収入5,700万ドルというゲーム原作映画史上最高のオープニング成績を残すほどの人気ぶりをみせた。

     続編は第1作目と同じく、監督をジェフ・ファウラー氏が担当し、脚本をパトリック・ケイシー氏とジョシュ・ミラー氏が担当する。ジェフ・ファウラー氏は自身のTwitterで、続編の決定報道に対し「ROUND TWO WITH THE BLUE!!」と反応している。

     なお、続編はまだ企画段階にあるため、キャストや実際の作業開始日については、まだ決まっていないとのこと。

    記事本文はこちら
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1255592.html

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/05/29(金) 19:29:37.47 ID:xiCvgXP09.net

     株式会社セガの人気キャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグをハリウッドで映画化した『ソニック・ザ・ムービー』の続編企画が進行中だと、Varietyが独占で報じた。

     『ソニック・ザ・ムービー』は、青い音速のハリネズミ・ソニックと保安官のコンビが、悪の天才科学者ドクター・ロボトニックに立ち向かうアドベンチャー映画。初映像公開時、ソニックのビジュアルがゲームと大きく異なると批判を浴び、修正のため公開延期となる事態にも見舞われたが、変更後はゲームに近いデザインに。その結果、全米オープニング興行収入5,801万8,348ドル(約64億円)を叩き出し、ビデオゲーム原作映画としての最高記録を打ち立てた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

     同サイトによると、続編は前作に引き続きジェフ・フォウラー監督がメガホンを取り、パット・ケイシー&ジョシュ・ミラーが脚本を執筆するという。企画は開発段階のため、キャストや撮影時期などは不明だ。

     なお『ソニック・ザ・ムービー』の日本公開は、新型コロナウイルスの影響により延期となっている。吹き替えキャストには中川大志、山寺宏一、中村悠一、井上麻里奈らが名を連ねる。(編集部・倉本拓弥)

    2020年5月29日 11時20分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0116293

    (出典 img.cinematoday.jp)


    【映画「ソニック・ザ・ムービー」、早くも続編の制作が決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ