ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。

    2020年02月


    スタークルーザー』は、アルシスソフトウェア(後のサイバーヘッド)が1988年に発売した3Dアクションアドベンチャーゲーム、ならびに同ゲームに登場する宇宙艇のことである。メガドライブ版は、メサイヤ(当時は日本コンピュータシステムが保有していたブランド)からリリースされた。
    21キロバイト (2,150 語) - 2019年5月21日 (火) 10:29



    (出典 pds.exblog.jp)


    『スタークルーザー』は、アルシスソフトウェア(後のサイバーヘッド)が1988年に発売した3Dアクションアドベンチャーゲーム、ならびに同ゲームに登場する宇宙艇のことである。メガドライブ版は、メサイヤ(当時は日本コンピュータシステムが保有していたブランド)からリリースされた。

    PC版(PC-8800シリーズ版(SR以降)、X1turboシリーズ版、PC-9801版、X68000版)とメガドライブ版は若干異なっている。

    続編には『スタークルーザー2』がある。こちらはPC9801シリーズ版とFM-TOWNS版のみのリリースとなった(DOS/V版のリリースが予定されていたが実際に開発・発売されたかは不明)。


    メガドライブ版での変更点
    主人公の名前を変更できる(何も入力しないとブライアンになる)。お喋りはフレディが代行。主人公の顔グラフィックが存在しない。
    だいせきはん(メガドライブ版では漢字が使われていない。
    バー「大赤班」の事)がレストランになっている。
    迷宮戦では3Dステージがフルに活用されており、エンカウントから戦闘フィールドに移行することなく、迷宮内でそのままシームレスに戦闘が繰り広げられる。
    この戦闘スタイルがスタークルーザー2に採用された。
    金銭の概念が無いので、宇宙海賊の雑魚狩りの必要がなく、ドックへ行けば常に無料で、シールドは無傷に、燃料は満タンに出来る。
    ヒダリ・ダイゴ(ユウコ)の苗字がサカイに変わっている。
    「太陽風」(メガドライブ版ではソーラーウィンド)の描写が一部異なっている。
    カティーサーク(赤いスタークルーザー)のみで、青いスタークルーザーは登場しなかった。

    Wikipediaより

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/09/14(金) 21:18:56 ID:z/zub6wv.net

    対応機種 :メガドライブ
    発売日   :1990年12月21日 発売
    メーカー .:日本コンピュータシステム
    攻略サイト:(あまりにも簡単なので不要)

    PC ゲームからの移植作。

    しかし、硬派な世界観の筈が、妙にアニメチックな絵に描き変えられていたり、
    燃料が資金に関係なく無限に補給できるなど、根幹からしても何やら怪しげな作品である。


    【【ゲーム】『スタークルーザー(MD移植版)』1990年メサイヤより発売された家庭ゲーム機初のポリゴン使用となる3Dアクションアドベンチャーゲーム!】の続きを読む


    Xbox > Xbox Series X Xbox Series X(エックスボックス シリーズ エックス)は、マイクロソフトが2020年末に発売を予定している家庭用ゲーム機の総称及びその開発プロジェクト。ゲーム機の名称は単に「Xbox」であり、「Series X」の部分は、例えば機種の細分を示す語などと置き換える代名詞である。
    6キロバイト (391 語) - 2020年2月17日 (月) 01:44



    (出典 static.techspot.com)


    マイクロソフトは2月24日、今年のホリデーシーズンに発売予定の次世代機「Xbox Series X」の仕様について、さらなる情報を公開した。

    まずSoCについては、AMDの最新のZen 2およびRDNA 2世代のカスタムデザインCPUとGPUを採用。
    CPUはXbox Oneの4倍の処理能力を持つことがこれまでに発表されていたが、GPUの演算性能が12 TFLOPSであることが今回明かされた。
    これはXbox One Xの2倍、Xbox Oneの8倍に相当する。これらのプロセッシング/グラフィックスパワーによって、最大120fpsのフレームレートや、より広大かつ洗練されたゲーム世界、そしてこれまでのコンソールゲームでは見られなかった、没入感ある体験を実現できるとしている。

    また、Variable Rate Shading(VRS)をサポートしたことで、開発者はこのXbox Series Xのパワーをより効率的に活用できるという。VRSは、ゲームキャラクターやゲーム環境内の重要なオブジェクトなどにおける、個別のエフェクトについて優先順位をつけて可変的に描画する技術のこと。これによって、最終的なビジュアルの品質を落とすことなく、フレームレートの安定性と解像度を高めることができるとのこと。
    また家庭用ゲーム機として初めて、DirectX Raytracingをハードウェアレベルでサポート。リアルなライティングや光の反射がリアルタイムで描画される。

    ストレージに次世代のSSDを採用することもあらためて説明されており、これによってゲームプレイはあらゆる面で向上。より広大でダイナミックなゲーム世界がすぐにロードされ、ファストトラベルは文字どおりファスト(速い)になるという。
    これに関連してはQuick Resumeと呼ばれる機能が用意される。これは中断していたゲームをすぐに再開できる機能で、Xbox Oneのように直近プレイした1タイトルだけではなく、複数のゲームの中断ポイントが記憶されるとのこと。

    このほか、プレイヤーからコンソールへのレイテンシ(遅延)対策としてDynamic Latency Input(DLI)も導入。Xboxワイヤレスコントローラーで採用している無線プロトコルの広帯域を活用し、プレイヤーの入力とモニタの描画の誤差を削減し、より正確かつレスポンスの高い操作性を可能にする。
    また、HDMI 2.1の搭載と共にAuto Low Latency Mode(ALLM)とVariable Refresh Rate(VRR)をサポート。ALLMは、接続したテレビが持つもっとも遅延の少ないモードを自動的に選択する機能だ。一方のVRRは、モニタのリフレッシュレートと同期してテアリングのないスムーズな描画を実現する。

    記事全文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200225-114804/

    1 風吹けば名無し :2020/02/25(火) 00:17:00 ID:QIciC3YUM.net

    キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!

    「Xbox Series X」 MS公式
    ・Zen 2およびRDNA 2アーキテクチャ
    ・12 TFLOPS
    ・可変レートシェーディング(VRS)
    ・ハードウェアアクセラレーションDirectXレイトレーシング
    ・次世代SSD
    ・クイックレジューム
    ・ダイナミックレイテンシーインプット(DLI)
    ・HDMI2.1サポート
    ・120 fpsサポート
    ・互換性(XboxOneゲーム+後方互換対応ゲーム)

    GPU性能はXboxOneの8倍


    (出典 imgur.com)


    【【ゲーム】マイクロソフトが2月24日『Xbox Series X』の新情報を公開!Xbox OneのCPU4倍、GPU8倍他、クロスバイ対応など!】の続きを読む


    パズル&ドラゴンズ(パズル アンド ドラゴンズ)は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントから配信されているiOS・Android・Kindle Fire用ゲームアプリ(パズルRPG)。略称は『パズドラ』。基本プレイ無料でアイテム課金が存在する(F2P)。2012年2月20日にiOS版、同年9月1
    108キロバイト (14,847 語) - 2020年2月22日 (土) 07:18



    (出典 %E3%81%99%E3%81%93%E3%81%99%E3%81%93%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0.net)



    1 風吹けば名無し :2020/02/24(月) 13:02:01.17 ID:2pxFmJhKa.net


    (出典 i.imgur.com)


    っぱ大ちゃんなんだよなあ


    【パズドラ、鬼滅コラボのモンストを倒しセルラン1位になる】の続きを読む


    セガラリー2』 (SEGA RALLY 2) は 、SEGAが発売したレースゲームのタイトルである。 前作セガラリーチャンピオンシップの続編として1998年に稼動開始。 前作からの踏襲発展系としてコース取りなどは周回コースではあるものの、MODEL3基板によるグラフィック・サウンドの大幅な強化と共
    15キロバイト (2,038 語) - 2018年11月24日 (土) 10:37



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    『セガラリー2』 (SEGA RALLY 2) は 、SEGAが発売したレースゲームのタイトルである。

    アーケード版
    前作セガラリーチャンピオンシップの続編として1998年に稼動開始。

    前作からの踏襲発展系としてコース取りなどは周回コースではあるものの、MODEL3基板によるグラフィック・サウンドの大幅な強化と共にラリーらしい独特の要素と楽しさを拡げさせた。

    具体的なグラフィックの進化としては、半透明ポリゴン・環境マッピングの導入などによる各グラフィックの飛躍的な微細化、車の汚れ表現や雪・夜間ステージの追加が挙げられる。

    前作同様、製作に当たって当時現役のラリードライバーが協力した他、収録曲では新たにユーロビートや本格的なボーカル曲も取り入れられ、楽曲の一部は旧ワープの飯野賢治も手がけている。

    ゲーム内容
    モードは前作同様4ステージ連戦のチャンピオンシップ、単体周回タイムアタックとしてのプラクティスは変わっていないが、プレイヤーが使用できる車種は前作から4倍となる計8台に増加した。

    各モードの敵車出現数、筐体内のトップタイムが右上方に名前と共に表示される演出も引き継がれているが、エキストラステージに相当するものは無く、全4ステージは全てデフォルトで選択可能。

    筐体
    前作同様ツイン筐体、路面状況によりシート部が可動するDX筐体が存在する。うちツイン筐体はDX筐体よりも約1ヶ月遅く稼働、ゲーム内容に小変更が入っていた。

    外見は白・赤・緑の3色がテーマとなっているが、一部のセガのロケーション店舗・車メーカーの店舗では筐体色にWRCマシンのワークスカラーを施し、演出していた。

    基本的に看板とシフトレバーアッセンブリー、モニタ単体以外は『STCC』販売筐体準拠。ヘアピンノブ化されたサイドブレーキがシート右に付加された。

    看板はラリーカーのサファリ仕様を髣髴とさせるCIBIE製フォグカバーと両サイドにレンズカットなしのフォグランプ2灯、赤いロールバーで彩られている。

    こちらもコンバージョンは存在しない単体販売で、以後『デイトナUSA2』でも変わらないスタイルとなる。


    登場車種
    アーケード版デフォルト車種
    スバル・インプレッサ WRC'97 - DC版では98年・PC版では99年仕様に変更。
    三菱・ランサーエボリューションV WRC[8] - 移植版ではカリスマGT仕様(リチャード・バーンズ車)が追加。
    トヨタ・カローラ WRC - 移植版ではテインカラー仕様(98年APRC藤本吉郎車)が追加。
    フォード・エスコートWRC(Windows PC版では削除)
    プジョー・306マキシ
    ランチア・ストラトス HF - 移植版では1975年仕様(モンテカルロラリー優勝車)が追加。
    アーケード版隠し車種
    2台とも、後期版ROMで約1ヶ月分の稼働または累計100クレジットにより解禁。移植版では最初から選択可能。
    トヨタ・セリカGT-FOUR(ST205)
    ランチア・デルタ HF インテグラーレ
    ドリームキャスト版、Windows PC版追加車種
    基本的にアーケードモード、10イヤーズモード各年上での一定条件クリア及び、隠しコマンドで使用可能。
    スバル・インプレッサ555
    三菱・ランサーエボリューションVI(Windows PC版で追加)
    三菱・ランサーエボリューションIV
    三菱・ランサーエボリューションIII
    トヨタ・セリカGT-FOUR RC(ST185) - 車種選択の際に、LRトリガーを押しながら決定するとマルボロカラー仕様(バーコード修正版)となる。
    アルピーヌ・ルノーA110
    ルノー・マキシメガーヌ
    フィアット・131アバルト
    ランチア・デルタ HF インテグラーレ16V
    ランチア・037ラリー
    プジョー・205ターボ16(エボリューション2)
    プジョー・106マキシ
    Windows PC初回版のみ登場
    ケローラWRC
    いわゆるカエルカー。夜のコースでは目がライトになり一部コース(ウォータースプラッシュの存在するマディ、デザートコース)ではゴーグルとシュノーケル、浮き輪を着用したサファリ仕様になる。
    出現条件は初期ロット版上でアーケードモードをクリアしないで10イヤーズモードオールクリアとなる。なお、ホイールはエスコートWRCの物が使用されている。
    なお、公式の修正パッチを充てた状態の未クリア状態の初期版や、後期ロット版ではデータ自体は入っているが、初回版の出現条件をクリアしても特殊な方法[9]を用いらない限り出現不可。
    カープロファイルモードでは、ナレーター古谷徹の開発時点でのラリーゲームでのプレイ近況と続編「3」にまつわる話を聞くことが出来る。

    Wikipediaより

    1 せがた七四郎 :2017/04/09(日) 12:24:21.52 ID:fAxgUmw/.net

    立てました



         Loading...
    ■□□□□□□□□□□□□□□


    【【ゲーム】『セガラリー2』1998年、元祖ラリーゲームの2作目としてSEGAが発売したアーケード用レースゲーム!】の続きを読む


    Temtem is a massively multiplayer online role-playing game (MMORPG) developed by Spanish development studio Crema, and published by Humble Bundle. The
    3キロバイト (213 語) - 2020年2月13日 (木) 02:59



    (出典 i.ytimg.com)


    インディースタジオCremaは2月22日、『Temtem』の売上が50万本を突破したと発表した。同作は1月22日にSteamにて早期アクセス販売が開始されたばかり。破竹の勢いは衰えず、大きなマイルストーンに到達している。

    『Temtem』は、『ポケットモンスター』シリーズから影響を受けて開発されているMMORPG。舞台となるのは空中諸島を中心としたファンタジー世界。プレイヤーはTemtemと呼ばれるキュートなモンスターを捕まえ、育てて進化させ戦わせていく。Temtemはデジタル化される技術が導入されており、液晶パネルの中から飛び出し、バトルの場へと登場する。プレイヤーは駆け出しテイマーとしてほかのTemtem使いの戦いを重ねて力をつけ、8人の道場主と悪の組織Belsotoを倒すことを目指す。

    『Temtem』は、基本システムやタイプ相性、シナリオ体系など多岐にわたる点で『ポケットモンスター』からの影響を受ける一方で、独自要素を備えている。
    たとえばバトルは2vs2が基本であるし、ゲームの世界には常に他プレイヤーがうろつく大規模マルチプレイを導入。戦闘においては、わざには使用回数の概念はなく、スタミナの概念が存在。最初は弱いわざしか出せず、スタミナをためつつ大技を放つといった戦略性も存在する。
    命中率や急所といった運要素の排除もひとつの特色だろう。
    またリッチなビジュアルや軽妙な戦闘テンポも特徴。デザインやエフェクトなどはもちろんゼロから作られており、『ポケットモンスター』を参考にした素地を持ちつつ、独自の魅力を持つ作品として仕上げられている。

    発売直後より、接続エラーのトラブルを抱えながらロケットスタートを切った『Temtem』は、一時は同時接続プレイヤー数3万9000まで到達。さすがに現在は5000~8000人の間で推移しているが、それでも根強い人気を維持。Steamストアトップページに長く掲示されるなど、Valveより宣伝バックアップを受けており、追い風も多かったのだろう。

    Steamタイトルは、人気タイトル続編以外は初動はゆるやかで、セールなどを介して長く売れていくのが特徴。Steam単独リリースされた、新規IPの早期アクセスタイトルが1か月で50万本売れるというのは異例。
    定価が約3500円と高値でセールなどもほぼ実施されてないことを考慮すると、なおさら。この短期間でのSteamのみでの50万本販売達成は、いかに『Temtem』が人気かを示すだろう。
    もしくは、いかに“ポケモン風MMO RPG”というコンセプトが数字を持つかということを示唆しているかもしれない。

    本文はこちら
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200222-114638/

    1 名無しさん必死だな :2020/02/22(土) 09:39:57 ID:7lzTpqn60.net

    Temtemは世界中で500,000枚以上を販売しており、ロードマップは近日公開予定
    https://www.vg247.com/2020/02/21/temtem-has-sold-over-500000-copies-worldwide-roadmap-coming-soon/
    https://store.steampowered.com/app/745920/Temtem/

    うおおおおおおおお


    【【ゲーム】『Temtem』早期アクセス版にもかかわらず発売1ヶ月で異例の50万本達成!“ポケモン風”MMORPGの破竹の勢い止まらず!】の続きを読む

    このページのトップヘ