ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。


    生演奏ミュージカル「信長の野望~炎舞~」(再演)(2020年、剣舞プロジェクト、作・演出:栗原彰文、音楽:印南俊太朗、主催:ミュージカル『信長の 野望-炎舞-』製作委員会(剣舞プロジェクト/style office)) 【再演キャスト】 製作委員会方式で舞台化も幾度もされた。舞台版詳細は信長の野望・大志#舞台版を参照。
    37キロバイト (4,637 語) - 2022年7月26日 (火) 02:21




    1 鳥獣戯画 ★ :2022/07/18(月) 16:45:51.67ID:CAP_USER
    Yahoo!オリジナル7/18(月) 14:45
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kawamurameikou/20220718-00306084

    織田信長や武田信玄などの戦国大名になりきって、天下統一を目指す人気ゲーム「信長の野望」。シリーズ第1作が発売されたのは、任天堂の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」が登場する数カ月前の1983年3月のこと。40年近い歴史があります。21日に発売される最新作「信長の野望・新生」は、本編シリーズの17作目にあたりますが、なぜここまで多くの作品が出るのでしょうか。

    ◇戦国時代は日本人の心に刺さる
    答えはシンプルで「売れるから」。同シリーズを手掛けたシブサワ・コウさん(コーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長のペンネーム)に以前、インタビューをする機会があり、質問すると教えてくれました。

    コーエーテクモホールディングスの子会社・コーエーテクモゲームスは、水滸伝や楚漢戦争、ナポレオン、太平洋戦争、幕末、源平合戦(鎌倉殿の13人と同じですね!)など、あらゆる歴史もののゲームを世に送り出しました。しかし、長寿シリーズになり、今なお定期的に出ているのは「信長の野望」と「三國志」です。

    両作品に共通するのは、多くの個性的な武将が登場し、悲喜こもごものドラマチックな展開が楽しめること。戦国時代ものは大河ドラマでも定番で、戦国時代の三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)は繰り返しスポットが当たっています。日本人のDNAに刺さるものがあるのでしょう。

    しかし、戦国時代のゲームであれば、何でも売れるわけではありません。しかし「信長の野望」はキッチリ売れるのです。もちろん、ゲームの面白さがあってこそなのですが、人気シリーズが定期的に発売され続けるのは簡単ではありません。そこには三つの理由が考えられます。

    ◇「なろう系」先取りか
    一つ目は、力でのし上がれる戦国時代を疑似体験できること。戦国時代は平和と縁遠い世界ですが、先の見えない刺激もあります。そして私たちは「現代人」は、戦国時代がどうなったかを知っているので、やるべき「答え」が分かります。実力重視(家柄は重視しない)や経済の重要性(楽市楽座)、専門兵士を作り出す兵農分離……。原則的に、信長のやることを真似れすればよいのですから。

    よくよく考えると「答えが分かる」このシチュエーションは、平凡な現代人が異世界に転生して、現代の知識を用いて大活躍する人気の小説ジャンル「なろう系」の「流れ」に似ています。「なろう系」が成功したのはここ15年前後の話ですが、40年前に思い付いたのは、なかなかスゴイのではないでしょうか。

    ◇歴史の勉強に
    二つ目は、当然ながら歴史の勉強になること。つまり実際に「役に立つ」ですね。教科書を読むと呪文にしか見えない旧国名(安芸や武蔵など)が、ゲームに熱中するうちに、スラスラ覚えてしまいます。推しの俳優や声優の名前を覚えるのが苦にならないのと同じ。そして歴史は深く知ろうとすると、深堀りができ、他人よりわかることが増えると、さらに楽しくなっていきます。

    ゲームが嫌いな人(特に親)は「ゲームは時間の無駄」「ゲームをするなら勉強しろ」と言うわけですが、「信長の野望」は無駄ではないのです。旧国名や城の名前をそらんじて、戦国武将の有名エピソードをスラスラ話す子供に対して、「余計なことは覚えるな」と文句を言う親はいないでしょう(笑)。

    もちろん人によっては、ゲームからの知識を受け付けないこともあるでしょうが、逆に「ゲームのおかげで歴史が好きになった」という人もいるわけです。誰にもわかりやすく役に立つのです。

    ◇30年前から女性も活躍 間口広く
    三つ目は、毎回テーマを変えてゲームの新味を持たせており、かつ社会の流行に敏感なこと。特に後者は重要です。例えば、マンガ「花の慶次」がヒットすれば、同作の主人公・前田慶次がゲームに登場。「おんな城主 直虎」の放送タイミングでは、井伊直虎をクローズアップ。常に話題性があるので、「遊んでみようか」となりやすいのです。

    そして男の世界と思われがちな「信長の野望」シリーズですが、約30年前には既に有力武将の妻や娘が登場するなど、女性が活躍していました。シリーズ最新作の「新生」でも多くの女性が登場。映画「のぼうの城」の甲斐姫や、大河ドラマ「真田丸」に登場した小松姫(徳川家康の家臣・本多忠勝の娘)などは、男の名将たちに引けを取りません。

    ◇最新作はゲームに不慣れでもOK
    複雑でマニアックに思われる「信長の野望」ですが、シリーズ新作の「新生」は色合いが異なります。最初のチュートリアルが充実しているのはもちろん、AIを搭載した部下(有能な武将)の助言に従うとトントン拍子に進み、初心者が遊んでも、相応に楽しめます。
    ※以下リンク先で

    【【ゲーム】ファミコンより長い歴史!『信長の野望』誕生から40年突破へ なぜ人気なのか】の続きを読む






    1 名無しさん必死だな :2022/08/02(火) 15:46:18.36ID:LrSGHlxI0
    H2 INTERACTIVEは、Saber Interactiveが開発するホラーアクション『Evil Dead: The Game(死霊のはらわた: ザ・ゲーム)』について、日本語版をPS5/PS4向けで2022年冬に発売すると発表しました

    本作は、ホラー映画「死霊のはらわた(The Evil Dead)」が原作の非対称型マルチプレイヤーアクションゲーム。主人公のアッシュ・ウィリアムズやその仲間たちとなり、血みどろの協力プレイやPVPを楽しめます。また今回の発表に伴い、日本語字幕つきのトレイラーとティーザーサイトが公開されました。

    日本語版『Evil Dead: The Game(死霊のはらわた: ザ・ゲーム)』は、PS5/PS4向けで2022年冬に発売予定。価格は未定です。またPC(Epic Gamesストア)および海外向けPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox Oneで発売中です。


    (出典 www.gamespark.jp)


    (出典 www.gamespark.jp)



    (出典 Youtube)



    https://www.gamespark.jp/article/2022/08/02/120857.html

    【【ゲーム】ホラー映画原作、日本語版『死霊のはらわた: ザ・ゲーム』PS向けで2022年冬に発売決定】の続きを読む






    1 ホロファガ(東京都) [SE] :2022/08/02(火) 11:49:52.45ID:mIM6zJdK0

    急激な円安を受けても家庭用ゲーム機の価格が据え置かれていることから、割安な価格を背景に海外輸出を視野にした転売行為が国内で熱を帯びている。転売という従来想定されていなかった要因により、各社はゲーム機を値上げすべきだとの声が高まっている。

     ソニーグループ、米マイクロソフト、任天堂の3社は、1ドル=100円で設定した日本や米国などの主要市場の価格をこれまでのところ変更していない。この1年で円が対ドルで2割以上下落した結果、国内の価格に割安感が生まれた。

     例えば任天堂「スイッチ」の有機ELモデルは国内税込み価格が3万7980円。直近の為替レートで換算すると290ドル弱となり、米国内の税抜き価格350ドルを下回っている。ゲーム機供給が部材不足や物流混乱の影響を受ける中で活発化したのが、定価購入したゲーム機をオークションサイトや買い取り屋などに持ち込みより高い価格で販売する転売行為だ。


    PS5が8万円

     ソニーGのゲーム機「プレイステーション(PS)5」の国内価格は5万4978円(税込み)。これを一部の業者は約8万円で買い取っている。ゲーム機やスマートフォンの買い取り店を運営するノア商社(東京都豊島区)は、買い取った製品を国内のほか中国、香港、シンガポール、米国などでも販売しており、20年度には100億円を売り上げたという。

     転売行為によりゲーム愛好家が簡単にはゲーム機を入手できなくなっていることから、幅広い層に安価にゲーム機を販売してゲーム開発会社からの製品発売を促進し、魅力的な新作ゲームの供給がハードウエアの普及をさらに加速させるという相乗効果を狙ったビジネスモデルが成立しにくくなっている。

     ファミ通グループの林克彦代表は、ゲーム愛好家にとって何よりも重要なのは遊びたいゲームを容易に遊べることであり、「欲しいゲーム機がいつまでたっても買えないのであればゲーミングPCを買うといった流れは強くなってきている」と指摘した。



    (出典 assets.bwbx.io)


    円安で際立つ家庭用ゲーム機の割安感、転売阻止に値上げが必要との声
    2022年8月2日 1:00 JST
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-08-01/RFX0JTDWRGG901

    【【ゲーム】円安で家庭用ゲーム機の割安感、メーカーや株主が受け取るべき利益を奪う転売ヤーのせいで、ゲーム機の公式価格が高くなるかもしれない】の続きを読む






    1 鳥獣戯画 ★ :2022/07/28(木) 08:44:49.12ID:CAP_USER
    ゲームパーク2022.7.27 Wed 16:00
    https://www.gamespark.jp/article/2022/07/27/120688.html

    カスタマーサポートのチームが復旧し、質問への返答も開始

    2021年9月に発売するも予約購入者ですら入手できてない状況が続くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」。公式Twitterアカウントは5月のツイートを最後にしばらく沈黙していましたが、本日Playmajiは最新ツイートで現在の状況を報告しました。

    報告によれば重要なサプライヤーの1社がリードタイムの見積もりを達成できず工場のリードタイムが増加しており(以前は12~16週だったものが40週以上に)、出荷時期にも影響が出ているため問題が来年まで続かないよう必要以上に大量発注するよう努めているとのことです。

    予約注文分は入荷次第順次発送していくと伝えるとともに、在庫が確保できるまで予約販売を停止することを明らかにしました。時期は未定ですが近日中としています。また、カスタマーサポートのチームも復旧しており、メールやサービスリクエストへの返答が開始予定。既に公式Twitterアカウントでも個別の質問にひとつひとつ対応している様子がうかがえます。

    最後に「Saturn MPEG」なる新機能が予告されており、Playmajiは「最新のニュースを共有するのが待ちきれない」と述べています。


    ※スレタイは原文ママです

    【【ゲーム】沈黙が続いたレトロゲーム互換機『POLYMEGA』近況報告。カスタマーサポートのチームが復旧し、質問への返答も開始】の続きを読む






    1 名無しさん必死だな :2022/08/01(月) 00:39:17.21ID:Lt2y+MH/0
    デベロッパーのqureateが、『ビートリフレ』というタイトルの新作リズムゲームを、PC(Steam)向けに8月4日に配信するようだ。現時点ではまだ正式発表されていないものの、Steamにてストアページが公開されている。そのゲーム概要から、どうやら本作は発売延期となったNintendo Switch向けリズムゲーム『マッサージフリークス』のPC版となる模様である。

    繰り返しになるが、これらの刺激的な要素も、Nintendo Switch向けの『マッサージフリークス』にて紹介されていたものと同じ。ただし、Steam版となる『ビートリフレ』の公式サイトには、こうした女の子が着ている服がはだけていく要素や、NTRモードでの裸に見える表現について、「Steam版でこちらの内容を楽しむにはパッチの適用が必要です」との注意書きがある。

    Steamにて成人向けゲームが解禁される以前は、メーカーはSteamでは規制版を配信し、外部で規制解除パッチを配布する手法が一部で取り入れられていた。本作もそうしたかたちで、上述した要素を解除できるようになるようだ。公式サイトのパッチ配布ページでは「リズムゲーム中の衣装の挙動が変化するよう改善」「リズムゲーム終了までに一定のスコアになるとミニゲームが楽しめるようになります」と案内されている。

    Nintendo Switch版である『マッサージフリークス』は、当初は8月4日配信予定だったが、7月22日に無期延期が発表された。開発元qureateは延期の理由について、「関係各所と協議した結果」と述べるにとどめており、具体的な理由は不明。ただ本作の発表後には、これまでに紹介したような刺激的な要素やビジュアルが、女性蔑視的・性的搾取的であるとか、マッサージ店での性犯罪を想起させるなどと、一部で批判されていた。またSNS上では、そうした批判の声に対する、批判や反論も展開される状況となっていた。

    加えて、本作にてマッサージを受ける女性キャラクターの名前が、すべてアイドルの日向坂46のメンバーと同じという指摘もあった(苗字は異なる)。この点についてqureateは、“キャラクター名の軽率な引用”について謝罪し、すでに名称の修正は完了していると報告している。

    そうした騒動を経て、Steam版である『ビートリフレ』の存在が今回明らかになった。ストアページには、「登場人物はすべて18才以上です」「犯罪を助長するゲームではありません。マネしないでください」「一部セクシャル要素を含みます。苦手な方のご購入はご遠慮ください」などといった記載があり、また公式サイトにアクセスする際にも同様の注意表記が確認できる。

    また『ビートリフレ』の公式サイトの内容は、現在はアクセスできない『マッサージフリークス』の公式サイトと基本的には同じであるものの、説明文などでの「マッサージ」という言葉は、別の言葉に置き換えられている。『ビートリフレ』というゲームタイトルもしかり。『マッサージフリークス』発表時に受けた批判の声に、敏感に対応している様子がうかがえる。

    規制解除パッチは存在するものの、ゲーム内の表現を基本的に維持しつつ、さまざまな配慮をおこなった格好だ。Nintendo Switch版が無期延期状態のなか、qureateとしてはまずSteamにて本作をリリースすることを模索し、こうした対応をおこなったのだろう。


    (出典 automaton-media.com)


    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220801-212522/

    【【ゲーム】炎上して配信延期になったSwitch向け『マッサージフリークス』が、“規制解除パッチ”と共にPCへ】の続きを読む

    このページのトップヘ