ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。


    NINTENDO64(ニンテンドウろくじゅうよん)は、任天堂が開発して1996年に発売した家庭用ゲーム機。スーパーファミコンの後継・次世代機種であり、略称は「64(ロクヨン)」、「N64」。3次元空間を自由に体感できるゲーム機として売り出され、スーパーマリオ64のような自由な操作性を売りにするゲーム
    54キロバイト (5,526 語) - 2020年5月22日 (金) 01:28



    (出典 upload.wikimedia.org)


    NINTENDO64紹介ビデオ

    (出典 Youtube)


    NINTENDO64は、任天堂が開発して1996年に発売した家庭用ゲーム機。スーパーファミコンの後継・次世代機種であり、略称は「64(ロクヨン)」、「N64」。
    3次元空間を自由に体感できるゲーム機として売り出され、スーパーマリオ64のような自由な操作性を売りにするゲームが多数登場した。
    開発当時最高のCGワークステーションメーカーだったシリコングラフィックスの技術提供を受けており、発売から暫くの間、家庭用ゲーム機としては群を抜く性能を誇った。

    2007年10月31日をもってファミリーコンピュータやスーパーファミコンと共に公式修理サポートを終了している。

    1990年代中期に「次世代機」と呼ばれたゲームハードの一つで、任天堂としては初めて本格的な3Dゲームに対応した。メディアは従来と同じくロムカセット式である。
    1993年(平成5年)の開発発表時のコードネームは「プロジェクト・リアリティ」、正式名が決定する以前の海外名称は「ウルトラ64」(日本国内では当時名称未発表)、ユーザー間の通称は「ウルトラファミコン」だった。ファミコンやスーパーファミコン時代は開発第一部や開発第二部がハード開発を行っていたが、NINTENDO64は竹田玄洋が率いる、ROMカートリッジの特殊チップ開発を担当していた開発第三部がハード開発を行った。当時、任天堂はこれと並行して次世代機としてのCD-ROM機を製作。
    上村雅之らによるとほぼ完成していたとされるが、それを没にしての正式発売となった。企画立ちあげ当初は山内溥により「ウルトラファミコン」として発表されていた。PlayStationやセガサターンのようなCD-ROM媒体を用いたゲームは、動画を多用し映画風に進化を遂げていく中で、NINTENDO64]は全年齢に親しまれるようなゲームらしいラインナップが多かった。

    第5世代としては最も後発であり、64ビットCPU・パースペクティブ補正・Zバッファを初めて採用しているなど、他の機種に比べて3Dポリゴンの演算能力と描画品質が高く、1996年(平成8年)当時に存在していた他のゲーム機より大幅に高性能になっている。
    第5世代で唯一、ポリゴン描画で擬似的な手法を用いず、理論的に正しい手法で描画を行ったため、CGワークステーションに近い安定した3次元空間を描画できた。NINTENDO64と同世代のPlayStationはポリゴンを採用したが、座標計算は固定小数点数演算かつZソート法に簡略化されており、セガサターンに至っては四角形スプライトの変形であったため、どちらも理論的に正しい描画方法ではなく、表示の破綻が目に付いた。

    CPUは当時グラフィックスワークステーションメーカーだったシリコングラフィックス (SGI) と提携して開発が行われ、メインにはRISCのMIPS R4300カスタム、32ビットRISCのR3000をコアに持つグラフィックエンジンである「RCP (Reality Co-Processor)」、メインメモリには当時はまだ珍しかった高速なRambus DRAMを採用するなど、先鋭的なハードウェア構成となっている。64ビットのR4300カスタムは最高122MIPSの処理能力を発揮することが可能で、競合機種の一つであるPlayStationの搭載するCPUの約4倍の処理能力にあたる。ポリゴン機能は環境マッピングやトライリニアといった本格的なテクスチャ・マッピング処理にも対応し、スーパーファミコンの35倍もの性能を発揮する。64ビットCPU搭載を売りにしていたが、64ビットモードでは動作クロックが下がる仕様となっているため、殆どのソフトウエアで32ビットモードを用いていた。

    また、「RCP」の描画能力を引き出すためにマイクロコード方式を取り入れた。
    これはプログラミングによってあらかじめハードウエアに実装された機能に、後からプログラミングコードを追加または書き換えることで、開発するソフトウェアの種類に合わせた演算性能の特化を可能にしたものである。例えば、3Dポリゴンの描画性能に特化したマイクロコード(『ゼルダの伝説 時のオカリナ』、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』等)や、2Dグラフィックに特化したマイクロコード(『ヨッシーストーリー』等)、演算処理に長けたマイクロコード(『最強羽生将棋』、『F-ZERO X』等)、4人対戦のために4画面同時出力に長けたマイクロコード(『マリオカート64』等)を、メーカーや開発者が独自に開発することが可能だったが、開発の難易度が上がる弊害もあった。

    ハード設計にあたっては、レア社のクリス・スタンパー (Chris Stamper) がコンサルタントとして半年間参加。開発のイニシアチブは任天堂が取っているが、設計提案については大半の75%をSGIが占めた。

    ゲームソフトの供給媒体には、当時主流となりつつあったCD-ROMではなくROMカートリッジを採用している。また、カートリッジにリージョンプロテクトが物理的に施されており、日本国内版ソフトと海外版では背面にあたる形状の一部が異なることで、異なるリージョンのソフトが対応しない本体に刺さらないようになっている。
    ただし、あくまでもカートリッジに施された物理的なプロテクトであり、接続端子は共通のものであったため、非公式の変換アダプタを使用するか本体のカートリッジコネクタにあるカセット形状を判別する部品を外す等を行えば問題なく動作する。一方で、本体にはイジェクトボタンが搭載されてないため、カートリッジを本体から外すには上から手でカートリッジを引き抜く必要がある。


    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/NINTENDO64

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/01/10(金) 22:38:12.664 ID:+CDhhazi0.net

    拡張パック


    【【ゲーム】『NINTENDO64』プレステ発売の2年後、1996年任天堂よりスーパーファミコンの後継機種として発売!本格的な3Dゲームに対応しつつロムカセット式を継承した家庭用ゲーム機!】の続きを読む


    F-ZERO』(エフゼロ)は、1990年11月21日に任天堂が発売したスーパーファミコン用レースゲーム。F-ZEROシリーズの第一作目。 『スーパーマリオワールド』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つ。これまでの家庭用ゲーム機にはなかった同機の回転・拡大・縮小表示機能を全面的に活用す
    23キロバイト (2,549 語) - 2020年3月31日 (火) 07:54



    (出典 img.atwikiimg.com)


    『F-ZERO』(エフゼロ)は、1990年11月21日に任天堂が発売したスーパーファミコン用レースゲーム。F-ZEROシリーズの第一作目。

    概要
    『スーパーマリオワールド』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つ。これまでの家庭用ゲーム機にはなかった同機の回転・拡大・縮小表示機能を全面的に活用することにより、従来のラスタースクロールによる表現では不可能だった微妙なライン取りやショートカット、逆走など、戦略性と自由度の高いレースを実現した。様々なテクニックを駆使してコンマ01秒のタイム向上を図るタイムアタックの概念を定着させたゲームとされ、各ゲーム誌で特集された。タイトルの「F-ZERO」は、F1の未来の姿をイメージしたものである。

    ゲームモードはグランプリとプラクティスの2つ。プラクティスでは全15コースの内、7コースを走行できる。難易度設定は、BEGINNER・STANDARD・EXPERTの三段階だが、条件を満たせばMASTERが追加される。

    バーチャルコンソールは2006年12月2日よりWii向けに、2013年4月27日よりWii U向けに、2016年3月4日よりNewニンテンドー3DS向けに配信が開始された。また、2017年10月5日に発売されたスーパーファミコンの復刻版『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』、2019年9月6日配信開始の『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』(Nintendo Switchのオンラインサービス特典ソフト)に本作が収録されている。

    ゲーム内容
    選択できるマシンはブルーファルコン、ゴールデンフォックス、ワイルドグース、ファイアスティングレイの4台。
    グランプリは1リーグ5コースで各5周回のレース。
    1周目は15位以内で、以下10,7,5,3位以内でゴールラインを通過できなければその時点でリタイア。また、20位になった時点で即リタイアとなる。
    S‐JET(スーパージェット)は2周目以降、ゴールラインを通過するたびに1回分チャージされる。3回分までストックできる。
    規定順位以内でゴールラインを通過するたびにポイントが加算され、累計値が規定値に達するごとにスペアマシンが1台追加される。
    競争相手のマシンにぶつかる、ガードビームやダメージゾーンに触れたりするとパワーゲージ(F-ZEROの体力ゲージ)が減り、ガードビームにぶつかると大きく減る。
    パワーゲージが1/4以下になると警告音と共に最高速が下がってしまい、不利な状態になる。パワーゲージが完全に0の状態でさらにパワーゲージが減るとマシンが爆発し、リタイアとなる。
    ジャンプ台でジャンプして、コース外に落下しても爆発して即リタイアとなる。
    規定順位に満たなかった場合やコースアウト、クラッシュ時はスペアマシン(初期状態で2台、前述の条件で増加)を1台消費してリトライできる。スペアマシンが無い状態でリタイアとなった場合は、ゲームオーバーとなる。
    ジャンププレートを使用して走行距離を稼ぐショートカットはある程度までは認められているが、あまりにも過剰なものは反則と判定され、コース上の規定の場所まで強制的に移動させられる場合がある。



    スタッフ
    エグゼクティブ・プロデューサー:山内溥
    プロデューサー:宮本茂
    ディレクター、ゲーム・デザイナー:清水一伸
    音楽:神吉由美子、石田尚人
    兼岡行男
    西田泰也
    木村雅人
    山城重喜
    今村孝矢
    有本正直
    森直樹

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/F-ZERO

    1 NAME OVER :2009/07/25(土) 20:46:02

    GTやF1のレースゲームは星の数ほどあるが、最初のハマッたレースゲームはやはりコレ!


    【【ゲーム】『F-ZERO』1990年に任天堂より発売!F1の未来の姿をイメージして制作されたスーパーファミコン用レースゲーム!シリーズ第一作目】の続きを読む


    ソーシャルゲーム 『ラブプラス EVERY』スマホゲーム キャッチコピーは、『ラブプラス』が「国民的G・F(ガールフレンド) デビュー!!」。『ラブプラス+』が「日本全国L+現象(ラブプラスまつり)!!」。『NEWラブプラス』が「飛び出せ!!国民的カノジョ」。『NEWラブプラス+』が「やっぱり、“カノジョ”が好き。」。
    146キロバイト (21,861 語) - 2020年5月26日 (火) 08:41



    (出典 churu-gameroom.com)


     コナミデジタルエンタテインメントは、Android/iOS用恋愛コミュニケーションゲーム「ラブプラス EVERY」のサービスを8月5日14時に終了する。あわせて、本日5月26日を以って課金通貨「金リッチ」の販売を終了する。

     「ラブプラス EVERY」は「ラブプラス」シリーズの最新作で、「ラブプラス」のゲーム性をスマートフォン向けにアレンジし、より可愛らしさを増したお馴染みのカノジョ「高嶺 愛花」、「小早川 凛子」、「姉ヶ崎寧々」たちと過ごす日々を楽しめるタイトルであった。

     未使用の「金リッチ」についてはサービス終了後の8月6日14時より10月31日14時までアプリ内の「お問合せフォーム」にて払い戻しの受付が行なわれる予定。今後はサービス終了までイベントやキャンペーンの実施が予定されており、詳細はアプリ・ホームページにて告知される。なお、サービス終了が告知された5月26日付のアップデートでは新たなデートスポットとして「山の上動物園」が追加されている。

    記事本文はこちら
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1254860.html

    1 名無しさん必死だな :2020/05/26(火) 17:16:14 ID:FM7vI7aw0.net

    昔はあんなに持ち上げてたのになんでや😭
    https://www.konami.com/games/loveplus/every/notice_0526.html


    【【ゲーム】『ラブプラスEVERY』1年経たずに幕。。8月にサービス終了】の続きを読む



    (出典 www.usonews.org)


    『カエルの為に鐘は鳴る』(カエルのためにかねはなる)は、任天堂とインテリジェントシステムズが開発し、1992年9月14日に発売したゲームボーイ用アクションRPGである。日本国外では未発売。

    ゲームボーイ用ソフトとして任天堂とインテリジェントシステムズが製作した作品。メーカー公称のジャンルはアドベンチャーゲーム、またはアクションロールプレイングゲームとなっている。

    テレビCMは、カエルのコスプレをした遠野舞子がドイツ民謡『山の音楽家』の替え歌を歌いながら踊り、最後は本物のカエルに変身してしまうという内容[1]。CMの中では、ギャグ要素を含む本作の内容を指して「変身ギャグベンチャー」と紹介していた。

    発売されたのは日本のみで続編なども作られていないが、後述のように近年の任天堂製ゲームソフトにおいて本作関連の要素が採用されることがある。漫画家の石塚2祐子は自身の連載漫画『犬マユゲでいこう』でしばしばリメイク希望を述べており、『ゲームセンターCX』の企画でプレイしたMCの有野晋哉もリメイクして欲しい作品としてこの作品を挙げていた。

    2000年3月1日にはニンテンドウパワー向けの書き換え用ソフトの一つとなり、2012年9月5日にはニンテンドー3DS向けバーチャルコンソール用ソフトとしてダウンロード販売が開始された。


    システム
    プレイヤーは主人公であるサブレ王国の王子(以下、「サブレ王子」または「王子」と表記)を操作し、国中を冒険しながら数々のイベントをクリアし物語を進めていく。一般のRPGのような経験値の概念は無く、剣や盾といった武具や「セイントストーン」と呼ばれる3種類の石(ライフストーン・パワーストーン・スピードストーン)を入手することで、各種ステータスが上がる。この種のアイテムの取り忘れがあると、ボスクラスの敵には絶対に勝てないようになっている。

    ゲームボーイ用ソフトとしては珍しく、文字表記が漢字交じりとなっている他、随所に4倍角文字が登場する。



    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%82%BA%E3%81%AB%E9%90%98%E3%81%AF%E9%B3%B4%E3%82%8B

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/02(火) 11:24:56.110 ID:hJZjQf6L0.net

    思い出に残る良いゲームだった


    【【ゲーム】『カエルのために鐘は鳴る』1992年に任天堂から「変身ギャグベンチャー」のキャッチコピーで発売!熱血王子のドタバタ冒険大活劇を描いたゲームボーイ用アクションRPG!】の続きを読む


    ゲームボーイ(Game Boy)は、1989年(平成元年)4月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。日本国内での発売当時のメーカー希望小売価格は12,500円(税込)→9,800円(税込)→8,000円(税別)。略称はGB。また製品コードはDMGで、「Dot Matrix
    44キロバイト (5,965 語) - 2020年5月17日 (日) 00:21



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/02/14(水) 11:03:23

    FC、SFCとは別にRPGの黄金時代を築き上げたGB


    【ゲームボーイの名作RPGといえば?】の続きを読む

    このページのトップヘ