ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 風吹けば名無し :2021/01/18(月) 17:34:56.02 ID:bXkrl9100.net

    最近熱が冷めてきた


    【【ゲーム】120円課金したゲームをアンインストールするか迷ってる】の続きを読む


    RPG ロールプレイングゲーム(role-playing game) - テーブルゲーム、もしくはそれに起源するコンピュータゲーム。 テーブルトークRPG コンピュータRPG RPG (SEKAI NO OWARIの曲) - 日本のバンドSEKAI NO OWARIのシングル曲。 RPG (プログラム言語)(Report
    1キロバイト (162 語) - 2020年12月21日 (月) 17:07



    (出典 up-ward.info)



    1 名無しさん必死だな :2021/01/16(土) 18:56:10.79 ID:5iQkgKQQ0.net

    んほった結果シリーズ終了したアレは何を考えて三大RPGを自称したんだ?


    【【ゲーム】三大RPGって「ポケモン」「ドラクエ」「FF」だよな?】の続きを読む


    半導体(はんどうたい、英: semiconductor)とは、電気伝導性の良い金属などの導体(良導体)と電気抵抗率の大きい絶縁体(不導体)の中間的な抵抗率をもつ物質を言う。代表的なものとしては元素半導体のケイ素(Si)、ゲルマニウム(Ge)、化合物半導体のヒ化ガリウム(GaAs)、リン化ガリウム(
    26キロバイト (3,805 語) - 2021年1月7日 (木) 00:23



    (出典 www.pro-bank.co.jp)



    1 ばーど ★ :2021/01/16(土) 14:17:57.91 ID:ZX7nwQZv9.net

    "半導体"不足で自動車減産…
    PCに奪われ競争激化

    詳しくは動画で(2分44秒)
    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1350305392601939969
    (deleted an unsolicited ad)


    【半導体が足りない…PC・ゲーム機に奪われ競争激化!自動車メーカー操業停止し減産「作りたくても作れない」】の続きを読む


    モータルコンバット』 (Mortal Kombat、真人快打、略称:MK) は、ミッドウェイゲームズが1992年に開発・発売した対戦型格闘ゲーム、およびそのシリーズの総称。日本においては『モーコン』と略されることもある。 米国での1作目はミッドウェイによるアーケード版が初出。日本では1993年にア
    67キロバイト (7,722 語) - 2021年1月14日 (木) 13:07



    (出典 theriver.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/01/17(日) 17:05:08.60 ID:CAP_USER9.net

    『ソウ』『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン製作、同名人気格闘ゲームの新実写映画版『モータルコンバット(原題:Mortal Kombat)』より、場面写真が米国にて初公開された。米Entertainment Weeklyでは、監督らが映画化への思いを語っている。

    『モータルコンバット』は1992年のアーケードゲームを皮切りに展開されてきた格闘ゲームシリーズで、敗れた相手を惨*る「フェイタリティ」の残虐演出が特徴。本作が長編監督デビューとなるCMディレクターのサイモン・マコイッドは、「誰もが原作をリスペクトし、ファンが愛する『モータルコンバット』に敬意を払った」と強調。今回の映画版では、ゲームに登場する残酷なフェイタリティも映像化されているという。

    マコイッド監督は、映画版『モータルコンバット』では“血”にいくつもの意味を重ねたことを明らかにしている。いわく、「血は繋がりの象徴であり、自分自身の象徴。複雑にしすぎることなく、狙いをもって血を使いました」。たとえば映画の冒頭を飾るのは、忍者スコーピオン/ハンゾウ・ハサシ(真田広之)とビ・ハン(ジョー・タスリム)の戦闘シーン。ともにアクションを得意とする真田とタスリムが至近距離での戦闘を繰り広げることになるが、ハンゾウは強力な忍者のリーダーだが、同時にとても平和的な父親だという。監督は「エキサイティングかつ残酷な格闘のある家族劇、それがこの映画に対する僕のイメージです」と語る。

    『モータルコンバット』の映画化とあって、監督はアクションシーンに強いこだわりをもって挑み、ハンゾウとビ・ハンの物語は「アクションの中で語られるべき」だと考えたという。「素晴らしいカメラワークがダイナミズムをもたらし、とても楽しめる場面になりました。非常にシンプルで残酷にしたかったんです。明るい映画ではなく、経験すべき汚さと醜さのある映画にしたかった」。

    そのほか、出演者はリュウ・カン役に『パワーレンジャー』(2017)のルディ・リン、雷神ライデン役に浅野忠信、米軍中尉ソニア・ブレイド役に『MEG ザ・モンスター』(2018)ジェシカ・マクナミー、ジャクソン・“ジャックス”・ブリッグス役に「SUPERGIRL/スーパーガール」(2015-)メカッド・ブルックス、シャン・ツン役に『ダークナイト』(2008)『スカイスクレイパー』(2018)のチン・ハン。新キャラクターのコール・ヤング役を「五行の刺客」(2019)のルイス・タンが演じる。

    ちなみに監督は、本作のレーティングについて「確実にPG-13指定にはならない」が「NC-17(17歳未満鑑賞禁止)にはしたくない」と語っている。すなわちレーティングの隙間を縫って、『モータルコンバット』らしい残虐さを守りながらもR指定の範疇に収める構えだ。「血の量、赤色の量、(シーンの)解釈。良いバランスを保つための話し合いで、グロテスクで血まみれ、フェイタリティありの作品になっています」。

    実写映画版『モータルコンバット(原題:Mortal Kombat)』は2021年4月16日に米国劇場公開、同日よりHBO Maxにて配信予定。


    稲垣 貴俊
    2021.1.17 9:30 News | Tv/Movie
    https://theriver.jp/mortal-kombat-first-look/

    (出典 theriver.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【閲覧注意】残虐格闘ゲーム『モータルコンバット』実写映画版、場面写真が米公開 ─ 忍者役の真田広之、格闘アクション披露】の続きを読む


    バイオハザードシリーズ(BIOHAZARD、欧米では: Resident Evil)は、カプコンから発売されているテレビゲームの一シリーズ。主なジャンルは「サバイバルホラー」で、派生作品によっては、「サバイバルガンシューティング」「サバイバルアクション」「サバイバルシューター」などと銘打たれたものも含まれている。
    173キロバイト (23,261 語) - 2021年1月15日 (金) 08:43



    (出典 niwaka-games.com)



    1 muffin ★ :2021/01/16(土) 15:44:47.34 ID:CAP_USER9.net

    https://news.careerconnection.jp/?p=108810

    1996年。カプコンからプレイステーション用ソフト『バイオハザード』がリリースされた。ジャンルはサバイバルホラー。海外でも『Resident Evil』というタイトルで人気の本作、謎解きをしつつゾンビと戦いながら進めるタイプのゲームでリリース当初はあまり人気がなかった。ところがしばらくして口コミで話題に。操作に癖こそあるが、全体的な雰囲気については、悪い評判はなかった。今回は初代『バイオハザード』の思い出を今更ではあるけど、振り返ってみよう。

    某掲示板に「バイオハザード無印の思い出」というスレッドがあるのでこちらからいくつか、プレイ済みの人なら絶対におぼえていることを抜き出したい。

    「クランクと言う物を初めて知った」
    「なんの脈絡もなくガラス割って犬初登場」
    「ハンター登場シーンのムービーで焦る」
    「水浸しのとこ怖かったわ」
    「ラジコン操作めんどくさい」

    と、こんな感じ。クランクに関しては僕もこのゲームで初めてその名称を知ったなぁ。あと、犬(ケルベロス)もまだそこまで操作方法が体に染みついてないときに出てくるし、BGMも緊迫感あるから焦るし。ちなみにオープニングムービーでもTウィルスに感染した犬に追われる描写があるし、ゲーム本編スタート後に洋館から出ようとしても犬に阻まれるんだよね。そういう経験もあって、『バイオ』に出る犬が苦手になったって人も多いのでは。

    ムービーといえば、ハンターが初登場するときのムービーも怖かった。これまで出てきたクリーチャーとは絶対に違う何かが走ってきて、ドアも開けて接近してくる、みたいな映像だったし(あくまでムービーだけで、実際のハンターはドアを開けることはしないのが救い)。しかもそのハンターには一撃必殺の首狩り攻撃も備わっている。

    水浸しのとこはアレだね、サメのクリーチャーのネプチューンが出るところだね。あそこだけいきなりサメ映画っぽくなるので初見でちょっと笑ってしまったんだけど、ネプチューンも今は山ほどある変わり種サメゾンビの元祖だったりするのかな?

    主人公たちについても、語っておきたい。本編ではクリスとジルの2人のうち、いずれかを操作して遊ぶことができる。クリスは体力も多めでタフ、死ににくくて一見安パイに見えるけど、アイテムを6つしか所持できない。一方ジルは女性ということもあって体力も低いんだけど、アイテムは8つまで所持できる。その上いくつかのイベントをさほどストレスなくやり遂げることもできたことから、こちらのキャラの方が初心者向けだったように感じられる。

    どのみちハンターが出るようになってからは、前述の首狩りがあるので体力関係なくなるし。僕なんて最初は「筋骨隆々な奴が一番」というアメリカンなマッチョイムズにとりつかれていたので、そこにこだわり過ぎて結構*だものだ。馴れてしまえばどっちでもいいんだろうけど。それこそタイムアタックに成功して無限ロケットランチャーさえ解禁しちゃえば、もう敵が何であろうと負けはない。

    全文はソースをご覧ください


    【【ゲーム】初代『バイオハザード』の思い出…「ハンター登場ムービーで焦る」「ラジコン操作めんどくさい」「クランクをこれで知った」】の続きを読む

    このページのトップヘ