ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。


    Gamecrate. 2020年7月26日閲覧。 ^ “How Sonic Helped Sega to Win the Early 90s Console Wars” (英語). Kotaku UK (2014年10月30日). 2014年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
    48キロバイト (4,570 語) - 2020年8月21日 (金) 08:47



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 名無しさん必死だな :2020/09/17(木) 00:01:46.15 ID:Bcjgiudk0.net

    任天堂とセガが90年代に繰り広げたゲーム機戦争を描くドキュメンタリー『Console Wars』が米国で9月に配信決定

    任天堂とセガが90年代に繰り広げたゲーム機戦争を描くドキュメンタリー『Console Wars(原題)』が
    米CBS All Accessで2020年9月23日に配信される。

    『Console Wars』はCBS All Accessの米国会員向けに配信され、2020 SXSW Film Festivalへも正式出品される。
    ドキュメンタリーは、「当時駆け出しのアーケード会社だったセガが寄せ合わせのチームで
    世界最大のゲーム会社、任天堂に挑んだ1990年へと視聴者を誘う」とのこと。

    同ドキュメンタリーは、ジョナ・トゥリスとブレイク・J・ハリスがプロデューサーと監督を務める。
    ハリスは、ドキュメンタリーの原作となる2014年の書籍
    『Console Wars: Sega, Nintendo, and the Battle that Defined a Generation(原題)』の著者でもある。

    プロデューサーにはエヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ジェームズ・ウィーバー、
    ジョッシュ・フェイゲン、イーライ・ブッシュらも名を連ねている。
    本作は、Netflixの『ハイスコア: ゲーム黄金時代』に続く、ゲーム業界の歴史を辿る新たな
    ドキュメンタリーとなる。今年配信された全6話の『ハイスコア: ゲーム黄金時代』は、
    より長いタイムスパンでビデオゲーム業界の歴史を追う内容となっていた。
    本作の評価を知るには、IGN JAPANの編集者が感想を語った動画をチェックしよう。

    ハリスの書籍が映像化されるという噂は2014年から存在した。
    『キングコング: 髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツが監督を務めるという噂も存在した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/543f5b66a32a22a428e6a0877a2234655a412848


    【「任天堂 vs セガ」90年代に繰り広げられたゲーム機戦争を描くドキュメンタリー『Console Wars』が米国で9月に配信決定】の続きを読む


    2001年10月14日、東京タワーの蝋人形館にて「シーマンの発見者」という設定のジャン=ポール・ガゼーの像が設置され、15日〜11月15日に「ガゼー博士とシーマン展」が開催された。 このゲームの最大の特徴は、コントローラにマイクデバイスと呼ばれる装置を装着、或いはマイクを内蔵したコントローラ(シーマ
    25キロバイト (3,882 語) - 2020年2月4日 (火) 16:48



    (出典 pbs.twimg.com)



    1999年7月29日にドリームキャスト(DC)版『シーマン〜禁断のペット〜』として発売。その後はアメリカでも発売され、マイナーチェンジ版『シーマン2001』や、内容をさらに発展させたPlayStation 2(PS2)版『シーマン 完全版』も発売された。

    人の顔と大昔から受け継がれたという知恵を持ち合わせ、かつ人語を解すという、古くからエジプトで伝説となっている生物「シーマン」を水槽内で飼育し、ある場所へと向かわせるのが目的の育成ゲームである。シーマンの奇怪な容姿とそのふてぶてしい態度、あたかも実在しているかのようなキャンペーン展開と、リアリティ溢れる緻密で壮大なバックストーリーで、ゲームマニアから一般層までも巻き込む社会現象にまで至った。こういったマーケティング展開は、「音声認識を利用した3D育成ゲーム」といったマニアックで堅苦しいものではなく、誰もが知る言葉である「ペット」と周知させることにより、マニュアルを極力簡略化することに成功出来たという。

    同作を開発したビバリウム社長の斎藤由多加によると、プランクトンを育てる玩具『シーモンキー』がこのゲームのヒントになっているという。そのため本作は『育成キット』と呼ばれる。シーマンのキャラクターデザインも斎藤自身が行っている(子供時代に描いた落書きらしい)。当初はMacintoshでの開発を予定していたが、キャラクターのサイズとぬるぬるとした質感を表現するには、1990年代前半の同ハードではスペック不足で実現不可能とされ、開発は中断。1998年にドリームキャストが登場すると、このゲームの開発と普及に適していると判断、こうして実現へと至った。

    ゲームの特徴
    このゲームの最大の特徴は、コントローラにマイクデバイスと呼ばれる装置を装着、或いはマイクを内蔵したコントローラ(シーマイクコントローラ)を接続し、簡単な音声認識をすることである。呼びかけるとやって来たり返事をしたり、プレイヤーの年齢や性別、職業などを覚えたりするが、当初は認識率が余り良くなく、間違った情報を受け入れるなど問題も多かった。同作のマイナーチェンジ版、PlayStation 2版などではある程度までは改善されている。とはいえ、シーマンに向かって話しかけるには「短くハッキリと」というコツがあるので、ある程度の慣れが必要である。

    『ピカチュウげんきでちゅう』という音声認識のゲームが本作の7か月前に発売されたのを意識してか、シーマンに「ピカチュウ」と呼び掛けると怒る、というお遊び的要素も含まれていた。他にもゲーム関係のキャラクターや用語を語りかけると反応することがある。

    斎藤のエッセイ(※)によると、当初この音声認識部分ではかなりの苦労があったという。開発中のシーマンは、ゲーム機という制約もあり、音声認識はそれ程高度なものではなかったため、認識出来ない言葉を何度も聞き返すように作られていた。そのためイベント用のデモプログラムは、プレイヤーがシーマンに対し何度も語りかけても、シーマンも同様に何度も問いただすため、最後にプレイヤーは怒って去ってしまうという光景が繰り返されてしまった。そして苦肉の策として、今度は音声認識がいつまで経っても成功しない場合、逆にシーマンの方が怒って去る様に作り直した。すると今度は、プレイヤーがシーマンに対し、なだめる様に短くゆっくりと話しかけるようになったという。このアイデアがプレイヤー側に話し方のコツを学習させることになり、音声認識の性能が良くないのをユーザーに悟られないようにすることが出来たという。しかし逆に、これがシーマンの「口が悪い」「気難しい」というキャラクターを位置付けしてしまうことになってしまった。また、このアイデアはIBMの音声認識の研究者を驚かせ「一体どの様な技術を使っているのか」と問われた、というエピソードも残されている。

    また音声認識以外にも、コントローラを使い、シーマンをバーチャルな手で摘み上げて観察したり、指カーソルで水槽を叩いてシーマンを呼んだり、さらにデコピンをしたり、指を回して酔わせたり、くすぐったりすることなども可能である。このユーザーとゲームのキャラクターが(間接的にではあるが)触れ合うという仕組みは、音声認識と共に評価された。


    評価
    日本では2004年2月1日までにDC版は399,342本を売り上げ、DCとして3番目に売れたタイトルだった。
    『週刊ファミ通』が2018年に発表したデータによれば403,986本を売り上げ、DCで一番売れたタイトルとなっている。
    PS2版は2008年11月2日時点で305,632本売り上げた。
    第3回文化庁メディア芸術祭デジタルアートインタラクティブ部門優秀賞、Game Developers Conferenceのキャラクター大賞、日本ゲーム大賞ニューウェーブ賞、小学館DIME誌トレンド大賞、を始め、国内外で様々な賞を受賞した。Game Informerは2008年に全世代最も奇妙なゲームトップ10の1つに選出した。

    DC版はファミ通クロスレビューでは9、7、7、6の29点。
    レビュアーはシーマンの孵化の瞬間や初めて喋ったときのインパクトや成長過程、グラフィックやサウンドを賞賛したが、シーマンはペットではなく仏頂面の同居人のように考えた方がよくて会話にはヘコむこともあり見た目も可愛げがない、観察や会話を楽しめたり今までのゲームに飽き足らないダークなノリを感じたい人向けで軽い気持ちで手を出すと裏切られる「ある意味踏絵」「問題作」といった好き嫌いが分かれるゲームだとした。

    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3#cite_note-14
    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/06/13(土) 02:24:06 ID:YRXtlSnQ0.net

    switchで出すべきじゃない?遊びたいわ


    【【ゲーム】『シーマン〜禁断のペット〜』1999年にビバリウムが開発しセガから発売されたドリームキャスト用育成シミュレーションゲーム!DCで最も売れた作品!】の続きを読む


    SIE(エスアイイー) ソニー・インタラクティブエンタテインメント(英: Sony Interactive Entertainment) - 日本の家庭用ゲーム機「PlayStation」シリーズやゲームソフトの開発・製造・販売などを行う企業。旧称:ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)
    680バイト (69 語) - 2020年6月14日 (日) 07:25



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/20(日) 20:45:31.40 ID:CAP_USER9.net

    PlayStaiton公式Twitterは9月20日、プレイステーション 5予約開始後の混乱について謝罪するとともに、「今後数日で、さらなる予約枠を追加する予定です」とコメントしました。これでもう少し欲しい人に行き渡るようになればいいのですが……。

     PS5本体の予約は、日本では9月18日の10時から各店舗で一斉にスタート。しかし先着順となったAmazon.co.jpや楽天ブックスでは開始わずか数分で「瞬殺」となり、その後は数十万円といった“詐欺まがい”の高額で出品するアカウントが相次ぎ問題に。他の店舗は抽選販売形式をとるなど対策していましたが、こちらもアクセスが集中しサイトが重くなるといった混乱がみられました。同様のトラブルは国内だけでなく、海外でもみられたようです。

     公式ツイートではこうした混乱について、「正直にいいます。PS5の予約注文はもっとスムーズにできたかもしれません。本当に申し訳ありません」と謝罪。また「今後数日で、さらなる予約枠を追加する予定です」「小売店から詳細案内があるでしょう」と予告するとともに、「年末にかけ、さらなるPS5本体を用意します」ともコメントしました。

     今回のPS5予約では、Amazon.co.jp、楽天ブックスを除いたほとんどの店舗が抽選販売形式をとっているのも大きな特徴。中には「過去に買い物履歴があること」などを抽選条件として設けている店舗もあり、背景にはやはり“転売対策”が大きなポイントとして存在しているようです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7e8c77ea3ac8cf90b7925c68d12f61b2ab613ad

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)
    #utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20200920-027&utm_term=it_nlab-sci&utm_content=img


    【【ゲーム】PS5の予約「もっとスムーズにできた」プレイステーション公式が謝罪、さらなる予約枠追加も予告】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE) が2020年11月12日に発売を予定している家庭用ゲーム機。 PS4の数倍のスペック
    20キロバイト (2,285 語) - 2020年9月19日 (土) 16:06



    (出典 av.watch.impress.co.jp)



    1 名無しさん必死だな :2020/09/20(日) 15:22:50.73 ID:3fxSGG7Xd.net

    PS5に最適なテレビ、ソニーが“Ready for PlayStation 5”海外発表
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1268369.html

    米Sony Electronicsは現地時間の29日、今年のホリデーシーズンに発売を予定している次世代ゲーム機「プレイステーション 5」に関連し、
    PS5に最適なテレビを“Ready for PlayStation 5”と訴求する事を発表。同社テレビの2020年モデルである8K液晶の「Z8H」と、
    4K液晶「X900H」が、ソニー初の“Ready for PlayStation 5”テレビになるという。

    X900Hは、最大4K解像度のゲーム映像を、120fpsで表示でき、入力ラグが7.2msと低く抑えられている。Z8Hは、8K解像度の高精細な映像が表示でき、
    4K解像度のゲームを120fpsで表示する事も可能。「どちらのテレビも、PS5でのゲーム体験を非常にスムーズに実現する」としている。

    さらに、Ready for PlayStation 5のテレビでは、PS5で自動的に低遅延でゲームをプレイできる「ゲームモード」を搭載。
    ワイヤレスコントローラーの「DualSense」を使ってテレビとPS5を同時に起動したり、テレビのリモコンで、PS5をシームレスに操作できるといった特徴もある。

    ソニーは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントと共同で、「ソニーの創造性と技術力を結集した“One Sony”で、
    世界中のプレイステーションファンの皆様に究極のゲーム体験をお届けしていく」という。


    【【ゲーム】ソニー「世界中のPSファンの皆様に究極のゲーム体験をできる液晶テレビを発売する」】の続きを読む



    (出典 ascii.jp)



    1 muffin ★ :2019/11/20(水) 15:05:00.93

    https://ranking.goo.ne.jp/column/6220/
    2019年11月20日

    社会現象になるほど人気を集めた国民的ゲームは多数存在します。
    しかし「名前は知っているけれど、実はプレイしたことがない」というゲームがある人も多いよう。
    そこで今回は、有名だけどプレイしたことがないゲームシリーズについて探ってみました。

    1位 ドラゴンクエストシリーズ
    2位 ファイナルファンタジーシリーズ
    3位 モンスターハンターシリーズ
    4位 ゼルダの伝説シリーズ
    5位 ポケットモンスターシリーズ
    6位 バイオハザードシリーズ
    7位 どうぶつの森シリーズ
    8位 スプラトゥーンシリーズ
    9位 龍が如くシリーズ
    9位 桃太郎電鉄シリーズ
    11位 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
    12位 妖怪ウォッチシリーズ
    13位 キングダム ハーツシリーズ
    14位 信長の野望シリーズ

    以下ソースをご覧ください
    https://ranking.goo.ne.jp/column/6220/ranking/52325/?page=2

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,362票
    調査期間:2019年10月11日~2019年10月25日

    ★1が立った日時:2019/11/20(水) 12:05:45.21

    【ゲーム】有名だけど実はプレイしたことがないゲームシリーズ 4位 ゼルダ 3位 モンハン 2位 FF 1位は…
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574219145/


    【【ゲーム】有名だけど実はプレイしたことがないゲームシリーズ 4位 ゼルダ 3位 モンハン 2位 FF 1位は…】の続きを読む

    このページのトップヘ