ゲーマーズROOM

ファミコン世代が喜びそうなゲームネタを中心に、ゲーム、アニメに関わる様々な情報をまとめたブログです。


    マリオシリーズ > スーパーマリオシリーズ > スーパーマリオブラザーズシリーズ > スーパーマリオワールドスーパーマリオワールド』(SUPER MARIO WORLD)は、任天堂から1990年(平成2年)11月21日に発売されたスーパーファミコン用アクションゲーム。『F-ZERO』と並ぶ、ス
    63キロバイト (8,497 語) - 2020年11月19日 (木) 04:07



    (出典 www.otakaraou.com)


    『スーパーマリオワールド』(SUPER MARIO WORLD)は、任天堂から1990年(平成2年)11月21日に発売されたスーパーファミコン用アクションゲーム。『F-ZERO』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つ。

    パッケージ上のタイトルロゴには『スーパーマリオブラザーズ4』(SUPER MARIO BROS. 4)のサブタイトルが併記されている

    任天堂のゲームキャラクター「マリオ」が活躍するスーパーファミコン(SFC)のアクションゲーム。全世界でのスーパーファミコン用ソフト販売本数で歴代1位の累計約2061万本を記録し[要出典]、日本国内では『スーパーマリオカート』(382万本)に次いで第2位となる約355万本が販売された。

    日本国外では、『スーパーマリオコレクション』に加えて本作も同時収録した限定版ソフト『Super Mario All-Stars + Super Mario World』を本体に同梱した「Mario Set」が発売された。

    2001年(平成13年)12月14日にはゲームボーイアドバンス(GBA)向けの移植作『スーパーマリオアドバンス2』が発売。
    また、バーチャルコンソールとして2006年(平成18年)12月2日にはWii向けに、2013年(平成25年)4月27日にはWii U向けに、2016年(平成28年)3月4日にはNewニンテンドー3DS向けに配信が開始されたほか、2017年(平成29年)10月5日発売のスーパーファミコン復刻版『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』、2019年(令和元年)9月6日配信開始の『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』(Nintendo Switchのオンラインサービス特典ソフト)に収録されている。
    Wiiバーチャルコンソール版は、2011年(平成23年)8月時点で『みんなのニンテンドーチャンネル』内の「みんなのおすすめ」でブロンズランク(おすすめ度80-85%)を獲得している。


    備考
    スーパーファミコン版ではスペシャルゾーンのコース全てのクリア、ゲームボーイアドバンス版では全コースのゴール(スペシャルゾーン・秘密のゴール含む)によって以下の特徴のある裏ワールドが現れる。
    マップ画面の配色が表ワールドと逆(最初はヨースター島、ドーナツ平野、迷いの森の地面の色は緑で、せんべい山、チョコレー島の地面の色は茶色になっているが、裏ワールドになるとヨースター島などの地面の色が茶色になり、せんべい山などの地面の色が緑になっている)。
    ノコノコの甲羅がマリオの顔そっくりになるなど、一部の敵キャラクターのグラフィックが変更されている。さらにノコノコに関しては、色も一部変更されている(青や黄など強い系統が多くなる)。パックンフラワー及びツタはカボチャ、キラーはカラス。
    一度裏ワールドを出してセーブすると、そのファイル内においてはデータを消去しない限り表ワールドには戻れない。
    特定のステージにおいて、画面内に3匹以上ハナチャン(一部ノコノコでも可)がいる状態で、一度ハナチャンを踏みつけた後マントで滞空し、別のハナチャンを踏みつけて最初に踏んだハナチャンを一度画面外に出し、再度滞空して画面内に入れた所を踏みつけ、2度目に踏んだハナチャンを画面外に出し、再度画面内に入れて踏みつける…を繰り返すと、4 - 5分足らずで100万点を超えることができる。
    ハナチャンを踏んだときの得点表示はおかしなグラフィックになり、点数とともにコインが増加する(GBA版では5UPに変更されている)。
    『スーパーマリオアドバンス2』のCMにはファッションモデルのティアラが出演した。

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/10/21(水) 02:08:09.995 ID:tHdJ7Pgt0.net

    ファミコンからスーファミになって、可能性とアイディアを十分に発揮できた作品

    (出典 Youtube)
    ?list=PLFko1Qxl8kycGrOpNVpeXFrwHdR4iP4NL


    【『スーパーマリオワールド』1990年に任天堂からスーパーファミコンのローンチタイトルの1つとして発売された横スクロールアクションゲーム!全世界でのSFC用ソフト販売本数1位作品】の続きを読む


    ラストブロンクス -東京番外地-』(ラストブロンクス とうきょうばんがいち)は、1996年にセガがアーケードゲームとして発売した3Dタイプの対戦型格闘ゲームである。 本作は、架空の東京を舞台にストリートギャング同士が繰り広げる抗争を描いたものである。プレイヤーキャラクターは各々が実在する格闘用の武
    25キロバイト (3,997 語) - 2020年11月14日 (土) 11:22



    (出典 pbs.twimg.com)


    『ラストブロンクス -東京番外地-』(ラストブロンクス とうきょうばんがいち)は、1996年にセガがアーケードゲームとして発売した3Dタイプの対戦型格闘ゲームである。

    本作は、架空の東京を舞台にストリートギャング同士が繰り広げる抗争を描いたものである。プレイヤーキャラクターは各々が実在する格闘用の武器を手にしており、これを駆使して闘いを繰り広げる。また、サブタイトルが示す通り、彼らの闘いの場となるステージも東京都内に実在する場所をモデルにしている。開発はセガAM3研が担当。アーケード版のハードウェアは、同社の格闘ゲーム『バーチャファイター2』と同じMODEL2を使用している。


    製品ラインナップ
    アーケードゲーム
    LAST BRONX -東京番外地-(1996年発売)

    セガサターン用ソフト
    LAST BRONX(1997年8月1日発売)
    ストーリーモードにおいて、全キャラクターに最終戦のライバルキャクターとのやりとりと、短いながらもアニメムービーつきのエンディングが入る。
    同梱CDの2枚目は「ラスブロ道場」になっており、ミニキャラクターたちがボイス付きで操作や技、コンボの説明をする。

    Microsoft Windows用ソフト
    LAST BRONX(1998年2月27日発売)

    PlayStation 2用ソフト
    セガエイジス2500シリーズ LAST BRONX -東京番外地-(2006年6月29日発売)

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9_-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%95%AA%E5%A4%96%E5%9C%B0-

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/06/16(火) 22:37:52.269 ID:dQC2qO5i0.net


    (出典 Youtube)


    オープニングクソカッケェ


    【【ゲーム】『ラストブロンクス -東京番外地-』1996年にセガから発売されたアーケード用3Dタイプの対戦型格闘ゲーム!豪華な声優陣、同人誌のネタにされることも多かった作品】の続きを読む


    スーパーファミコン(SUPER Famicom)は、任天堂より日本では1990年11月21日に発売されたファミリーコンピュータの後継機である家庭用ゲーム機。本項では欧米版「Super Nintendo Entertainment System」、韓国版「スーパーコンボイ」、復刻版「ニンテンドークラシックミニ
    58キロバイト (6,776 語) - 2020年10月20日 (火) 08:11



    (出典 otonmedia.jp)


    スーパーファミコン(SUPER Famicom)は、任天堂より日本では1990年11月21日に発売されたファミリーコンピュータの後継機である家庭用ゲーム機。

    型番はSHVC-001(SHVCはSuper Home Video Computerの略)。雑誌やマリオカートシリーズにおける『スーパーマリオカート』のリメイク作品のハード通称などでよく見られる略記・略称はSFC、スーファミなど。欧米では“Super Nintendo Entertainment System”(スーパーニンテンドーエンターテインメントシステム、略称:Super NES、またはSNES)として発売された。

    ハードウエアのスペックとしては、16ビットCPU の搭載、32,768色(15bpp)から選択可能な16色のカラーパレットと、それらのカラーを適用可能な16色スプライト、一画面あたり最大128個のスプライト同時表示、背景の多重スクロールと回転・拡大・縮小表示機能、ソニーのDSPによるPCM音源の採用など、カタログスペックとしては同時代の一線級のものを取り揃えている。これによりファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上した。

    コントローラは本体に2個同梱される附属品となり、本体前面に2つ設けられているコントローラコネクタに接続する方式となった。I・IIコントローラの区別はなくなり、コントローラの右側にあるボタンはA・B・X・Y(A Button・ B Button・X Button・Y Button)の4つとなり、上部の左右にはL・Rボタン(L Trigger・R Trigger)が追加された。内蔵マイクは廃止された。またコントローラコネクタは拡張端子の役割も兼ねていたため、ここに接続する様々な周辺機器も発売された。

    カセット差し込み口のシャッターは、ファミリーコンピュータ時代の手動式からスプリングによる自動開閉式に変更された。カセットを差し込む動きでシャッター部分が本体内部側へと倒れ、抜き出すと元に戻る。また電源スイッチを入れるとカセット差込口内部にツメが出る機構が備えられており、カセット前面下部のくぼみを引っかけロックするようになっている。これによって電源スイッチを入れたままカセットを抜き差しすることはできなくなった。イジェクトレバーはボタン式に変更された。通電時には電源ランプが点灯する。

    カセット接続端子は中央部と両端部とに分かれており、ソフトによって使われ方が異なっている(カセットの項目を参照)。

    ACアダプタ、RFスイッチ、75Ω/300Ω変換器はファミリーコンピュータと共通で、スーパーファミコン本体とは別売りであった。RCAピンジャックやS端子を備えたテレビの場合は別売りの専用ケーブルにより接続することも可能であった。

    2007年10月31日をもって、スーパーファミコン、NINTENDO64などの「公式修理サポート」を終了した。スーパーファミコンで発売された一部のゲームはWii・Wii U・Newニンテンドー3DSの配信サービスであるバーチャルコンソールや、スーパーファミコン Nintendo Switch Onlineでプレイすることができる。2020年現在は、新たにソフトが販売されることはなくなっているが、復刻版が発売されたことによりハードオフなど中古ショップにて本体及びソフトが再び販売されるようになった。人気を博した一部のキラーソフトなどは1000円以上もの価格がつくこともある。


    仕様
    CPU: 5A22 65C816互換, カスタム 16bit
    クロック周波数: 1.79MHz、2.68MHz、3.58MHzの三段階切替え(入力21.47727 MHz)
    RAM: 128KB DRAM
    グラフィック: S-PPU1およびS-PPU2(生産途中からPPUのワンチップ化や、S-CPUとのワンチップ化もあり)
    RAM: 64KB SRAM(VRAM、スプライトデータ、カラーパレットデータ)
    解像度: ノンインターレース256×224, 512×224, 256×239, 512×239 / インターレース512×448, 512×478
    画面: スプライトとバックグラウンド(BG)面最大4枚
    BGキャラクターサイズ: 32×32 - 128×128
    BG領域: 最大1,024×1,024(内部)
    色: 32,768色中から選択
    BG面の枚数と発色数の組み合わせをモード0 - 7から選択。モードにより各BG面は4色、16色、256色から8パレットまで設定可
    スプライト: 1画面中に最大128枚、横制限32枚。16色8パレットまで設定可。サイズ8×8、16×16、32×32、64×64からゲーム中に2つまでを設定可。縦反転・横反転表示可
    特殊エフェクト: BG面拡大縮小回転(1軸)、半透明、モザイク、ウインドウ、ラスター
    2軸回転はラスターとの組み合わせによる
    音源チップ: S-DSP(DSP)および 制御用S-SMP(SPC700コア) クロック周波数1.024 MHz(入力24.576 MHz) ソニー製
    RAM: 64KB SRAM(S-DSPに接続)
    サンプリング周波数: 32kHz
    同時発音数: 8チャンネル
    16bit PCM音源 ステレオ(ADPCM)
    メディア: カートリッジ式
    AV出力: RGB21ピン/S端子/ビデオ/RF
    拡張コネクタ
    外形寸法: 200mm(幅)×242mm(奥行き)×72mm(高さ)
    重量: 約600g

    Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%82%B3%E3%83%B3
    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/11/21(土) 10:47:41.58 ID:A0EDPCve9.net

    2020-11-21 08:00:00

    ゲーム史に名を残す数々のゲーム機の中から今日発売されたゲームハードを紹介!


    11月21日のゲームハードピックアップ!

    祝30周年 1990年 11月21日発売
    任天堂
    スーパーファミコン

    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)




    本日はこちら『スーパーファミコン』が発売30周年を迎えました!
    ファミリーコンピュータの後継機であり、ファミリーコンピュータの愛称であった「ファミコン」を名称に取り入れたゲームハード。8bitから16bitに進化し、グラフィックも綺麗になり、ゲームも大ボリューム化され、RPGなどではセーブ機がほとんどのタイトルで採用されるなど、大幅に遊びやすくなりました。また、本日は同日発売である、スーパーマリオワールド&F-ZERO等の任天堂のメジャータイトルも発売され、同じく29周年になります。

    2017年には小型化された「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」も発売されています。


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    https://gamedrive.jp/news/1600692440


    【【ゲーム】『スーパーファミコン』1990年に任天堂からファミコンの後継機として表示や音源の処理能力を格段に向上させ発売された家庭用ゲーム機!発売されたソフトは1,388タイトル】の続きを読む


    株式会社カプコン(英: CAPCOM CO., LTD.)は、主にアーケードゲームやコンシューマーゲームの開発・販売を行う日本のゲームメーカーである。本社を大阪府大阪市中央区に置く。東京証券取引所第一部に上場している。 1979年、アイ・アール・エム(IRM)株式会社として設立した。設立者はIRMの
    53キロバイト (5,779 語) - 2020年11月18日 (水) 11:57



    (出典 www.gamespark.jp)



    1 ひかり ★ :2020/11/20(金) 15:04:34.33 ID:CAP_USER9.net

    11月上旬に発生したカプコンの大規模な情報流出(英語記事)の余波はとどまることを知らない。最近、より多くの制作中のゲームが新たにオンラインでリークされた。カプコンの今後4年間の開発スケジュールのスクリーンショットとされる画像は流出しているが、IGN本家は独自の調査により、『ドラゴンズドグマ2』や『ストリートファイターVI』など、少なくともその一部が事実であることを突き止めた。
    カプコンは11月16日にプレスリリースを公開し、同社が「オーダーメイド型ランサムウェアによる標的型攻撃」を受けた結果、第三者からの不正アクセスを許したことを認めた。カプコンは企業や従業員、顧客の情報が流出した可能性があるとしている。その後、リークの一部の内容が続々とインターネットに投稿された。すべてを確認することはできなかったが、IGNはカプコンに近い消息筋からその多くが事実であることを確かめた。
    リークされたデータが少しずつ出てくる中、カプコンの今後4年間のゲーム開発計画とされる素材がオンラインに現れた。スケジュールには続編やリメイクが含まれ、コードネームのみで表記されるゲームも多い。
    以下では、そのスケジュールに含まれている最もビッグなタイトルの一部を列挙する。

    バイオハザード アウトブレイク - 2021会計年度第4四半期
    ドラゴンズドグマ2 - 2021年度第2四半期
    ストリートファイターVI - 2022年度第3四半期
    ロックマン マッチ - 2022年度第3四半期
    バイオハザード4 リメイク - 2022年度第4四半期
    モンスターハンター6 - 2023年度第2四半期
    バイオハザード アポカリプス - 2023年度第3四半期
    SSF6(スーパーストリートファイターVIと予想)- 2023年度第4四半期
    ファイナルファイト リメイク - 2024年度第2四半期
    パワーストーン リメイク - 2024年度第3四半期
    Ultra SF6(ウルトラストリートファイターVIと予想)- 2024年度第4四半期
    バイオハザード ハンク - 2024年度第4四半期

    消息筋はIGNに対し、『ドラゴンズドグマ2』や『ストリートファイターVI』をはじめ、リストに含まれるタイトルの一部は実際に開発中のゲームだが、いくつかは古くなった可能性があると明かした。上記以上の多くのゲームはコードネームで表記されている。
    カプコンは11月2日未明にランサムウェアによる攻撃を検出した。この攻撃は「サーバを破壊し暗号化するもの」だったという。「Ragnar Lo*er」を名乗る犯罪集団がカプコンにメッセージを送り、身代金を要求した。
    カプコンは日本および米国の警察当局との連携を続け、現在はまだ被害状況の全容を把握している最中だと話している。カプコンはまた、「当社ゲームをプレイするためのインターネット接続や当社ホームページ等へのアクセスにより、お客様や社外の皆様へ被害が拡大することはありません」と保証している。
    一方、複数のカプコンの元社員は、この事件が彼らの私生活や個人情報に与える影響への同社の処理方法に関して、IGNに不満を吐露している。

    大手ビデオゲーム企業への不正アクセス攻撃によるデータ漏洩は近年増加傾向にある。2020年7月に発生した、通称「ニンテンドー・ギガリーク」の大規模な情報流出は大量の内部データをインターネットに漏洩させた。しかし、古いプロジェクトに関する情報が多い「ニンテンドー・ギガリーク」に比較して、今回のカプコンのリークは主に今後の開発計画についてのものであり、その衝撃は前者に勝るとも劣らない。
    Matt T.M. Kim

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9bc673ef05858f1038e29ccfb9726f55063cb968


    【【ゲーム】カプコンの大型リークで『ドラゴンズドグマ2』や『ストリートファイターVI』、『モンスターハンター6』などのタイトルが浮上】の続きを読む


    ゼビウス』(XEVIOUS)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から1983年1月に発表されたアーケードゲーム。ジャンルは縦スクロールのシューティングゲームである。 発表時のキャッチコピーは「プレイするたびに謎が深まる! 〜ゼビウスの全容が明らかになるのはいつか〜」である。
    94キロバイト (11,064 語) - 2020年11月15日 (日) 01:54



    (出典 blog-imgs-47.fc2.com)


    『ゼビウス』(XEVIOUS)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から1983年1月に発表されたアーケードゲーム。ジャンルは縦スクロールのシューティングゲームである。

    発表時のキャッチコピーは「プレイするたびに謎が深まる! 〜ゼビウスの全容が明らかになるのはいつか〜」である。

    『ギャラクシアン』(1979年)や『ギャラガ』(1981年)などと並ぶナムコシューティングの名作として大ヒットし、タイトーの『スペースインベーダー』(1978年)に次ぐ売り上げを記録。後にさまざまなパソコン、家庭用ゲーム機に移植された。

    森や砂漠、海などの自然を舞台としたステージ展開とキャラクターの銀色のグラデーションによる表現など、当時の主流だった原色中心とは一線を画す色使いが特徴。
    また、自機を操って、敵を撃ち、殲滅する、というゲーム性の存在だけであった当時のシューティングゲームとは一線を画しており、遠藤雅伸によって作りこまれた世界観やストーリーが最前面に出されて、戦う理由やゲーム以外にも楽しむ要素を明確にしたのが最大の特徴である。
    またプレイの仕方で難易度が変化(自機の動きに応じて軌道を変える敵キャラクターが現れたり現れなかったり、ある地上物を破壊しないと難易度が上がったりする)したり、隠れキャラクターや隠しコマンドなど、当時では初となる要素も多数持つ。

    ファミリーコンピュータに移植された際には、ファミコン初のキラーソフトとも呼ばれた。発売から9か月後にはゲームの難易度調整方法や隠しコマンドが発見されて大きな反響を呼び、これらを掲載した雑誌『コンプティーク』はわずか数日で完売となり、ゲーム雑誌各社にはこれら隠しコマンドに関する問合せで1日中、電話が鳴り続けたという。

    これを機にユーザーがファミコンゲームに、隠れキャラクター、隠れ技、隠しコマンドを求める傾向が強まり、それに応じて隠しコマンドのページに力を注ぐ傾向がみられるようになり、これらの要素はファミコンソフトのデファクトスタンダードともなった。

    ゲームセンターなどに置かれた本作は、デモンストレーション画面中においてずっとロゴの「XEVIOUS」のタイトル文字が表示される仕様であった。元々はデモンストレーション中にレバー操作をして筐体を占有する子供への対策として考え出されたものだったが、長時間同じ位置に同じロゴを表示し続けたために、CRTモニターにはこのロゴの文字が焼き付き跡を残すという事象の原因となった。

    『ゼビウス』の大ヒットにより、このロゴが焼き付いたモニターは、全国で発生した。これらのモニターはブーム終了後にそのまま他のゲームに使用されたが、 焼き付いた「XEVIOUS」の文字がうっすらと浮き上がってるように見える状態で他のゲームをプレイすることになるので、当時のプレイヤーからは「ゼビウスの亡霊」という語り草にもなった。

    この『ゼビウス』のロゴの「XEVIOUS」文字の焼き付き状態は、後に家庭用への移植版でも再現されており、PlayStation版『ゼビウス3D/G+』に収録のもの、PSP版『ナムコミュージアム Vol.2』に収録のもの、DS版『ナムコミュージアムDS』に収録のものに、隠しコマンドやマニアックオプションを使うことによって焼き付き状態を再現できる。


    初期案はベトナム戦争をモチーフにしたヘリコプターによるシューティングゲーム『シャイアン』である。
    この企画をベースにして深谷正一がシステムプログラムを仕上げ、遠藤雅伸(EVEZOO END)が世界観や設定を一新させて完成させた。メカデザインは遠山茂樹。
    「ナスカの地上絵」を背景に使った演出は、マップデザインを担当したMr.ドットマンの手によるもの。
    「砂漠のスペースが大きく空いていたので、どうスペースを埋めるかと思案していたところ、たまたま昼休みに買い物をした大森(当時、ナムコの開発室が置かれていた)のレコード屋の袋に地上絵が描いてあったので、それをそのまま拝借した。正直なところ、深い意味はない」との旨を後年になって明かしている。
    ナムコの業務用タイトルは全て、開発コードを『V-1』から開発順に割り振られており、本作の開発コードは『V-10』であるが、本作のタイトルの綴り『XEVIOUS』には「V10」の文字が組み込まれている。
    なお、本作のタイトルを決定した企画会議に遠藤雅伸は呼ばれておらず、それを不満に思った遠藤は「自分を同席させないで決められた『ゼビウス』という名に非常につまらない意味を与えてやろうと、主人公キャラでも自機の名前でもなく、敵側の星の名前にした」と後年になって明かしている


    評価
    1991年にそれまで稼働されていたアーケードゲーム全てを対象に行われた『ゲーメスト』読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』では10位を獲得、同誌では「縦スクロールシューティングだけでなく、さまざまなゲームに影響を与えた」、「当時としては超きれいなグラフィックであった。
    その当時は単色が主流であった。しかし、ゼビウスでは中間色を使っている。光の当たり具合で陰影を出すというやつである。それによって立体感を出している。(中略)背景も森や海、そして砂漠などが本物に近い感じでリアルさを増している」、「(キャラクターに関して)基本的にはただのやられキャラではなく、やられないように逃げていくのである。つまり、キャラクターに命があるかのごとく動いているのである」とも記載されている。
    1997年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメスト読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、第28位を獲得した。
    同誌別頁では、「固定画面が主流だったゲームに、スクロール型という新しい形式を提示し、爆発的な人気を得た」、「美しいグラフィックでリアルな地形を表現し、実際の空間を旅しているような感覚を与えることに成功している。
    大型要塞アンドアジェネシス、ガルザカート、下から出てくるゾシーなど、絶妙な敵の組み合わせと意表を突く展開はプレイヤーを痺れさせた」、「ブラスターはカーソルの部分に投下するため、相手の砲台を狙い撃ちしなければならない。
    戦略的に狙い撃っていく必要があるが、そこにパターンにならない空中物が組み合わさって、奥の深いゲーム性を生んでいた」、「2P側のプレイヤーは、ソルの影を撃たないと壊せないなど、凝った仕様もあり、完成されたゲームとなっている」と紹介されている

    Wikipediaより
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%93%E3%82%A6%E3%82%B9

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/03/04(水) 14:32:16 ID:iJBQZ7lU0.net

    レーダーを撃ち漏らすと
    敵の攻撃がどんどん激しくなる


    【【ゲーム】『ゼビウス』1983年ナムコから発売されたアーケード用縦スクロールシューティングゲーム!プレイの仕方で難易度が変化するナムコシューティングの名作】の続きを読む

    このページのトップヘ